ガス販売へeo電気(ケイ・オプティコム):電気料金一覧・会社概要・連絡先
logo eo denki

関西を中心に光インターネットを提供するケイ・オプティコムの電気サービス、eo電気。eo電気はeo光ネットとのセット申し込みがすすめられています。eo電気の料金や申し込み方法、会社の基本的な情報を凝縮してご紹介します。

eo電気の電気料金 - 特徴

ケイ・オプティコムの電気・eo電気

eo電気は色々まとめることでお得度があがるしくみ。

eo電気には、電気の使用量の多い家庭向けのプラン「シンプルプラン」と標準的な電気の使用量を対象とした「スタンダードプラン」の2つがあります。「スタンダードプラン」は関西電力・従量電灯Aと料金構成はよく似ています。一方、「シンプルプラン」は、電力量料金の部分が一段階とオリジナリティのある料金プランになっています。

eo電気はeo光ネットの利用者に限らずどちらのプランも申し込みが可能です。ただし、ケイ・オプティコムの光回線とセットで申し込むことで割引り率が高くなり、関西電力の従量電灯Aよりもさらに料金が安くなります。またeo電気と一緒に関電の都市ガスも申し込みが可能です。

eo電気の発電

eo電気と聞いたときふと気になるのがその発電元。通信会社が電気?発電も行っているの?と不思議な感じがします。実は、eo電気(ケイ・オプティコム)自体は発電を行っていません

ですから、eo電気の販売する電気は、自前で発電しているわけではなく、基本的に「日本卸電力取引所(JEPX)」から70%を、その他30%を関西電力から調達する形となっています。つまり、発電事業を行っている会社から電気を購入して、お客様に電気を販売しているのです。

また発電だけでなく、電線や電力メーター(スマートメーター)といったインフラの管理も関西電力が担当者です。つまりeo電気を申し込んでもいままで通り電気が使用できる理由にはこのような背景があります。eo電気(ケイ・オプティコムも他の多くの新電力と同様に電気の小売りのみを専門に行っている会社なのです。

スタンダードプラン

eo電気のスタンダードプランは1契約ごとの「基本料金」と使用量によって4段階に設定されている電力料金(1kWhあたりの料金単価)で成り立っています。

毎月電気を300kWh以上使用する人ならば、関西電力の従量電灯Aよりも電気料金の安くなる料金設定です。

eo電気 - スタンダードプラン(税込)
基本料金(1契約ごと)  
電力量料金 最初の120kWh  
120 - 250kWh  
250 - 300kWh  
300kWh以上  

シンプルプラン

eo電気のシンプルプランは、「基本料金」は1契約ごと、「電力量料金(1kWhあたりの電気料金)」も1段階のみの、その名の通りシンプルな料金プランです。

電気の使用量の多い方(毎月551kWh/月以上)を対象とした電気料金プランです。

eo電気 - スタンダードプラン(税込)
基本料金(1契約ごと)  
電力量料金(1kWhにつき)  

eo電気の問い合わせ先

eo電気では、カスタマーセンター(サポートセンター)で電気の申し込みや問い合わせに対応をしています。要件によって電話番号が分かれていますので、番号をご確認の上おかけください。

また、電話の受付時間は 9:00~21:00(年中無休)となっています。

eoサポートダイヤル - 電話番号
eo電気・ガスの申し込み・
問い合わせ
固定電話・携帯電話・PHS 0120-914-755
その他、IP電話など(通話有料) 06-7507-1588
それ以外の問い合わせ
(解約の手続きなど)
eo光電話/LaLa Callから 151
固定電話/携帯電話/PHSから 0120-919-151
他の電話から(通話有料) 050-7105-6333

eo電気の申し込み

eo電気の申し込みは、eoサポートダイヤルにて電話で行う他、eo電気公式サイトのオンラインフォームからも申し込みが可能です。また、すでにeo光ネット、eo光電話、eo光テレビ、格安SIMのmineoを利用している方は、ご自身の専用オンラインアカウントからも申し込みをすることもできます。

eo電気の申し込みには、関西電力の検針票等に記載のある「供給地点特定番号」が必要になりますので、実際に申し込む際には手元に準備をしておくと手続きがスムーズです。

また、お引っ越し先でeo電気を申し込みたい場合は、「供給地点特定番号」が分からなくても申し込みは可能ですが、入居日の5日前には申し込みをする必要があります。

eo電気の解約

他の電力会社に契約を変更する場合、eo電気への連絡は不要です。他社に切り替わることで、eo電気の解約の処理も同時に行われます。eo電気では最低利用期間(一年)が設けられており、その前に解約をする場合には解約金3,240円(税込)がかかる点を理解しておきましょう。

eo電気の解約でも、家の改築や取り壊し等で電気設備そのものを取り外すような場合は、eo電気に電話で連絡をします。

eo電気の注意点(メリット・デメリット)

ケイ・オプティコムの電気・eo電気

eo電気、自分にあった電気料金かどうかは、毎月の電気の使用量(kWh)がポイントになります。

eo電気は、eo光ネットを使用していなくても申し込みが可能で、条件を満たせば関西電力(従量電灯)よりも電気料金が安くなる点が魅力です。さらに、eo光ネットを使っていればさらに割引率が上がります。

ただし、eo電気へ切り替えで電気料金が安くなるのは、スタンダードプランなら、毎月コンスタントに300kWh(キロワットアワー)を消費する、シンプルプランであれば、551kWh/月以上の家庭になる点は理解しておきましょう。季節によって電気の使用量(kWh)は変化しますから、過去の検針票をよく確認し申し込みをし、eo電気のシュミレーションも活用しましょう。

加えて、eo電気には、契約事務手数料3240円がかかる点、および最低契約期間とそれに伴う解約金にもよく注意が必要です。気軽にスイッチングをしたい方にはこのようなeo電気の特徴はデメリットとなるかもしれません。また、eoネットから他のインターネットプランや回線への切り替えを検討している人も理解しておきたいポイントです。

eo電気で安くならない人

eo電気で安くならない人は電気の使用量の少ない方です。一人暮らし二人暮らしなど電気の使用量の少ない場合は他の電気料金プランを検討するか、関西電力のままでも、大きく損をしているということにはならないのでそのままでも良いかもしれません。

「eo電気とセットの都市ガス(関電)も申し込めない」、となると損した気分になりますが、電気の使用の少ない方は都市ガスの使用(基本的に給湯と調理にしか使用しない)はもっと少ないため、都市ガスの割引で安くなる額は僅かです。まずはよく使用する電気を安くすれば、光熱費の節約は成功です。

eo電気とセットで申し込める関電の都市ガス

また、eo電気に加えて関電ガス(関西電力の都市ガス)を申し込むと都市ガスの一般料金よりも約9パーセント(都市ガスを31m3を使用した場合)、大阪ガスの都市ガス料金よりも安くなります。

eo電気(スタンダードプラン、シンプルプラン)で必ず電気料金が安くなる方は、関電の都市ガスも併せて申し込むとお得になります。

ケイ・オプティコムの会社概要

eo電気を提供するケイ・オプティコム社は関西電力100%出資企業です。上記でご紹介した通り電気の他にもエネルギー分野では都市ガス(関西のガス)を提供しています。

関西電力のエリアを中心に通信事業(インターネット、ケーブルテレビ、IP電話など)を行っている主な商品としては「eo光ネット」、「eo光電話」、「eo光テレビ」、また携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」などがあります。

ケイ・オプティコム|会社概要
会社名 株式会社ケイ・オプティコム
本社所在地 〒530−6116 大阪市北区中之島3丁目3番23号 中之島ダイビル
設立 1988年4月2日
資本金 330億円
売上高 1,795億円(2015年)
主な事業内容
  1. 電気通信企業
  2. 有線一般放送事業
  3. 小売り電気事業
更新日