【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
電話で電気・ガス切替相談

電気・ガス代を安くしたいなら


セレクトラのらくらく窓口にお電話ください!
エネルギーのエキスパートがお得な料金プラン探しをお手伝いします。契約サポートもお任せください。

セレクトラのらくらく窓口:  4.7/ 5 ご利用者様の声はこちら

電気・ガス代を安くしたいなら

電気・ガス代を安くしたいなら

セレクトラのらくらく窓口にお電話ください!エネルギーのエキスパートがお得な料金プラン探しをお手伝いします。契約サポートもお任せください。

セレクトラのらくらく窓口
営業時間:9時~19時、土日・年末年始除く
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

東京ガスの電気

関東エリアで人気の新電力:東京ガスの電気

東京ガスの電気

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで電気代の基本料金1か月無料!

  • 東京電力の従量電灯よりも電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると電気料金がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は347.5万件を突破!*みんなから選ばれている安心感
    *2023年3月末時点

関東エリアで人気の新電力
【東京ガスの電気】

東京ガスの電気

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで電気代の基本料金1か月無料!

  • 東京電力の従量電灯よりも電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると電気料金がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は347.5万件を突破!*みんなから選ばれている安心感
    *2023年3月末時点

電気の契約アンペア数の目安は?電気代節約に最適なアンペア容量と選び方【徹底解説】

更新日
電気の契約アンペア数の目安は?電気代節約に最適なアンペア容量と選び方【徹底解説】

多くの電力会社では、電気契約の際に「契約アンペア(A)」を決める必要があります。

契約すべきアンペア数は、大きすぎても小さすぎても良くなく、最適な契約アンペア数は「世帯人数」や「使用する家電製品とその消費電力(ワット数)」を考慮して決めるのが電気代節約にもつながる賢い方法です。

アンペアとは?【一度に流れる電気の量を表す単位】

アンペア(A)」とは、「一度に流れる電気の量(=電流)」を表す単位のこと。

一度に使う電気の量が小さければアンペアも小さく、一度に使う電気の量が多ければアンペアも大きくなります。

また、電気契約における「アンペア容量」は「一般家庭で一度に使える電気の最大量」を決定します。

そのため、電気を契約する際は、このアンペア容量を正しく選ぶことが重要です。

  6月に最も人気だった新電力3社  
今月のおすすめ新電力①東京ガスの電気

関東エリア人気No.1:東京ガスの電気

 電気契約数347.5万件突破
(2023年3月末時点)

 新規申込割:基本プランへの申込で基本料金1か月無料
 都市ガスとセットでお得

▷特徴をもっと詳しく見る

 東京ガスの電気
公式サイト

   

今月のおすすめ新電力②大阪ガス

関西エリア人気No.1:大阪ガスの電気

 関西の新電力で供給件数No.1
 電気ガスセット契約がお得

▷特徴をもっと詳しく見る

 大阪ガスの電気
公式サイト (引越しの方向け)

💡現住所での切替希望の方はこちら

今月のおすすめ新電力③Looopでんき

全国エリア人気No.1:Looopでんき

 独立系新電力で電気供給実績No.1
 基本料金が0円
 便利な「でんきアプリ」で電気代もコントロールできる◎

▷特徴をもっと詳しく見る

 Looopでんき
料金シミュレーション

   

 アンペア容量が小さすぎるとどうなる?

一度に使う電気の量が契約アンペア容量を超えると、ブレーカーが落ち、一時的に電気が使えなくなります。

したがって、一度に使う電気の量に対して契約アンペア容量が小さすぎる場合は、頻繁にブレーカーが落ちるという事態にが起こります。

ブレーカーが落ちないようにするためには、一度に使用する電化製品の量を減らさなくてはなりません。

それぞれの電化製品を使う時間帯をずらすことが難しい場合は、アンペア容量を引き上げる必要があります。

 アンペア容量が大きすぎるとどうなる?

契約しているアンペア容量が大きすぎる場合は、一度に使える電気の量に余裕があるということになり、物理的な問題はありません。

しかし、多くの電力会社では、アンペア容量に応じて電気料金の「基本料金」を決定しているため、契約アンペアが大きいほど「基本料金」も高くなります

つまり、必要なアンペア容量に対して契約アンペア容量が大きすぎる場合は、必要以上に電気代を高く支払っているということです。

 契約アンペア数で電気料金はどのくらい変わる?

それでは、契約アンペア容量の大きさが変わると、電気料金(基本料金)はどのくらい変わるのでしょうか?

参考として、アンペア制(基本料金制)を取り入れている東京電力をはじめ、複数の大手電力会社の「従量電灯」プランの基本料金をピックアップしました。

契約アンペア数の違いで、実際に「基本料金」がどのように変わるか下表で確認できます。

契約アンペア数と「基本料金」単価(税込)
アンペア 東京電力 北海道電力 中部電力 九州電力
10A 311.75円 402.60円 321.14円 316.24円
15A 467.63円 603.90円 481.71円 474.36円
20A 623.50円 805.20円 642.28円 632.48円
30A 935.25円 1207.80円 963.42円 948.72円
40A 1247.00円 1610.40円 1284.56円 1264.96円
50A 1558.75円 2013.00円 1605.70円 1581.20円
60A 1870.50円 2415.60円 1926.84円 1897.44円

10Aと60Aでは、アンペア数に比例して、電気料金に約6倍もの差が出ることが見て取れます。

契約アンペア容量が大きくなるほど「基本料金」が高くなることが明確ですね。

複数の家電を同時に使用する頻度や電気使用量に対して契約アンペア容量が必要以上に大きい場合は、契約アンペア容量を変更することで、毎月の電気代を簡単に節約できます。

ただし、電気料金の「基本料金」単価は電力会社・電気料金プランによって異なります。また、電力会社の中には、上記のようなアンペア制の料金体系を採用していない電力会社もあります。

そのため、電気代そのものを節約したい場合は、契約アンペア容量だけでなく、電力会社や電気料金プラン自体を見直すのがおすすめです。

契約中のアンペア容量の調べ方

電気のアンペアとは?
ブレーカーの色や「検針票」で、現在の契約アンペア数がわかります。

ここまでで、電気契約の際は、適切なアンペア容量を選ぶことが大切であるとご理解いただけたと思います。

しかし、中には「今契約している電気のアンペア容量がわからない」という方もいらっしゃるでしょう。

電気の契約アンペア容量は、電力会社から毎月送られてくる「ご使用量のお知らせ(検針票)」や電力会社のマイページなどで確認できます。

また、ご自宅の電気メーターがスマートメーターではなく旧型の場合は、分電盤のアンペアブレーカーから契約アンペア数を確認することもできます。

アンペアブレーカーには、契約アンペア数が記載されており、アンペア数によって色分けされています(※色分け方法は居住エリア管轄の大手電力会社によって異なる)。

ブレーカーで確認できる契約アンペア数(東京電力の場合)
契約アンペア数 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
アンペアブレーカーの色 ピンク

最適な電気料金プランを探す

今よりも安くなるお得な電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

最適な電気料金プランを探す

今よりも安くなるお得な電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

アンペア制でない電力会社【関西電力・中国電力・四国電力・沖縄電力】

東京電力のように多くの電力会社では、電気の契約時に契約アンペア容量の選択が必要です。

しかし、利用地域や電力会社によってはアンペア制を取り入れていない電力会社もあります。

例えば、関西電力では、契約アンペア数に基づいた「基本料金制」ではなく、電気の使用量などにかかわらず、「1契約につきいくら + 最初の一定使用量を含む」という固定の「最低料金制」を採用しています。

実際に、関西電力「従量電灯A」の電気料金表を確認してみましょう。最低料金は「1契約につき522.58円」で、この最低料金の中には「最初の15kWhまでの電気使用量」も含まれています。

関西電力:従量電灯A(税込)
最低料金(円/月)
1契約につき
最初の15kWhまでの使用量を含む
522.58円
電力量料金(円/kWh)
15kWh超えて120kWhまで 20.21円
120kWh超えて300kWhまで 25.61円
300kWhを超える 28.59円

また、新電力の中には、Looopでんき楽天でんきなど、「基本料金」も「最低料金」もかからない=毎月の固定額がゼロ円!という画期的な電気料金プランを提供している電力会社もあります。

そのため、家族が多い世帯などアンペア容量が大きいご家庭では、固定費が無料の電気料金プランに切り替えることで電気代が大幅に節約できる可能性が高いです。

異なる料金体系のプランを提供している電力会社【例】
アンペア制(基本料金制) 北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力九州電力など
最低料金制 関西電力中国電力四国電力沖縄電力など
固定料金の設定がない新電力 Looopでんき楽天でんきなど

Looopでんきの申し込み

基本料金0円!お得なLooopでんき

Looopでんき
  • 基本料金も解約金もゼロ円
  • 「でんき予報」で電気が安い時間がわかる
  • 独立系新電力*で電気供給実績1位**

*独立系新電力=大手ガス・通信関連・電力会社等の子会社でないことを指す/ **資源エネルギー庁による「電力調査統計」に基づく

基本料金0円!お得なLooopでんき

Looopでんき
  • 基本料金も解約金もゼロ円
  • 「でんき予報」で電気が安い時間がわかる
  • 独立系新電力*で電気供給実績1位**

*独立系新電力=大手ガス・通信関連・電力会社等の子会社でないことを指す/ **資源エネルギー庁による「電力調査統計」に基づく

Looopでんきの申し込み

基本料金0円!お得なLooopでんき

Looopでんき
  • 基本料金も解約金もゼロ円
  • 「でんき予報」で電気が安い時間がわかる
  • 独立系新電力*で電気供給実績1位**

*独立系新電力=大手ガス・通信関連・電力会社等の子会社でないことを指す/ **資源エネルギー庁による「電力調査統計」に基づく

基本料金0円!お得なLooopでんき

Looopでんき
  • 基本料金も解約金もゼロ円
  • 「でんき予報」で電気が安い時間がわかる
  • 独立系新電力*で電気供給実績1位**

*独立系新電力=大手ガス・通信関連・電力会社等の子会社でないことを指す/ **資源エネルギー庁による「電力調査統計」に基づく

損をしない!アンペア容量の選び方

契約アンペア容量を賢く選ぶためには、以下の2点を参考にするのがベストです。

【世帯人数別】アンペア容量の目安は?

一般家庭の契約アンペア容量の目安を世帯人数別に以下にまとめました。

※電気の使用状況は各家庭で異なります。より正確な必要アンペア数を知りたい場合は、家電の消費電力(ワット)からアンペア数を計算してみましょう。

【世帯人数別】アンペア容量の目安
一人暮らし 30A
電化製品をあまり使わないなら20A以下でも可だが、使える家電に制限がある。
二人暮らし 30~40A
・電気の使用頻度が普通であれば30A。
・電化製品が多かったり、在宅ワーク等で家電の使用が多い場合は40A。
3人世帯 40~50A
・電気の使用頻度が普通であれば40A。
・電化製品が多かったり、在宅ワーク等で家電の使用が多い場合は50A。
4人以上の世帯 50~60A
・電気の使用頻度が普通であれば50A。
・電化製品が多かったり、在宅ワーク等で家電の使用が多い場合は60A。
オール電化住宅 60A以上

家電から必要なアンペア数を計算する方法

電気契約で必要な契約アンペア容量をより正確に知りたい場合は、家庭でよく使う電化製品の消費電力(ワット:W)から、次の4ステップで計算できます。

  1. 一度に最も多くの電化製品を使う場面を想定
  2. その時に使用する各家電の消費電力(ワット数)を確認
  3. ワット(W)から必要なアンペア(A)を計算
  4. 各家電に必要なアンペア(A)をすべて合算

通常、電化製品の消費電力(ワット数)は、エアコンは本体の下部か側面、冷蔵庫は扉の内側、テレビは裏側など、各製品の目立たない場所に記載されているか、シールで表示されています。

アンペア数(A)は、「電化製品の消費電力(W)を電圧(V)で割る」ことで算出されます(※日本の電圧は100V=Wを100で割る)

各家電の消費電力(ワット数)を確認したら、以下の計算式でワット(W)から必要なアンペア(A)を計算できます。

  • ワット(W)からアンペア(A)を求める計算式
  • アンペア数(A)= 電化製品の消費電力(W)÷ 電圧(V)

例えば、消費電力が1400Wの電子レンジを使った場合のアンペア数は

 1400W ÷ 100V = 14アンペア(A) となります。

同様に、実際に電気を以下のワット数で使用したと仮定した際の各家電のアンペア数をシミュレーションしてみました。

必要なアンペア容量のシミュレーション
家電 W(ワット)数 A(アンペア)数
エアコン 660W 6.6A
冷蔵庫 200W 2A
家中の照明の合計 200W 2A
IHクッキングヒーター 1000W 10A
IH炊飯器 700W 7A
電子レンジ 700W 7A
4Kテレビ 100W 1A
合計 3560W 35.6A

※電化製品のモデルにより消費電力(W)は異なるため、アンペア数の計算時は、現在使用中の電化製品の消費電力(W)をご確認ください。

上記の例の場合、30Aだとアンペア容量が足りず問題が起こる可能性が高いため、契約に最適なアンペア容量は40Aであると推定できます。

よく使われる家電の消費電力一覧

以下に、一般家庭でよく使用されている電化製品の消費電力(ワット数)の目安をまとめました。

ただし、電化製品のモデル・スペック・性能・サイズによって消費電力(W)は異なります。正確な消費電力(W)を知りたい場合は、製品本体の記載や説明書にて確認しましょう。

よく使われる家電の消費電力
  電化製品 消費電力(W)
電気料金節約ならアンペアを変更しよう。IHクッキングヒーターの電力消費量はどのくらい? IHクッキングヒーター(中火) 700~1400W
電気代節約ならアンペアを変更しよう。エアコンの電力消費量はどのくらい? エアコン(8~12畳) 125~1400W
電気代節約ならアンペアを変更しよう。食洗機の電力消費量はどのくらい? 食器洗浄機 1100~1300W
電気代節約ならアンペアを変更しよう。オーブンレンジの電力消費量はどのくらい? 電子レンジ
オーブンレンジ
600W~1000W
電気代節約ならアンペアを変更しよう。ドライヤーの電力消費量はどのくらい? ドライヤー 600~1200W
電気代節約ならアンペアを変更しよう。掃除機の電力消費量はどのくらい? 掃除機 250~1000W
電気代節約ならアンペアを変更しよう。洗濯機(洗濯時)の電力消費量はどのくらい? 洗濯機(洗濯時) 【縦型】495W~1000W
【ドラム型】270W~1190W
電気代節約ならアンペアを変更しよう。冷蔵庫の電力消費量はどのくらい? 冷蔵庫 100~300W
電気代節約ならアンペアを変更しよう。炊飯器の電力消費量はどのくらい? IH炊飯器 【3合】700W
【5合】1200W
電気代節約ならアンペアを変更しよう。液晶テレビの電力消費量はどのくらい? 4Kテレビ 100~200W

最適な電気料金プランを探す

今よりも安くなるお得な電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

最適な電気料金プランを探す

今よりも安くなるお得な電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

契約アンペア容量の変更方法

契約アンペア容量を変更したい場合は、契約中の電力会社に「契約アンペア容量の変更」を依頼するだけです。

変更後のアンペア数が10A~60Aであれば、無料でアンペア変更をしてもらえます。

変更手続きは、電力会社サイトのマイページなどオンラインで依頼するか、コールセンターがある場合は電話での申し込みが可能です。

なお、契約アンペア変更手続きには、電力会社の「お客様番号」が必要になる場合が多いため、検針票や請求書をあらかじめ準備しておくとスムーズです。

アンペア変更は一年に一度のみ!

原則として、電気の契約は年間契約が基本のため、季節ごとに何度も契約アンペア変更をすることはできません。一度アンペア変更を行ったら、一年間は同じ容量を契約する必要があります。

なお、ご自宅の電気メーターがスマートメーターではなく旧型の場合は、アンペアブレーカーの取り外し工事が必要になります。

スマートメーターに交換後は、遠隔で契約アンペアの設定・変更がなされます。

電気メーターの取り換え工事は無料ですが、まれに配線工事や設備の交換などが生じる場合は費用が発生する場合もあるため、事前に電力会社に確認しておくと安心です。

アンペア変更をせずに電気代を節約するには?

契約アンペア数の変更をする必要がなかったり、契約アンペア数の変更なしで電気代そのものを安くしたいと思ったら、電気代節約に最も効果的なのは電力会社の乗り換えです。

今よりも単価の安い電気料金プランや、ご自身のライフスタイルに合った電気料金プランに契約を切り替えることで、アンペア容量や電気の使い方の見直しをすることなく、簡単に電気代を節約できます。

ただし、地域によってお得な電力会社・電気料金プランは異なるため、下表のお住まいのエリアをクリックして、該当エリアの電気料金がお得な電力会社ランキング&おすすめ電力会社をご確認ください。

もし、「どの電力会社を選んだらいいのか分からない」とお悩みの場合は、セレクトラのらくらく窓口 03-4520-9550)までお電話ください。

電気・ガスのエキスパートが、お一人お一人に合った最適な電気料金プランのご紹介・契約サポートを無料で行っています。

今より安い電力プラン・ガスプランをお探しなら「セレクトラのらくらく窓口」へ!電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。

セレクトラのらくらく窓口までご相談ください。お客様に最適な新電力探しを無料でサポートします。


セレクトラのらくらく窓口
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

電気の切り替えで電気代節約

今より安い電力プラン・ガスプランをお探しなら「セレクトラのらくらく窓口」へ!電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。

セレクトラのらくらく窓口までご相談ください。お客様に最適な新電力探しを無料でサポートします。

セレクトラのらくらく窓口
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

今より安い電力プラン・ガスプランをお探しなら「セレクトラのらくらく窓口」へ!電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。

セレクトラのらくらく窓口が、お客様に最適な新電力探しを無料でサポートします。申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。


セレクトラのらくらく窓口
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

電気の切り替えで電気代節約

今より安い電力プラン・ガスプランをお探しなら「セレクトラのらくらく窓口」へ!電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。

セレクトラのらくらく窓口が、お客様に最適な新電力探しを無料でサポートします。申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。

セレクトラのらくらく窓口
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら