電話で電気・ガス切替相談

お引っ越しで新規に電気の申し込みが必要ですか?

電話での申し込みを受け付けています。電気料金のエキスパート、セレクトラにご相談ください。(受付時間:午前10時 - 午後9時)

電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。今よりも安くなる電気・ガスをお探しの方は、オンライン比較エンジンをご利用くださいませ。

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[広告]

基本料金無料のLooopでんきに切替ませんか?北海道電力の従量電灯プランで60A契約なら毎月2046.00円かかるところ、Looopでんきならゼロ円になります。
また2020年4月30日(木)までのお申込みで、2,020円分のQUOカードPayが申し込み者全員にプレゼント!!

対象プラン:おうちプラン・ビジネスプラン・動力プラン。また個人の申し込みのみ有効。(法人は対象外です。)

お申し込みには検針票をご準備ください。お客様番号が分かると申し込みがスムーズです。

※これは広告です

北海道電力 : 電気料金一覧・会社概要・連絡先

北海道エリアをメインの営業区域としている一般電気事業者であり北海道の大手電力会社である、北海道電力についてまとめました。北海道電力で提供している電気料金プランの一覧や、全ての電気料金の詳細を掲載しています。


北海道電力の電気料金プラン一覧

北海道電力では、最も一般的な電気料金プランである従量電灯プランから、オール電化向けのプランの提供があります。

各メニューボタンをクリックするとそれぞれの料金表を確認することができます。なお、料金表の金額以外に「燃料費調整額」、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」が使用量に応じてかかります。

夜間割引 夜間割引料金あり 季節料金 季節料金あり
週末祝日料金 週末祝日料金あり 時間帯料金 時間帯料金あり
北海道電力:電気料金メニュー
主な電気料金
メニュー
概要
従量電灯B・C
  1. 電力小売自由化以前からあるスタンダードな電気料金メニューで、現在最も契約数の多いプランです。
  2. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  3. 契約するアンペア数によって変わります。
  4. 従量電灯Bは契約アンペア数が60Aまで、従量電灯Cは契約アンペア数が6kVA以上となります。
エネとくLプランB・C
  1. 電力量料金は、400kWhまでは定額料金になっています。
  2. 毎月の電気の使用量が400kWh以上の方向けのプランです。
  3. エネとくLプランBは契約アンペア数が60Aまで、エネとくLプランCは契約アンペア数が6kVA以上となります。
エネとくMプランB・C
  1. 電力量料金は、250kWhまでは定額料金になっています。
  2. 毎月の電気の使用量が250kWh~400kWh程度の方向けのプランです。
  3. エネとくMプランBは契約アンペア数が60Aまで、エネとくMプランCは契約アンペア数が6kVA以上となります。
エネとくシーズンプラスB・C
  1. 冬の時期(11月~翌2月末)以外の電力量料金が割安になります。
  2. また、エアコンがあればの台数に関係なく毎月300円を割引かれる「エアコン割引」があります。
  3. エネとくシーズンプラスBは契約アンペア数が60Aまで、エネとくシーズンプラスCは契約アンペア数が6kVA以上となります。
季節料金
eタイム3プラス
  1. 1日を3つの時間帯に分けて料金設定したメニューです。夜間時間・朝晩時間・午後時間があります。
  2. 22時から翌朝8時までおトクな夜間料金になります。
夜間割引
時間帯料金

北海道で選べる電気料金プラン 北海道電力以外にも北海道エリアで利用できる電気料金プランがあります。新電力の電気料金プランは、大手電力会社よりお得になるプランを見つけましょう。
北海道で選べる電気料金プラン

北海道電力では、このページで紹介した家庭・店舗・事業所向けの低圧電力サービスの他に、官公庁・オフィスビル・学校・病院・工場向けの高圧・特別高圧の電力販売も行なっております。

img

法人向け高圧電力・特別高圧の電気料金がお得に!経費削減情報

オフィス・工場・学校・病院など、法人向け高圧・特別高圧の電気料金プランの場合は、こちらの料金比較サイトでよりお得な電気料金を見つけることができます。

北海道電力の従量電灯B・C

北海道電力の従量電灯Bは、一度に必要となる電流が60A(アンペア)以下のプランです。電力量料金は、使用量に合わせて3段階になっています。

北海道電力:従量電灯B(税込)
基本料金
アンペア
容量
10A 341.00円
15A 511.50円
20A 682.00円
30A 1023.00円
40A 1364.00円
50A 1705.00円
60A 2046.00円
電力量料金(1kWhあたりの値段)

電力消費量(kWh)

0 - 120kWh 23.98円
120 - 280kWh 30.27円
280kWh以上 33.99円

北海道電力の従量電灯Cは、容量が6kVA以上の、電気の使用量が多い契約者向けのプランです。

北海道電力:従量電灯C(税込)
基本料金
1kVAあたり 341.00円
電力量料金(1kWhあたりの値段)

電力消費量(kWh)

0 - 120kWh 23.98円
120 - 280kWh 30.27円
280kWh以上 33.99円

北海道電力のエネとくLプラン

北海道電力:エネとくLプランB(税込)
基本料金
アンペア
容量
10A 341.00円
15A 511.50円
20A 682.00円
30A 1023.00円
40A 1364.00円
50A 1705.00円
60A 2046.00円
電力量料金(1kWhあたりの値段)

電力消費量(kWh)

400kWhまで(定額) 11173.15円
400kWhをこえる分 32.27円
北海道電力:エネとくLプランC(税込)
基本料金
1kVAあたり 341.00円
電力量料金(1kWhあたりの値段)

電力消費量(kWh)

400kWhまで(定額) 10725.00円
400kWhをこえる分 31.21円

北海道電力のエネとくMプラン

北海道電力:エネとくMプランB(税込)
基本料金
アンペア
容量
10A 341.00円
15A 511.50円
20A 682.00円
30A 1023.00円
40A 1364.00円
50A 1705.00円
60A 2046.00円
電力量料金(1kWhあたりの値段)

電力消費量(kWh)

250kWhまで(定額) 6335.00円
250kWhをこえる分 32.33円
北海道電力:エネとくMプランC(税込)
基本料金
1kVAあたり 341.00円
電力量料金(1kWhあたりの値段)

電力消費量(kWh)

250kWhまで(定額) 6050.00円
250kWhをこえる分 31.26円

北海道電力のエネとくシーズンプラス

北海道電力:エネとくシーズンプラスB(税込)
基本料金
アンペア
容量
30A 1056.00円
40A 1408.00円
50A 1760.00円
60A 2112.00円
電力量料金(1kWhあたりの値段)
冬期間 200kWhまで(定額) 5401.00円
200kWhをこえる分(kWh) 34.87円
その他期間 200kWhまで(定額) 4635.40円
200kWhをこえる分(kWh) 29.37円
料金割引
エアコン割引 1契約 305.56円
北海道電力:エネとくシーズンプラスC(税込)
基本料金
1kVAあたり 352.00円
電力量料金(1kWhあたりの値段)
冬期間 200kWhまで(定額) 5033.60円
200kWhをこえる分(kWh) 34.21円
その他期間 200kWhまで(定額) 4252.60円
200kWhをこえる分(kWh) 28.93円
料金割引
エアコン割引 1契約 305.56円

北海道電力のeタイム3プラス

北海道電力:eタイム3プラス(税込)
基本料金
6kVAまで・1契約につき 2215.48円
7kVA,8kVA・1契約につき 2724.74 円
9kVA,10kVA・1契約につき 3234.00円
10kVAをこえる時・1kVAにつき 473.00円
電力量料金(1kWhあたり)
午後時間(午後1時から午後6時まで) 40.68円
朝晩時間(午前8時から午後1時まで
毎日午後6時から午後10時まで)
30.91円
夜間時間(午後10時から午前8時まで) 14.64円

北海道電力の会社概要

北海道電力の会社概要
社名 北海道電力株式会社
英訳名 Hokkaido Electric Power Company Incorporated
(HEPCO)
本社所在地 〒060-8677 札幌市中央区大通東1丁目2番地
TEL: 011-251-1111(代表)
設立 1951年5月1日
資本金 114,291百万円
株主数 普通株式 79,048人
A種優先株式 1名
総資産 1,854,251百万円
従業員数 5,642人
販売電力量
(2017年度)
低圧 12,628百万kWh
高圧・特別高圧 12,178百万kWh
合計 24,806百万kWh

(2018年3月31日現在)

沿革

北海道電力は、太平洋戦争終結後、1950年11月24日に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が発令したポツダム政令を元に日本で電気事業再編成令と公益事業令が公布されたのを受けて、1951年5月1日に、日本発送電札幌支店と北海道配電が統合される形で創立された電気事業者です。

発電所に関しては、北海道地区を中心に、水力、火力、原子力、地熱、太陽光などの計68カ所の発電所を保有・運営しています。また、1995年の電気事業制度改革において創設された電源調達入札制度によって、独立系発電事業者(IPP)5社と供給契約を結び、合計25万kW近くの電力を購入しています。

事業内容

北海道電力の電力供給

北海道電力の電力供給事業内容
販売電力量 24,806百万kWh (特定規模需要を除く)2017年度
契約口数 4,029千口 (特定規模需要を除く)2015年度

北海道電力の発電事業

北海道電力は事業地域およびその周辺に水力、火力、原子力、太陽光、地熱などを活用した発電所を構えて発電事業を行っています。

北海道電力の発電事業内容
総出力 7,809,565kW(2018年3月31日現在)
電源構成比 水力発電所 56箇所、1,648,355kW
火力発電所 11箇所、4,065,210kW
(緊急設置電源14万8,540kWを含む、関連会社経営の発電所除く)
原子力発電所 1箇所、2,070,000kW
地熱発電所 2箇所、25,000kW
太陽光発電所 2箇所、1,000kW

北海道電力:お問い合わせ(カスタマーセンター)

北海道電力・問い合わせ電話番号
北海道電力への連絡 - 検針票が手元にあればスムーズです。

北海道電力では、電気使用開始のお問い合わせや電気使用の停止など各種申し込みをコールセンターもしくは北海道電力ホームページにて受け付けています。

電気の使用開始や申し込みに関しては、専用電話番号「ほくでん契約センター」にご連絡ください。一般的に朝の9時から10時頃の時間帯は、電話がつながりにくくなっています。時間に余裕を持って電話をすることをおすすめします。

また、他の電力会社に切り替える場合、北海道電力に対して使用停止の連絡は不要です。

北海道電力:お問い合わせ電話番号
ほくでん契約センター・電話番号 0120-12-6565
電話受付時間 月曜日から金曜日:9時 - 17時、土曜日:9時-15時です。(日曜祝日・年末年始は除く)

電気がつかなかったり、電力メーターをはじめ電気設備の故障などの緊急の連絡は、北海道電力の各営業所に直接電話をして確認することもできます。各営業所の電話番号は、北海道電力の電話番号ページで確認し、ご連絡ください。

よくある質問一覧(北海道電力)

以下に、北海道電力に関するよくある質問をまとめました。

よくある質問一覧(北海道電力)
質問1:北海道電力にはどんな電気料金プランがあるの?
回答1

北海道電力エリアで最も多くの家庭で利用されているのは電気料金プランは従量電灯プランです。

▷北海道電力従量電灯プランについて詳しくはこちら

この他に定額料金のエネとくプラン、冬の時期が割安になるエネとくシーズンプラン、深夜時間帯がお得になるeタイム3プラスがあります。

▷各プランの料金表を確認する

質問2:北海道電力の電話番号は?
回答2

北海道電力では料金プランの申し込みや各種問い合わせなどを、ほくでん契約センターで受け付けています。電話番号は各地域ごとに異なります。

ほくでん契約センター・電話番号:0120-12-6565
電話受付時間:月曜日から金曜日:9時 - 17時、土曜日:9時-15時です。(日曜祝日・年末年始は除く)

質問3:北海道電力から新しい電力会社に切り替えるには?
回答3

1.同一住所で北海道電力から新しい電力会社で切り替える場合

ご利用になりたい電力会社に新規申し込みをするだけでOK。新しい電力会社が北海道電力への解約手続きを行ないます。

▷北海道電力エリアで選べる電力会社を確認する

2.引越しなど別の住所で新しい電力会社に切り替える場合

現在利用している住所における北海道電力の電気料金プランは、北海道電力に連絡して解約する必要があります。新しい住所での電気の使用開始手続きは、利用したい電力会社に申し込む必要があります。

▷北海道電力のお引越し手続きを確認する

関連する記事を見る