【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】

引っ越し先の電気・都市ガスのお申し込みなら

  • 今から加入できる電気とガスを提案
  • 引っ越し直前でも大丈夫!

▷営業時間・ご利用方法についてはこちら

引っ越し先の電気・ガスの申し込み

引っ越し先の電気・都市ガスのお申し込みなら


引っ越し直前でも大丈夫!セレクトラのらくらく窓口なら、今から新規加入できる電気とガスをご提案します。

▷らくらく窓口の営業時間・ご利用方法について確認する

楽々でんき

【引っ越し専用】お急ぎですか?「楽々でんき」なら当日でも申込可能!

 15時までの申し込みで当日開通OK!(※)

※ただし、申し込み内容に不備がある場合や混雑状況によってはご希望の日程で電気の開通ができない場合があります。

楽々でんき

【引っ越し専用】お急ぎですか?「楽々でんき」なら当日申込可能!

 15時までの申し込みで当日開通OK!(※)

※ただし、申し込み内容に不備がある場合や混雑状況によってはご希望の日程で電気の開通ができない場合があります。

小田急でんき・ガスは関東エリアで電気と都市ガスの供給をしています。

小田急ガスは東京ガスよりも3%お得*になる設定で、切り替えた場合にガス代の節約が見込めます。さらにOPクレジットカードを利用すると最大1.5%ポイントが貯まるためお得度が高くなります。

一方で、小田急でんきは燃料費調整額の代わりに電源調達調整費を導入しているため、他社と比較しにくく、安くなりにくくなっています。

*ただし東京ガスとは異なり、小田急ガスでは原料費調整額に上限を設けていません。原料価格が高騰した場合、小田急ガスの原料費調整単価が高くなり、結果的に3%のお得額が出ない場合があります

小田急でんき・ガスについて

小田急でんき・小田急ガスは、鉄道会社である小田急電鉄による電気・ガス供給サービスです。実際の運営は「イーネットワークシステムズ株式会社」が行っています。

小田急でんき・ガスはどこで利用できる?

小田急でんき・ガスは関東エリアで供給を行っています。

供給エリア
小田急でんき
東京電力エリア(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県と静岡県の一部)
小田急ガス
東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県における東京ガスの供給エリア
小田急でんき・ガス

小田急でんき・ガスは高い?メリット・デメリットを解説

小田急でんき・ガスの特徴を、メリットとデメリットに分けて解説します。

 OPクレジットカードの利用で小田急ポイントが貯まる

OPクレジットカードで小田急でんき・ガスの料金を支払うと、実質支払額の1%分のポイントが貯まります。

OPクレジットカードで貯まるポイント
お買い上げ・ご利用ポイント 支払額の0.5%
クレジットご利用ポイント 支払額200円につき1ポイント(他のクレジット使用と合算)
OPクレジットカードとは?

OPカード(小田急ポイントカード)は、ポイントサービス加盟店の利用でポイントを貯めて使うことができます。OPクレジットカードはクレジット機能がついたOPカードのことです。

小田急沿線に加盟店が多いため、同エリアに住んでいる人はポイントが活用しやすいと言えます。
ただし、残念ながらこのポイントは電気・ガス代の支払いには利用できません。

また、小田急でんき・ガスと小田急ONEを連携するとさらに支払額の0.5%分のポイントが貯まります。

小田急ONE(オーネ)とは?

小田急電鉄による登録無料の会員制Webページ。小田急でんき・ガスの利用状況や料金が確認できます。他にも電気・ガス契約者が登録すると、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が無料で利用できるなどの特典があります。

 ガス料金がお得

小田急ガスは、東京ガスと比べてガス料金が3%お得*になる設定です。

料金表自体は東京ガスと同額ですが、毎月の基本料金・従量料金原料費調整額を含む)の合計額から3%割引されるしくみとなっています。

*ただし東京ガスとは異なり、小田急ガスでは原料費調整額に上限を設けていません。原料価格が高騰した場合、小田急ガスの原料費調整単価が高くなり、結果的に3%のお得額が出ない場合があります。

小田急ガスのガス料金プラン
一般ガスプラン 東京ガスの「一般料金」に相当。毎月ガス料金合計から3%割引
ガス床暖プラン 東京ガスの「暖らんぷらん」に相当。家庭用ガス温水床暖房をご利用の家庭向け。毎月ガス料金合計から3%割引

そのため、現在東京ガスを利用している場合、小田急ガスに切り替えることで3%のガス代の節約が期待できます。

 セット割がある

小田急でんき・ガスで電気と都市ガスをまとめると、セット割が適用されて電気料金が割引されます。

セット割内容
電気料金プラン 割引額(税込)
小田急でんきLプラン 150円/月
小田急でんきMプラン 150円/月
小田急でんきSプラン 50円/月
小田急でんきグリーンプラン 50円/月

 解約金が発生しない

小田急でんき・ガスでは解約金はありません。同様に、契約手数料なども発生しません。

万が一解約したいとなったとしても余計な費用が発生しないので、安心して申し込みがしやすいと言えます。

小田急でんき・ガス

 電気料金は比較が複雑、安くなりにくい

以下は小田急でんきと東京電力の電気料金表を比較したものです。

料金表:小田急でんきVS東京電力
基本料金(円/月)
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
小田急でんき
Sプラン
10A 311.75円 提供なし
15A 467.63円
20A 623.50円
30A 935.25円 885.72円
40A 1247.00円 1180.96円
50A 1558.75円 1476.20円
60A 1870.50円 1771.44円
電力量料金(円/kWh)
  東京電力
従量電灯B
小田急でんき
Sプラン
120kWhまで 29.80円 19.33円
120kWh超えて300kWhまで 36.40円 24.83円
300kWh超える 40.49円 26.68円

料金表を見るとわかるとおり、小田急でんきの電気料金プランは基本料金・電力量料金が東京電力よりもぐっと安く設定されています。
だからといって、必ずしも料金表のように安くなるわけではないということに注意が必要です。

これは、小田急でんきが「電源調達調整費」を設定しているためです。

電源調達調整費とは?

電源調達調整費とは、電気の調達にかかるコストの変動を電気代にコンスタントに反映させるための料金です。卸電力取引市場における電気の市場価格に応じて単価が決まります。

一方、東京電力をはじめとする多くの電力会社でも、これに相当する「燃料費調整額」を設定しています。燃料費調整額は、発電に必要な燃料の貿易統計価格に応じて単価が決まります。

「電源調達調整費」も「燃料費調整額」も毎月単価が変わるため、料金表には掲載されていません。

多くの電力会社は燃料費調整額を設定していますから、同じエリア内であれば基本的に単価が同じ*です。ですので、電気料金表に掲載されている基本料金・電力量料金のみを計算すれば料金の比較ができます。

*ただし、大手電力会社の規制料金プラン(従量電灯)は燃料費調整額に上限を設けていますが、新電力では上限を設けていません。そのため、燃料価格が高騰して上限を超えた場合は上限の有無によって燃料費調整額に差が出ます

しかし、電源調達調整費は算定方法が異なり単価も違うため、ここまで考慮に入れて料金比較をする必要があります。

実際にかかる料金をシミュレーション

実際にいくらぐらいになるか、2024年6月分を例に比べてみましょう。

2024年6月分:2人世帯のひと月の電気料金
東京電力
従量電灯B
小田急でんき
Sプラン
基本料金 1,247円 1,180.96円
電力量料金 10,128円 6,789円
燃料費調整額/電源調達調整費 -2,280円
‐7.6円/kWh
1,356円
4.52円/kWh
再エネ賦課金 1,047円
(3.49円/kWh)
1,047円
(3.49円/kWh)
合計 10,142円 10,372円

※契約アンペア容量は40A、電気使用量は300kWhと想定。合計金額、小数点以下切り捨て

東京電力の燃料費調整額(-7.6円)と比べて小田急でんきの電源調達調整費(4.52円)が高く、結果として小田急でんきの電気料金が割高になっています。

燃料費調整額の代わりに電源調達調整費を設定している場合、料金表を確認しただけでは他社との正しい比較ができません。
契約を検討する際は、必ず電源調達調整費まで考慮に入れたうえで料金比較をしましょう。

 電鉄会社ならではの特典がない

小田急でんきのサービスは小田急電鉄が提供していることから、利用者専用の割引などを期待する方も多いでしょう。
実際に、東急グループによる東急でんきでは定期券利用者に割引制度があります。

ですが、小田急でんきでは残念ながら小田急電鉄利用者に対する直接の特典はありません。

小田急でんきの特典を享受するためにはOPクレジットカードで電気・ガス料金を支払うか、または小田急ONEに登録する必要があります。

 まとめ:小田急でんき・ガスはどんな人におすすめ?

小田急でんき・ガスは以下の2つの条件を満たす方にとってお得度が高くおすすめと言えます。

  • 東京ガスの都市ガスを利用中で都市ガスの切り替えをしたい方
  • OPクレジットカードを利用中・利用開始予定の方

反対に、電気料金を安くしたいという方は小田急でんき以外の電力会社を検討した方が良いでしょう。

関東エリアのおすすめ新電力は?

関東エリアでは、東京電力以外の電力会社も選ぶことができます。
自分のライフスタイルに合ったプランを選ぶことで、今よりぐっと電気代を節約できる可能性があります。

関東エリアのおすすめ新電力は?

関東エリアのおすすめ新電力は?

関東エリアでは、東京電力以外の電力会社も選ぶことができます。
自分のライフスタイルに合ったプランを選ぶことで、今よりぐっと電気代を節約できる可能性があります。

小田急でんき・ガス料金表

小田急でんき

S(スモール)プラン

S(スモール)プランは、毎月の電気使用量が361kWh以下の方に向けた電気料金プランです。目安は1~2人世帯です。

小田急でんき Sプラン(税込)
基本料金(円/月)
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
小田急でんき
Sプラン
10A 311.75円 提供なし
15A 467.63円
20A 623.50円
30A 935.25円 885.72円
40A 1247.00円 1180.96円
50A 1558.75円 1476.20円
60A 1870.50円 1771.44円
電力量料金(円/kWh)
  東京電力
従量電灯B
小田急でんき
Sプラン
120kWhまで 29.80円 19.33円
120kWh超えて300kWhまで 36.40円 24.83円
300kWh超える 40.49円 26.68円

*実際の電気料金には、上記以外に電源調達調整費(東京電力は燃料費調整額)と再エネ賦課金が加わります

M(ミディアム)プラン

M(ミディアム)プランは毎月の電気使用量が362kWh以上のご家庭向けのプランです。目安は3人以上の世帯です。

小田急でんき Mプラン(税込)
基本料金(円/月)
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
小田急でんき
Mプラン
10A 311.75円 提供なし
15A 467.63円
20A 623.50円
30A 935.25円 885.72円
40A 1247.00円 1180.96円
50A 1558.75円 1476.20円
60A 1870.50円 1771.44円
電力量料金(円/kWh)
  東京電力
従量電灯B
小田急でんき
Mプラン
120kWhまで 29.80円 23.12円
120kWh超えて150kWhまで 36.40円
150kWh超えて300kWhまで 23.32円
300kWh超えて350kWhまで 40.49円
350kWh超える 25.87円

*実際の電気料金には、上記以外に電源調達調整費(東京電力は燃料費調整額)と再エネ賦課金が加わります

グリーンプラン

グリーンプランは、J-クレジット制度の利用を通じて実質再生可能エネルギー100%の電気を使用することができるプランです。

小田急でんき グリーンプラン(税込)
基本料金(円/月)
契約アンペア数 小田急でんき
グリーンプラン
東京電力
従量電灯B
10A 提供なし 311.75円
15A 467.63円
20A 623.50円
30A 885.72円 935.25円
40A 1180.96円 1247.00円
50A 1476.20円 1558.75円
60A 1771.44円 1870.50円
電力量料金(円/kWh)
120kWhまで 19.37円 29.80円
120kWh超えて300kWhまで 25.95円 36.40円
300kWh以上 30.06円 40.49円

*実際の電気料金には、上記以外に電源調達調整費(東京電力は燃料費調整額)と再エネ賦課金が加わります

小田急ガス

一般ガスプラン

一般ガスプランは、東京ガスの一般料金と基本料金・従量料金の単価が同じです。
しかし、毎月のガス料金(基本料金+従量料金+原料費調整額)から3%割引になるため実質3%お得*となります。

*ただし東京ガスとは異なり、小田急ガスでは原料費調整額に上限を設けていません。原料価格が高騰した場合、小田急ガスの原料費調整単価が高くなり、結果的に3%のお得額が出ない場合があります

小田急ガス 一般ガスプラン(税込)
1ヶ月のガス使用量 東京ガス
一般料金
小田急ガス
一般ガスプラン
基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
0m³から20m³まで 759.00円 145.31円 759.00円 145.31円
20m³から80m³まで 1056.00円 130.46円 1056.00円 130.46円
80m³から200m³まで 1232.00円 128.26円 1232.00円 128.26円
200m³から500m³まで 1892.00円 124.96円 1892.00円 124.96円
500m³から800m³まで 6292.00円 116.16円 6292.00円 116.16円
800m³を超える場合 12452.00円 108.46円 12452.00円 108.46円

*実際のガス料金には、上記の基本料金と従量料金の他に、原料費調整額が加算されます。

ガス床暖プラン

ガス床暖プランは、東京ガスの暖らんぷらんと基本料金・従量料金の単価が同じです。
しかし、毎月のガス料金(基本料金+従量料金+原料費調整額)から3%割引になるため実質3%お得*となります。

*ただし東京ガスとは異なり、小田急ガスでは原料費調整額に上限を設けていません。原料価格が高騰した場合、小田急ガスの原料費調整単価が高くなり、結果的に3%のお得額が出ない場合があります

小田急ガス ガス床暖プラン(税込)
  1ヶ月のガス使用量 東京ガス
暖らんぷらん
小田急ガス
ガス床暖プラン
基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
基本料金
(円/月)
従量料金
(円/m³)
冬期(12~4月) 0m³から20m³まで 759.00円 145.31円 759.00円 145.31円
20m³から80m³まで 1265.00円 120.01円 1265.00円 120.01円
80m³を超える場合 2145.00円 109.01円 2145.00円 109.01円
その他期(5~11月) 一般ガスプランと同じ

*実際のガス料金には、上記の基本料金と従量料金の他に、原料費調整額が加算されます。

申し込み手続き

小田急でんき・ガスへの契約申し込みは、公式サイトから行います。

今のお住まいで契約を小田急でんき・ガスに切り替える場合、契約中の電力会社またはガス会社の検針票やマイページに掲載されている情報(供給地点特定番号・お客様番号)が必要となります。

事前に準備しておきましょう。

問い合わせ先

小田急でんき・ガスの問い合わせ先は以下のとおりです。

小田急でんき 問い合わせ窓口
電話番号 0120-46-0909
営業時間 10:00~18:00(年中無休)