電話で電気・ガス切替相談

お引っ越しで新規に電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?

最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。 (セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口)

 

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

お引っ越しで新規に電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?

最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。 (セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口)

 


営業時間・ご利用方法についてはこちら

引っ越し前に電気使用開始の申し込みを忘れてしまったら

引っ越し前に電気使用開始の申し込みを忘れてしまったら
引っ越し前に電気使用開始の申し込みを忘れてしまったら

「引っ越し前に電気使用開始の申し込みを忘れてしまったら、電気は使えないの?」そんな疑問にお答えしつつ、引っ越し時に必要な電気の手続きに関して詳しくまとめました。

  • 「引っ越し前に電気の申し込みを忘れてしまったら、電気は使えないの?」そのカギを握るのがスマートメーター
  • お引越しと同時に大手電力会社より安い電気料金に切り替えるということもできます。
  • セレクトラのコールセンター「03-4578-0408」では、引っ越し先で申し込めるお得な電気料金プランをご紹介します。
 

引っ越し前に申し込みをしないと電気は使えないのか?

引っ越し前に忙しくてつい忘れてしまった電気の申し込み。新居に入ってみたら電気がつかず、真っ暗だったらどうしよう・・・果たしてそんなことはあり得るのでしょうか。

電気の申し込みを忘れていても新居で電気は使えるのか?カギは、電力メーター

スマートメーターの見方を知ろう!電力メーターの種類と仕組み
新しい電力メーター、スマートメーターの見た目はメーカーによって異なります。

実は、引っ越し先の電力メーターがすでにスマートメーターへ取り換えられている場合、事前に電気の申し込みをしておかないと電気は使えません。

「あれ?以前引越しした時は、事前の電気の申し込みを忘れていたけど当日電気が使えたよ。」という方もいるかもしれません。確かに、従来型の電力メーターでは、電気を申し込み忘れても、分電盤を開き、ブレーカーのスイッチを入れればすぐに電気が使えるようになっていました。

しかし、遠隔操作の可能なスマートメーターの登場により、時間差なく、電力会社が電気の供給を停止できるようになったため、以前住んでいた方が「電気使用停止」の手続きを行ったら、そこの電気供給はすぐに止められていると考えられるため、現在はやはり事前の申し込みをしておくことが安心です。

お引越し前に電気の申し込みをするのが安全。

つまり新居の電力メーターがすでにスマートメーターになっている場合は電気開始の申し込みをしない限り電気は使えません。一方、いまだに従来型の電力メーターが設置されているお宅ならば、引越し前に電気の申し込みを忘れてしまっていても、通常はブレーカーを「入」にすれば電気が使えるというわけです。

お引越し先の電力メーターがすでにスマートメーターになっているか、古い電力メーターのままなのかかは、実際に見てみないと確認できません。また、大家さんや管理会社に聞くのも一つの方法です。

しかしながら、そのような確認をする手間を考えれば、電気使用開始の申し込みは極めて簡単ですから、引越し前に手続きをしておいた方が楽でしょう。

電気使用開始の申し込み方法

うっかり引っ越し前に電気使用開始の申し込みを忘れてしまった場合、電力メーターの種類によっては電気が使えないことをご説明しました。

引越し前に電力会社へ申し込みを済ませておけば、入居先でブレーカーを上げても電気がつかないなどといったというトラブルを回避し、確実・スムーズに電気の使用を開始することができます。

まずは電気料金プランを選ぶ

電気の申し込みは、今まで通りその地域の大手電力会社に申し込みをするか、安い電気料金を提供している新電力に申し込むことができます。

新電力でも、お引越しと同時に申し込みが可能です。いずれにしても電気使用開始の手続きは必要ですから、お引越しの機会に今より安い電気料金プランを探して、契約を検討してみるのも良いかもしれません。

セレクトラのコールセンター「03-4578-0408」では、引っ越し先で申し込める、お得な電気料金プランをご紹介します。お気軽にご連絡ください。

電気の申し込みに必要な情報

引っ越し前に電気使用開始の申し込みを忘れてしまった
電気の申し込みは、電話でもインターネットでも申し込みができます。必要な情報を準備しておきましょう。

新しい住所、契約者名(契約名義)、支払い方法が揃っていれば申し込みはすぐに可能です。手続きは電話やオンラインフォームを使って簡単に行うことができます。

セレクトラのコールセンター「03-4578-0408」では、引越し先で利用できる電気・ガスプランをご紹介しています。気に入ったら、お電話でも利用開始のお申し込みができます。

  1. 住所
  2. 契約者の名前
  3. 引っ越し日時
  4. 電気開始日
  5. 支払い方法(クレジットカード、口座振替)
切り替え・引越し時の新電力の対応一覧と各社の電気料金プランの特徴
新電力会社 プランの特徴
Looopでんき
 公式サイト

Looopでんき【オススメ!】

  • 基本料金がゼロ円・電力料金も一段階と最もシンプルで分かりやすいプラン
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる
  • 北海道から沖縄まで日本全国にサービスを展開
 電話でLooopでんきに申し込む(03-4578-0406)
 

 公式サイト

よかエネ

  • 大手電力会社から切り替えるだけで電気代(基本料金・従量料金)が10%割引
  • オール電化向けのプランなら大手電力会社より3%割引
  • 東京ガス・大阪ガス・東邦ガスより5%安い都市ガスとセットで切り替えると、電気代がさらに2%安くなる。

  

 
CDエナジーダイレクト
 公式サイト

CDエナジーダイレクト

  • 東京電力エリアで利用できて、基本料金・電力量料金が安くなる
  • Amazonプライムなどエンタメサービスが付いてくるプランがある
  • 都市ガスとのセットや、オール電化プランにも対応している
 電話でCDエナジーダイレクトに申し込む(03-4588-9100)
 
エルピオでんき
 公式サイト

エルピオでんき

  • 関東・関西・中部・東北・九州など全国で展開する
  • 定額プランが充実しており、普段から電気を多く使う家庭や店舗にオススメ
  • エルピオのLPガスを利用すると毎月100円引き
 電話でエルピオでんきに申し込む(03-4588-1486)
 
東京ガス
 公式サイト

東京ガスの電気

  • 350kWh以上電気を使用した場合の1kWhあたりの料金単価がかなり割安
  • 東京ガスの都市ガスとセットで毎月270円お得
  • 東京電力エリアでのみ利用可能
 

 公式サイト

あしたでんき

  • 「標準プラン」なら、基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • 月700kWh以上使うなら「たっぷりプラン」。基本料金がかかるが、従量料金が大手電力会社よりかなりお得。
 
ソフトバンクでんき
 公式サイト

ソフトバンクでんき

  • 「おうちでんき」は大手電力会社の従量電灯プランより1%安くなる。
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならおうちでんき割で毎月100円割引
  • 「自然でんき」は基本料金ゼロ円・電力量料金が1段階のシンプルなプラン。
  • 今申し込むと初月電気代無料キャンペーン【終了日未定】
 

 公式サイト

シン・エナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランから基本料金・従量料金がそれぞれ安くなる。
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。
 
自然電力のでんき
 公式サイト

自然電力のでんき

  • 実質100%自然エネルギーの電気が利用できる。
  • 市場価格と連動するため料金が30分ごとに変化する。
 
出光昭和シェル
 公式サイト

出光昭和シェル

  • 従量電灯プランに対応していて、従量料金が安くなる。
  • オール電化プランに対応していて、基本料金が安くなる。
  • 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。
 
NEXTでんき
 電話で申し込む
(03-4588-9103)

NEXTでんき

  • 正午までに申し込めば引越し当日でも電気・ガスが利用可能
    ※ただし地域や利用状況によってはご提供できない場合はございます。
  • 大手会社と比べて基本料金が10%安くなります。
 
リミックスでんき
 電話で申し込む
(03-4588-1499)

リミックスでんき

  • 大手電力会社の従量電灯プランから5%安くなる
  • 契約アンペア数は30A以上(関西・中国・四国エリアは除く)
  • 使用量が少なくても確実に安くなるのが魅力
 
ジニーエナジー
 電話で申し込む
(03-4588-9101)

ジニーエナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランと比べて基本料金が半額
  • 300kWh以上利用する家庭なら大手電力会社よりもお得になる。
  • 市場価格に応じて、毎月電気料金が変動するのが特徴。
切り替え・引越し時の新電力の対応一覧と各社の電気料金プランの特徴
Looopでんき  公式サイト

Looopでんき

  • 基本料金がゼロ円・電力料金も一段階と最もシンプルで分かりやすいプラン
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる
  • 北海道から沖縄まで日本全国にサービスを展開
 電話で申し込む
(03-4578-0406)
 
 公式サイト

よかエネ

  • 大手電力会社から切り替えるだけで電気代(基本料金・従量料金)が10%割引
  • オール電化向けのプランなら大手電力会社より3%割引
  • 東京ガス・大阪ガス・東邦ガスより5%安い都市ガスとセットで切り替えると、電気代がさらに2%安くなる。

  

 
CDエナジーダイレクト  公式サイト

CDエナジーダイレクト

  • 東京電力エリアで利用できて、基本料金・電力量料金が安くなる
  • Amazonプライムなどエンタメサービスが付いてくるプランがある
  • 都市ガスとのセットや、オール電化プランにも対応している
 電話で申し込む
(03-4588-9100)
 
エルピオでんき  公式サイト

エルピオでんき

  • 関東・関西・中部・東北・九州など全国で展開する
  • 定額プランが充実しており、普段から電気を多く使う家庭や店舗にオススメ
  • エルピオのLPガスを利用すると毎月100円引き
 電話で申し込む
(03-4588-1486)
 
東京ガス  公式サイト

東京ガスの電気

  • 350kWh以上電気を使用した場合の1kWhあたりの料金単価がかなり割安
  • 東京ガスの都市ガスとセットで毎月270円お得
  • 東京電力エリアでのみ利用可能
 
 公式サイト

あしたでんき

  • 「標準プラン」なら、基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • 月700kWh以上使うなら「たっぷりプラン」。基本料金がかかるが、従量料金が大手電力会社よりかなりお得。
 
ソフトバンクでんき  公式サイト

ソフトバンクでんき

  • 「おうちでんき」は大手電力会社の従量電灯プランより1%安くなる。
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならおうちでんき割で毎月100円割引
  • 「自然でんき」は基本料金ゼロ円・電力量料金が1段階のシンプルなプラン。
  • 今申し込むと初月電気代無料キャンペーン【終了日未定】
 
 公式サイト

シン・エナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランから基本料金・従量料金がそれぞれ安くなる。
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。
 
自然電力のでんき  公式サイト

自然電力のでんき

  • 実質100%自然エネルギーの電気が利用できる。
  • 市場価格と連動するため料金が30分ごとに変化する。
 
出光昭和シェル  公式サイト

出光昭和シェル

  • 従量電灯プランに対応していて、従量料金が安くなる。
  • オール電化プランに対応していて、基本料金が安くなる。
  • 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。
 
NEXTでんき  

NEXTでんき

  • 正午までに申し込めば引越し当日でも電気・ガスが利用可能
    ※ただし地域や利用状況によってはご提供できない場合はございます。
  • 大手会社と比べて基本料金が10%安くなります。
 電話で申し込む
(03-4588-9103)
 
リミックスでんき  

リミックスでんき

  • 大手電力会社の従量電灯プランから5%安くなる
  • 契約アンペア数は30A以上(関西・中国・四国エリアは除く)
  • 使用量が少なくても確実に安くなるのが魅力
 電話で申し込む
(03-4588-1499)
 
ジニーエナジー  

ジニーエナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランと比べて基本料金が半額
  • 300kWh以上利用する家庭なら大手電力会社よりもお得になる。
  • 市場価格に応じて、毎月電気料金が変動するのが特徴。
 電話で申し込む
(03-4588-9101)

「引越しれんらく帳」を使うこともできる

東京電力提供の無料インターネットサービス「引越れんらく帳」を利用すると、電気、ガス、水道などの開始・停止の申し込みを一括して行うことも可能です。

ただし、提携している業者が限られているため、引越しれんらく帳を使ってすべての会社との手続きができる、というわけではありません。自分の引っ越し先で使いたい業者が提携しているかどうか確認する必要があります。

  1. 東京電力の「引越れんらく帳」のホームページから、現住所と引越し先の住所を入力して、引越れんらく帳サービスに対応している事業者を確認します。
  2. 現在契約を結んでいる、あるいはこれから契約を結ぶ電力会社が確認できたら、現住所や引越し先、住所などを入力して、マイ引越れんらく帳を作成します。
  3. 作成したマイ引越れんらく帳から、サービス対応している電力会社の申込みフォームに、必要事項を入力します。
  4. 必要事項を入力したら、引っ越し先に引き継ぎたい項目にチェックを入れて、ワンクリックで情報を送信します。
  5. 確認のメールが届けば手続き完了です。

分電盤のブレーカーを「入」にする方法

引っ越し前に電気使用開始の申し込み忘れてしまった
分電盤の形は色々あります。型番と電力会社によって異なります。

ちなみに、古い電力メーターが使われている場合は、引っ越し先の分電盤のブレーカーを「入」にするだけで電気の使用を開始することができます。

分電盤のブレーカーは、以下の順番で「入」にすると電気がつきます。

  1. アンペアブレーカー
  2. 漏電遮断器
  3. 配線用遮断器

引っ越し後、初めての電気料金は、電気の使用を開始した日から最初の検針日の前日までの使用量で日割計算して請求されます。

電気のお引っ越しに必要な手続きとは? - まとめ

普及のすすめられているスマートメーター(電力メーター)がすでにお引越し先に取り付けられていたなら、引っ越し前に電気の申し込みを忘れてしまうと当日電気が使えないことがあることを説明しました。

引っ越しのが決まったら、しなくてはいけないことは現在の「電気の契約の停止」と引っ越先での「電気の申し込み」の2点です。引っ越し先でも同じ電力会社の電気を使用する場合は一度に申し込みが可能です。

引っ越しと同時に電気料金の切り替えに対応している新電力もあります。セレクトラのコールセンター「03-4578-0408」では、引っ越し先で申し込める、お得な電気料金プランをご紹介します。お気軽にご連絡ください。

更新日