【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
オクトパスエナジー

実質再エネ100%!オクトパスエナジー

オクトパスエナジーは、非化石証書の利用により、実質再エネ100%の電気を供給しています。料金プランに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

オクトパスエナジーの申込

実質再エネ100%!オクトパスエナジー

オクトパスエナジーは、非化石証書の利用により、実質再エネ100%の電気を供給しています。料金プランに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

オクトパスエナジー

実質再エネ100%!オクトパスエナジー

オクトパスエナジーは、非化石証書の利用により、実質再エネ100%の電気を供給しています。公式サイトで詳細をご覧ください。申し込みも24時間受付中です。

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

オクトパスエナジー

実質再エネ100%!オクトパスエナジー

オクトパスエナジーは、非化石証書の利用により、実質再エネ100%の電気を供給しています。公式サイトで詳細をご覧ください。申し込みも24時間受付中です。今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

再生可能エネルギーを使った環境にやさしい料金プランがある電力会社は?

更新日
再生可能エネルギーを使った環境にやさしい料金プランがある電力会社は?
再生可能エネルギーを使った環境にやさしい料金プランがある電力会社は?

再生可能エネルギーを利用したプランのおすすめは東京ガス「さすてな電気」オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」です。いずれも非化石証書を利用した実質再生可能エネルギー100%の電力プランです。

再生可能エネルギーを使った電気料金プラン

がおすすめです。

いずれも「実質再エネ100%」の電気料金プランとなっています。

 実質再エネ100%とは?(クリックして表示)

非化石証書とは、「化石燃料を使わずに発電した」という見えない価値を証書の形にしたものです。発電事業者(電気を作る事業者)が、太陽光などの再生可能エネルギーによる発電量に応じて非化石証書を発行・販売します。

そして、電気小売事業者(電気を消費者に販売する事業者)が、販売する電力の再エネ比率を増やすために非化石証書を購入しています。
例えば、100kWh分の電気を化石燃料を使って発電していたとしても、100kWh分の非化石証書と組み合わせることで、実質再エネ100%の電気として販売できるのです。

「再エネプラン」の実状はさまざま

一口に再エネプランと言っても、その意味は様々です。何をもって各電力会社が「再エネ」の電気と呼んでいるのかを知っておくことで、再エネを使っている電気料金プランへの理解が深まります。
 「再エネを利用したプラン」の定義を詳しく見る

【東京電力エリア】東京ガスの「さすてな電気」とは?

関東地方でおすすめな環境にやさしいプランは東京ガスの「さすてな電気です。

東京ガス さすてな電気

 実質再生エネルギー100%の電気を実現

東京ガスでは「非化石証書」の購入によって実質的に再エネ100%の電気(※)を提供しています。

 実質再エネ100%とは?(クリックして表示)

非化石証書とは、「化石燃料を使わずに発電した」という見えない価値を証書の形にしたものです。発電事業者(電気を作る事業者)が、太陽光などの再生可能エネルギーによる発電量に応じて非化石証書を発行・販売します。

そして、東京ガスのような電気小売事業者(電気を消費者に販売する事業者)が、販売する電力の再エネ比率を増やすために非化石証書を購入しています。
例えば、100kWh分の電気を化石燃料を使って発電していたとしても、100kWh分の非化石証書と組み合わせることで、実質再エネ100%の電気として販売できるのです。

東京ガスはこうして実質再エネ100%の電気を実現しています。

※東京ガスの電気の電源は天然ガスを用いた火力発電をメインとしていますが、環境的な価値を与えられた「非化石証書」を東京ガスが購入することによって、CO2排出量実質ゼロとしています。

 電気料金は東京電力のスタンダードS/Lと同等

環境にやさしい電力プランにもかかわらず、電気料金は東京電力での最も基本的なプランのひとつである「スタンダードS/L」と変わりません。(※)家計の負担を増やすことなく、環境保全に貢献することができます。
※東京電力エナジーパートナー株式会社の電気料金プラン「スタンダードS/L」と比較して、kwhあたりの単価において1円以上の差がないことを指します。

\   東京ガスのさすてな電気が気になる?   /

 

【沖縄除く全国】オクトパスエナジーの「グリーンオクトパス」とは?

沖縄を除く全国で展開されているオクトパスエナジーの「グリーンオクトパス」もおすすめです。

オクトパスエナジーと東京ガスは共同経営を行っている
東京ガスとの共同経営を行っています

 実質再エネ100%の電気を実現

オクトパスエナジーの「グリーンオクトパス」は、実質的に再生可能エネルギー100%の電気料金プランです。

これは、オクトパスエナジーが、皆さんの使った電気の量に合わせて非化石証書を購入することで、電気使用に伴うCO2排出量を相殺し、実質的に再生可能エネルギーを使用しているとみなす仕組みです。

オクトパスエナジー「グリーンオクトパス」の電源構成
 非化石証書とは?

非化石証書とは、「化石燃料を使わずに発電した」という見えない価値を証書の形にしたものです。発電事業者(電気を作る事業者)が、太陽光などの再生可能エネルギーによる発電量に応じて非化石証書を発行・販売します。

そして、オクトパスエナジーのような電気小売事業者(電気を消費者に販売する事業者)が、販売する電力の再エネ比率を増やすために非化石証書を購入しています。
例えば、100kWh分の電気を化石燃料を使って発電していたとしても、100kWh分の非化石証書と組み合わせることで、実質再エネ100%の電気として販売できるのです。

「実質的」ではなく本当に「再生可能エネルギー100%」を実現するのは、コストや発電量の問題からどの電力会社でもなかなか難しいのが現状です。しかし、非化石証書を用いた「実質的」再エネの電気を使うことは、今後の本質的な再エネによる発電をさらに拡大させることにつながります。

したがって、グリーンオクトパスは、環境負担の少ない電気を使いたい、再エネを増やしたい、と考えている方にぜひおすすめしたい電気料金プランです。

 東京ガスとの共同経営だから安心

オクトパスエナジーはイギリス生まれの電力会社で、現在全世界9か国で770万件近い供給実績を誇ります。

日本ではガス最大手の東京ガスと共同経営を行っているので、安心して利用できます。

オクトパスエナジー

オクトパスエナジーが気になる?

オクトパスエナジーの料金プランに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

オクトパスエナジーの申込

オクトパスエナジーが気になる?

オクトパスエナジーの料金プランに関するご相談・お申し込みは、セレクトラのらくらく窓口が無料で承ります。お気軽にお電話ください。今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

セレクトラらくらく窓口:ご利用ガイド

オクトパスエナジー

オクトパスエナジーが気になる?

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

オクトパスエナジー

オクトパスエナジーが気になる?

オクトパスエナジーの公式サイトで、電気代がどのくらい安くなるかシミュレーションしてみませんか?申し込みも24時間受付中です。今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

 

「再エネを利用したプラン」の定義は?

環境問題が深刻さを増していく状況の中、エネルギー消費の見直しを行うことはますます重要となっています。それに伴い、再生可能エネルギーを使った電気料金プランを提供する電力会社も増えています。最近では菅首相が「2050年までに温室効果ガスの排出をゼロにする。カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と所信表明演説を行ったこともあり、この動きは今後ますます活発となることが予想されます。

ただし、それぞれの電力会社が「再エネ」と指している電気は必ずしも同じものではありません。この違いをわかっておくと、再エネを使っている電気料金プランへの理解が深まりますので、まずはその違いについて確認しましょう。

 「再エネ利用プラン」の3つのタイプ

本来の「再生可能エネルギー」

再生可能エネルギーとは本来、「太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスといった、温室効果ガスを排出しない、再利用することができるエネルギー」のことを指しています。

また、再生可能エネルギーの他に、「自然エネルギー」という言葉もよく使われています。自然エネルギーは、「太陽光・風力・水力・地熱など、自然現象から得られるエネルギー」のことを指しています。つまり、再生可能エネルギーの一部が自然エネルギーであると言うことができます。

環境価値のない再エネ「FIT電気」

FIT電気とは、再生可能エネルギーのうち、固定価格買い取り制度(FIT制度)によって買い取られた電気のことを指します。

ですから、電力会社の電源構成に「FIT電気」という風に表示されていたら、その電力会社は「太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスなどの温室効果ガスを排出しない方法」のどれかを使って作られた電気を供給していると考えてOKです。

ただし、ややこしいのが、FIT電気は「環境価値がない再エネ」だということです。どういうことでしょうか?

実は、電力会社がFIT制度によって再エネを調達する際、費用の一部が我々消費者が負担している再生可能エネルギー発電促進賦課金によってまかなわれています。つまり、電力会社は私たちの協力によって、再エネを購入できているということになります。

この際、FIT制度を通じて購入された再エネ(=FIT電気)の価値は2つに分けられます。

  1. 電気そのものの価値:部屋を明るくしてくれる、暖房を動かしてくれる、などの、電気がもともと持つ価値
  2. 環境価値:CO2を排出しない、環境にやさしい、という目に見えない価値
 =  + 

 

この環境価値(②)は再エネ賦課金の負担額に応じてした私たち消費者に分配されます。そのため、電力会社が供給するFIT電気には単なる電気としての価値(①)しか残りません。これは、消費者のお金で買った電気で、電力会社が「環境にやさしい、エコだ」というイメージを享受すべきでない、という考えによるものです。

だから、電力会社が販売するFIT電気は、再エネで作られた電気でありながら、環境価値がない電気として扱われます。つまり、火力発電などと同じように扱われ、電力会社が環境価値のある電気(=CO2を排出しない電気)を供給しているとはみなされないのです。

もちろん、電力会社がFIT電気を使うことは再エネを増やすためには不可欠の取り組みです。しかし、消費者負担を減らし、かつ、電力会社自身が本当に環境保全に対する努力をするためには、FIT電気の供給だけでは不十分、ということになります。

ちなみに、仮に電力会社がFIT制度に頼らずに再エネを購入するとすれば、その再エネには環境価値がそのまま残りますから、電力会社は環境価値のある電気を供給することができます。

環境価値を付加した「実質的」再エネ

環境にやさしい電気料金プランについて調べていると、「実質的再生可能エネルギー」などという言葉を目にすることがしばしばあります。これは何を意味するのでしょうか?

これは、環境価値を付加されることで、実質的に「環境価値のある電気(=CO2を排出しない電気)」になった電気のことを指しています。

さきほど、FIT電気は「環境価値が切り離された電気」と説明しましたが、ここで切り離された環境価値は、我々消費者に分配されるほか、「非化石証書」として可視化され、電力会社に向けて売りに出されます。電力会社はこの非化石証書(=環境価値)を購入することによって、自社が供給する電気に環境価値を付与することができるのです。

環境価値のかたち、いろいろ日本で売買されている環境価値には、非化石証書以外にグリーン電力証書やJクレジットがあります。

つまり、たとえ、調達した電気が火力発電によるものだったとしても、非化石証書の購入を通じて環境価値を付与することで、その電気は実質的に再生可能エネルギーの価値を持つことになります。

 +  = 

 

「火力発電なのに実質再エネなんて、なんだかずるい気がする」と思った方もいるかもしれません。たしかに、CO2を排出する電源ばかりを使いながら環境価値でちゃらにしていたら本末転倒ですね。しかし、環境価値を購入している会社のほとんどが、併せて再エネ(もしくはFIT電気)の購入を行っています。環境価値の購入は「再エネの調達が追いつかない部分を補う」という意味合いが強いと言えます。電気料金プランを選ぶときには電源構成も確認して、その電力会社が環境価値の付与だけでなく、再エネやFIT電気を使う努力をしているかどうかをチェックしてみましょう。

非化石証書は再エネ賦課金の負担軽減になるなお、電力会社が購入した非化石証書の売上は、私たちの支払う再エネ賦課金と同様にFIT電気の購入にあてられています。つまり、電力会社が非化石証書を購入することは、私たち消費者の負担を減らすことに繋がっています。非化石証書の購入が増えるほど、再エネの安定的な供給と開発が可能になります。

環境にやさしい電気を使いたいなら

実質再エネ100%・東京ガスの「さすてな電気」

  • CO2排出実質ゼロ: 非化石証書(再エネ指定)使用
  • 目に見える環境貢献: 新規契約につき1000円寄付
  • 電気代はそのまま: 東京電力のスタンダードS/Lと同額(※)
電気代はそのままで

実質再エネ100%の電気に

公式サイト

※ 東京電力・スタンダードS/L」と比較して、kwhあたりの単価において1円以上の差がないことを指します。なお、東京ガスの電気プランは燃料費調整の上限を設けていません。これにより、燃料費の高騰によって上限を設けている他社の料金プランと比べ、高くなる場合があります。