電話で電気・ガス切替相談

新居の電気・都市ガスお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

新居の電気・都市ガスお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

東京電力のガス、とくとくガスプランは本当に安い?東京ガスの料金と比較や評判も検証

東京ガスのお申し込み

基本料金が3ヶ月無料[東京ガスの電気]

  • 東京ガスの電気(基本プラン・ずっとも電気3)新規お申し込みで基本料金3ヶ月無料
  • 二人暮らし(月300kWh)なら東京電力と比べて年間約2,700円安い
  • ファミリー世帯(月450kWh)なら東京電力と比べて年間約8,000円安い
  • 電気とガスのセットでさらに電気代が0.5%安い
  • さらに業界最高水準のポイント還元率1.5%(パッチョポイント)

今なら電気の基本料金が3ヶ月無料

  • 東京ガスの電気に新規お申し込みで基本料金3ヶ月無料
  • 二人暮らしなら東京電力と比べて年間約2,700円安い
  • ファミリー世帯なら東京電力と比べて年間約8,000円安い
  • ガスとセットでさらに電気代が0.5%安い
  • 業界最高水準のポイント還元率1.5%(パッチョポイント)

基本料金3ヶ月無料キャンペーンは「基本プラン・ずっとも電気3」が対象。キャンペーンの内容は予告なく変更されることがあります。二人暮らしは月平均300kWh使用する場合を想定。ファミリー世帯は月平均450kWh使用する場合を想定。東京電力の従量電灯Bの基本料金・従量料金の合計金額との差額を計算。

東京電力のガス、とくとくガスプランは本当に安い?東京ガスの料金と比較や評判も検証
東京電力のガス、とくとくガスプランは本当に安い?東京ガスの料金と比較や評判も検証

東京電力のガス、とくとくガスプランは東京電力の電気とセットで利用できる都市ガスです。関東エリアので利用できる電気とガスのセットの中で、東京電力のガスはどれくらい安いのでしょうか?

東京電力エリアなら基本料金無料の「Looopでんき」がおすすめ

Looopでんき
  • 東京電力で60A契約なら毎月1716.00円かかるところ、Looopでんきならゼロ円
  • ファミリー世帯(月450kWh平均)なら東京電力より年間1万5千円安い
  • 東京ガスエリアなら電気とガスのセットで電気代がさらに2%お得
  • 解約金・違約金もゼロ円

東京電力のガス、とくとくガスプランとは?

東京電力のとくとくガスプランは、東京ガスの都市ガスエリアで利用できる東京電力の都市ガス料金プランです。とくとくガスプランは東京ガスの一般料金プランよりもガス料金が安くなるのが特徴です。また東京電力の電気料金プラン(スタンダードプランS、スタンダードL、プレミアムS、プレミアムL、夜トクプラン)と必ずセットで利用する必要があります。

  • 東京電力の都市ガスは東京ガスの都市ガスエリアで利用できる。
  • 東京電力のガス料金プラン(とくとくガスプラン)は必ず電気料金プランとセット

東京電力のガス、誰におすすめ?

東京電力のガスは、現在東京電力の電気と東京ガスのガスを利用している方におすすめです。なぜなら電気料金はそのままで、ガス料金だけ東京ガスの一般料金から3%安くすることができるからです。また加えて電気とガスを東京電力にまとめることで、1200円のセット割引が適用されます。

東京電力のガス、おすすめできない人は?

逆に東京電力のガスをおすすめできない人は、電気もガスも両方安くしたい人です。東京電力の電気を利用している人は、東京電力以外の新電力を利用することで電気代を節約することができます。さらに関東エリアの新電力には電気とガスをセットで利用できる会社があります。

「電気代は東京電力より安く、ガス代は東京ガスより安くしたい」そんな方は、関東エリアで選べる電気とガスのセットプランを確認してみましょう。

関東エリアでオススメの電気・ガスセットを確認する 関東エリアでオススメの電気・ガスセットを確認する

東京電力のガス
とくとくガスの供給エリア

東京電力の都市ガスプラン:とくとくガスプランの供給エリアは、東京ガスの供給エリア:東京地区と同じです。東京ガスの都市ガス供給エリア:東京地区には東京都だけではなくて、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県が含まれます。さらに詳細なとくとくガスの供給エリアについては、次の一覧表をご確認ください。

とくとくガスの供給エリア一覧
東京都 東京23区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・西東京市・武蔵村山市
神奈川県 横浜市・川崎市・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・茅ヶ崎市・逗子市・相模原市・三浦市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市・葉山町・寒川町・大磯町・中井町・開成町・南足柄市
千葉県 千葉市・木更津市・八千代市・君津市・富津市・四街道市・袖ヶ浦市・八街市・佐倉市・印西市・白井市・成田市・富里市・酒々井町・芝山町・多古町・栄町
埼玉県 さいたま市・川口市・所沢市・上尾市・草加市・蕨市・戸田市・朝霞市・和光市・新座市・久喜市・八潮市・三郷市・蓮田市・伊奈町・白岡市・熊谷市・行田市・深谷市・鴻巣市・羽生市
茨城県 竜ヶ崎市・牛久市・つくば市・取手市・つくばみらい市・稲敷市・利根町・阿見町・美浦村
栃木県 宇都宮市・真岡市・上三川町・芳賀町・高根沢町・壬生町
群馬県 千代田町・邑楽町・明和町

東京電力のガス、評判から見るメリット・デメリット

東京電力のガスの良い評判と悪い評判について、消費者の方から寄せられている評判に基づいて検証します。

東京電力のガスの評判(メリット・デメリット)

良い評判・メリット

  • ガスと電気のセット割引がある
  • ガス代が東京ガスの一般料金より3%安い

悪い評判・デメリット

  • セットにできる電気料金プランが決まっている
  • 他社の電気・ガスセットプランに比べて高い
  • コールセンターに繋がらない

 東京電力のガス、良い評判とは?

 ガスと電気のセット割引がある

東京電力のガスと電気をセットで利用すると、毎月100円、年間で1200円割引が適用されます。

ここに注意!

確かに東京電力のガスに割引特典があります。一方、他の電力会社・ガス会社にも電気とガスのセット特典があります。例えば、Looopでんき+ガスなら電気代が通常よりも2%安くなります。

電気代が月1万円かかっている家庭なら、ガスをセットにするだけで毎月2%=200円も実質割引になります。年間なら2400円なので、電気をよく使う家庭ならLooopでんき+ガスの電気の割引率の方が高くなりますね。

使用量が多ければ多いほど安い

今なら専用番号(0120-495-017)から申込でAmazonギフト券1,000円贈呈!

  • 基本料金: ゼロ円
  • 電力量料金: 1段階でシンプル
  • 選ばれて: 30万件突破
  • 全国で利用可: (一部離島を除く)
おうちプラン・ビジネスプラン

年間15,000円安い(四人世帯以上)

0120-495-017 公式サイト

 ガス代が東京ガスの一般料金より3%安い

実際に安くなるのか、東京ガスの一般料金と東京電力のガス、とくとくガスプランの料金表を比較してみました。

とくとくガスプランの料金表:東京電力のガス
1ヶ月のガス使用量 とくとくガスプラン(東京電力)
東京電力
一般契約料金(東京ガス)
東京ガス
  基本料金(円/月) 従量料金(円/m³) 基本料金(円/月) 従量料金(円/m³)
0m³から20m³まで 736.23円 140.94円 759.00円 145.31円
20m³をこえ80m³まで 1024.32円 126.54円 1056.00円 130.46円
80m³をこえ200m³まで 1195.04円 124.40円 1232.00円 128.26円
200m³をこえ500m³まで 1835.24円 121.20円 1892.00円 124.96円
500m³をこえ800m³まで 6103.24円 112.67円 6292.00円 116.16円
800m³をこえる場合 12078.44円 105.20円 12452.00円 108.46円

このように東京ガスの一般契約料金と比べると、基本料金と従量料金がそれぞれ約3%安くなっていますね。

なので事実、東京ガスから東京電力のガスに切り替えるとガス代が安くなるのです。

ここに注意!

実は東京電力以外にも東京ガスよりガス料金プランはあります。よかエネのガス料金プランも、東京ガスの一般料金より3%安くなります。

さらに電気もガスもよかエネにすると、電気代が東京電力より12%安く(従量電灯Bの場合)、ガス代も東京ガスから5%安くなります(一般料金の場合)

電気とガスをセットで切り替えると

電気代が12%安い・ガス代が5%安い

  • 大手電力会社より: 12%安い
  • 大手ガス会社より: 5%安い
一人暮らしからファミリー世帯まで

セットで安い

公式サイト

 東京電力のガス、悪い評判とは?

 セットにできる電気料金プランが決まっている

東京電力のガス、とくとくガスを利用するには、東京電力が提供する特定の電気料金メニューを利用しないといけません。そして東京電力エリアでいまだに多くの人が使っている、東京電力の「従量電灯B」「従量電灯C」と「とくとくガス」をセットで利用することはできません。

対象となる東京電力の電気料金プラン一覧
プラン名 特徴

スタンダードプランS・L

プレミアムプランS・L

  • 電気の使用量が多い方向けのプランです。
  • 電力量料金が、最初の400kWhまでは定額で、400kWhを超えたら1kWhあたりで電気料金が計算されます。
夜トクプラン
  • オール電化住宅や夜の電気使用量が多い方向けのプラン
  • 基本料金となる契約電力が、過去11カ月の使用電力量によって決定されるプランです。(スマート契約)
  • 電力量料金が昼間時間と夜間時間の2つの時間帯により2種類に分かれています。

東京電力を利用しているけど現在の利用プランがわからないという方は、東京電力から送られてくる検針票か、会員ウェブサイトで確認することができます。

また、東京電力のガスとセットで利用できる電気料金プランの特徴と料金表はこちらから確認できます。

スタンダードプランSの料金(関東エリア)

スタンダードプランSの料金(関東エリア)

東京電力|スタンダードS|関東エリア料金表
契約アンペア数 基本料金
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
電力消費量(kWh) 電力量料金
(1kWhあたりの値段)
120kWhまで 19.88円
120kWh超えて
300kWhまで
26.46円
300kWh超える 30.57円
東京電力の電気とガスのセットプランは、電話(セレクトラのらくらく窓口)からお申し込みすることができます。

 電話で申込む(0120-418-068)

電力自由化以前から広く利用されてきた従量電灯プランと同様に、契約アンペア数によって毎月固定の基本料金が7段階に分かれており、電力量料金が使用量に応じて3段階に分かれているのが特徴です。季節や時間帯・曜日によって、料金が変化することはありません。

スタンダードプランLの料金(関東エリア)

東京電力|スタンダードL|関東エリア料金表
基本料金(1kVAあたり) %286.00円
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段
120kWhまで 19.88円
120kWh超えて
300kWhまで
26.46円
300kWh超える 30.57円
東京電力の電気とガスのセットプランは、電話(セレクトラのらくらく窓口)からお申し込みすることができます。

 電話で申込む(0120-418-068)

スタンダードLプランは、これまで従量電灯Cを利用してた大型家庭や店舗・事業所向けのプランです。契約容量が6kVA以上となるので、一般家庭よりも一度に多くの電化製品を利用することの多い、店舗などで利用されています。電力量料金が使用量に応じて3段階に分かれているのはスタンダードSと同様です。

プレミアムSの料金(関東エリア)

東京電力|プレミアムS|関東エリア料金表
契約アンペア数 基本料金
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
電力消費量(kWh) 電力量料金
(1kWhあたりの値段)
最初の400kWhまで 9879.63円
(定額料金)
400kWh以上 29.58円
東京電力の電気とガスのセットプランは、電話(セレクトラのらくらく窓口)からお申し込みすることができます。

 電話で申込む(0120-418-068)

プレミアムSプランは、これまで従量電灯Bを利用してた一般家庭向けのプランです。毎月400kWhまでが定額料金になります。400kWh以上利用する場合はスタンダードSプランに比べてお得ですが、400kWh以下の場合逆に損をするので注意が必要です。

家庭向けおすすめの定額のプランは? 東京電力のプレミアムプラン以外にも、一定の使用量まで電力量料金が定額になる電気料金プランがあります。エルピオでんきなら、300kWh、400kWh、500kWhとより細かく定額になる使用量が設定できます。
定額プランでお得なエルピオでんきの詳細 定額プランでお得なエルピオでんきの詳細

プレミアムプランLの料金(関東エリア)

東京電力|プレミアムプランL|関東エリア料金表
基本料金(1kVAあたり) 286.00円
電力消費量(kWh) 電力量料金
(1kWhあたりの値段)
最初の400kWhまで 9879.63円
(定額料金)
400kWh以上 29.58円
東京電力の電気とガスのセットプランは、電話(セレクトラのらくらく窓口)からお申し込みすることができます。

 電話で申込む(0120-418-068)

プレミアムLプランは、これまで従量電灯Cを利用してた大型家庭や店舗・事業所向けのプランです。契約容量が6kVA以上となるので、一般家庭よりも一度に多くの電化製品を利用することの多い、店舗などで利用されています。

店舗向けおすすめの定額のプランは? エルピオでんきの店舗向けプランなら、300kWhから2500kWhまで定額料金の設定ができます。より使用量が多い店舗向けの定額プランをお探しなら、エルピオでんきがおすすめです。
定額プランでお得なエルピオでんきの詳細 定額プランでお得なエルピオでんきの詳細

夜トク8の料金(関東エリア)

東京電力|夜トク8|関東エリア料金表
基本料金(契約電力1kWあたり) 214.50円
昼間時間
(午前7時〜午後11時)
夜間時間
(午後11時〜翌日の午前7時)
32.74円(1kWhあたり) 21.16 円(1kWhあたり)

夜トク12の料金(関東エリア)

東京電力|夜トク12|関東エリア料金表
基本料金(契約電力1kWあたり) 214.50円
昼間時間(午前6時〜翌日の午前1時) 夜間時間(午前1時〜午前6時)
34.39円(1kWhあたり) 22.97円(1kWhあたり)

東京電力の夜トクプランは、夜間の電力量料金が従量電灯プランやスタンダードプランに比べて安くなる反面、昼間の料金が割高になる点に注意が必要です。昼間は家にいないまたは電気を利用しない、夜間に電気をよく使う、またオール電化住宅利用されている方向けのプランです。

夜間の電気料金が安くなる料金プランは? 東京電力の夜トクプラン意外にも夜間の電気料金が安くなるプランはあります。お得な電気料金プランを探してみませんか?
夜間がお得な電気料金プランの詳細 夜間がお得な電気料金プランの詳細

 他社の電気・ガスセットプランに比べて高い

東京電力のガスは、ガス代だけ注目すると確かに東京ガスの一般料金より安くなります。しかし、東京電力のガスは東京電力の電気とセットで利用するため、電気の分がどうしても割高になってしまいます。

どうして東京電力だと電気代が割高なの?

東京電力の電気は新電力に比べて電気代が割高です。例えば東京電力で最も一般的な電気料金プランである従量電灯プランもしくはスタンダードプランを利用している場合、東京電力から新電力に切り替えると一人暮らしでも10%、電気を使うファミリー世帯なら10%安くすることができます。

そのため、ガス代が安くするよりも電気代が安くする方が結果的に光熱費を削減できます。さらに、新電力の電気とガスのセットプランなら、ガス代も東京ガスの一般料金より安くすることができます。

東京電力よりお得な電気・ガスのセットプランは?

電気とガスのエキスパート、セレクトラがオススメする新電力の中から、東京電力より安くなる電気とガスのセットプランはLooopでんき+ガスです。

Looopでんきは基本料金無料が特徴の新電力で、北海道から沖縄まで全国で30万件以上で利用されています。関東エリアではガスも販売しており、基本料金が一律1000円なのが特徴です。では実際に東京電力の電気、ガスセットプランと比べてどれくらい安くなるのか計算してみました。1ヶ月あたりの電気代(基本料金+電力量料金)・ガス代(基本料金+従量料金)を世帯構成ごとに予想しました。

世帯構成 Looopでんき+ガス
電気代・ガス代
東京電力
電気代・ガス代
東京電力との年間差額
一人暮らし 8,734円 8,815円 972円
二人暮らし 12,601円 13,012円 4,932円
ファミリー世帯 17,762円 19,148円 16,632円

一人暮らしの場合、1ヶ月の電気使用量・200kWh、契約アンペア数30A、1ヶ月のガス使用量・203と想定。二人暮らしの場合、1ヶ月の電気使用量・300kWh、契約アンペア数40A、1ヶ月のガス使用量・30m3と想定。ファミリー世帯の場合、1ヶ月の電気使用量・450kWh、契約アンペア数50A、1ヶ月のガス使用量・40m3と想定。東京電力は電気に「スタンダードプランS」、ガスに「とくとくガスプラン」の利用を想定。Looopでんきは、電気に「おうちプラン」、ガスに「Looopガス」の利用を想定。

比べてみると一目瞭然で、東京電力の電気とガスのセットプランに比べて、ファミリー世帯なら年間で1万6千円も安くなることがわかりました。さらに現在電気は東京電力、ガスは東京ガスと分けて利用している方なら、ガス代が東京ガスよりお得なるので年間1万6千円以上安くなる可能性があります。

使用量が多ければ多いほど安い

今なら専用番号(0120-495-017)から申込でAmazonギフト券1,000円贈呈!

  • 基本料金: ゼロ円
  • 電力量料金: 1段階でシンプル
  • 選ばれて: 30万件突破
  • 全国で利用可: (一部離島を除く)
おうちプラン・ビジネスプラン

年間15,000円安い(四人世帯以上)

0120-495-017 公式サイト

東京電力のガス
お申し込み方法

東京電力ガスの申し込み方法を確認しよう

電気とガスのセットプランが特徴の東京電力のガス料金プラン。どうやって申し込むのか調べてみました。

東京電力のガスにインターネットから申し込む

東京電力のウェブサイトからガスプランへの申し込みができます。また従量電灯B・Cプランなど東京電力の別電気プランを利用の方もご安心ください。電気プランの変更と、ガスの新規加入をまとめて申し込むこともできます。

電話でもお問い合わせ、お申し込みが可能です。しかし、多くの顧客をかかえる東京電力では、電話が非常に混み合うため、いつでもアクセスできるウェブサイトからの手続きを推奨しています。

  • とくとくガスプランの対象者:東京電力のガス
  • 対象地域:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県
  • 東京ガスの使用者(2017年4月以降東京ガスから他ガス小売事業者へ契約を切り替えた方も対象)
  • 東京電力の電気プラン(スタンダード、プレムアム、夜トク)のいずれかを利用している
  • ※次の3つ全てに該当する方が東京電力のガスプランを利用できます。

現在、東京電力の従量電灯BまたはCを利用している場合

お申し込みには供給地点番号、加入プラン名、お客様番号が必要が必要になるので、電気およびガスの検針票を用意しましょう。その後オンラインフォームから手続きを進ます。

オンラインフォームからお申し込み後、スマートメーターの取付工事が必要な場合があります。原則立会いは不要で、停電の必要もありません。

現在、スタンダードプラン、プレミアムプラン、夜トクプランを利用している場合

お申し込みには供給地点番号、加入プラン名、お客様番号が必要になるので、電気およびガスの検針票を用意しましょう。その後オンラインフォームから手続きを進ます。

まとめ:東京電力のガス

  • 東京電力のガス料金プランは必ず電力料金プランとセットで申し込む必要がある
  • 東京電力のウェブサイトからガス料金プランに申し込める。また電気とガスをまとめて申し込める
  • 一般的家庭の平均使用量の場合、Looopガスのセットプランの方が安い

電気・ガスのセットプランを検討中の方は、電気やガスの利用状況に合わせてご検討ください。

更新日