料金比較

自動車保険の比較サイト
補償内容を選んで納得の料金プランを見つけよう

自動車保険会社ごとに口コミ・保険料・サービス内容を確認する

自動車保険の選び方

自動車保険はドライバーの年齢、事故歴、補償したい内容、特約などオプションの選択によって保険料金が大きく異なります。

例えば同じ保険会社を選んでいても、年間2万円しかからない人と、年間10万円以上かかってしまう人もいます。どういう人なら保険料は安くなるのでしょうか?以下に保険料が安くなる人の特徴をまとめてみました。

  • 保険料が安くなる人の特徴
  • 主なドライバーの年齢が高い
  • 自動車保険の等級が高い
  • 事故歴がない
  • ゴールド免許
  • 車に乗る頻度が少ない
  • 対象となる車の安全性が高い

上記の項目は固定項目と呼ばれ、契約者のありままの状況を伝える必要があり、保険料を安くしようとして虚偽の申告をして契約を進めることができません。もし誤った情報に基づいて契約を進めてしまうと、事故を起こした時に補償の対象外になってしまう可能性があります。

選択項目で補償内容をカスタマイズすると保険料を安くできる

自動車保険では補償範囲やオプションなどを選択することができます。例えば、配偶者や子供を補償の対象外にする、補償金額を少なくする、特別なオプション補償をつけないと保険料は安くなります。

中でも保険料で占める割合が多いのが、車両保険です。車両保険にも一般車両保険と、補償内容が限定される限定車両保険の二つがあります。もちろん最も料金が安いのは、車両保険をつけない場合です。

どのオプションを選ぶのか、補償内容をどれくらいにするのかで保険料は変わります。そして必要な補償内容だけを選ぶことができれば、保険料を安くできる可能性があります。

詳しい補償内容の違いや選び方は下記の記事で確認しましょう。

▷【解説】自動車保険の選び方

また、固定項目を入力することで自動車保険各社の見積もりが一斉取得できるサービスも便利です。ざっくりと各社の料金を比較して、気に入った会社が見つかったら、さらに選択項目をよく見極めて、自分だけの補償内容を作ってみましょう。

▷自動車保険一括見積もり(インズウェブ)


 

自動車保険の最新記事一覧