電気・都市ガスを提供する会社一覧

marubeni main

「丸紅新電力」の紹介ページ:大手総合商社のひとつ、丸紅による丸紅新電力。通常の電気料金に加え、東京交響楽団や動物を支援するプランなども提供している。

fpower main

「F-Power」の紹介ページ:事業者向けの電力「高圧領域」でシェアの高いF-Power。単身向け・ファミリー向けのプランなど電気料金の種類が豊富です。

mitsuuroko main

「ミツウロコグリーンエネルギー」の紹介ページ:LPガスや石油製品や石炭などのエネルギー分野で実績のあるミツウロコグループホールディングスによる電力事業会社。

rakuten-energy main

「楽天エナジー」の紹介ページ:インターネットショッピングモールの最大手、楽天の提供する電気料金。楽天のポイントを貯めることができる。

okiden main

「沖縄電力」の紹介ページ:2016年4月まで沖縄で独占的に電気サービスを提供。一般的なプランからオール電化向けのプランまで広く扱っている。

kepco main

「関西電力」の紹介ページ:2016年4月まで関西で独占的に電気サービスを提供。現在は首都圏を対象にした電気料金プランに加え都市ガスの販売も行っている。
  

kyuden main

「九州電力」の紹介ページ:2016年4月まで九州で独占的に電気サービスを提供。現在は首都圏を対象にした電気料金に加え、オリジナルのみまもりサービス・ホームセキュリティーサービスも。
  

hepco main

「北海道電力」の紹介ページ:2016年4月まで北海道の地域独占電力会社だった。一般糧向けの電気料金プランから、融雪用電力から農業電力まで幅広いプランを提供。

logo cepco

「中国電力」の紹介ページ:2016年4月までは中国地方にて独占的に電気を販売。一般糧向けの電気料金プランから、オール電化向けのプランまで幅広く提供。

eneos main

「ENEOSでんき」の紹介ページ:エネルギー大手のJXTGエネルギーによる関東エリア専門の電気、ENEOSでんき。電気の使用量が多い人ほどさらに電気料金が安くなる。ガソリン代や軽油代が安くなる特典も。

tepco main

「東京電力」の紹介ページ:2016年4月まで関東にて独占的に電気サービスを提供。従量料金プランは規制料金で設定。都市ガスも申し込みができる。
  

logo chuden

「中部電力」の紹介ページ:2016年4月まで中部にて独占的に電気サービスを提供。従量料金プランは規制料金で設定。都市ガスも申し込みができる。
  

tohokuden main

「東北電力」の紹介ページ:2016年4月まで東北にて独占的に電気サービスを提供。従量料金プランは規制料金で設定。オール電化向けのプランなどもある。

tokyogas main

「東京ガス」の紹介ページ:関東の都市ガスの最大手。「ずっとも電気」として電気の販売も行っている。電気の使用量が多い人ほど電気料金が安くなる。契約可能な地域は都市ガス同様に関東地域に限られます。
  

yonden main

「四国電力」の紹介ページ:2016年まで地域独占で電気を販売。従量電灯プランは規制料金に料金が設定されている。

rikuden main

「北陸電力」の紹介ページ:2016年4月まで北陸地方にて独占的に電気サービスを提供。従量料金プランは規制料金で設定。都市ガスも申し込みができる。

osakagas main

「大阪ガス」の紹介ページ:関西エリアの老舗都市ガス会社。関西エリア(関西電力エリア)にて電気の販売も行っている。
  

softbank main

「ソフトバンクでんき」の紹介ページ:大手キャリア・ソフトバンクの提供する電気料金プラン。おうち割りなどオリジナルの特典がの提供がある。おうちでんきと自然でんきの2種類が選べる。

eo main

「eo電気」の紹介ページ:関西電力系、光回線インターネットプロバイダーのケイ・オプティコム社の提供する電気料金プラン。関西電力エリア限定で電気の申し込みができる。関西電力のガス料金プランとのセット割りもある。

tokyups main

「東急パワーサプライ」の紹介ページ:東急カードにポイントがつくなど、東急沿線にお住まいの方に焦点をあてたプラン。東急でんきは東京電力エリアに電気および都市ガスの申し込みが可能。
  

logo tonen general

「東燃ゼネラル」の紹介ページ:myでんきとして東京電力エリア、関西電力エリア、中部電力エリアに電気を販売。定額制の料金プランも選べる。

jcom main

「JːCOM(ジェイコム)」の紹介ページ:インターネット・ケーブルテレビのJːCOM(ジェイコム)社が主にセット割りとして電気・都市ガスを販売している。料金は契約しているエリアによって異なる。
  

wakayama main

「和歌山電気」の紹介ページ:関西電力エリアに電気を販売。和歌山に限らず電気の申し込みは可能です。

bocchan main

「坊っちゃん電力」の紹介ページ:四国発の新電力。坊っちゃん電力は四国に限らず、関西や首都圏でも電気の申し込みが可能。

his main

「HTBエナジー(H.I.S.のでんき)」の紹介ページ:HTBエナジー(H.I.S.のでんき)は、沖縄を除く全国で申し込みが可能。大手電力会社よりも5%安いプランを選べば、電気の使用量が少ない人でも電気料金の節約ができる。関東エリアでは都市ガスの申し込みも。
  

showashell main

「昭和シェル石油・選べる電気」の紹介ページ:ガソリンが10円/L安くなる電気など、車を頻繁に利用する人を対象にた電気料金が充実している。

e-rex main

「イーレックス」の紹介ページ:電気の小売りだけでなく、自社の発電施設も所有している。関東エリアで都市ガスも販売。
  

hokkaidogas main

「北海道ガス」の紹介ページ:北海道の都市ガス最大手の北海道ガス。電力自由化以降、電気の販売もスタート。
  

eneone main

「エネワンでんき」の紹介ページ:関東(埼玉県)を中心にLPガス販売を手掛けるエネワンの電気。LPガスとのセットはもちろん、LPガスを使用していない家庭でも申し込みが可能です。

minna main

「みんな電気」の紹介ページ:自分のお気に入りの発電所を「応援」することができる「みんな電力」。従量料金が一段階のみの料金設定になっています。

keiyogas logo

「京葉ガス」の紹介ページ:千葉の都市ガスとえば、京葉ガス。一般家庭向けにはマイホームあかりというプラン名で電気販売を行う。
  

looop main

「Looopでんき」の紹介ページ:基本料金が0円、従量料金も一段階というシンプルな電気料金プランを提供。再生エネルギーの割合の高い電気の提供を目指している。

ikomadenki main

「いこま電力」の紹介ページ:奈良に本社をおくいこま電力では、関西電力エリアにて電気供給サービスを行う。

daito main

「大東ガス」の紹介ページ:埼玉県南西部で都市ガスの供給・販売を行う大東ガス。DAITOでんきとして都市ガスとのセット販売を行っている。
  

central main

「中央セントラルガス」の紹介ページ:LPガス販売会社の中央セントラルガス。セントラルパワーとして栃木、静岡、神奈川にて電気の小売りを行っている。

shizuokagas main

「静岡ガス」の紹介ページ:静岡県中東部に都市ガスを販売する大手都市ガス会社。電力自由化以降はSHIZUGASでんきというサービス名で電気の販売も行っている。
  

lpio main

「エルピオでんき」の紹介ページ:関東を中心にLPガス(プロパンガス)の販売で実績のあるエルピオ。東京電力エリアにて電気も販売している。

symenergy main

「シン・エナジー」の紹介ページ:兵庫発の新電力・シンエナジー(旧洸陽電機)は北海道を除く全国で利用できる新電力。大手電力会社の従量電灯プランよりも安くなる「きほんプラン」や夜間料金がお得な「生活フィットプラン」がある。

tohogas main

「東邦ガス」の紹介ページ:東海3県を中心に都市ガスを販売。都市ガスとセットで電気の契約も可能。セットで申し込むと電気料金が安くなる。
  

audenki main

「auでんき」の紹介ページ:auの電気サービス「auでんき」。auスマホなどとセットでおトクになります。 全国(北海道電力エリア、東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、北陸電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、九州電力エリア)で展開。

saibugas main

「西部ガス」の紹介ページ:4大都市ガス事業者のひとつ、西部ガスについてまとめました。
  

nichigas-main

「ニチガス」の紹介ページ:関東一円で1955年からLPガス、また1966年から都市ガスの供給を行なっているガス大手の日本瓦斯(にっぽんガス)株式会社、通称ニチガス。2018年よりLPガス、都市ガスに加えてニチガスでんきで電力小売り市場への本格参入を果したニチガスの、電気料金プラン・都市ガス料金プランについて説明する。
  

oyaub-main

「親指でんき」の紹介ページ:基本料金が0円、従量料金も一段階というシンプルな電気料金プラン「いいねプラン」を提供。またペットがいる家庭向けの「わんにゃんプラン+」や、ゲームユーザー向けの「ゲームプラン」などユニークな電気料金プランで注目を集めています。

haruene-main

「ハルエネでんき」の紹介ページ:飲食店、美容室、商店など店舗や事業所などビジネスユーザー向けの電気料金プランが豊富なハルエネでんき。また、沖縄を含む全国で展開しているのが特徴です。

ashitadenki main

「あしたでんき」の紹介ページ:「シンプルで分かりやすい」電気料金プラン、あしたでんきの「標準プラン」は基本料金ゼロ円・電力量料金が1段階なのが特徴です。60A契約以下の家庭向けに特化した電気料金プランを提案しています。

idex main

「イデックスでんき」の紹介ページ:九州地方で利用できる新電力。サービスステーション(ガソリンスタンド)の新出光が運営しています。

salae main

「サーラeエナジー」の紹介ページ:サーラグループは中部地方を中心に電気、都市ガス、LPガス、住宅販売などを手がける総合企業です。サーラeエナジーの電気料金は中部電力エリア、東京電力エリアで利用できます。

nanwa main

「ナンワエナジー」の紹介ページ:九州エリアで利用できる新電力。九州電力のオール電化プランにも対応したプランがある。

私たちが日々使うエネルギー:電気と都市ガス。2016年電力の小売完全自由化、2017年の都市ガスの小売完全自由化以前は、低圧電力を利用している一般家庭や商店などは地域の決められた電力会社(大手電力会社)や、都市ガス会社の電力料金プランやガス料金プランしか契約することができませんでした。そして自由化を迎え、状況は一変しました。電力やガスを選べる時代に突入した私たちがどのような電気料金プランやガス料金プランを選べば良いのか、一緒に探っていきましょう。

消費者が料金プランを選ぶ時代の電気・ガス事業

小売の自由化で利用者が料金プランが選べるようになった電力事業そして都市ガス事業。これまでにない、料金プランやサービスを提案する新電力会社・新ガス会社の登場で、大手電力会社や大手ガス会社もこれまでの規制料金だけではなく自由料金プランを発表し、利用者の獲得を巡って価格とサービスの競争が始まりました。

大手電力会社と新電力会社

大手電力会社とは東京電力関西電力中部電力東北電力九州電力中国電力四国電力北海道電力北陸電力沖縄電力の10社です。

自由化以前はこの10社がそれぞれの地域で独占的に電力の小売(供給・販売)を行なっていました。自由化以降、これら10社の供給エリアにとらわれることなく、また自前の発電設備や送電設備がなくても、電力を販売することができるようになりました。そして新電力会社として、都市ガス会社(東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガス)、通信・インターネット(auでんきソフトバンクでんきJ:com(ジェイコム))、ガスステーション(ENEOSでんき)、LPガス販売(エネワンでんき)、そして発電事業者(Looopでんきイーレックス)など様々な企業が参入しました。

しかしながら、低圧部門の切り替え率はまだ11.7%に止まっており、これから切り替えが進んでいく過程にあります。今後予想されるのは、登録数が500事業者にもなった新電力会社の淘汰が進み、また大手電力会社や他の事業体とのコラボが行われるでしょう。

例えば、新電力のauでんきは、2018年から順次大手電力会社のガス料金プランとのコラボを発表しています。2019年2月から、東京ガスの供給エリアでは、auでんきが電気を供給し、東京電力がガスを供給するauでんきと東電ガスとくとくガスプラン、東電ガス for auを発表しました。このようなコラボによって、より利用者の選択の幅が広がっていくことが期待されます。

大手ガス会社と新ガス会社

大手ガス会社とは東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガスの4社を言います。都市ガスの小売自由化以前は、市場の7割以上をこの4社で占めていました。これ以外にも北海道では北海道ガスなど、各地域において主要な都市ガス供給会社があります。都市ガスの小売自由化以降、新ガス会社として、大手電力会社(東京電力・中部電力・関西電力・九州電力)や、新電力会社(HTBエナジー(H.I.S.のでんき)イーレックス)、通信会社(J:com(ジェイコム))などが参入するようになりました。新ガス会社はそれぞれ大手ガス会社に比べて料金が安くなるプランを提案しています。

一方、都市ガスが供給されていない地域ではLPガスを利用することができます。LPガスは電気や都市ガスに先駆けて自由化され、全国にある大小様々なLPガス販売会社を通じて供給されています。自由化の歴史が長い分、料金体系も地域によって全く異なるので、LPガスをこれから使う方は料金比較をお勧めします。

自由化になって何が変わった?

電力自由化・ガス自由化
自由化になって何が変わった?

電気事業に関しては、単にこれまでの大手電力会社に比べて電気料金を低価格で提案するだけではなく、ガス会社は電気・ガスのセットプラン、通信会社は携帯料金とのセットプランなど、新電力会社はそれぞれの持ち味を生かして、新しいサービスプランを提供しています。これは新ガス会社にも同じことが言え価格とサービスの両方で競争が激化しています。特に電気とガスの小売を行なっている東京ガスと東京電力は同じ電気とガス供給エリアで利用者の奪い合っています。その価格競争の結果、東京電力のガス料金プラン(とくとくガスプラン)が東京ガス(一般契約料金)よりも安く、逆に東京ガスの電気料金(ずっとも電気)が東京電力(従量電灯B)よりも安くなるという逆転現象まで起きています。

さらに、東京電力エリアこの他にも、全国展開している基本使用量が0円の基本使用量が0円のLooopでんき(おうちプラン)や、大手電力会社より一律5%安くなるHTBエナジー(H.I.S.のでんき)の(大江戸プラン)、さらに東急パワーサプライの電気およびガス料金プランなど、利用者が同一エリアで様々なプランを選ぶことができる状況にあります。

また、ただ電気料金が安い・ガス料金が安いというだけではなく、より付加価値を求める利用者に訴求するようなプランや、ライフスタイルに合わせたプランが出てくるようになりました。

例えばよりクリーンで再生可能なエネルギーの利用を求める利用者に向けて、電源構成における再生エネルギーの割合の高さを売りにするみんな電力を筆頭に、新電力会社はFIT(フイット)電気の活用に積極的な姿勢が見れられます。

ライフスタイルに合わせたプランの例としては、夜間の電気使用量が安くなる東京電力の夜トクプランや、1日の中で一定時間の電気使用量が無料になるHTBエナジー(H.I.S.のでんき)のママトクプランがあります。

スマートメーターで使用量がわかる
スマートメーターで使用量がわかる

こういったライフスタイルに合わせたプランの普及の陰には、電気使用に関しては従来の検針票からスマートメーターへの切り替えが影響していると思われます。これまでは検針員と呼ばれる人が月に1度、各利用者の元に出向いてアナログ式のメーターを目視で確認していました。利用者はどれくらい電気を使ったか1ヶ月に1度ペースでしか把握できませんでした。しかし、自由化以降普及が進むスマートメーターによって、電気の使用状況は30分間隔で電力会社に送られることになり、利用者も例えば毎時間・毎日の電気使用量を把握できることになりました。電力業界は2023年までの全国普及を目指しており、ガス業界も2019年より1100万戸への導入を目指しています。

Looopでんき

エネルギー供給:電力供給とガス供給

では、私たちが日々使う電力とガスはどのように製造され、どのように各家庭まで供給されているのでしょうか?

原料の輸入

人口では世界10位、経済規模では世界3位の経済大国日本。当然その旺盛な経済活動を支えるエネルギーも桁違いです。反面、日本はエネルギーの原料となる資源に乏しい国でもあります。そのため、電気や都市ガスともととなる原料の大部分を輸入に頼っています。

例えば2016年の火力発電所の燃料となる原油自給率はわずか0.3%で、残りの99.7%は輸入になります。その内87.2%はサウジアラビア、アラブ首長国連邦、カタールなどの中東諸国から輸入しております。そのため、昨今の政情不安などの外的な要因で、原油価格が高騰したり、または下落することもあります。このため、電気料金やガス料金にはそれら調整するため燃料費調整制度があり、燃料価格の3カ月平均値(平均燃料価格)に基づいて2カ月後の燃料費調整額が算定され、毎月の電気料金・ガス料金に燃料価格上昇時は加算、燃料価格低下時は差し引きしています。

 

都市ガスの燃料は液化天然ガスで、こちらは97.6%が輸入になり、2015年には8,475万トン輸入しました。その内64.1%は火力発電所などの燃料として利用され、残りの31.7%が都市ガスの燃料になります。

電力供給:発電から供給まで

日本は国内に大小様々なものを合わせて、1300カ所の発電所があります。震災前の2010年までは原子力発電が電力ベースで3割近くを担っていました。しかし、震災の影響で多くの原子力発電所が検査のため稼働停止した影響で、2015年では原子力の電力量は1%にまで減少。現在は火力発電(LNG、石炭、石油)が日本の電力量の8割以上を担っています。

再生可能エネルギーの普及が課題
再生可能エネルギーの普及が課題

一方、再生可能エネルギーよる発電も少しづつですが、広がっています。再生可能エネルギーとは太陽光発電・風力発電・バイオマス発電・水力発電・地熱発電など、原子力や化石燃料(LNG、石炭、石油)に頼らない発電方法のことです。電力の小売自由化以降、新電力会社は電源構成における、再生可能エネルギーの割合の高さを売りにしているところもあります。一方で再生可能エネルギーはその発電コストが火力発電に比べて高いこともあり、爆発的な普及に至っていません。今後、より多くの利用者が再生可能エネルギーの利用を求めるようになれば、電力会社はより再生エネルギーの利用に注目し技術革新や設備投資による大量発電等で発電コストを下げ、普及が進む可能性があります。

こうして発電された電気は、大手電力会社10社が管理・運営する配電・送電設備を使って各利用者の元に運ばれています。これらの配電送電事業に関しても、電力自由化電力自由化の最終段階として、発電事業との切り離す方向になっております。この法的分離は2020年をめどに行われる予定です。小売りの自由化後、参入した新電力会社はこうした大手電力会社10社の管理する配電・送電設備を使って各利用者の元へ電気を届けています。その際、託送料金を大手電力会社に支払っており、現在は政府によって料金が規制されています。しかし、発電と送電の分離がなされる2020年以降は、託送料金がそれぞれの配電・送電会社によって変更されるようになり、新電力会社の電気料金プランへ反映される可能性があります。

ガス供給:輸入から供給まで

海外から特殊なLNGタンカーによって、全国の港湾に運ばれてきた都市ガスの原料・LNGは一旦受け入れ基地に移されます。その後、都市ガス用に熱量調整・付臭が行われます。この付臭はとても大事な工程で、これによってガス漏れに気づくことができます。

こうして調整された都市ガスは、ガス導管を通して各利用者の元へ運ばれます。このガスの導管は200を超えるガス会社が地域独占権をもって行なっており、その内5割は大手都市ガス会社(東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガス)によって保有されています。新ガス会社もこうした既存のガス導管を利用して、各利用者の元へガスを提供しています。

エネルギー消費量

1960年代から1970年代にかけて、家庭内エネルギー消費量おける電気の割合は30%以下でした。しかし2015年以降、電気が50%を超えるようになりました。第一にオール電化が進んだことが挙げられます。また、オール電化でなくても、家庭にエネルギー消費が動力(冷蔵庫・洗濯機)や照明に割かれるようになったからです。それに加えて、パソコンや携帯電話が各家庭に普及して、より電気を使うようになりました。2016年の家庭内エネルギー消費量おける都市ガスの割合は20%ですから、電気と都市ガスで家庭内エネルギー消費の7割を担っていることになります。当然それだけ、家計にしめる電気と都市ガスの割合も大きくなります。つまり電気料金プラン・ガス料金プランを賢く見直すことで、家計の負担を減らすことができるわけですね。