You are here

プロパンガスと都市ガスの料金比較

一括見積り
お気軽にお電話ください
受付:月-日10:00-19:00 enepi(エネピ)につながります。

LPガス(プロパンガス)と都市ガスのガス代はどれくらい違うのでしょうか?そもそも、プロパンガスと都市ガスはどう違うのでしょうか?プロパンガスの料金と都市ガスの料金を、データを元に計算して比較してみました

  • 都市ガスは「規制料金」でプロパンガスは「自由料金」という違いがあります。
  • プロパンガス料金は「自由料金」のため、契約する販売店により料金が異なります。
プロパンガスと都市ガスの料金比較

持ち家で戸建てにお住まいの方LPガス料金が高いなら簡単フォーム記入でLPガス一括無料見積もり。電話でもOK:050-3196-9297(無料相談)までお気軽にお電話ください。(注意事項)

プロパンガスと都市ガスの違い

私達が毎日使っているガスですが、このガスにはプロパンガス(LPガス)と都市ガスの2種類があります。今回のテーマは「プロパンガスと都市ガスの料金比較」という事で主に料金面を見ていきますが、まず根本的にプロパンガスと都市ガスは何が違うのか見ていきましょう。

都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違い-

都市ガスとLPガスは料金だけでなく熱量も違うため同じガス器具は使えません。

都市ガスは、道路下に通されたガス導管を通じて各家庭に直接ガスが来ます。一方プロパンガスは、液化されたLPガスを容器に充てんし、その容器を各契約者に配送しています。

都市ガスは、ガスの導管を設置するのに莫大な初期投資をしなければならないため、主に人口の密集している都市部で使用されています。そのため、都市ガスという名前がついています。LPガスは、都市ガスが通っていない地域で主に使われています。日本全国で、65%が都市ガスユーザー、そして34.3%がプロパンガス(LPガス)ユーザーとなっています。

また、LPガスは空気より重く、都市ガスとLPガスは熱量も異なるため、都市ガスとLPガスのガス器具には互換性がないので、お引越しの場合は注意が必要です。

都市ガスは規制料金、プロパンガスは自由料金制

プロパンガスと都市ガスの違いをご紹介しましたが、最も大きな違いがその料金システムにあります。具体的には、自由に料金が決められる「自由料金制」か政府の認可が必要な「規制料金」なのかという点がポイントになります。プロパンガスと都市ガスの料金を比較する上でも重要なポイントになりますので、以下でもう少し詳しく説明します。

都市ガスの料金システム

都市ガスは、つい最近まで「規制料金」でした。「規制料金」とは、国の認可が必要な料金のことで、都市ガス会社は必ず「総括原価方式」という方式を利用して料金を設定する必要がありました。規制料金の場合、消費者は都市ガス会社を自由に選ぶことはできず、地域ごとに決められた都市ガス会社を契約する決まりになっていました。

一方、2017年には、電気の自由化に続き、「都市ガスの自由化」が行われ、ガス料金は都市ガス会社が自由に決めてよい、また消費者も自由に都市ガス会社を選んでも良い、ということになりました。ですから、現在は消費者が今までの都市ガス会社ではなく、新しいところと契約したい、と思ったらならば自由に都市ガスの契約先を変えることも可能となっています。

しかしながら、都市ガス事業は、既存の大手都市ガス会社のライバルとなる新規参入者がかなり少なかったため、実質ほとんど競争が生まれていません。電気の方は、かなり活発な企業間競争が生まれているのに比べるとかなり対照的です。

LP(プロパン)ガスの料金システム

都市ガスとLPガスの料金比較。

都市ガスとプロパンガス料金の違いは、料金のシステムの違いが大きく関係しています。

一方、LPガス(プロパンガス)はといえば、ずっと以前より「自由料金制」です。「規制料金」のように、決まった方式で料金を計算する必要もなく、国の認可もいりません。例えば、同じお菓子でも、購入するスーパーによって値段が違うのと同じく、プロパンガスもそれぞれのLPガス販売店が仕入れ価格や人件費などのコストと自分たちの利益を考えて「自由に」料金を設定しているのです。このため、同じエリアでもLPガス販売店によって料金に大きな違いがあり得ます。

極端な例でいうと、同じ地域のプロパンガス(LPガス)でもA会社の料金はB会社の3倍も高い、ということもあり得えます。ですから、プロパンガスは、見積もりをとりよく料金を比較してから契約先を選ぶことが大切なのです。そもそもプロパンガスが規制料金であることを知らなかったという人も多いのですが、他にも家を新築する際に工務店にすすめらるまま、付き合いで契約をしてしまった、というケースもよく聞かれます。

プロパンガスの地域別平均価格

プロパンガスが自由料金制で販売店によって値段が違う事がわかりました。プロパンガスと都市ガスの料金比較をするためには、どのプロパンガス料金を参照すれば良いのでしょうか。もし、プロパンガス料金の適正価格があれば使えますね。しかしながら、公的にはプロパンガス料金の適正価格というのは定められていません。

適正価格はありませんが、経産省管轄の一般財団法人日本エネルギー経済研究所・石油センターが、毎月、各地域ごとのLPガス料金の平均を調査し、発表しています。このため、今回は「プロパンガスの平均価格」のデータを参考にして計算し都市ガスの料金と比較します。

地域別LPガス(プロパンガス)の平均料金
地域 5m3(円) 10m3(円) 20m3(円)
北海道 5,947 9,597 16,327
東北 5,179 8,442 14,544
関東 4,505 7,189 12,343
中部 4,665 7,324 12,348
近畿 4,747 7,563 12,899
中国 5,109 8,091 13,718
四国 4,734 7,584 12,933
九州及び沖縄 4,845 7,715 12,868
全国 4,816 7,693 13,100

(出典:一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター 2018年6月)

安いLPガス料金探しの第一歩 - 見積もりを効率よく手入れましょう。

簡単なフォーム記入するだけで無料でLPガスの一括見積もりができます。電話受付:050-3196-9297(無料相談)までお気軽にお電話ください。(注意事項)

プロパンガスと都市ガスの違い 

プロパンガスと都市ガスの料金を計算して実際に比較

それでは、プロパンガスと都市ガスの料金を実際に比較してみましょう。プロパンガスは地域によって値段がかなり異なりますし、都市ガスもエリア毎に料金が異なるため、ここではプロパンガスの関東の平均価格と、同じ関東エリアの都市ガス大手である東京ガスの東京地区の一般料金を実際に比べてみます。

ガス料金の計算方法:「ガス料金 =  基本料金 +  従量料金」に基づいて、検針月・2018年6月、ガス使用量・20m3/月と仮定して計算しています(1円未満切り捨て)。

  • プロパンガス料金(関東平均)
    ・・・12,343円(上記の表の使用量ごとの料金には基本料金が含まれています。)
  • 都市ガス料金(東京ガスの東京地区)
    ・・・基本料金 745.20円 + 従量料金(142.66円×20m3)= 3,598円

結果を比べると、プロパンガス料金は都市ガス料金よりも3倍以上高くなりました。プロパンガスユーザーの方はびっくりされたかもしれません。しかし、実はこれは正しいプロパンガスと都市ガスの料金比較ではありません。熱量を計算に入れなくてはなりません。

プロパンガスの熱量は都市ガスの2倍以上

プロパンガスと都市ガスの料金比較

プロパンガス(LPガス)の熱量は都市ガスの2.2倍。プロパンガスと都市ガス料金の比較の大切なポイント。

上の項目でも都市ガスとLPガスは熱量(kcal)が異なる、と書きましたが、これは都市ガスとLPガスの料金の違いにも関係してきます。

プロパンガスの熱量は1m3あたり24,000Kcalなのに対して、都市ガスの熱量は11,000Kcalです。同じガスの量でもLPガスの方が熱量が多いのです。イメージとしては濃度が濃いと考えてみるとわかりやすいかもしれません。ちなみに、濃度が濃い分重さもプロパンガスの方が重たいです。

つまり、都市ガスでプロパンガスと同じ熱量の仕事をするためには、プロパンガスのガス使用量の約2.2倍の都市ガスを使わなければならないということなのです。

そのため、正しいプロパンガスと都市ガスの料金比較には、都市ガスの従量料金を2.2倍した都市ガス料金とプロパンガス料金を比べる必要があるのです。実際に計算してみましょう。

  • プロパンガス料金(東京都平均)
    ・・・12,343円
  • 都市ガス料金(東京ガスの東京地区)
    ・・・基本料金 745.20円 + 従量料金(142.66円×20m3)× 2.2 = 7,022円

熱量の違いも入れて、あらためて計算してみると、プロパンガスと都市ガスの料金の差は約1.7倍という結果になりました。

だいぶ差は縮まりましたが、それでも、LPガスは都市ガスよりも料金が高いということが分かりました。

LPガスの熱量が都市ガスよりも高いならばお湯も早く沸くのか? 論理的にはそうなりますが、実際に家庭で使うガス器具はその熱量の違いを考慮して、LPガス用の器具の穴は小さく、都市ガス用のガス器具の穴は大きく作られています。このため、お引越しでガスの種類が変わる場合は、ガス器具の買い替えが必要になります。

プロパンガスと都市ガスの料金比較 - まとめ

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの熱量の違いを考慮した上で、プロパンガスと都市ガスの料金を比較をしてみた結果、プロパンガス料金は、都市ガス料金もよりも高いということが分かりました。

だからといって、プロパンガスの会社がガス代を不当に高く設定しているわけではありません。ただし、このLPガスと都市ガスの料金の違いにはいくつが理由や背景が考えられます。

LPガスと都市ガスの料金の違いの理由を真面目に考察します。

なぜLPガスは都市ガスよりも高いのか? 

LPガスの方が都市ガスよりも人件費などコストがかかる

都市ガスは、最初、ガス管を地中に引くのに膨大な費用がかかりますが、もちろん初期費用の回収がきちんとできるように計算して敷設しています。そして、一度敷設されれば、後はガスの契約者の家までガス管を通って自動に供給されます。つまり、都市ガスの場合はランニングコストは少なくて済みます。

一方、LPガスの場合は初期の費用はあまりかかりませんが、毎回ガス販売員がガスの契約者に配達する必要があります。このため、どうしても人件費や配送費などのコストがかかってしまいます。特に、広いエリアに民家がまばらにしかない地域ではどうしても配送費が高くなってしまいます。

ガスの供給方法の違いにより、どうしてもこのような料金の違いは生じてしまいます。

LPガスは料金が公開されていない。料金を比較する人がいない。

プロパンガス料金値上げ・料金は値上がりする?

LPガスの料金も「競争」が大切です。契約者が積極的に料金を比較することで今より料金が安くなることが考えられます。

また、LPガスの場合、LPガス料金をHP等で公表している販売店は少数です。このため、私たちは気軽に料金を知ることができません。

実際は、何社かLPガス会社に見積もりをもらうことで料金を比較することも可能です。しかしながら、「LPガス料金が自由料金だなんて知らなかった。」もしくは、「家を建てる時に、工務店に紹介されたLPガス販売店をそのまま契約してしまった」、というケースが実際には多くあります。このような消費者サイドの行動により、LPガス販売店の競争が起こっていないということもLPガスが都市ガスよりも料金が高い理由に挙げられます。

私達消費者が、LPガスの契約をするときに必ず2社以上から見積もりをもらうことが日常化すれば、LPガス販売店も積極的に料金を見直し、料金が下がっていくということが期待できます。

プロパンガスは比較して選ぼう

プロパンガスの料金を比較してみたら都市ガスよりも高いという結果になりました。また、なぜこのようにプロパンガスと都市ガスとでは料金に差があるのかも解説しました。

しかしながら、プロパンガス販売店の中にも、可能な限り、なるべく安い料金を設定しようと努力しているところもたくさんあります。

持家の戸建てにお住まいの方や、これからLPガスを契約する人、またお店のオーナーの方ならば、プロパンガス会社を自由に選ぶことが可能です。LPガスの無料の一括見積りサービスを利用すれば、効率よく信頼できるプロパンガス販売店を探すことができますよ。

(マンション・アパートなどにお住まいの方は、ご自身の意思でプロパンガス屋さんを変更することはできません。プロパンガス料金に関して相談したい場合は、大家さんや管理会社にまずは連絡してみましょう。)

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLP(プロパン)ガスの契約が必要、我が家のLPガス料金もしかして高い?と思ったら

LPガス料金の一括見積りサービス(無料)を利用して料金を比較してみませんか?(持ち家・戸建ての方のみ)

信頼できる販売店から簡単に見積もりをとることができます。今より安いLPガス料金がみつかるかもしれません。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動します。電話はenepi(エネピ)につながります。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。