auでんき : 電気料金一覧・会社概要・連絡先
audenki main

CMや広告でも大きく宣伝されているauでんき。auのスマホやケータイの契約をしている人ならば簡単に申し込みができます。auでんきはどのような電気料金プランなのか、申し込み方法も含めてご紹介します。またauでんきの提供元について基礎情報もチェック。

auでんき - どんな電気料金?サービス概要

auでんき」とは、電力自由化に伴い、新電力として一般家庭向け電力小売事業へ参入した、大手通信事業者KDDIの提供する電気契約サービスです。電気は必ずしも大手電力会社に申し込まなくてもよくなったため、auに限らず他にもNTTドコモやソフトバンクなども電気契約を提供しています。もちろん携帯キャリアに限らず多くの電力会社が現在存在しています。

auでスマホ・ケータイ・タブレットなどを契約している人ならば自分のauのアカウントから簡単に申し込みができるのが、このauでんきです。auのホームページから申し込むことができる他、全国の約2,500店あるauショップでも申し込みが可能です。

「au」と「電気」、この2つはなかなか結び付かない感じがしますが、KDDI(au)はすでに2014年から、auエナジーサプライのサービス名で集合住宅向けに高圧電力を「マンション一括受電」というかたちで供給していました。しかしながら、auでんきといってもその電気はauがすべて発電をしているわけではなく、多くの新電力と同様に電力の卸売り市場や大手電力会社から購入した電気を提供しています。

KDDI(au)では、メガソーラーを栃木県や茨城県に所有をしていますが、auでんきの主な電源とされているわけではなく、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を利用して電力会社への販売を行っているのみです。

auでんきの特徴やポイント

auでんきの具体的な特徴を分りやすくまとめてみてみましょう。実はauでんきは大手電力会社と比べて、電気料金そのものは安く設定がされていません。auでんきでは、電気料金そのものようりも、電気代の額に応じて提供されるキャッシュバックがその特徴・ポイントとなっています。

auでんきは電気代の1-5%がキャッシュバックされるしくみ

auでんきの特徴やポイント

auでんきは、電気の支払い額に応じてau-walletにポイントが貯まるしくみ。電気料金は大手電力会社の設定金額と変わりません。

auでんきの電気料金構成は、各地域の大手電力会社の従量電灯プランにならっています。また、料金・金額そのものも、手電力会社の設定とほぼ同等になっています。

それでは、auでんきに切り替えても電気代は安くならいなのでしょうか?auでんきでは、毎月支払う電気代の1-5%が「au WALLET」にキャッシュバックされる形で契約者に還元されます。つまり、auでんきに切り替えることでお得になるのは、このキャッシュバックの部分になります。

新電力と言えば、電気料金自体が大手電力会社よりも安いのが普通ですが、auでんきはしくみが異なる点を契約前に理解しておきましょう。キャッシュバックは面倒、ポイントよりも電気料金そのものが安い方がありがたい、そんな方には、auでんきはあまりおすすめできないかもしれません。

auでんきでは、以下のポイントで魅力をアピールしています。
  1. auでんきセット割 → 毎月の電気料金の最大で5%相当がau WALLETプリペイドカードへキャッシュバックされる。
  2. auの専用アプリで電気使用量を見える化 → 見える化だけでなく、電気の使用状況からユーザーにピッタリの省エネ法をおすすめ。
  3. 電気代もau料金にまとめて請求 → 携帯電話やその他のauサービスとまとめて支払いができる。

実際にauでんきで安くなる額はどれくらい?

それでは、auでんきのキャッシバックで実際にどのくらい安くなるのでしょうか?一覧にしてみました。金額にすると以下の通りになります。

割引率が1-5%というのは、他の新電力に比べると低いので、お得度はそれほど高くありません。特に一人暮らしであまり電気を使用しない人は、毎月の電気料金が5,000円を超えることは稀ですから、キャッシュバック額もかなり控えめです。

auでんき・セット割によるキャッシュバック還元率
月額電気料金 還元率 au walletにキャッシュバックされる金額
5000円未満 1% 電気料金の支払いが4000円なら40円
5,000以上~8000円未満 3% 電気料金の支払いが7000円なら210円
8,000円以上 5% 電気料金の支払いが9000円なら450円

auでんきのアプリで電気の使用量が分かる。

他にもauでんきならでは特徴として、電気の使用量が細かく分かるアプリの提供があります。もちろんダウンロードやアプリの使用は無料です。

毎月の電気の使用量(キロワットアワー)のアップダウンが分かって便利です。すべての電力会社がこのようなアプリを提供しているわけではないので、「電気を見る化」して、しっかり管理したい、そんな方には最適なサービスといえるでしょう。

auでんきを申し込む

auでんきの特徴やポイント

auのマイページにログイン。検針票が手元にあれば簡単にauでんきの申し込みができます。

auでんきも申し込みは簡単です。普段使用しているスマホやパソコンからauのご自身のアカウントにログイン(au IDが必要です。)をし、電力会社発行の検針票に記載されている番号(供給地点特定番号やお客様番号など)を記入するだけです。

また電話での申し込みむこともできます。auでんきのお客様センター電話番号:0120-925-881にて手続きを行います。カスタマーセンターの受付時間内 - 9:00~20:00(無料・年中無休)に連絡をしましょう。auのサイトでの申し込みの際と同様に住所や供給地点特定番号やお客様番号などが必要です。

他にも全国のauショップにて申し込みが可能です。

auでんきを解約する

auでんきは、解約をする場合少し注意が必要です。auでんきを申し込んでから1年経たたずに解約をする場合、2000円かかってしまいます。auでんきの口コミやデメリットではこの点がよくポイントとされます。

ただし、auでんきを申し込んだ後も、実際の使用開始の前であればキャンセルは可能です。また、auのスマホ等の契約を解約して以降も、auでんきのみの契約を続けることは可能ですから、両方を同じ時期に解約をしなければならないという「しばり」は発生しません。

auでんきの解約の手続きはカスターマーセンターへの電話での受付のみとなっています。申し込み時のようにauのアカウントや店舗では解約の手続きはできませんから、あらかじめ理解しておきましょう。

auでんき - 問い合わせ・連絡先

auでんきの申し込み・解約、キャンセル等は共通の電話番号、auお客様センターに連絡をします。

auでんきのお客様センター電話番号 0120-925-881
受付時間 9:00~20:00

auでんき - 電気料金表

auでんきは、沖縄以外の全国で申し込みが可能です。大手電力会社も地域によって電気料金に差があるように、auでんきでも地域ごとの料金設定となっています。

auでんきMプラン(北海道電力エリア)の電気料金

北海道電力・従量電灯Bに該当するプランです。一般家庭はこのプランを申し込みます。

auでんきMプラン(北海道電力エリア)の電気料金
基本料金
契約アンペア数 auでんき
Mプラン
auでんき
北海道電力
従量電灯B
北海道電力
10A    
15A    
20A    
30A    
40A    
50A    
60A    
電力量料金(1kWhあたりの単価)
電力消費量 auでんき
Mプラン
auでんき
北海道電力
従量電灯B
北海道電力
最終の120kWhまで    
120-280kWh    
280kWh以上    

auでんきLプラン(北海道電力エリア)の電気料金

北海道電力・従量電灯Cに該当するプランです。電気の使用量の多い、オフィスや店舗を対象としたプランです。

auでんきMプラン(北海道電力エリア)の電気料金(税込)
基本料金
1契約あたり  
1kVA  
電力量料金(1kWhあたりの単価)
電力消費量  
11kWh-120kWh  
120-280kWh  
280kWh以上  

auでんきMプラン(東北電力エリア)の電気料金

東北電力・従量電灯Bに該当するプランです。一般家庭はこのプランを申し込みます。

auでんきMプラン(東北電力エリア)の電気料金(税込)
基本料金
契約アンペア数 auでんき
Mプラン
auでんき
東北電力
従量電灯プラン
東北電力
10A    
15A    
20A    
30A    
40A    
50A    
60A    
電力量料金(1kWhあたりの料金単価)
電力消費量 auでんき
Mプラン
auでんき
東北電力
従量電灯プラン
東北電力
最終の120kWhまで    
120-300kWh    
300kWh以上    

auでんきLプラン(東北電力エリア)の電気料金

東北電力・従量電灯Cに該当するプランです。電気の使用量の多い、オフィスや店舗を対象としたプランです。

auでんきLプラン(東北電力エリア)の電気料金(税込)
基本料金
1契約あたり  
1kVA  
電力量料金
電力消費量  
1-120kWh   1kWhあたり
120-300kWh   1kWhあたり
300kWh以上   1kWhあたり

auでんき - Mプラン(東京電力エリア)

東京電力の従量電灯プランBに該当するプランです。

auでんきMプラン(東京電力エリア)の電気料金(税込)
基本料金
契約アンペア数 基本料金
10A  
15A  
20A  
30A  
40A  
50A  
60A  
電力量料金
電力消費量 1kWhあたりの値段
最終の120kWhまで  
120-300kWh  
300kWh以上  

auでんき - Lプラン(東京電力エリア)

東京電力の従量電灯プランCに該当するプランです。商店やオフィスなど電気を多く使う人向けのプランです。

auでんき - Lプラン(東京電力エリア)の電気料金(税込)
基本料金
1kVAあたり  
電力量料金
電力消費量  
最初の120kWhまで   1kWhあたり
120-300kWh   1kWhあたり
300kWh以上   1kWhあたり

auでんきMプラン(中部電力エリア)の電気料金

中部電力・従量電灯Bに該当するプランです。一般家庭はこのプランを申し込みます。

auでんきMプラン(中部電力エリア)の電気料金
契約アンペア数 基本料金
auでんき
Mプラン
auでんき
中部電力
従量電灯B
中部電力ス
10A    
15A    
20A    
30A    
40A    
50A    
60A    
電力消費量 電力量料金(1kWhあたりの料金単価)
auでんき
​Mプラン
auでんき
中部電力
​従量電灯B
中部電力ス
最終の120kWhまで    
120-300kWh    
300kWh以上    

auでんきLプラン(中部電力エリア)の電気料金

中部電力・従量電灯Cに該当するプランです。電気の使用量の多い、オフィスや店舗を対象としたプランです。

auでんきLプラン(中部電力エリア)の電気料金(税込)
基本料金
1契約あたり  
1kVA  
電力量料金
電力消費量  
1-120kWh   1kWhあたり
120-300kWh   1kWhあたり
300kWh以上   1kWhあたり

auでんきMプラン(北陸電力エリア)の電気料金

北陸電力・従量電灯Bに該当するプランです。一般家庭はこのプランを申し込みます。

auでんきMプラン(北陸電力エリア)の電気料金
基本料金
契約アンペア数 auでんき
Mプラン
auでんき
北陸電力
従量電灯B
北陸電力
10A    
15A    
20A    
30A    
40A    
50A    
60A    
電力量料金(1kWhあたりの料金単価)
電力消費量 auでんき
Mプラン
auでんき
北陸電力
従量電灯B
北陸電力
最終の120kWhまで    
120-300kWh    
300kWh以上    

auでんきLプラン(北陸電力エリア)の電気料金

北陸電力・従量電灯Cに該当するプランです。電気の使用量の多い、オフィスや店舗を対象としたプランです。

auでんきLプラン(北陸電力エリア)の電気料金(税込)
基本料金
1契約あたり 2016年6月1日以降
1kVAあたり  
電力量料金(1kWhあたり)
電力消費量
最初の120kWhまで  
120-300kWh  
300kWh以上  

auでんきMプラン(関西電力エリア)の電気料金

関西電力・従量電灯Aに該当するプランです。一般家庭はこのプランを申し込みます。

auでんきMプラン(関西電力エリア)の電気料金(税込)
基本料金
1契約あたり  
最初の15kWhまで  
電力量料金
電力消費量  
15kWh-120kWh   1kWhあたり
120-300kWh   1kWhあたり
300kWh以上   1kWhあたり

auでんきMプラン(中国電力エリア)の電気料金

中国電力・従量電灯Aに該当するプランです。一般家庭はこのプランを申し込みます。

auでんきMプラン(中国電力エリア)の電気料金
基本料金(最低料金)
1契約あたり auでんき
Mプラン
auでんき
中国電力
従量電灯A
中国電力
最初の15kWhまで    
電力量料金(1kWhあたりの料金単価)
電力消費量 auでんき
​Mプラン
auでんき
中国電力
​従量電灯A
中国電力
15-120kWh    
120-300kWh    
300kWh以上    

auでんきMプラン(四国電力エリア)の電気料金

四国電力・従量電灯Aに該当するプランです。一般家庭はこのプランを申し込みます。

auでんきLプラン(中国電力エリア)の電気料金
基本料金(最低料金)
1契約あたり auでんき
Mプラン
auでんき
四国電力
従量電灯A
四国電力
最初の11kWhまで    
電力量料金(1kWhあたりの料金単価)
電力消費量 auでんき
Mプラン
auでんき
四国電力
従量電灯A
四国電力
11kWh-120kWh    
120-300kWh    
300kWh以上    

auでんきMプラン(九州電力エリア)の電気料金

九州電力・従量電灯Bに該当するプランです。一般家庭はこのプランを申し込みます。

 
auでんきMプラン(九州電力エリア)の電気料金
基本料金
契約アンペア数 auでんき
Mプラン
auでんき
九州電力
従量電灯B
九州電力
10A    
15A    
20A    
30A    
40A    
50A    
60A    
電力量料金(1kWhあたりの料金単価)
電力消費量 auでんき
Mプラン
auでんき
九州電力
従量電灯B
九州電力
最終の120kWhまで    
120-300kWh    
300kWh以上    

auでんきLプラン(九州電力エリア)の電気料金

九州電力・従量電灯Cに該当するプランです。電気の使用量の多い、オフィスや店舗を対象としたプランです。

auでんきLプラン(九州電力エリア)の電気料金(税込)
基本料金
1契約あたり  
1kVA  
電力量料金
電力消費量  
1-120kWh   1kWhあたり
120-300kWh   1kWhあたり
300kWh以上   1kWhあたり

auでんき - KDDIの会社概要

auでんきを提供するのは、ご存知の通り通信事業ブランドのau(エーユー)です。auは、ブランド名でサービス提供会社はKDDI株式会社です。

携帯電話契約件数では、auの市場シェアは2位となっています。

KDDI株式会社概要
会社名 KDDI株式会社
住所 〒102-8460
東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号ガーデンエアタワー
設立年月日 1984年6月1日
事業内容 電気通信事業
資本金 1,418億5,100万円
主要株主
  1. 京セラ株式会社 12.76%
  2. トヨタ自動車 11.09%
  3. 日本郵政共済組合 1.2%
保有しているメガソーラー
  1. KDDI小山ネットワークセンター(栃木県小山市)3,500kW
  2. KDDI八俣送信所(茨城県古河市)3,300kW
  3. 旧北浦受信所跡地(茨城県行方市)2,000kW

auの都市ガス(関電ガス for au)

auの提供する電気・auでんき

auでスマホ・ケータイを契約しているならば、誰でも申し込める都市ガス、「関電ガス for au」。年間通してガスをたくさん使う人ならば3%でも割引効果は高いかもしれませんね。

大阪ガスの都市ガスを利用している人であれば、auのスマホとケータイ契約とセットで都市ガス(サービス提供元は関電です。)を申し込むことも可能です。

都市ガス「関電ガス for au」だけを申し込むこともできますし、auでんきとセットで申し込みをすれば都市ガス料金が3%安くなります。もし仮にガスの使用量が約35m3で、一ヵ月の請求が5,000円だったとします。そうすると、電気もガスも通信もauでまとめることで毎月約150円、都市ガスの料金が割引になることになります。

ただし、都市ガスの使用量は、季節によって大きく変動し、夏場など、ほとんどお湯を使わない時期などは利用量が減るため、都市ガスを大阪ガスからauの都市ガスにしても年間を通して安くなる額はさほど大きくならない可能性があります。

飲食店や旅館・ホテルなど都市ガスを年間通してたくさん使うところは3%でも割引額が高くなることが期待できますが、残念ながら法人の方は「関電ガス for au」を申し込むことができません

更新日

ガイド - auでんき : 電気料金一覧・会社概要・連絡先

このブロックは壊れているか見つかりません。コンテンツが存在しないまたはオリジナルのモジュールを有効化する必要があります。