インターネット回線には種類があります。光回線、モバイルルーター、WiMAX、ホームルーターそれぞれの特徴、速度、料金などに分けて比較します。どの回線を選んでよいか分からない人へのアドバイスを行います。

ネット回線 比較
本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

インターネット回線の種類 - どんな回線が選べるの?

インターネットの種類は、光回線のように線(ケーブル)を通じてインターネット接続を可能にする固定回線タイプのものと、専用の機器をおけばすぐにインターネットへの接続が可能なワイヤレス(無線)タイプのものと2つに大きく分かれます。

固定回線なら、光回線、無線回線であれば、持ち運びのできるポケット型WiFiWiMAX)、ホームルータが存在します。

※ かつては、固定回線にADSLという選択肢もありましたが、2024年3月31日までにサービスが完全終了予定となっており、新規申し込みはできません。

インターネット回線の種類

種類

使用場所

特徴

光回線

宅内

  • 固定回線
  • 光回線のケーブルを引く工事が必要。(派遣工事不要な場合も多い。)
  • 最も通信速度が速く安定している。
  • 契約件数の最も多いインターネット回線。

ポケット型Wi-Fi

宅内と外出先

  • 無線回線
  • 専用端末を連tなるし、プランを契約する。
  • 家ではもちろん、ルーターをもっていけば、外出先や旅行先でもネットに接続可能。
  • 海外でそのまま使えるものもある

WiMAX
(ワイマックス)

宅内と外出先

  • 無線回線
  • 専用のWiMAXルーターを購入しプランを契約する。
  • 家ではもちろん、ルーターをもっていけば、外出先や旅行先でもネットに接続可能。

ホームルーター
(置くだけWiFi)

宅内と外出先

  • 無線回線
  • 専用の機器を購入/レンタルし、コンセントに差し込んで使用する。
  • 工事不要ですぐ使えることができる。
  • 宅内でのみインターネット可能。
インターネット回線

光回線とは?- 特徴を解説

ネット回線比較 光回線ケーブル

光回線インターネットとは、光ファイバーを用いた固定通信サービスのことです。光の点滅信号を送受信することで、情報を伝達する仕組みになっています。

全国の光回線の契約数は、2021年上半期までで3600万件(参照:MM総研「ブロードバンド回線事業者の加入件数調査」)。日本の総世帯数が約5700万(総務省調べ)なので、約5分の3以上の世帯が光回線を契約しているわけです。

また最近は、家族みんながそれぞれスマホやタブレットなど、自分専用の端末を持ち、自宅ではWi-Fiでインターネット接続するのが一般的となっています。さらに、動画配信サービスも普及してきて、同時に別の動画を観るということも増えています。

接続する端末が増えれば増えるほど通信スピードも落ちますし、動画配信サービスの利用には、より通信速度が求められます。光回線は、他のインターネットよりも回線速度が速いため、家族みんなで利用するのに適した回線と言えます。

なお光回線を利用するには、光ファイバーケーブルを室内まで引き込む工事(回線工事)が必要ですしかしながら、光回線設備が導入済みのマンションやアパートならば派遣工事なしで光回線を利用できる場合もあります。

光回線 よくある質問

光回線 よくある質問をみる(クリック)

フレッツ光とは?

フレッツ光は、NTT東日本・NTT西日本が提供する光回線のサービス名です。光回線として一番メジャーなサービスといえるでしょう。

フレッツ光の対応エリアカバー率は、東日本エリア95%・西日本エリア93%と、国内ほとんどの地域で申込み可能となっています。

光回線契約におけるシェア率も、フレッツ光および光コラボ(フレッツ光を使用するがサービス名称が異なる光回線)の合計でシェア率65%。全体のおよそ3分の2がフレッツ光を契約しています。

ちなみにフレッツ光は回線サービスの名称であって、プロバイダとは異なります。NTT東日本NTT西日本と直接フレッツ光を契約する際には、別途プロバイダとも契約しなければいけません。

もしくは光コラボと言われるプランを申し込むことで、フレッツ光を利用した光回線を申し込むことができます。

プロバイダ&回線が1つにまとまった「光コラボ」

光コラボレーションモデル略して光コラボは、東西NTTがフレッツ光回線をプロバイダ各社に卸して、プロバイダが自社の光回線として販売するサービスのことです。

今では光コラボが主流になっており、プロバイダを選ぶことは光回線選びに等しくなっています。実際に、プロバイダ公式サイトにアクセスするとまず光コラボが紹介されます。

光コラボは、回線自体はNTTフレッツ光なので品質が確かなこと、そして料金は割安になることが主な特徴です。プロバイダごとに、キャッシュバックなど魅力的な申込み特典も用意されています。

主な光コラボとしてはSoftBank光ドコモ光So-net光プラスビッグローブ光OCN光エキサイトMEC光DTI光などが挙げられます。

独自回線(フレッツ光以外の回線)とは?

フレッツ光以外の独自回線

日本ではフレッツ光が非常に普及しているため、光回線=フレッツ光と誤解されることがありますが、実際には他にも複数の光回線があります。フレッツ光ではない光回線のことを独自回線といいます。

独自回線はフレッツ光に比べて提供エリアが狭いものの、技術規格上の速度はフレッツ光を上回ります。実行速度に関しても同様に、フレッツ光よりも優れた数値となっています。

 

ネット回線比較 光回線に関する記事

ホームルーターとは? - 特徴を解説

ホームルーターとは、専用の機器をコンセントにつなぐだけですぐに利用できるインターネットです。スマホでネットをするのと同様にモバイル回線を利用してインターネットに接続します。

ホームルーターの最大の特徴は、光回線のような工事が不要な点にあります。とにかく、手軽にインターネットを始めたいという方に人気です。

光回線ほどには、サービス提供者の種類は多くはありません。ホームルータータイプのインターネットを導入した場合は、ソフトバンクエアー、ドコモ home5G、UQ WiMAXのSpeed Wi-Fiの実質3種類から選ぶことになります。

ホームルーターは、他にも置くだけWiFiや、おうちのWiFi、挿すだけWiFiなどとも呼ばれています。

ネット回線比較 ホームルーターに関する記事

モバイルWiFi・ポケット型WiFiとは? - 特徴を解説

ポケット型WiFi、ポータブルWiFiもモバイルWiFiも広義では、同じものです。いずれも、持ち運び可能なモバイルWi-Fiルーターと、それを使用した通信サービスの総称です。

Wi-Fiルーターというと、光回線Wi-Fiルーターを思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、光回線のWi-Fiは家の中でしか接続できません。それに対して、ポケットWiFi(ポータブルWi-Fi)はルーターが小型のポケットサイズなので、家の中はもちろん外出時に持ち運んで、どこででもネット接続できます。

ポケット型WiFi(ポータブルWi-Fi)が1つあれば、スマホやタブレット、パソコンなどあらゆる通信機器を Wi-Fi接続してインターネットが使えるので、使い勝手が非常に良いといえるでしょう。

WiMAXとは? - 特徴を解説

WiMAX(ワイマックス)とは、KDDIグループのUQコミュニケーションズが回線を提供する無線通信サービスの名称です。

名前の由来は、無線通信技術の一規格“Worldwide Interoperability for Microwave Access”で、その頭文字をとってWiMAXと名付けられました。

最新のWiMAX2+(ワイマックスツープラス)はLTEモバイルWi-Fiよりも高速で、条件が良ければ光回線並みのスピードを発揮します。さらに、通信品質も安定しているので仕事用にも適しています。

またWiMAXには、モバイルルーターだけでなく屋内据え置き型のホームルーターも用意されています。ですので、WiMAXはポータブルWi-Fiの範囲に収まらない高速無線インターネットサービスと言っていいでしょう。

光回線 ワイヤレスでネットする方法 ルーター写真
奥の白い機器がWiFiルーター。光回線でもこのようにルーターを使えばワイヤレスでインターネットができます。

どのインターネット回線でもWiFi接続ができる

「私はWiFiでインターネットをしたいのですが、どの回線を選べばいいですか?」という質問をみかけることがあります。

どの回線を選んでも、WiFi、つまり無線でインターネットをすることができます。光回線を選んでも、据え置きタイプ(ホームルーター)でも、モバイルWiFi(ポケットWiFi)どれを選んでも可能です。

1点注意したいのは、光回線の場合は、WiFiルーターと呼ばれるものを別途設置する必要があるという点です。あとの2つの回線は最初からワイヤレスですね。このような違いがありますが、結局どのネット回線を契約しても、WiFiで、PC・タブレット・スマホに接続ができます。

インターネット回線の比較

それぞれのインターネット回線を項目別に比較してみましょう。

通信速度で比較

おすすめインターネット回線

通信速度が最も速いネット回線は、光回線です。有線回線であるため回線の安定度の面でも最もすぐれています。

それぞれの回線の実効速度(実際に使用した時の速度)を一覧にしました。速度に関しては、環境・プラン・時間帯によっても異なりますが、基本的に光回線が一番速いことが分かります。特に光回線の10ギガプランは桁違いに速度が速いことが分かります。

他の回線の速度をみると、光回線に比べてだいぶ劣るようにみえますが、使用に問題があるわけではありません。快適に利用できるかどうかは、むしろ使用用途によって異なります。

インターネットの通信速度とは、一度にダウンロード・アップロードできる容量がどのくらいかを表します。このため、一度にたくさんのデータを扱う人、家族の人数が多い、高画質のオンラインゲームをする、そんな方には光回線がおすすめとなります。

一方、一人暮らしの方、外出先で仕事でネットを使う、そんな方には、ホームルーターやポケット型WiFiの通信速度でも、快適に利用ができます。

インターネット回線 通信速度(実行速度)比較
 

下り(ダウンロード)

上り(アップロード)

光回線150 - 500Mbps150 - 400Mbps
光回線(10ギガプラン)800Mbps - 1.5G700Mbps - 1G
モバイルWiFi・ポケット型WiFi30 - 50Mbps10 - 30Mbps
ホームルーター60 - 180Mbps10 - 30Mbps

関連記事:
快適なインターネットの通信速度とは?速度の目安

関連記事:
10G(ギガ)の光回線とは?どんな人におすすめ?

月額料金で比較

ネット回線ごとに料金を比較しても、同じ回線の中でも料金に幅があるため、はっきりした差異は出てきません。

光回線の場合は、戸建て・マンションで料金が分かれており、光回線でもどちらに該当するかで異なります。また、モバイルルーター(モバイルWiFi・ポケット型WiFi)も、スマホのプランのようにデータ容量別に料金が分かれています。

お手軽に導入できるホームルーターですが、光回線のマンションタイプに比べると価格帯は少し高いことが分かります。

インターネット回線 月額料金比較

タイプ

月額料金

光回線3,500 - 4,500円
光回線
(10ギガプラン)
5,500 - 6,500円
モバイルWiFi・ポケット型WiFi3,000 - 4,000円
ホームルーター4,000 - 5,000円

月額料金以外にかかる費用を比較

インターネット回線 - 費用を比較

インターネット回線ごとの費用を比較
 

光回線

置くだけ回線

モバイル回線(WiMAXの場合)

初期費用・申し込み手数料

  • 3,000円程度。
  • 3,000円程度。
  • 3,000円程度。

工事費

  • 15,000-40,000円程度(プランおよび住居タイプによっても異なる。)
  • 工事費のかからないプランもある。
  • 0円(工事が不要)
  • 0円(工事が不要)

月額使用料

  • 3,500 - 6,500円程度(プランによる)
  • 工事費を分割払いにしているとその分、加算される。
  • 4500円程度。(プランによる)
  • 専用機器の購入代金を分割払いにしているとその分加算される。
  • 4,500円程度(プランによる)
  • ルーター代金分割払いにしているとその分、加算される。

別途機器の購入

  • 不要。
  • モデムが提供される。(解約時に返却が必要。)
  • 専用機器の購入もしくはレンタルが必要。
  • 専用機器代金は分割で月々の使用料金に含まれるタイプもある。
  • 専用機器の購入もしくはレンタルが必要
  • 専用機器代金は分割で月々の使用料金に含まれるタイプもある。

開通までの時間・手間で比較

開通が一番速いのはどの回線でしょうか?(開通までの時間とは、申し込んでからインターネットができるようになるまでの期間とします。)

最も速いのは、モバイルWiFi・ポケット型WiFiになります。端末を即日に発送してくれるところが多くあります。このため最短で申し込みの翌日、遅くとも数日中にはインターネットが使えるようになります。

ホームルーターは、即日発送をしているところはありませんが、同じく機器を発送してもらい手元に届けさすればすぐネットが利用できます。

光回線はケースバイケースです。すでに、光回線のケーブルが通っていれば、派遣工事は不要です。そうでなければ、回線を引き込む工事が必要ですから、どうしても時間がかかります。ただし、特に賃貸住宅なら、すでに回線が通っており工事が不要なことも多くあります。

インターネット回線 開通までの時間比較
タイプ

開通までの期間

手間

光回線
  • 最短1週間(光コンセントすでについていて派遣工事が不要な場合)
  • 1ヵ月 - 1.5ヵ月(新規に工事が必要な場合)
光回線のケーブルを引き込む工事が必要な場合は立ち合いが必要。工事日の決定にも少し時間がとられる。(工事が不要なこともよくある。住居によって異なる。)
光回線
(10ギガプラン)
1 - 2ヵ月10ギガの場合必ず専用のケーブルを引き込む工事が必要になる。
モバイルWiFi・ポケット型WiFi数日から1週間申し込みだけ
ホームルーター1週間申し込みだけ

解約のしやすさで比較

それぞれの回線を解約のしやすさで比較してみます。解約のしやすとは、ここでは「解約金の有無」と「手間」の2つで考えます。

解約金があるかどうかは、回線限らず、プロバイダやプランによります。また、解約もオンラインですぐできるところと、電話をかけたり、フォームの記入をしなければところなどあり、回線別には区別することはできません。

インターネット回線 解約のしやすさ比較
 

解約金の有無

手間

光回線プロバイダ、プランによる
  • 解約手続きを電話で行わなければならないところが多い。
  • レンタルしていた機器(WiFiルーターなど)を返却する必要がある。
光回線
(10ギガプラン)
プロバイダ、プランによる
  • 解約手続きを電話で行わなければならないところが多い。
  • レンタルしていた機器(WiFiルーターなど)を返却する必要がある。
モバイルWiFi・ポケット型WiFiプロバイダ、プランによる
  • 解約はオンラインでできるところが多い。
  • 端末をレンタルしていた場合は返却する。
ホームルーター解約金の設定をしているところが多い
  • 解約手続きを電話で行わなければならないところが多い。
  • 端末をレンタルしていた場合は返却する。

サポートの手厚さで比較

開通までのサポートが充実しているのは、光回線に多く見受けられます。光回線のプランの中には、1回まで無料で訪問サポートを行っているところなどもあります。

ちゃんと一人でインターネットができる状態にできるか不安な初心者の方なら、こういった無料サポートのあるプランを選ぶのが良いでしょう。

関連記事:
無料のサポートのある光回線サービスはどこ?

インターネット回線別総合比較

インターネット比較 ポイント

インターネット回線の比較をあらゆる側面から行ってみました。

だけど、やっぱりどのように回線やプランを決めていいか悩んでいる、そんな方もいるでしょう。そのような方を対象に、さらに2つのネット回線をおすすめポイントで比較してみます。

光回線 vs モバイルWiFi(ポータブルWi-Fi)

光回線 vs モバイルWiFi
項目

光回線

モバイルWiFi

導入のしやすさ

通信速度・安定性

どこでも使える

解約リスク

光回線とモバイルWi-Fi(ポータブルWi-Fi)は使用スタイルが異なります。外出先でのインターネットの使用が必要ならば、必然的にモバイルWi-Fi選ぶ必要があります。

しかしながら、自宅でも安定したネット環境を整えたい場合は、光回線ほど安心・安定しているものはありません。

光回線とモバイル回線を比較した場合、モバイル回線は「外で使える」という点で大きく差がありますが、他の比較ポイントでは、光回線が有利です。

もちろん光回線とモバイルWi-Fi(ポータブルWi-Fi)を併用するというケースも多くみられます。

光回線 vs 置くだけWiFi(ホームルーター)

光回線 vs 置くだけWiFi
比較項目

光回線

置くだけWiFi

導入のしやすさ

通信速度・安定性

月額料金

解約リスク

置くだけWiFi(据え置き回線)はとにかく、導入のしやすさの面でもっとも優れています。ただし、家庭内でのネットの使用人数が多い、とにかく通信速度で絶対に妥協したくない人は光回線をおすすめします。

月額料金の安さで比較すると、サービス提供者の多い光回線に軍配があがります。プラン数が多いので、中にはとても安い光回線プランが存在します。

置くだけWiFi(ホームルーター)の提供者は実質大手の、ソフトバンクとドコモのみです。

モバイルWiFi vs とホームルーター

モバイルWiFi vs ホームルーター
項目

モバイルWiFi

ホームルーター

導入のしやすさ

通信速度・安定性

どこでも使える

解約リスク

モバイルWiFiとホームルーター(置くだけWiFi)も無線回線で、ほぼ同じ原理で利用できるインターネットです。

モバイル回線のうちでもWiMAX(ワイマックス)は通信速度の面で大きく勝っていました。しかしながら、現在は5Gが一般的になり、スマホでもホームルーターでも5Gが利用できるため、どちらを選んでも速度で大きな違いはありません。

【迷ったら・・・】どの回線がいいかわからない?あなたにおすすめのネット回線

おすすめのインターネット回線

回線速度重視の人におすすめのネット

通信速度を重要視するならば、光回線を選びましょう。3つの回線の速度を比較してみても、光回線はもっと速度が安定して、かつ速いので確実です。

NTTのフレッツ光を使った光コラボプランならば、ほぼ日本全国で申し込みができて、月額料金もお手頃です。また光コラボの中でも、IPv6(IPoE)接続サービスのあるプランが速度面でもおすすめです。ほとんどの光回線プランがIPv6接続に対応をしていますが、オプション契約となったいる場合もあります。

月額料金が多少高くなっても、さらに高速のインターネットを実現したい方には、10ギガプランという選択肢もあります。

関連記事:
10G(ギガ)の光回線とは?どんな人におすすめ?

料金重視の人におすすめのネット(月額料金の安いプラン)

とにかく月額料金の安いプランを探しているならば、光回線がおすすめです。格安光コラボなら知名度はなくても、フレッツ光を使ったプランを安く利用することができます。

他にも、最低利用期間がなく、月額料金の安い光回線はいくつかあります。料金重視の人は、月額料金の安い光回線にして、スマホも安い格安SIMに切り替えることで通信費の節約が期待できます。

関連記事:
一番安い光回線は?安い光回線ランキング

解約金や契約の縛りのない一切ないプランがいい人におおすすめのネット

関連記事:
縛りなしの光回線のおすすめは?

導入がとにかく簡単なプランを探している人におすすめのネット

とにかく簡単に導入したいという方には据え置きタイプのインターネットがおすすめです。専用の器具をコンセントに挿せば、すぐにネット環境が整うためです。これ以上導入がシンプルなものはありません。

最初からWiFiでインターネットができるのも本当に楽ですね。通信容量の制限もありません。

関連記事:
ホームルーター(置くだけWi-Fi)のおすすめ3選

ドコモ・au・ソフトバンクでスマホを利用している人なら

いわゆる、3大キャリア(ドコモauソフトバンクでスマホの契約をしている人、家族全員でキャリアを揃えている人、また、今後も格安SIMに移行する予定は無い人、は、各キャリアの提供する光回線プランがおすすめです。

セット割でスマホ料金が毎月割引になるためです。特に家族全員が同じキャリアであれば、その分割引額も大きくなりますから、選択肢の一番として検討することをおすすめします。

キャリア提供の光回線プラン
ドコモ光×GMOとくとくBB(プロバイダー)
GMOとくとくBBドコモ光
公式サイト
  • 全国の実効速度をウェブで公開中
  • 10ギガなら47,000円、1ギガなら27,000円キャッシュバック。
  • スマホ料金が毎月割引に
  • ドコモ光のプロバイダーシェアNo.1
  • 高品質WI-Fiルーター(無料)は自分で選べる

ドコモ光の解説ページ

auひかり×各種プロバイダー
(正規代理店NEXT)
auひかり
公式サイト   
  • プロバイダーが選べる(とくとくBB/So-net/@niftyなど)
  • とくとくBBなら現金還元最大77,000円

auひかりの解説ページ

ソフトバンク光
ソフトバンク光

公式サイト

  • スマホ料金が毎月割引
  • 開通までWi-Fi無料レンタルできる
  • 他社からの乗り換え違約金を還元

ソフトバンク光の解説ページ

キャリア提供の光回線プラン
代理店・プロバイダーキャリアユーザーなら光回線もキャリアのプランがお得 👌 
ドコモ光×GMOとくとくBB
(プロバイダー)

GMOとくとくBBドコモ光 公式サイト
  • ドコモ光のプロバイダーGMOとくとくBB
  • 10ギガなら47,000円、1ギガなら27,000円キャッシュバック。
  • 全国の実効速度をウェブで公開中
  • スマホ料金が毎月割引に
  • ドコモ光プロバイダーシェアNo.1
  • 高品質WI-Fiルーター(無料)は自分で選べる

ドコモ光の解説ページ

auひかり×各種プロバイダー
(正規代理店NEXT)
au ひかり
公式サイト
  • プロバイダーが選べる(とくとくBB/So-net/@niftyなど)
  • とくとくBBなら現金還元最大77,000円

auひかりの解説ページ

SoftBank光
ソフトバンク光
公式サイト
  • おうち割で毎月のスマホ代が安くなる。家族や同居人も最大10人まで対象(ワイモバイルもOK)
  • ネット開通までの間、無料でWi-Fiレンタルができるので安心
  • 他社からの乗り換えでかかる解約金・違約金は全額還元

ソフトバンク光の解説ページ

格安SIMユーザー・格安SIM検討中の人におすすめのネット

おすすめインターネット回線

格安SIMユーザーでも自宅でしっかりインターネットをしたい場合は、光回線をおすすめします。特に、ストリーミングがゲームでの使用、ダウンロードやアップロードを行う時の満足度が異なります。

セット割りではなく、単純に月額料金が安くて、縛りのない光回線ならを検討してみましょう。

関連記事:
月額料金が1番安いおすすめ光回線インターネット - 安い光回線ランキング

外出先でもインターネットを利用する人なら

単身世帯で、週末も趣味や遊びで外出の多い人ならばモバイル回線がおすすめです。もちろん出張などでネットが必要な人にもおすすめです。

専用のルーターをレンタルして、それを持ち運べば、家でも外出先でもインターネットが使用できます。VOD・ストリーミングも好きな時に好きな場所で楽しむことができます。

家では光回線、外出用にポケット型WiFiという利用方法もありますし、家でも外でもポケット型WiFi一本という方法もあります。

ネット接続をポケット型WiFiだけで済ませようという方は、データ使用量が無制限のポケット型WiFiがおすすめです。

自宅用に光回線があった方が安心という方は、なるべく月額料金の安い光回線プランにすれば全体的に通信費を節約することができますね。

関連記事:
ポケットWifi徹底比較:おすすめ無制限Wifiはどれ?

関連記事:
月額料金が1番安いおすすめ光回線インターネット - 安い光回線ランキング

- 記事の内容・情報に関しては、最善の注意を払っておりますが、正確性や確実性を保証するものではございません。
- 記事に関してお気づきの点があれば、
コンテンツポリシーにあるお問合せフォームよりお知らせください。内容を精査し、必要と判断した場合は迅速に訂正・更新を行います。
- 客観的事実に基づかない数値は表示しません。通信速度に関しては、第三者の速度測定サイトで集められた情報を引用するか、自社で測定したものを掲載しています。
- ランキング・おすすめ記事に関しては、その基準を記事内で記載・説明しています。
おすすめの光回線(ネット回線)を紹介する際は、長所のみではなく短所や注意点についても必ず表示します。
- 全体的な比較方法に関しては、消費者庁の定める
「比較広告に関する景品表示法上の考え方」(比較広告ガイドライン)を参考にし、順守できるように最善の注意を払っています。
- 本ページは一部アフィリエイトによる収益を得ています。(
消費者庁ガイドライン
- コンテンツポリシーに関しては、社内で徹底されるよう定期的に
勉強会を開いています。
- インターネット回線のご契約は、ユーザー自身の責任において行ってください。