大阪ガスの電気事業:電気料金プラン・関西電力との比較

大阪ガスの電気事業:電気料金プラン・関西電力との比較

大阪ガスの電気事業:電気料金プラン・関西電力との比較

関西都市ガス最大手の大阪ガスは、関西電力エリアで電気の小売を行なっています。関西電力の従量電灯Aに比べて料金が安くなるベースプランや、ライフスタイルに合わせて選べるスタイルプランなど幅広い料金メニューが魅力です。関西電力そして新電力のLooopでんきと比べてどれくらいお得になるのでしょうか?

  • 月450kWh使用した場合、関西電力従量電灯Aに比べて大阪ガスのベースプランAは約450円お得
  • Looopでんきの「おうちプラン(関西)」なら大阪ガスのベースプランAより約950円お得

大阪ガスの電気事業

2016年の電気の小売完全自由化以降関西電力エリアで一般家庭や商店向けの電気料金プランを販売し、2019年2月末時点で92万件の電気契約を獲得した大阪ガス。日本では東京ガスにつぐ2位、そして関西では最大手の都市ガス会社である、大阪ガスは電気の小売事業においても存在感を発揮しています。一般家庭などの低圧向けの電力販売では、新電力会社の中で東京ガス「ずっとも電気KDDI「auでんき」に次ぐ3位にランクインしており、名実ともに関西を代表する電気とガスの供給者となっております。では、大阪ガスの電気はどのように作られ、送配電されてているのでしょうか?

大阪ガスの発電と送電

大阪ガスは言わずもがな大手都市ガス会社です。その都市ガスの主な原料である液化天然ガス(LNG)を主体とした天然ガス発電所を自社で所有しており、この火力発電所が主な電源となっております。またバックアップ電源として、日本卸電力取引所から電源を調達しており、万が一自社発電の電気が不足したとしても補うことができます。

こうして、主に火力発電所で発電された大阪ガスの電気は、実は関西電力が敷設したシステム・電線を使って送電・配電されています。なので、関西電力を利用している家庭はそのまま大阪ガスの電力を利用することができるんです。ちなみに、大阪ガスはこの関西電力の送電システムを利用する代わりに、「託送料金」と呼ばれる使用料のようなものを関西電力に支払っています。

では次にその大阪ガスが販売する、電気料金プランについて見ていきましょう。

大阪ガスの電気料金プラン

2016年の電力自由化では、関西電力の一般的な電気料金プランに比べてお得な「ベースプラン」を発表しました。

さらに2018年8月には利用者のライフスタイルやニーズに合わせて選べる「スタイルプラン」を発表しました。第1弾として、Amazonプライムがつく「スタイルプランP」が投入されました。そして2019年3月20日からは、新たにドコモdポイントがたまる「スタイルプランd」、大阪ガスの「住ミカタ・保証パック」がセットになった「スタイルプランS」、再生可能エネルギーを活用する「スタイルE:E-ZERO」、家庭用燃料電池システム「エネファームtype S」で発電した余剰電力を利用する「スタイルE:E-SHARE」が追加されました。

このように大阪ガスの電気料金プランは、バリエーションの豊富さで、利用者を引きつけています。

大阪ガスの電気料金プラン一覧
一般家庭向け 関西電力従量電灯A相当 お得なメニュー 大阪ガスの都市ガス契約がある ベースプランA-G
大阪ガスの都市ガス契約がない ベースプランA
エネファーム・エコウィルを使用している 家庭用ガス発電プラン
ライフスタイルにあったメニュー Amazonプライムをつけたい スタイルプランP
ドコモdポイントをためたい スタイルプランd
大阪ガスの住ミカタ・保証パックをセットにしたい スタイルプランS
再生可能エネルギーを活用したい スタイルE:E-ZERO
家庭用燃料電池システム「エネファームtype S」で発電した余剰電力を利用する スタイルE:E-SHARE
商店、事務所、飲食店、マンション共用部 関西電力従量電灯B相当 大阪ガスの都市ガス契約がある ベースプランB-G
大阪ガスの都市ガス契約がない ベースプランB
関西電力低圧電力相当 モーターや大型エアコン等の動力を利用 動力用プラン

大阪ガスの電気料金プラン:料金表

では、実際の大阪ガスの電気料金プランの中で、一般家庭向けのお得なプラン(ベースプランA / ベースプランA-G /家庭用ガス発電プラン)の料金表を見てみましょう。

料金表:ベースプランA-G(関西電力従量電灯A相当)
最低料金
15kWhまで  
電力量料金・1kWhあたりの値段(税込)
15kWh-120kWh  
120kWh - 350kWh  
350kWh以上  

 

料金表:ベースプランA(関西電力従量電灯A相当)
最低料金
15kWhまで  
電力量料金・1kWhあたりの値段(税込)
15kWh-120kWh  
120kWh - 350kWh  
350kWh以上  

 

料金表:家庭用ガス発電プラン(関西電力従量電灯A相当)
最低料金
15kWhまで  
電力量料金・1kWhあたりの値段(税込)
15kWh - 120kWh  
120kWh - 350kWh  
350kWh以上  

ベースプランA-Gと家庭用ガス発電プランは同じ料金になっております。ただし、ベースプランA-Gは大阪ガスのガス契約が条件となっていますし、家庭用ガス発電プランはエネファーム・エコウィルを使用していることが条件となります。

ベースプランAはその他と比べて、最低料金および120kWh以下の料金は同じですが、120kWh以上に関しては割高になっております。

関西電力の電気料金プランと比較

このように利用者のスタイルに合わせて、様々な料金バリエーションを提案する大阪ガスの電気。はたして、関西電力と比べてどれくらいお得になるのでしょうか?関西電力の従量電灯Aと大阪ガス(ベースプランA)と比較してみました。

大阪ガス・ベースプランA:関西電力・従量電灯Aとの比較
関西電力:従量電灯A 大阪ガス:ベースプランA
最低料金
15kWhまで   15kWhまで  
電力量料金
15kWh - 120kWh   15kWh - 120kWh  
120kWh - 300kWh   120kWh - 350kWh  
300kWh以上   350kWh以上  

まず注目すべき点は、同じ3段階でも関西電力と大阪ガスでは電力量の区切りが異なるということです。関西電力は2段階目が120kWH-300kWhなのに対して、大阪ガスは120kWh-350kWhとなっております。また3段階目も関西電力は300kWh以上なのに対して、大阪ガスは350kWh以上となります。

しかし毎月固定で発生する最低料金は関西電力より安くなっているのがわかります。また、120kWh以上の電力量料金も関西電力より大阪ガスのベースプランの方が安くなっています。では、実際に平均的な3-4人家族(1ヶ月450kWh)の場合だとどれくらいの金額差になるのか見てみましょう。

  最低料金 電力量料金 合計
関西電力
従量電灯A
334.82円 10,968.15円 11,302.97円
大阪ガス
ベースプランA
279.82円 10,568.95円 10,848.77円
差額 55.00円 399.20円 454.20円

ご覧のように450kWh利用した場合、大阪ガスのベースプランは関西電力の従量電灯Aより450円以上安くなっていることがわかります。このように大手電力会社・関西電力より、大阪ガスの電気料金が安くなることがわかりました。

新電力会社:Looopでんきの電気料金プランと比較

では、他の新電力会社と比べた場合はどうなるのでしょうか?沖縄・離島を除く全国で利用できる新電力会社Looopでんきの「おうちプラン(関西)」と大阪ガスのベースプランAを比較してみました。

 
  大阪ガス:ベースプランA Looopでんき:おうちプラン(関西)
最低料金 15kWhまで    
電力量料金 15kWh - 120kWh    
120kWh - 350kWh  
350kWh以上  

Looopでんきの「おうちプラン(関西)」の魅力は、まず最低料金が0円ということです。これだけで、大阪ガスとは280円近くの差がつくことになります。また、電力量料金も1段階になっており、120kWh以上の料金は大阪ガスのベースプランAに比べて安くなっております。

Looopでんき

では、実際に平均的な3-4人家族(1ヶ月450kWh)の場合だとどれくらいの金額差になるのか見てみましょう。

  最低料金 電力量料金 合計
大阪ガス
ベースプランA
279.82円 10,568.95円 10,848.77円
Looopでんき
おうちプラン(関西)
0円 9,900.00円 9,900.00円
差額 279.82円 668.95円 948.77円

ご覧のように、関西電力の従量電灯Aより安い大阪ガスのベースプランA、それよりもさらに950円近く安くなっています。もし関西電力の従量電灯AからLooopでんき「おうちプラン」に切り替えた場合、月に450kWh使うと1400円もお得になります。

まとめ

確かに大阪ガスの電気料金プランは同じ供給エリアの関西電力より、安くなることがわかりました(ただし、関西電力の従量電灯Aと大阪ガスのベースプランAを比べた場合)。ですが、他の新電力会社Looopでんきと比べると、使用量が極端に少ない場合(120kWh以下)を除いて、Looopでんきの「おうちプラン(関西)」が安くなることがわかりました。

ただし、大阪ガスにはガス契約とのセットでお得になるプランや、ライフタイルに合わせたプランがあります。一方、Looopでんきにはガスとのセット契約や、他サービスとの連携プランはありません。どちらの契約が合っているかは、それぞれの利用スタイルに合わせて考える必要があります。切り替えを検討中の方は、セレクトラの比較エンジンで料金比較を試してみましょう。

更新日