プロパンガスと都市ガスの料金比較

プロパンガスと都市ガスの料金比較
プロパンガスと都市ガスの料金比較

プロパンガス(LPガス)と都市ガスのガス代はどれくらい違うのでしょうか?そもそも、プロパンガスと都市ガスはどう違うのでしょうか?プロパンガスの料金と都市ガスの料金を、データを元に計算して比較してみました。

  • プロパンガスはずっと「自由料金」だったため、販売店ごとの価格差が大きい傾向があります
  • 都市ガスは「規制料金」の名残があり、販売店ごとの価格差はプロパンガスほど大きくありません

プロパンガス料金が高い? ご相談くださいプロパンガス料金にお悩みの方はぜひ無料相談サービスをご利用ください。
プロパンガスのエキスパートがガス代を安くするための解決策をご提案します。
まずは現在のガス料金をこちらで診断の上、ご相談ください。
 無料相談フォーム  0120-978-890
・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方 ・注意事項
・電話受付: 月-金 午前7時-午後10時 / 土日祝 午前7時-午後8時 (年末年始を除く)

プロパンガスと都市ガスの違い

私達が毎日使っているガスですが、このガスにはプロパンガス(LPガス)と都市ガスの2種類があります。今回のテーマは「プロパンガスと都市ガスの料金比較」という事で主に料金面を見ていきますが、まず根本的にプロパンガスと都市ガスは何が違うのか見ていきましょう。

都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違い-

都市ガスとLPガスは料金だけでなく熱量も違うため同じガス器具は使えません。

都市ガスは、道路下に通されたガス導管を通じて各家庭に直接ガスが来ます。一方プロパンガスは、液化されたガスを容器に充てんし、その容器を各契約者に配送しています。

都市ガスは、ガスの導管を設置するのに莫大な初期投資をしなければならないため、主に人口の密集している都市部で使用されています。そのため、"都市"ガスという名前がついています。プロパンガスは、都市ガスが通っていない地域で主に使われています。日本全国で、65%が都市ガスユーザー、そして34.3%がプロパンガス(LPガス)ユーザーとなっています。

また、プロパンガスは空気より重く、都市ガスは空気より軽いという特徴があります。そして、プロパンガスと都市ガスは熱量も違います。このように、ガスの性質が違うため、プロパンガスと都市ガスのガス機器には互換性がありません。お引越しの場合は注意が必要です。

プロパンガスと都市ガスの料金システムの違い

続いて、本題の料金システムの違いについて見ていきましょう。プロパンガスと都市ガスの料金の大きな違いは、「規制料金だったかどうか」という点です。

都市ガスの料金システム

都市ガスは、2017年4月まで規制料金制でした。「規制料金」とは、国の認可が必要な料金のことで、都市ガス会社は必ず「総括原価方式」という方式を利用して料金を設定する必要がありました。規制料金の場合、消費者は都市ガス会社を自由に選ぶことはできず、地域ごとに決められた都市ガス会社を契約する決まりになっていました。

2017年4月に規制料金が廃止され、都市ガス市場が自由化されてからは、それぞれの都市ガス会社が自由に値段を設定できるようになりました。そうすると、今までよりも安く都市ガスを提供する会社が出てきました。しかし、規制料金の影響はまだ強く、従来の規制料金の価格から大きく外れた料金設定を行う会社はまだありません。そのため、販売店同士の値段の差が著しく大きいケースはまだ見受けられません。

プロパンガス(LPガス)の料金システム

一方、プロパンガス(LPガス)はといえば、ずっと昔から「自由料金制」です。規制料金だったことがないので、決まった方式で料金を計算する必要もなく、国の認可もいりませんでした。それぞれのプロパンガス販売店が仕入れ価格や人件費などのコストと自分たちの利益を考えて「自由に」料金を設定してきたのです。

そのため、プロパンガスは、同じエリアでも販売店が違えば料金がばらばらです。極端な例でいうと、同じ地域のプロパンガスでもA会社の料金はB会社の2倍以上も高い、ということもあり得えるのです。

このように、プロパンガスと都市ガスには、規制料金の有無がもたらした販売店ごとの価格差の違いがあります。今日ではプロパンガスも都市ガスも、それぞれの会社が自由に料金を決めていますが、都市ガスの料金は会社ごとに料金がそこまで変わらないのに対して、プロパンガスは会社が違うと料金が大きく変わることも珍しくありません。

家のプロパンガス料金って高い?

料金自動診断で、ご自宅のプロパンガス料金が高いかどうか、どのくらい安くなるのか、確かめてみましょう。診断は無料です。

・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方 ・注意事項

プロパンガスと都市ガスの料金を計算して実際に比較

それでは、プロパンガスと都市ガスの料金を実際に比較してみましょう。プロパンガスも都市ガスも、会社が違えば料金が違いますが、なるべく一般的な数字となるよう、ここではプロパンガスの関東地方の平均価格と、同じ関東エリアで最も契約者の多い都市ガス会社である東京ガスの東京地区の一般料金を比べてみます。

ガス料金の計算方法:「ガス料金 =  基本料金 +  従量料金」に基づいて、検針月・2019年10月、ガス使用量・20m3/月と仮定して計算しています(1円未満切り捨て)。

  • プロパンガス料金(関東地方平均)
    ・・・12,520円(石油情報センター調べ、20㎥使用した際の基本料金+従量料金の値段)
  • 都市ガス料金(東京ガス・東京地区・一般料金)
    ・・・基本料金 759.00円 + 従量料金(142.10円×20m3)= 3,601円

結果を比べると、プロパンガス料金は都市ガス料金よりも3倍以上高くなりました。プロパンガスユーザーの方はびっくりされたかもしれません。実は、これは正しいプロパンガスと都市ガスの料金比較ではありません。プロパンガスと都市ガスの熱量の違いを考慮に入れていないためです。

プロパンガスの熱量は都市ガスの2倍以上

プロパンガスと都市ガスの料金比較

プロパンガス(LPガス)の熱量は都市ガスの2.2倍。プロパンガスと都市ガス料金の比較の大切なポイント。

上の項目でもプロパンガスと都市ガスは熱量(kcal)が異なる、と書きましたが、これはプロパンガスと都市ガスの料金の違いにも関係してきます。

プロパンガスの熱量は1m3あたり24,000Kcalなのに対して、都市ガスの熱量は11,000Kcalです。同じガスの量でもプロパンガスの方が熱量が多いのです。イメージとしては濃度が濃いと考えてみるとわかりやすいかもしれません。ちなみに、濃度が濃い分、重さもプロパンガスの方が重たくなっています。

つまり、都市ガスでプロパンガスと同じ熱量の仕事をするためには、プロパンガスのガス使用量の約2.2倍の都市ガスを使わなければならないということなのです。

そのため、正しいプロパンガスと都市ガスの料金比較には、都市ガスの従量料金を2.2倍した都市ガス料金とプロパンガス料金を比べる必要があるのです。実際に計算してみましょう。

  • プロパンガス料金(関東地方平均)
    ・・・12,520円
  • 都市ガス料金(東京ガス・東京地区・一般料金)
    ・・・基本料金 759.00円 + 従量料金(142.10円×20m3)× 2.2 = 7,922円

熱量の違いも入れて、あらためて計算してみると、プロパンガスと都市ガスの料金の差は約1.6倍という結果になりました。

だいぶ差は縮まりましたが、それでも、プロパンガスは都市ガスよりも料金が高いということが分かりました。

プロパンガスの熱量が都市ガスよりも高いならばお湯も早く沸くのか?論理的にはそうなりますが、実際に家庭で使うガス器具はその熱量の違いを考慮して、プロパンガス用の器具の穴は小さく、都市ガス用のガス器具の穴は大きく作られています。そのため、お湯を沸かす時間が都市ガスとプロパンガスで変わることはありません。

プロパンガスと都市ガスの料金比較 - まとめ

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの熱量の違いを考慮した上で、プロパンガスと都市ガスの料金を比較をしてみた結果、プロパンガス料金は、都市ガス料金もよりも高いということが分かりました。

だからといって、プロパンガスの会社がガス代を不当に高く設定しているわけではありません。プロパンガスの方が都市ガスよりも高くなってしまう理由を見てみましょう。

なぜプロパンガスは都市ガスよりも高いのか?

プロパンガスは配送にかかるコストが高い

プロパンガス(LPガス)の方が高くなる大きな理由として、供給方法の違いが挙げられます。都市ガスは、最初ガス管を地中に引くのに膨大な費用がかかりますが、もちろん初期費用の回収がきちんとできるように計算して敷設しています。そして、一度敷設されれば、後はガスの契約者の家までガス管を通って自動に供給されます。つまり、都市ガスの場合はランニングコストは少なくて済みます。

一方、プロパンガスの場合は初期の費用はあまりかかりませんが、毎回ガス販売員がボンベを契約者の家まで配達する必要があるため、必然的に人件費やガソリン代などのコストがかかります。この配送にかかるコストはプロパンガスの小売価格の大部分を占めています。とりわけ、山奥などで、広いエリアに民家がまばらにしかない地域ではこのコストが高くなってしまいがちです。

プロパンガスは料金公開が徹底されていない。料金を比較する人が少ない

プロパンガス料金値上げ・料金は値上がりする?

LPガスの料金も「競争」が大切です。契約者が積極的に料金を比較することで今より料金が安くなることが考えられます。

また、プロパンガスの場合、料金の公開が義務ではないため、ホームページを見ても料金が掲載されておらず、わからない場合もあります。つまり、消費者がいつでも手軽に料金を確認できる環境が整っていないのです。

もちろん、ホームページに載っていないからといって、ガス料金が秘密にされているわけではなく、販売店に問い合わせれば料金表や見積もりで教えてもらえます。

ただし、料金が簡単に調べられない状況では、消費者が価格を比較することもなく、価格競争が起こりづらい状況が生まれています。これではプロパンガスの料金は下がらないということがわかりますね。

さらに、私たち消費者サイドに「プロパンガスは自由に選べる」ということを知らない人もまだ多く、「家を建てる時に、工務店に紹介された販売店とそのまま契約してしまった」、というようなケースがたくさん起こっています。このような消費者の行動も、プロパンガスが都市ガスよりも料金が高い理由に貢献していると言えます。

※ただし、アパートやマンションなどの集合住宅や賃貸住宅にお住まいの場合、プロパンガスは大家さん・不動産会社が契約しているところと契約します。ガス会社を切り替えたい場合は大家さん・不動産会社に相談する必要があります。

私たち消費者が、プロパンガスの契約をするときに販売店の料金を調べることが日常化すれば、プロパンガス販売店も積極的に料金を見直し、料金が下がっていくということが期待できます。

プロパンガスはきちんと選ぼう

料金システムの違いで説明したとおり、プロパンガスは都市ガスよりも販売店同士の価格差が大きい商品です。ですから、プロパンガスは都市ガス以上に、よく料金を調べてから契約先を選ぶことが重要だと言えます。

安いプロパンガス販売店と契約したいと思ったら、お住まいの地域にある販売店を探して、それぞれの料金を調べて、一番安いところを見つけましょう。ホームページで料金がわからない場合は、販売店に連絡して見積もりをもらいます。

ただし、最初だけ安い料金を提示して、徐々に値上げして利益を得ているプロパンガス販売店も存在するため、極端に安い値段設定の店は注意です。このような販売店を避けるためには、料金変更に関する規則を事前に確認する必要があります。

しかし、「自分で情報を探して比較したり、条件を確認したりするのはちょっと面倒だな・・」という方もいるかもしれません。そのような場合は、「ガス会社切替無料相談サービス」をご活用いただくと、簡単に優良なプロパンガス販売店を見つけることができます。

ガス会社切替無料相談サービス

ガス会社切替無料相談サービスは、プロパンガス料金が高いとお悩みの方に、今より安く優良なプロパンガス販売店を探してご紹介しています。また、上で触れたような不当な値上げを防ぐために、「ガス料金見守り保証」も提供しており、契約後に万が一不当と思われる値上げがあった場合に、料金を元に戻すために交渉を行います。

サービスは完全無料です。まずは現在のガス料金をこちらで診断の上、以下の無料相談フォーム、もしくはフリーダイヤルからご連絡ください。

プロパンガス会社の切替無料相談サービス

高いプロパンガス料金にお悩みの方、ぜひご相談ください。

・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方 ・注意事項
・電話受付: 月-金 午前7時-午後10時 / 土日祝 午前7時-午後8時 (年末年始を除く)

更新日