Disney+
  • 東京ディズニーシー「ファンタジースプリングス」がオープン!
  • アトラクションの題材となった映画を見放題で楽しもう!

【2024年1月】ディズニープラスのおすすめ作品ランキング!見逃せない作品ジャンル別21選

更新日
本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
ディズニープラスのおすすめ作品ランキング!

ディズニープラスとは?

ディズニープラスは、ディズニーが全世界で展開する公式の動画配信サービスです。ディズニーの作品だけでなく、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィックなど、16,000本以上の名作や新作が月額990円(税込)でいつでも楽しむことができます。

スター作品では、ディズニー・テレビジョン・スタジオなど、ディズニーのトップ制作チームによる映画やドラマ、さらには世界中のスタジオが制作する海外ドラマ・韓国ドラマや、そして国内アニメの旧作から新作までも幅広く観ることができます。

加入する前の無料トライアルはありませんが、年間で払うと年額9,900円(税込)で実質2か月分が無料となっておりとてもお得です。

ディズニープラスの料金

ディズニープラスでは、2023年11月1日から2種類の料金プラン、スタンダードプランとプレミアプランができました。

スタンダードブランは、これまでのディズニープラスの通常会員と同じ料金で、月額990円(税込)、年額9,900円(税込)です。

新しくできたプレミアプランは、月額1,320円(税込)、年額13,200円(税込)となっています。

それでは、それぞれのプランの特徴と違いを表で見てみましょう。

特徴 スタンダードプラン プレミアムプラン
料金(税込) 月額:990円
年額:9,900円
月額:1,320円
年額:13,200円
最高画質 1080P Full HD 4K UHD & HDR
最高音質 5.1サラウンド ドルビーアトモス
同時視聴 2台 4台
広告 なし なし
ダウンロード機能 あり(10台まで) あり(10台まで)

プレミアムプランの方がスタンダードプランよりも、音質と画質がよくなっています。また、同時視聴できるデバイスの数はプレミアムプランが4台と、スタンダードプランよりも2台多くなっているのが特徴です。

どちらのプランでも、全作品見放題となっており、観れる作品の数は変わりません。

注意点として、Apple App Store経由でディズニープラスに登録した方は、スタンダードプランの料金が月額1,000円(税込)となります。少しでも安く利用したいという方は、Apple App Store以外の方法で登録してください。

登録方法に関しては、こちらの記事を参考にしましょう。

また、ドコモ、J:COM、Hulu(Hulu | Disney+セットプラン)経由でディズニープラスに登録している方は、年額プランを利用することができないので、年額プランで契約したい方は、ディズニープラスで直接登録することをおすすめします。

ドコモ、又はJ:COMから登録している方は、この新料金プランの適用は、2023年12月1日からとなります。

アカウントページでの料金プラン表示

ディズニープラスに2023年10月31日までに登録した方は、2023年11月1日の時点では「Disney+プレミアム」と表示されるようになっていますが、このプレミアムプランの料金が適用されるのは、2023年12月1日以降のご自身の更新日からとなります。

プレミアムプランではなくスタンダードプランを希望する方は、スタンダードプランへの変更が必要になるので気を付けましょう。

既存のディズニープラス登録者は自動的にプレミアムプランへ

ディズニープラスに2023年10月31日までに登録した方は、自動的にプレミアムプランに設定されますが、希望であればスタンダードプランへの変更が可能です。

ドコモ、J:COM経由でディズニープラスに登録した方は12月1日以降、その他の経由でディズニープラスに登録した方は、12月6日以降に自動的にプレミアムプランへと設定されます。

自動的にプレミアムプランに設定されますが、スタンダードプランを希望する場合は、スタンダードプランへの変更が必要になります。

それでは、スタンダードプランへの変更手順は、次の章で見ていきましょう。

スタンダードプランへの変更方法

どこからディズニープラスに登録したかによって、スタンダードプランへの変更手順が変わってきます。それぞれの方法で見ていきましょう。

ディズニープラスの公式ホームページから登録した人

ディズニープラスをディズニープラスの公式サイトから契約した方は、この方法でのプラン変更をすることができます。

ディズニープラスの公式サイトからプランを変更する手順は以下になります。

ディズニープラスの公式サイトから変更する手順

  1. ディズニープラス公式サイトのアカウントページへアクセス
  2. 「サブスクリプション」の[プラン変更]を選択
  3. 「スタンダードプラン」を選択
  4. 変更完了

各種アプリ(Apple App Store、Google Play Store、Amazonアプリストア)から登録した人

ディズニープラスを各種アプリから契約した方は、この方法でのプラン変更をすることができます。

各種アプリからプランを変更する手順は以下になります。

各種アプリからプランを変更する手順

  1. 各種アプリでディズニープラスのアカウントページへアクセス
  2. 「サブスクリプション」の[プラン変更]を選択
  3. 「スタンダードプラン」を選択
  4. 変更完了

ドコモから登録した人

ディズニープラスをドコモから契約した方は、この方法でのプラン変更をすることができます。

ドコモからプランを変更する手順は以下になります。

ドコモからプランを変更する手順

  1. 「事前予約サイト」へアクセス
  2. ディズニープラスを契約しているdアカウントでログイン
  3. 「スタンダードプラン」を選択
  4. 変更完了

J:COMから登録した人

ディズニープラスをJ:COMから契約した方は、この方法でのプラン変更をすることができます。

J:COMからプランを変更する手順は以下になります。

J:COMからプランを変更する手順

  1. 「プラン変更予約画面」へアクセス
  2. ディズニープラスを契約しているJCOMパーソナルIDでログイン
  3. 「スタンダードプラン」を選択
  4. 変更完了

その他の注意事項

Huluの「Hulu・ディズニープラスセットプラン」で登録した人

Huluの「Hulu・ディズニープラスセットプラン」で登録した人は、2023年11月1日以降はプレミアムプランへと自動移行となります。

スタンダードプランを希望する方は、前章で解説した手順でプランの変更手続きを行ってください。

プリペイドカード・デジタルギフトカードでディズニープラスを利用している人

プランメイが記載されていないカードでディズニープラスを利用している方は、2023年11月1日からプレミアムプランに自動移行となります。

スタンダードプランを希望する方は、前章で解説した手順でプランの変更手続きを行ってください。

年額プランで利用している人

次回の年額プラン請求日まで、価格変更はありません。次の更新でスタンダードプランに変更したい方は、ディズニープラスのアカウントページから変更の手続きが必要になるので忘れないようにしましょう。

スタンダードプランに変更した時の適用開始日

ディズニープラスのスタンダードプランに変更した時の、適用開始日を解説していきます。

ドコモ、J:COMから登録した人

ドコモ、J:COMからディズニープラスに登録した方が、2023年11月30日までにスタンダードプランへ変更手続きを完了した場合、2023年12月1日からスタンダードプランで利用することができます。

ディズニープラス公式ホームページ、Amazonから登録した人

ディズニープラス公式ホームページ、Amazonからディズニープラスに登録した方が、スタンダードプランへの変更手続きを完了した場合、スタンダードプランの適用はご自身の次の更新日からとなります。

Apple App Store、Google Play Storeから登録した人

Apple App Store、Google Play Storeからディズニープラスに登録した方が、次回のご自身の更新日までにスタンダードプランへ変更手続きが完了できた場合、スタンダードプランの適用はご自身の次の更新日からとなります。

ディズニープラスがおすすめな人

ディズニープラスがおすすめな人は次の人になります。

  • ディズニープラスがおすすめな人
  • ディズニーが好きな人
  • マーベル、ピクサー、スターウォーズが好きな人
  • 小さいお子さんがいるご家族
  • 洋画、海外・韓国ドラマ、国内アニメなども一緒に楽しみたい人

ディズニープラスでは、ディズニーの昔の作品から最新の作品まで、全てのディズニー作品を観ることができます。ディズニー好きの方にはぴったりですね。

さらに、マーベル、ピクサー、スターウォーズの世界ヒット作品の全てが揃っているので、ファンの方々はとても満足できるサービスとなっています。

それだけでなく、洋画、海外ドラマ、韓国ドラマ、さらには国内アニメの旧作から新作まで幅広く観れるので、多くの方におすすめできます。

さらに、お子さんのいるご家庭では、週末や長期のお休みの時に入会してると、子供が観たい作品がたくさんあるのでとても便利です。

ドコモからディズニープラス入会で割引キャンペーン

ドコモユーザー以外の方もみんながお得

ディズニープラスは、ドコモから入会するとお得な特典が盛りだくさんとなっています。また、ドコモ回線を使っていれば、さらに割引の対象となります。

「実質1ヶ月無料」

ドコモからディズニープラスへ入会で、dポイントが990ポイント付与されます。つまり、ドコモからディズニープラスへ入会すれば、「実質1ヶ月無料」でディズニープラスを利用することができます。

このキャンペーンは、ドコモ回線のユーザーでなくてもどなたでも参加できるキャンペーンです。また、キャンペーンの期間は、終了予告があるまで無期限となります。是非ご利用ください。

PR
爆アゲセレクション Disney

ドコモ回線ユーザーなら見逃すな!
eximo/ahamo/ギガホ/ギガライト」&「ディズニープラス」 でDisney+が最大6か月間割引!

ドコモユーザー専用サイト

Disney+の公式サイト

ドコモユーザーなら更にお得

また、ドコモユーザーなら更にお得になるキャンペーンが目白押しです。

ドコモの「ギガプラン」または「ahamo」をご契約中の方或いはこれからご契約される方を対象に、ディズニープラスを更にお得にお楽しみいただけるキャンペーンを実施しています。

「セット割」

「5Gギガホプレミア/ギガホプレミア」または「ahamo」と、ディズニープラスの両方を契約すると、毎月990円(税込)が最大6か月間割引される「セット割」がとてもお得となっています。

この「セット割」では、「5Gギガライト/ギガライト」とディズニープラスの両方を契約しても、毎月990円(税込)が最大4か月間割引されます。

  • 「5Gギガホプレミア/ギガホプレミア」または「ahamo」+ディズニープラス:ディズニープラスが最大6カ月間無料
  • 「5Gギガライト/ギガライト」+ディズニープラス:ディズニープラスが最大4カ月間無料

PR
爆アゲセレクション Disney

ドコモ回線ユーザーなら見逃すな!
eximo/ahamo/ギガホ/ギガライト」&「ディズニープラス」 でDisney+が最大6か月間割引!

ドコモユーザー専用サイト

Disney+の公式サイト

「爆アゲセレクション」

そして、お得なのは「セット割」だけではありません。この「セット割」が終了した後でも、「ギガホ」または「ahamo」ユーザーなら、「爆アゲセレクション」でディズニープラスの割引が続きます。

「爆アゲセレクション」は、「セット割」終了後でも、ディズニープラスの月額料金の20%分のdポイントが毎月もらえるとてもお得なキャンペーンとなっています。

つまり、「ギガホ」または「ahamo」ユーザーは、実質毎月20%安い月額料金でディズニープラスを利用し続けられることになります。

  • 「ギガホ」または「ahamo」+ディズニープラス:「セット割」後もディズニープラスが毎月20%割引

キャンペーンの期間は、終了予告があるまで無期限となります。ドコモユーザーなら、こんなお得なキャンペーンは見逃せませんね。

*ディズニープラスのおすすめ作品はこちらから確認できます。

PR
爆アゲセレクション Disney

ドコモ回線ユーザーなら見逃すな!
eximo/ahamo/ギガホ/ギガライト」&「ディズニープラス」 でDisney+が最大6か月間割引!

ドコモユーザー専用サイト

Disney+の公式サイト

ディズニープラスの今月配信予定の作品一覧

ディズニープラスでは、2023年8月もディズニー作品から国内アニメまでたくさんの新作がリリースされます。それではまず、ディズニープラスで2023年8月配信の作品をジャンル別に見ていきましょう。

ディズニープラス:8月の新作一覧

国内アニメ

     
 
配信日 タイトル
8月1日 「SYNDUALITY Noir」
8月2日 「文豪ストレイドッグス 第5シーズン」
  「わたしの幸せな結婚」
  「青のオーケストラ」
8月3日 「無職転生Ⅱ ~異世界行ったら本気だす~」
  「彼女、お借りします 第3期」
  「スパイ教室 2nd season」
  「はたらく魔王さま!!2nd Season」
8月4日 「呪術廻戦 第2期「懐玉・玉折/渋谷事変」」
  「ダークギャザリング」
8月6日 「もののがたり」第二章
  「BLEACH 千年血戦篇-訣別譚-」
  「アンデッドガール・マーダーファルス」
  「ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~」
8月16日 「マイ・ファースト・ファイト」
8月30日 「青のオーケストラ」

海外アニメ

 
配信日 タイトル
8月2日 「おしゃれにナンシー・クランシー シーズン3」
  「トッツ とべ! あかちゃん おとどけたい シーズン3」
  「スター・ウォーズ : ヤング・ジェダイ・アドベンチャー」
8月2日 「フューチュラマ シーズン11」
8月11日 「ドナルドの腕白教育」
  「食いしん坊がやってきた」
  「グーフィーの釣天狗」
  「ミッキーの道路工事」
  「ドナルドのボロ飛行機」
  「ミッキーのオリンピック」
  「デート・アフター・デート」
  「チップとデールのパークライフ シーズン2」

海外ドラマ

 
配信日 タイトル
8月2日 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3」
  「ディア・ママ from 2PAC」
  「ヒルソング教会のヒミツ」
  「デイブ シーズン3」
8月3日 「ランドール・スキャンダル:米カリスマプロデューサーの栄光と罪」
8月8日 「マーダーズ・イン・ビルディング シーズン3」
8月9日 「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル シーズン4」
8月23日 「スター・ウォーズ:アソーカ」
  「ダミリオ・ショー:世界一有名なインフルエンサー シーズン1~2」
  「素晴らしき日々 シーズン2」
8月25日 「バケーション・フレンズ2」
8月30日 「JUSTIFIED 俺の正義 : クライムシティ デトロイト」
  「正義の異邦人:ミープとアンネの日記」
  「窮地のヒトラー:進撃の連合軍 シーズン3」
  「キング・オブ・リオ シーズン4」
  「カー・SOS 蘇れ!思い出の名車 シーズン10」
  「スター・ウォーズ:アソーカ」

国内ドラマ

 

配信日 タイトル
8月9日 「季節のない街」

韓国・アジア作品

 

配信日 タイトル
8月4日 「ファースト・レスポンダーズ 緊急出動チーム シーズン2」
8月9日 「ムービング」
8月30日 「NCT 127: THE LOST BOYS」
  「SUPER JUNIORのアイドルVSアイドル」
  「SUPER JUNIOR リターンズ3」

ドキュメンタリー

 
配信日 タイトル
8月2日 「崖っぷちからの挑戦状 with ジミー・チン」
8月3日 「ゴロンゴーザ国立公園 楽園の再生」
8月11日 「バラード博士の海洋探査記」
8月16日 「神秘のヨーロッパ」

Huluとセットの新プラン月額1490円「Hulu | Disney+ セットプラン」が誕生

ディズニープラスでは、Huluとセットの新プラン月額1490円「Hulu | Disney+ セットプラン」が誕生しました

もうすでにHuluに登録している方、これから登録しようと思っていた方には、このとってもお得なプランは見逃せないませんね。

Huluは、10万本以上の作品を抱え、海外作品だけでなく日本テレビ系列の国内コンテンツが充実した動画配信サービスです。

ディズニープラスとセットで利用すれば、割引で安くなるだけでなく、幅広い作品を視聴することができるようになりおすすめです。

この新しい「Hulu | Disney+ セットプラン」を利用すれば、月額1026円(税込)のHuluと、月額990円(税込)のディズニープラスを別々に登録した時よりも、月々526円割引でお得に利用することができます。

ただ、この「Hulu | Disney+ セットプラン」には無料お試し期間はありません。また、このプランへの登録は専用ページから手続きを行うことになります。

もうすでに、Huluがディズニープラスの会員の方は、以下の方法でこの「Hulu | Disney+ セットプラン」を登録してください。

  • すでにHuluの会員の方=同じHuluのアカウントからアップグレード可能
  • すでにディズニープラスの会員の方=セットプランへの新規申し込みをした後にディズニープラスを解約する

このとてもお得な「Hulu | Disney+ セットプラン」、見逃せませんね。

huluに入るならディズニープラスとのセットプランがおすすめ【PR】

hulu Disneyセット

月額1,490円(税込)で両方見放題!別々に利用するより、毎月500円以上お得。
ディズニー作品以外、ドラマ・邦画・バラエティーも楽しみたいなら。

公式サイト 

ディズニープラスの今月の新作おすすめTOP3

この記事では、「ディズニープラス おすすめ」のトップ記事で紹介されている作品の中から、更に日本の映画検索サイトトップ2である「Filmarks」と「映画.com」で評価の高い作品を集める、今絶対おすすめの今月の新作TOP3をカテゴリー別に紹介しています。

ディズニープラスの8月配信の新作おすすめTOP3は、次の作品になります。

  • ディズニープラスの7月の新作おすすめTOP3
  • 1位:「アメリカン・ボーン・チャイニーズ 僕らの西遊記」
  • 2位:「スター・ウォーズ:ビジョンズ Volume 2」
  • 3位:「エド・シーラン:THE SUM OF IT ALL」

1位:「アメリカン・ボーン・チャイニーズ 僕らの西遊記」

5月24日配信

普通の高校生ジンが、新学期に新しいクラスメイトの留学生と出会ってから、いつのまにか中国神話の神々の戦いに引き込まれてしまうが。。

<おすすめポイント>2023年のアカデミー賞を受賞し話題となった国際俳優ミシェル・ヨー、キー・ホイ・クァン、ステファニー・スーら超豪華キャスト出演の破天荒アクションコメディは、どの年代も楽しめる作品となっており必見です。

2位:「スター・ウォーズ:ビジョンズ Volume 2」

5月4日配信

ディズニーとジョージ・ルーカスによる短編アニメーション「スター・ウォーズ:ビジョンズ」のシリーズ第2弾がついに完成。

<おすすめポイント>この作品は、世界中の9つのスタジオが制作した9本の短編アニメーションから成っており、それぞれの作品が「スター・ウォーズ」をもとにした新しい視点のストーリーを描いてます。スターウォーズファンは見逃せません。

3位:「エド・シーラン:THE SUM OF IT ALL」

5月3日配信

イギリス出身の世界的大スター、エド・シーランの日常と、大ヒットを生み出す裏側が見れるドキュメンタリーがいよいよ公開。

<おすすめポイント>初公開となるエド・シーランの生活やインタビュー、最高のパフォーマンスと共に、彼がどうやって今の成功を築いていった秘密に迫る作品です。

ディズニープラスのディズニーおすすめ作品TOP3

ディズニープラスのディズニーおすすめ作品TOP3は以下になります。

1位:「アナと雪の女王」

2013年製作/102分/G/アメリカ
原題:Frozen
配給:ディズニー

第86回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞し、主題歌賞を受賞した「Let It Go」とともに興行でも歴代記録を塗り替える大ヒットを記録したディズニーアニメーション。日本における興行収入は255億円で、洋画では「タイタニック」に次ぐ歴代2位、邦画をあわせても歴代3位の記録となった。

「禁断の力」をコントロールできずに雪の女王となったエルサと、妹アナは運命によって引き裂かれてしまうが、凍ってしまった世界を救うために戦っていく2人の姿を描いた感動の物語。

<おすすめポイント>冒頭の部分から、男たちが氷を切りながらリズム良く軽やかに歌っていたり、色々な場所で歌う場面が入っており、素敵なミュージカルアニメとなっているのが見どころです。「アナ雪」の代表曲となった「レット・イット・ゴー~ありのままで~」のシーンは印象的で、そのままの自分で良いというメッセージが多くの人の心に刺さりました。

ディズニープラスで「アナと雪の女王」を見る実質2カ月間無料の年額払いは
こちらから

2位:「ズートピア」

2016年製作/109分/G/アメリカ
原題:Zootopia
配給:ディズニー

動物たちが高度な文明社会を作って生きる世界「ズートピア」を舞台に、ウサギのジュディが自分の夢を叶えるために頑張っていく様子を描いたディズニーアニメーション。

監督は「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワードで、第89回アカデミー賞の長編アニメーションを受賞、さらに第74回ゴールデングローブ賞では最優秀長編アニメーション映画賞を受賞した傑作アニメ。

<おすすめポイント>動物達が人間のように暮らしている様子がおかしくも微笑ましくて癒されます。また、この「ズートピア」にも偏見や差別があったりと、私達の世界ともリンクするところがあり、考えさせられる点があるのも見どころとなっています。

3位:「メリーポピンズ」

1964年製作/140分/アメリカ
原題:Mary Poppins
配給:ブエナビスタ

第37回アカデミー賞5部門を受賞したパメラ・L・トラヴァース原作でウォルト・ディズニー製作の歴史に残る傑作ミュージカル。メリー・ポピンズを演じたジュリー・アンドリュースはアカデミー主演女優賞を受賞、さらに主題歌の「チム・チム・チェリー」は同歌曲賞を受賞し、たくさんの名曲も詰まった作品。

バンクス家の家庭教師として風に乗ってやって来たメリー・ポピンズ。美しく優しいだけでなく、なんと魔法も使える彼女はバンクス家の子供たちを魅了し、子供たちに厳しく仕事に夢中な父や母の心をも変えていく。

<おすすめポイント>「メリーポピンズ」は、1964年の制作にも関わらず、実写のアニメを融合させ夢の世界にいるような感覚を感じさせてくれる作品です。アニメのペンギンとメリーポピンズが一緒にダンスをしたり、メリーゴーランドの木馬に乗ったメリーポピンズとアニメの騎手が競争したり、ディズニーの世界観にあふれたファンタジーが満載です。

ディズニープラスのマーベルおすすめ作品TOP3

ディズニープラスのマーベルおすすめ作品TOP3は以下になります。

1位:「スパイダーマン:スパイダーバース」

2018年製作/117分/G/アメリカ
原題:Spider-Man: Into the Spider-Verse
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

第91回アカデミー賞では長編アニメーション賞、第76回ゴールデングローブ賞では最優秀長編アニメーション映画賞を受賞し、世界中でヒットとなったアニメ映画。

時空を超えて異なる次元で活躍するスパイダーマンたちが集められた世界を舞台に、主人公の少年マイルスがスパイダーマンとして成長していく姿を描いた長編アニメーション映画。

<おすすめポイント> 見どころは、CGのアニメと手書きのアニメをうまく混ぜ合わせて、アメリカのアニメのスタイルと日本のアニメのスタイルが共存しているところです。ストーリーにはオリジナルのスパイダーマンのパロディも入っており、スパイダーマンファンの期待も裏切らない内容になっています。

ディズニープラスで「スパイダーマン:スパイダーバース」を見る実質2カ月間無料の年額払いは
こちらから

2位:「アイアンマン」

2008年製作/125分/アメリカ
原題:Iron Man
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

「スパイダーマン」「ハルク」を世に送り出したアメコミの頂点マーベル・コミックから発売され、全米大ヒットを記録した「アイアンマン」の記念すべき映画化第1弾の作品。ロバート・ダウニー・Jrの主演で話題となった。

巨大軍事企業の社長トニー・スタークは、ある日アフガニスタンのテロ組織に捕まることとなり、新兵器の発明を強いられる。しかしトニーは、こっそり戦闘用スーツを作って見事脱出に成功。そして、パワードスーツをさらに開発してテロ組織と戦うことを決意。「アイアンマン」となるが。。

<おすすめポイント>この映画で使われている特殊効果技術(VFX)による映像の美しさは圧巻です。アイアンマンのスーツを装着するシーンからこの技術が使われており、細かくて繊細な描写は素晴らしい映像に仕上がっています。また、このスーツを活かした戦闘シーンは迫力満点で、子供から大人まで楽しめる作品となっています。

3位:「アベンジャーズ」

2012年製作/144分/G/アメリカ
原題:The Avengers
配給:ディズニー

人気シリーズ「アイアンマン」、「キャプテン・アメリカ」、「マイティ・ソー」、「ハルク」から、各ヒーローが地球を守るために集まったアクション大作。
ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エバンス、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナーら、これまでのそれぞれの作品で主人公を演じてきた豪華キャストが集結し夢の共演と話題になった。
初のクロスオーバー作品にも関わらず、全世界での興行収益が最速で10億ドルを突破し、世界中で新記録を樹立した。

地球侵略が始まり、これからの未来は最強の力を持つヒーローたちに託され、彼らは集まることになる。その名は「アベンジャーズ」。だが、自分たちの意思に反して集結させられた彼らは、それぞれの過去の経験から、チームとなって一緒に戦うことが難しくなる。次第に明らかになるアベンジャーズの苦悩とは?

<おすすめポイント>この作品では、バックグラウンドも考え方も違うヒーロー達が、ぶつかり合いながらもだんだんと結束を固めて戦っていく姿を人間味あふれるストーリーで描いており、非現実的ながらも共感し考えさせらるストーリーとなっています。

ディズニープラスのピクサーおすすめ作品TOP3

ディズニープラスのピクサーおすすめ作品TOP3は以下になります。

1位:「トイ・ストーリーシリーズ」

1995年製作/81分/アメリカ
原題:Toy Story
配給:ブエナビスタ

おもちゃ達が彼らの世界で繰り広げる大冒険を描き、世界的大ヒットとなったピクサー制作によるCGアニメ映画。本作が長編デビューとなった監督のジョン・ラセターは、自身の短編映画「ティン・トイ」をベースに今作品を制作。長編映画としては世界初のフルCGアニメ作品となり、第68回アカデミー特別業績賞を受賞した。

カウボーイ人形のウッディは、アンディの一番のお気に入りのおもちゃ。しかし、アンディは誕生日に最新のスペース・レンジャーのバズ・ライトイヤーをプレゼントにもらい、カウボーイ人形ウッディへの興味が薄れてしまう。ライバルとなったウッディとバズは、ある日おもちゃに悪さをするのが好きなガキ大将シドに誘拐され大ピンチとなるが。。ウッディとバズは脱出するために力を合わせるうちに、やがて“友情の絆”が芽生えていく感動のストーリー。

<おすすめポイント>この作品は、やはり「おもちゃの目線を体験できる」という新しい感覚を体験できるところがポイントになっています。私達が普段気にならないようなことも、おもちゃにとっては大きな障害であったり、ハラハラドキドキさせてくれます。子供から大人まで楽しめる究極のエンターテインメントです。

2位:「リメンバー・ミー」

2017年製作/105分/G/アメリカ
原題:Coco
配給:ディズニー

「トイ・ストーリー3」でアカデミー賞を受賞したリー・アンクリッチ監督が、死んだ人達の世界をカラフルに楽しく描いたピクサー・アニメーションの長編作品。主題歌「リメンバー・ミー」の製作を、「アナと雪の女王」の「レット・イット・ゴー ありのままで」を手がけたクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペスが担当。第90回アカデミー賞で長編アニメーション賞と主題歌賞を受賞し話題となった。

主人公の少年ミゲルは、ギターの才能に溢れ将来ミュージシャンになることを志すが、過去のある出来事によって、彼の家族はみんな音楽を禁止されてしまう。ある日ミゲルは、憧れの伝説的ミュージシャン・デラクルスが使っていたギターを見つけたことにより、テーマパークのようにワクワクする「死者の国」へと迷っていく。そこで陽気で孤独なガイコツ・ヘクターと出会い、一緒にどうにか元の世界へ戻れる方法を探していくが。。

<おすすめポイント>ピクサーの映画では初めて音楽にフォーカスした作品となっており、「メキシコの死者の日」を舞台にした独特の世界観と、高い技術力によって作られたアニメーション映像の融合が、クオリティの高いアニメーションとしてポイントとなっています。
また、作品内で描かれている家族との絆、少年が自分の夢のために健気に頑張る姿が絶賛され、多くの人が涙いた感動のストーリーも見どころです。

3位:「ソウルフル・ワールド」

2020年製作/101分/アメリカ
原題:Soul
配信:Disney+

ディズニー&ピクサーによる長編アニメーション。人間が生まれる前の「ソウル(魂)」たちの世界を舞台に描くファンタジーアドベンチャー。当初は劇場公開が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大によりディズニープラスのみでの独占配信となった。
アニメ界のアカデミー賞と呼ばれるアニー賞を制し、第93回アカデミー賞では長編アニメーション賞、作曲賞を受賞。第78回ゴールデングローブ賞でも、最優秀長編アニメーション映画賞と最優秀作曲賞を受賞し話題となった。

ニューヨークでジャズ・ミュージシャンを夢見る音楽教師ジョーは、ある日突然マンホールに落ちてしまう。彼が迷い込んだのは、ソウル(魂)がこの世に生まれる前に「どんな自分になるか」を決めている世界。
そこで出会った「22番」のソウルは、やりたいことが分からず人間に生まれたくないと言って、何百年もソウルの世界にいた。夢を叶えるために地上の人生へ戻りたいジョーは「22番」に協力を求めるが。。

<おすすめポイント>注目したいのは、今作品はピクサーで史上初となるアフリカ系人種を主人公にした作品ということです。さらに、ピクサーで初めてアフリカ系アメリカ人のケンプ・パワーズを共同監督に起用して、黒人社会の様子を絶妙に描いています。
また、奇跡の大冒険を繰り広げるジョーと「22番」が、最後に見つけた人生のきらめきとは何なのかも見どころです。

ディズニープラスのスターウォーズおすすめ作品TOP3

ディズニープラスのスターウォーズおすすめ作品TOP3は以下になります。

1位:「マンダロリアン」

2019年に配信され、「スター・ウォーズ」としては初となる実写版のドラマとなる今作は、作り込まれた世界観と「スター・ウォーズ」の代名詞ともいえる卓抜した特殊効果が評価され、エミー賞を7部門受賞するという快挙も成し遂げた大ヒットドラマシリーズ。
配信されるや否や大きな話題となり、「スター・ウォーズ」歴代の作品の中で最も高い評価を得た。

「スター・ウォーズ」旧3部作で、ルーク・スカイウォーカーらが帝国軍の指導者を倒してから、早くも5年が経つ。アーマーで身を包んで賞金稼ぎをするバウンティハンターと、小さな子どもがが主人公となり、銀河系を旅していくが。。

<おすすめポイント>ジョージ・ルーカス監督の製作によるオリジナル「スター・ウォーズ」が影響を受ける西部劇と、サムライ映画の雰囲気を混ぜ合わせて作られた本作の世界観は、「スター・ウォーズ」ファンの期待を全く裏切らず、さらには「スター・ウォーズ」を観てない人でも引き込んでしまう魅力があり、一番の見どころとなっています。

2位:「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」

2005年製作/141分/アメリカ
原題:Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith
配給:20世紀フォックス映画

大ヒットSFシリーズ「スター・ウォーズ」新3部作の最終章。ジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーが、暗黒卿ダース・ベイダーへと変化していく様子を描く。1977年製作の旧シリーズ第1作「エピソード4 新たなる希望」に隠されている謎が今明かされる。

クローン大戦が終結を迎えた後、ジェダイはクローン軍を率いて、各地でドロイド軍と戦うことになる。ある日パルパティーン最高議長が拉致されてしまい、オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが救出に向かう。2人は、どうにかパルパティーン最高議長を救出するが、アナキンはパドメへの密かな愛とジェダイへの忠誠の間で悩み苦しんでいた。そしてシスのダークサイドへと引かれるが。。

<おすすめポイント>この作品では、アナキンとオビ=ワンの戦いが見どころとなっています。元々、オビ=ワンはアナキンの育成係という任務があり、2人は師弟関係でしたが、まさかの子弟対決へと発展していく展開に目が離せません。
また、ダース・シディアスとヨーダの戦いも、シスとジェダイの最高峰同士の戦いとなっており見どころと言えるでしょう。

3位:「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」

1978年製作/121分/アメリカ
原題:Star Wars: Episode Ⅳ
配給:20世紀フォックス映画

旧3部作の第1作目となる今作は、スターウォーズシリーズで初めて作られた歴史に残る作品。
銀河帝国樹立から19年が経ち、ルーク・スカイウォーカーの銀河を巡る冒険が始まる。砂漠の惑星タトゥイーンに来たルークは、長年姿を隠していたオビ=ワン・ケノービと出会い、一緒に反乱軍の戦いに参加することになる。ダース・ベイダー率いる悪しき帝国軍に捉えられていたレイア姫を助けるために、オビ=ワンは若きルークをジェダイへと導いていくが。。

<おすすめポイント>この作品は、スターウォーズシリーズで初めて作られたスターウォーズの原点ともなる名作です。スターウォーズのストーリーを知る上で1番大事な作品となるので、他の作品の前に最初に観ることをお勧めします。主人公のルーク・スカイウォーカーと、映画至上最もクールなキャラクター、ハン・ソロの大事な出会いが描かれているのも見どころです。

ディズニープラスのスターおすすめ作品TOP3

ディズニープラスのスターおすすめ作品TOP3は以下になります。

1位:「ボヘミアンラブソティ」

2018年製作/135分/G/アメリカ
原題:Bohemian Rhapsody
配給:20世紀フォックス映画

世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。
世界中で社会現象となる大ヒットとなり、日本でも2018年に公開されや否や、興行収入130億円を突破。第91回アカデミー賞でも作品賞を含む5部門にノミネートされ、主演男優賞ほか4部門を受賞、第76回ゴールデングローブ賞では最優秀作品賞、最優秀男優賞を受賞した。

1970年のロンドン。ライブ・ハウスに通っていた若きフレディ・マーキュリーは、ギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーのバンドのボーカルが脱退したと知り、自ら名乗り出る。二人はフレディの歌声に心を奪われ、即バンドを結成。バンド名は「クイーン」とし、4人はアルバムを制作するや否や、シングル「キラー・クイーン」が大ヒット。それぞれが個性的なメンバーの挑戦的な試みによって、その後もヒットが続き、フレディは史上最高のエンターテイナーと称えられるようになる。だが、そんな成功とは裏腹にフレディはどんどん孤独になっていく。。

<おすすめポイント>今作の最大の見どころは、間違いなく最後の1985年のライブ・エイドの再現シーンです。俳優とスタッフが全力をかけて撮影したこのシーンの迫力とクオリティは、本当にフレディ・マーキュリーの生き様を生で見ているような感覚に陥ります。音響のバランスも最高の出来上がりとなっており、もう見逃せません。

2位:「グレイテストショーマン」

2017年製作/105分/G/アメリカ
原題:The Greatest Showman
配給:20世紀フォックス映画

「レ・ミゼラブル」でも素晴らしい歌声を聞かせたヒュー・ジャックマンが主演となり、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀のアメリカに実在した興行師P・T・バーナムの伝記が基となる大ヒットミュージカル映画。
第90回 アカデミー賞で主題歌賞にノミネート、第75回ゴールデングローブ賞では最優秀主題歌賞を受賞する他、最優秀作品賞を含む2部にノミネートされた。

主人公のP.T.バーナムは、ショービジネスの概念を生み出したアメリカのエンタメ業界の歴史に残る人物。「誰もがオンリーワンになれる場所」をエンターテインメントの世界に作り、人々に勇気と希望を与えた感動のストーリー。
そんなバーナムを支えたのは、どんな時も彼の味方であり続けた幼なじみの妻チャリティ。彼女の愛と仲間たちの友情を原動力に、バ ーナムはショーの成功を目指すが。。

<おすすめポイント>やはりこの作品では、迫力あるミュージカルシーンが最大の魅力となっています。展開が早く本当にショーを見ている感覚を覚えます。また、歌詞と音楽の両方が素晴らしい楽曲によって、登場人物の気持ちや心情を細かく描いており、共感から感動を誘います。
また、自分を信じ続けた彼の生き方には、夢を諦めず人生を前向きに生きていくための秘訣がたくさんあります。

3位:「ウォーキングデッド」

アメリカのコミック「The Walking Dead」が原作となったこの作品は、ウォーカーと呼ばれるゾンビが集まるアメリカで繰り広げられる、ハラハラドキドキのサバイバルアクションドラマ。

全米のケーブルTVで史上最高視聴率記録を毎シーズン更新しており、アメリカだけでなく日本でも大人気となった海外ドラマ。

<おすすめポイント>主人公のリックを中心に、数えきれないゾンビと戦う中で、誰が生き残っていくのか分からない展開が手に汗握るスリルを味わえます。

ディズニープラスの韓国おすすめ作品TOP3

ディズニープラスの韓国おすすめ作品TOP3は以下になります。

1位:「君と僕の警察学校」

2022年1月より配信されたディズニープラスオリジナル韓国ドラマ。韓国の公開オーディション番組『PRODUCE 101 シーズン2』の合格者によって構成されたアイドルグループ「Wanna One(ワナワン)」出身のカン・ダニエルが、ドラマに初出演したことで話題となった作品。

、警察学校を舞台に、同世代の8人の男女が支え合いながら厳しい訓練を乗り越える中で、友情と恋愛をを爽やかに描いた青春ドラマ。

<おすすめポイント>警察庁長官を父に持つエリート家族の生まれのスンヒョンと、出来が悪くトラブルメーカーのウンガンという、正反対の2人が繰り広げる恋愛模様が可愛らしくて楽します。
また、スンヒョンの父が、警察の裏の組織と関わっていることが発覚した後の展開が、緊張感のあるクライムサスペンスドラマのようにドキドキを楽しめる内容にもなっています。

2位:「サウンドトラック」

2022年に製作された、音楽とラブストーリーの融合のような韓国ドラマ。ハン・ソヒとパク・ヒョンシクの主演で、ミュージック・ビデオや映画のような美しい映像となっている。

19年来の親友関係を持つウンスとソヌの2人が、だんだんと恋愛関係へと発展していく様子を、素晴らしいオリジナルサウンドトラックと共に描いたオーディオラブストーリー。

<おすすめポイント>やはり、オリジナルの素晴らしいトラックと、その音楽を重視して作られた映像の美しさが見どころとなっています。今人気の若手俳優達の豪華キャストにも注目です。

3位:「コネクト」

2022年に公開され、日韓合同プロジェクトとして注目されたバイオレンス・スリラー。主演のチョン・へインとコ・ギョンポも必見。

数々のヒット韓国ドラマを生み出した製作会社「ドラゴン・スタジオ」と日本映画会の鬼才・三池崇史監督による、人気急上昇のディズニープラスオリジナルドラマ。最強の不死身新人類と最恐の狂気殺人鬼が繰り広げる超過激な作品となっている。

<おすすめポイント>人気スター俳優のチョン・へインとコ・ギョンピョ主演に加え、実力派若手女優のキム・へジュンなど、豪華キャストの夢の共演に注目です。

ディズニープラスのおすすめ作品まとめ

この記事では、ディズニープラスで見逃せないおすすめ作品TOP3をカテゴリー別に紹介しました。

ディズニープラスでは、ディズニーの作品だけでなく、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィックなど、16,000本以上の名作や新作が揃っています。

気になった作品がありましたら、是非チェックしてみてくださいね。