電話で電気・ガス切替相談

新居で電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

新居で電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

なっトクパックへのお申し込み

関西エリア人気No.1の電気・ガスセットプラン[関電ガス]

  • 関西電力の従量電灯A・大阪ガスの一般ガス料金より安い
  • 電気とガスをセットにすると年間約10,600円お得*
  • 今なら新規申込で2,000円分QUOカードプレゼント

*電気1ヶ月あたり260kWh、ガス1ヶ月あたり31m3使用した場合。

関西エリア人気No.1の電気・ガスセットプラン

  • 関西電力の従量電灯A・大阪ガスの一般ガス料金より安い
  • 電気とガスをセットにすると年間約10,600円お得*
  • 今なら新規申込で2,000円分QUOカードプレゼント

*電気1ヶ月あたり260kWh、ガス1ヶ月あたり31m3使用した場合。

関西電力の子会社:オプテージによる電気サービス【eo電気(イオ電気)】。eo電気の電気料金プランや評判(デメリット・メリット)、人気の光回線サービス『eo光ネット』とのセット利用で電気料金がどのくらい安くなるかなど世帯人数別に詳しく解説します。

  • 「eo電気」なら、ファミリー世帯は電気のみでも関西電力より年間約3,050円お得
  • 「eo電気」と「eo光ネット」のネットセットで年間約6,810円お得
  • 「関電ガス」のなっトクプラン(eo割) 利用で、ガス料金も10%節約できる!(使用量31㎥)
  • 電気料金の見直し・切り替えなら、セレクトラのらくらく窓口【☎0120-120-176】まで!
電気も光回線もガスも全部まとめて管理できる【eo電気】

人気の光回線:「eo光ネット」とセット契約でさらにお得に!

  • 電気料金: 関西電力より安い
  • セット割引: 「eo光ネット」の併用で割安
  • セット割引: 関電ガスの「eo割」でさらに安い
  • 実績・信頼: 大手・関西電力グループで安心
スタンダードプラン:「eo光ネット」セット

基本料金ずっと0円!

公式サイト

eo電気の電気事業について

eo電気(イオ電気)は、関西エリア最大手の電力会社:関西電力の100%出資企業である株式会社オプテージ(旧:ケイ・オプティコム)によって運営されています。関西電力グループ会社ということもあり、新電力会社の中でも信頼度も高く、電気の供給サービス以外にも光ネット回線などの通信サービスで非常に定評のある企業です。

現在(2021年8月時点)のところ、電力供給対象エリアは関西電力の管轄エリアのみとなっています。

eo電気の電気:発電と送電

eo電気の電源構成
※出典:eo電気『eo電気の電源構成:(2018年4月1日~2019年3月31日の調達電力量(kWh)実績値)』

eo電気の電源構成は、図の円グラフのとおりです。発電の内訳を見ると、eo電気は主に「日本卸電力取引所(JEPX)」から電気をメインに調達していることが分かります。しかし、eo電気の電気料金プランは、取引価格に連動して電気料金の単価が決まる「市場連動型プラン」ではないので、日本卸電力取引所の価格急騰の際も電気料金は常に定額で電気代が急激に値上がりする心配はありません。

また、発電だけでなく電線なども関西電力と同じ送配電網を利用しており、電力メーター(スマートメーター)のような設備も、親会社でもある関西電力が管理しています。つまり、大手電力会社から新電力のeo電気に切り替えても、電気の安定性や災害時の復旧対応などが変わることなく、安心して電気が使用できるというわけです。

eo電気の電気供給
※出典:eo電気(株式会社オプテージ)
電気も光回線もガスも全部まとめて管理できる【eo電気】

人気の光回線:「eo光ネット」とセット契約でさらにお得に!

  • 電気料金: 関西電力より安い
  • セット割引: 「eo光ネット」の併用で割安
  • セット割引: 関電ガスの「eo割」でさらに安い
  • 実績・信頼: 大手・関西電力グループで安心
スタンダードプラン:「eo光ネット」セット

基本料金ずっと0円!

公式サイト

eo電気の口コミ・評判(デメリット・メリット)

2016年4月の電力自由化以降、数多くの新電力が誕生しましたが、その中でも関西電力の子会社が運営している“eo電気は安心”ということがお分かりいただかと思います。

それでは、実のところ、eo電気の評判はどうなのでしょうか?実際に利用されている方、関西電力からeo電気への切り替えを行った方々のコメントをまとめてみました。

以上が、eo電気の電気契約に関する評判です。これらの口コミから判断すると、以下の方々がeo電気への切り替えに向いています。

 「eo光ネット」を契約中か、これから「eo電気」と「eo光ネット」のセット契約を検討している方。
 電気・光回線・ガスをまとめて契約したい方。
 ファミリー世帯などで電気の使用量が多く大幅な電気代節約が見込める方。
 電気料金以外に、電力会社に安心感やサポート力を求める方。

逆に、eo電気への切り替えに向いていないと思えるのは、以下のタイプです。

 「eo光ネット」とセット契約がなく、電気代を大幅に節約したいが電気の使用量自体が少ない方。

それでは、上記の口コミが真実かどうかも含め、利用者にとってのeo電気の「デメリット」と「メリット」の両面から一つ一つ検証していきます。

eo電気のデメリット

まずは、eo電気のデメリットから見ていきましょう。

 電気の使用量が少ないとあまり安くならない

まず、eo電気のデメリットとして挙げられるのが、電気の使用量が少ないと安くなる金額も少ない、ということです。

オール電化プランを除く、eo電気の一般家庭向け電気料金プランには、ひと月あたりの電気使用量が550kWh以下の方向けの【スタンダードプラン】と、ひと月あたりの電気使用量が550kWh以上の方向けの【シンプルプラン】とがあり、それぞれ電気の使用量によって料金プランが推奨されています。そのため、この電気料金プランの選択を間違えると効率的に節約できないケースがあります。

大事な料金プランの選択でつまづかないためには、事前に検針票でご自身の月々の平均使用量を確認したうえで料金プランを見極めることが重要です。

また、eo電気の電気料金プランは、プランによって料金設定の特徴がかなり異なることに注意する必要があります。例えば、電気使用量が少ない方向けの【スタンダードプラン】は、月額固定費用の「基本料金」が関西電力の「最低料金」よりも安くなっていますが、関西電力の「最低料金」が1~15kWhまでの電力量料金を含んだ料金であるのに対し、eo電気の【スタンダードプラン】は「最低料金」ではなく1~15kWhまでの電力量料金は含まれない「基本料金」です。

これはどういうことかというと、関西電力では1~15kWhの電力量料金はかからないのに対し、eo電気では1kWhからの電力量料金が請求されるということです。また、電力量料金も、16kWh~120kWhの電力量料金は関西電力と同額なので、そもそも電気の消費量が少ない一人暮らしの方などは、電気代が少額であればあるほど割引率も低いのです。そのため、「あまり安くならない」という意見が出てくるのでしょう。

いずれにしても、eo電気の電気料金プランは、電気の消費量が多い世帯ほど電気代が安くなる料金設定になっています。電気使用量自体が少ない世帯の方は、他の電力会社を検討してみるのもよいかもしれません。

毎月の電気代、もっと安くしませんか? 関西電力エリアには、他にも新しい電力会社が多数あります。電気代を節約したいなら、今よりもお得で自分にぴったりの電力会社・電気料金を探してみてはいかがでしょう。

 「eo光ネット」契約なしの電気料金プランだとお得感がない

eo電気のデメリットとして次に挙げられるのは、eo電気の運営会社【オプテージ】が提供している光回線「eo光ネット」もセットで契約しない場合、電気料金があまりお得にならない、ということです。

eo電気の一般家庭向けの電気料金プランは、前述のとおり、ひと月あたりの電気使用量が550kWh以下の方向けの【スタンダードプラン】と、ひと月あたりの電気使用量が550kWh以上の方向けの【シンプルプラン】の大きく二つに分けられ、それぞれの料金プランは、さらに「eo光ネット」のネットセットの料金プラン「eo光ネット」なしで電気だけを契約の方向けの電気料金とに区分されています。

「eo光ネット」のセット料金プランの方が【スタンダードプラン】であれば基本料金が無料になったりと、「eo光ネット」なしの料金プランよりも全てにおいて安い設定になっています。そのため、「eo光ネット」のセット契約でない場合は当然、電気料金の割引率が少ないことから思ったよりも安くならず、電気のみの契約はあまりメリットがないと思われる方が多いようです。

 契約事務手数料および最低利用期間内の解約時に解約金がかかる

口コミ情報の中でeo電気のデメリットとして多数挙げられるのが、この「契約事務手数料」と「解約金」についてです。

eo電気と契約する際、通常、eo電気から「契約事務手数料」として3,300円(税込)が請求されます。また、eo電気は、【電気の供給開始年月日を含む料金月の翌月または契約種別変更の適用開始年月日を含む料金月から起算して12カ月目の月末まで】を「最低利用期間」と定めており、この最低利用期間内に料金プランの変更や解約をした場合は、変更・解約時に3,300円(税込)の「解約精算金」が発生します。そのため、特に「eo光ネット」もセットで契約されている場合などは気軽に電気の切り替えができない、というネガティヴな意見が多く見られます。

ただし、eo電気では2020年2月1日より、これらの事務手数料・解約金0円キャンペーンを展開しており、このキャンペーン期間中は費用の心配なく契約を検討することができます。

alt
※2021年8月末時点の情報です。キャンペーンは予告なく終了および内容を変更する場合がありますのでご注意ください。

 紙の明細書が無料でもらえない

eo電気のデメリットの最後は、紙の明細書が無料でもらえないということです。eo電気では、毎月の検針票・請求書の無料郵送サービスを行っていません。電気の使用量や電気代を知りたい場合は、ご自身で「eoマイページ」またはLINEにアクセスして確認をする必要があります。そのため、ネットに慣れていない方や、毎回ログインが面倒という方は不便だと感じているようです。

また、紙の請求書の発行を希望する場合は有料となり、月額110円(税込)かかります。請求書の郵送をご希望の方は、eo電気の申し込み後に【eo電気サポートデスク】に連絡をし紙での発行手続きをとる必要があります。

しかし、昨今のペーパーレス化に伴い、現在は毎月の検針票・請求書の無料郵送サービスを行っている電力会社の方が少数派です。eo電気と同様に、ほとんどの電力会社で紙の明細書を有料化し、web上で電気使用量のお知らせ・電気代の請求を行っていますので、これはeo電気だけのデメリットとは言えないかもしれません。

eo電気のメリット

次に、eo電気のメリットについても見ていきましょう。

 電気とネットの管理・支払いが一括でできる

eo電気の利用者による「お客様アンケート」の結果によれば、eo電気のメリットとして最も多かったのが、「電気とネットの管理・支払いがまとめてできる」ということです。

eo電気では、「eo光」の光ネット回線サービスもセットで契約している場合、電気とネットの請求書が一枚にまとめられ、支払いが一括でスムーズであることが高く評価されているようです。また、デメリットとして「紙の明細書がない」というマイナス意見がありましたが、eo電気のアカウントページではweb上で電気の使用量だけでなく、その利用状況までもが月・日・時間帯ごとに細かく管理できるので、その点は逆に大きなメリットとなっています。

電気使用量の多い月や曜日、時間帯などがご自身で把握できれば、その時に使用している電化製品の使用時間や使い方などに注意することができ、電気代の節約にも役立ちますね。

 電気代が安くなった

eo電気の利用者による「お客様アンケート」の結果で、eo電気の電気のメリットとして次に多く寄せられたのが、「電気代が安くなった」という声です。

alt
※出典:eo電気「ご利用者様アンケート結果」

それによれば、86%の利用者が「eo電気に切り替えたことで安くなった」と回答しています。電気の使用量が多ければ多いほど割引率が大きい料金設定なので、ファミリー世帯など使用量の多い家庭や、「eo光」の光ネット回線サービスもセットで契約している方などが、eo電気への切り替えで電気代が節約でき満足しているようです。

 「eo光ネット」や「関電ガス(eo割)」をセットで契約するとお得

eo電気のメリットとして「電気代が安くなった」という評価に関連して多く寄せられたのが「セット契約にするとお得」という声です。

「eo光」の光ネット回線サービスもセットで契約している場合、eo電気の電気料金がより安く設定されている料金プランを選択することができます。「eo光ネット」とセットの電気料金プランを選んだ場合は、関西電力と比較して必ず電気代が安くなるため、関西電力からeo電気のネットセットの料金プランに切り替えた方からは電気代がお得に節約できたと好評のようです。

また、eo電気の電気料金プランを契約している方は、eo電気のセット割引が適用になる 関電ガスの【なっトクプラン(eo割)】を利用することができます。このセット割引で、従来のガス会社と比べて関電ガスのガス料金は約10%も安くなるので、光熱費をさらに抑えることが可能です。

 サポートが手厚い

eo電気のメリットの最後は、「サポートがしっかりしている」という点です。

eo電気は、電話(9時~21時)・チャットサービス(9時~23時)で年中無休のお客様対応をしているだけでなく、eo電気の契約者には駆けつけサービス:『生活110番』(運営:シェアリングテクノロジー株式会社)を月額料金無料で提供しています。

この『eo電気×生活110番』サービスは24時間(年中無休)いつでも利用でき、鍵や水、ガラスなどのトラブルに関する専門業者が自宅まで無料で来てくれてトラブルに対処してくれます。また、eo電気の契約者特典として「30分以内の作業費は無料」で、万一それ以上の作業が発生した場合でも、「サービス利用料10%キャッシュバック」が適応されるため、これが月額無料で付くというだけでも大変お得です。

alt
※出典:eo電気「eo電気×生活110番」

このように、利用者へのサポートがしっかりしている点も、eo電気のメリットとして評価されており、利用者に安心感を与えています。

eo電気の評判をまとめると、以下の方がeo電気の切り替えに向いています。

電気使用量が少なく、特にeo電気の『eo光』ネットのセット契約をされない単身世帯の方には、eo電気の電気はあまりメリットがなさそうです。eo電気の他に、もっと安い電力会社が見つかるかもしれません。

  • 「eo電気の電気のデメリット・メリット」まとめ
  • 電気とネットの使用量・請求書をまとめて管理したい方。
  • 「電気とネット」「電気とガス」「電気とネットとガス」のセット割引を活用したい方。
  • ファミリー世帯など電気使用量が多い方。
  • 電気料金以外に、切り替え後のアフターサービスも重視する方。

eo電気の電気料金プラン・特徴

eo電気が提供している一般家庭向けの電気料金プランは以下の6プランです。同じ料金プランでも、「eo電気」と「eo光ネット」のセット料金プラン「eo光ネット」なしで電気のみを契約の方向けの料金プランとに分かれています。

 

  1. 【スタンダードプラン(電気使用量 550kWh以下の方向け)】電気のみ
  2. 【スタンダードプラン(電気使用量 550kWh以下の方向け)】ネットセット
  3. 【シンプルプラン(電気使用量 550kWh以上の方向け)】電気のみ
  4. 【シンプルプラン(電気使用量 550kWh以上の方向け)】ネットセット
  5. 【オール電化プラン】電気のみ
  6. 【オール電化プラン】ネットセット
電気も光回線もガスも全部まとめて管理できる【eo電気】

人気の光回線:「eo光ネット」とセット契約でさらにお得に!

  • 電気料金: 関西電力より安い
  • セット割引: 「eo光ネット」の併用で割安
  • セット割引: 関電ガスの「eo割」でさらに安い
  • 実績・信頼: 大手・関西電力グループで安心
スタンダードプラン:「eo光ネット」セット

基本料金ずっと0円!

公式サイト

プランごとに電気料金の設定がかなり異なりますので、それぞれの特徴について詳しく解説します。

eo電気の電気料金プラン「スタンダードプラン」

eo電気の【スタンダードプラン】は、ひと月あたりの電気使用量が550kWh以下の方向けの料金プランです。1契約ごとの「基本料金」と電気使用量によって電気料金が4段階制で設定されている電力量料金(1kWhあたりの料金単価で成り立っています。

eo電気の【スタンダードプラン】は、一見、関西電力の【従量電灯A】とよく似た料金構成です。しかし、関西電力の「最低料金」が15kWhまでの電力量料金を含んだ料金設定であるのに対し、eo電気の【スタンダードプラン】の「基本料金」は15kWhまでの電力量料金が含まれていないことに注意する必要があります。その代わり、【スタンダードプラン】の「基本料金」は、関西電力に比べ割安です。

それぞれのプランの料金表および関西電力【従量電灯A】との電気代の差額について以下にまとめました。

eo電気の電気料金プラン【スタンダードプラン】料金表と関西電力【従量電灯A】との比較

 【スタンダードプラン】(電気のみ)の電気料金表

毎月電気を300kWh以上使用する方は、関西電力【従量電灯A】よりも2%電気料金が安くなる料金設定です。

eo電気:スタンダードプラン(電気のみ)料金表
最低料金(基本料金)
  関西電力
従量電灯A
関西電力
eo電気
スタンダードプラン(電気のみ)
eo電気
月額固定費 341.01 円
(15kWh分を含む)
198.00 円
(15kWh分を含まない)
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  関西電力
従量電灯A
eo電気
スタンダードプラン(電気のみ)
15kWhまで 最低料金に含まれる 5.80 円
15kWh超えて120kWhまで 20.31 円 20.31 円
120kWh超えて300kWhまで 25.71 円 25.22 円
300kWh超える 28.70 円 28.13 円

 【スタンダードプラン】(ネットセット)の電気料金表

「基本料金」が0円のお得なプランです。毎月電気を300kWh以上使用する方は、関西電力【従量電灯A】よりも5%電気料金が安くなります。

eo電気:スタンダードプラン(ネットセット)料金表
最低料金(基本料金)
  関西電力
従量電灯A
関西電力
eo電気
スタンダードプラン(ネットセット)
eo電気
月額固定費 341.01 円
(15kWh分を含む)
0 円
(15kWh分を含まない)
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  関西電力
従量電灯A
eo電気
スタンダードプラン(ネットセット)
15kWhまで 最低料金に含まれる 18.93 円
15kWh超えて120kWhまで 20.31 円 20.32 円
120kWh超えて300kWhまで 25.71 円 24.06 円
300kWh超える 28.70 円 27.27 円

eo電気の電気料金プラン「シンプルプラン」

eo電気の【シンプルプラン】は、ひと月あたりの電気使用量が550kWh以上の方向けの料金プランです。1契約ごとの「基本料金」も「電力量料金(1kWhあたりの電気料金)」も1段階のみという、その名のとおりシンプルな料金プランです。

eo電気【シンプルプラン】の電気料金表

 【シンプルプラン】(電気のみ)の電気料金表

550kWh以上の電気使用量で、関西電力【従量電灯A】よりも3%電気料金が安くなる料金プランです。

eo電気:シンプルプラン(電気のみ)料金表
最低料金(基本料金)
  関西電力
従量電灯A
関西電力
eo電気
シンプルプラン(電気のみ)
eo電気
月額固定費 341.01 円
(15kWh分を含む)
1096.00 円
(15kWh分を含まない)
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  関西電力
従量電灯A
eo電気
シンプルプラン(電気のみ)
15kWh超えて120kWhまで 20.31 円 23.45 円
120kWh超えて300kWhまで 25.71 円
300kWh超える 28.70 円

 【シンプルプラン】(ネットセット)の電気料金表

550kWh以上の電気使用量で、関西電力【従量電灯A】よりも6%電気料金が安くなる料金プランです。

eo電気:シンプルプラン(ネットセット)料金表
最低料金(基本料金)
  関西電力
従量電灯A
関西電力
eo電気
シンプルプラン(ネットセット)
eo電気
月額固定費 341.01 円
(15kWh分を含む)
1045.00 円
(15kWh分を含まない)
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  関西電力
従量電灯A
eo電気
シンプルプラン(ネットセット)
15kWh超えて120kWhまで 20.31 円 22.77 円
120kWh超えて300kWhまで 25.71 円
300kWh超える 28.70 円

eo電気の電気料金プラン「オール電化プラン」

eo電気のオール電化プランは、エコキュートなどのオール電化機器(夜間蓄熱式機器など)を設置されている方向けの料金プランです。季節や時間帯によって電力量料金単価が異なりますが、電力量料金の料金体系は関西電力の【はぴeタイムR】の電化割引額【(基本料金+電力量料金)× 5%】を含んだ料金と同一です。平日のピーク時間の電力量料金が割高になる一方で、夜間の料金単価が割安になります。

eo電気【オール電化プラン】の特徴

  • 夜23時から翌朝7時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプランです。
  • 夏季(7~9月)とそれ以外の時季でピーク料金であるデイタイム料金が異なります。
  • 土日祝日の日中は、割高なデイタイム料金の代わりに通常料金が適用されます。
  • 電力量料金単価は、関西電力のオール電化プラン【はぴeタイムR】(電化割引含む)と同額。
  • 「eo光ネット」のセットなしでeo電気のみの契約の場合、基本料金・電力量料金ともに関西電力の【はぴeタイムR】(電化割引含む)と同額です。
  • 「eo光ネット」のセット契約の場合、基本料金が月220円安いので、ネットセット契約の方は関西電力の【はぴeタイムR】から切り替えると確実に電気代が節約できます。

上記の特徴から、以下の方がeo電気の「オール電化プラン」に向いています。

  • eo電気【オール電化プラン】に向いている方
  • 夜型の生活の方。
  • 日中あまり電気を使わない方。
  • 平日に家を空けることが多く、土日にまとめて家事をすることが多い方。
  • 夜間蓄熱式機器(エコキュート等)またはオフピーク蓄熱式電気温水器(多機能型ヒートポンプ給湯機等)を使用している方。

eo電気【オール電化プラン】の電気料金表

 【オール電化プラン】(電気のみ)の電気料金表

「eo光ネット」なしのeo電気契約のみの「オール電化プラン」では、基本料金・電力量料金ともに、関西電力の【はぴeタイムR】(電化割引含む)と全く同一料金です。

eo電気【オール電化プラン】(電気のみ)
kW 単位 基本料金
最初の10kWまで 1契約 2090.00 円
10kWを超える場合 1kWあたり 376.20 円
時間帯 1kWhあたりの料金

平日

【リビングタイム】平日午前7時~午前10時・午後5時~午後11時 21.74 円

【デイタイム】平日午前10時~午後5時

夏季(7月1日~9月30日) 27.51 円
その他の季節 25.01 円
【ナイトタイム】午後11時~翌日午前7時 14.44 円
休日(土日祝日) 【リビングタイム】午前7時~午後11時 21.74 円
【ナイトタイム】午後11時~翌日午前7時 14.44 円
  • 休日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日および12月31日を指す。

 【オール電化プラン】(ネットあり)の電気料金表

「eo光ネット」セット契約のeo電気「オール電化プラン」では、電力量料金は関西電力の【はぴeタイムR】(電化割引含む)と同額ですが、基本料金が【はぴeタイムR】よりも月あたり220円安くなります。

【オール電化プラン】(ネットあり)
kW 単位 基本料金
最初の10kWまで 1契約 1870.00 円
10kWを超える場合 1kWあたり 336.60 円
時間帯 1kWhあたりの料金

平日

【リビングタイム】平日午前7時~午前10時・午後5時~午後11時 21.74 円

平日午前10時~午後5時(デイタイム)

夏季(7月1日~9月30日) 27.51 円
その他の季節 25.01 円
【ナイトタイム】午後11時~翌日午前7時 14.44 円
休日(土日祝日) 【リビングタイム】午前7時~午後11時 21.74 円
【ナイトタイム】午後11時~翌日午前7時 14.44 円
  • 休日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日および12月31日を指す。

基本料金ゼロ円のオール電化プランがあるってご存知ですか? Looopでんきのスマートタイムプラン、基本料金がゼロ円で春秋の昼間料金も業界最安基準です。
 公式サイトはこちら

世帯人数別:ひと月あたりの電気代を関西電力の料金プランと比較

上記では、関西電力の「従量電灯A」eo電気の「スタンダードプラン」「シンプルプラン」の「eo光ネット」セット料金プランと電気のみの料金プランそれぞれの電気料金・特徴ついて確認しました。

それでは、関西電力からeo電気に切り替えた場合、実際にどのくらい安くなるのでしょうか?最も需要が多いと思われるeo電気の「スタンダードプラン」について、具体的にいくら安くなるのか世帯人数別ごとに細かく見ていきます。

電気も光回線もガスも全部まとめて管理できる【eo電気】

人気の光回線:「eo光ネット」とセット契約でさらにお得に!

  • 電気料金: 関西電力より安い
  • セット割引: 「eo光ネット」の併用で割安
  • セット割引: 関電ガスの「eo割」でさらに安い
  • 実績・信頼: 大手・関西電力グループで安心
スタンダードプラン:「eo光ネット」セット

基本料金ずっと0円!

公式サイト

関西電力【従量電灯A】 と eo電気【スタンダードプラン(電気のみ)】 の電気料金比較 : 世帯人数別ひと月あたりの電気代

 一人暮らし :電気使用量200kWhの場合

一人暮らしの方で、ひと月当たりの電気使用量が平均200kWhと仮定した場合の 【関西電力:従量電灯A】 と 【eo電気:スタンダードプラン(電気のみ)】 の電気代を比較してみましょう。以下が、実際に計算した結果の比較表です。

  最低料金(基本料金) 電力量料金 合計
関西電力
従量電灯A
341.01 円 (15kWh分を含む) 4,189.35 円 4,530.36 円
eo電気
スタンダードプラン(電気のみ)
198.00 円 (15kWh分を含まない) 4,237.15 円 4,435.15 円
差額

143.01 円

+47.80 円

95.21 円

eo電気:スタンダードプラン(電気のみ)料金表
最低料金(基本料金)
  関西電力
従量電灯A
関西電力
eo電気
スタンダードプラン(電気のみ)
eo電気
月額固定費 341.01 円
(15kWh分を含む)
198.00 円
(15kWh分を含まない)
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  関西電力
従量電灯A
eo電気
スタンダードプラン(電気のみ)
15kWhまで 最低料金に含まれる 5.80 円
15kWh超えて120kWhまで 20.31 円 20.31 円
120kWh超えて300kWhまで 25.71 円 25.22 円
300kWh超える 28.70 円 28.13 円

eo電気の基本料金には1~15kWhまでの電力量料金が含まれていないこと、15kWh~120kWhまでの電力量料金が関西電力と同額であることから、一人暮らしの方で、ひと月当たり200kWhと電気の使用量が少ない場合、電力量料金のみで比べるとeo電気の方が関西電力よりも47.80円高くなってしまいます。ただし、基本料金は関西電力よりも安いため、合算すると関西電力よりも電気料金は95.21円安くなり、単純計算で年間あたり約1,150円の節約をすることができます。

しかし、eo電気のデメリットでも見たように、電気の消費量自体が少ないため残念ながら大幅な節約は見込めません。また、電気使用量は月によって変動しますので、もし使用量が200kWhを切って極端に少ない月などがある場合は電気代が節約できなくなる可能性もあります。そのため、切り替えを検討する場合はご自身の月々の電気使用量をよく確かめたうえで慎重に決断した方がよいでしょう。

 二人暮らし :電気使用量300kWhの場合

二人暮らしの方で、ひと月当たりの電気使用量が平均300kWhと仮定した場合の 【関西電力:従量電灯A】 と 【eo電気:スタンダードプラン(電気のみ)】 の電気代を比較してみましょう。以下が、実際に計算した結果の比較表です。

  最低料金(基本料金) 電力量料金 合計
関西電力
従量電灯A
341.01 円 (15kWh分を含む) 6,760.35 円 7,101.36 円
eo電気
スタンダードプラン(電気のみ)
198.00 円 (15kWh分を含まない) 6,759.15 円 6,957.15 円
差額

143.01 円

1.20 円

144.21 円

eo電気:スタンダードプラン(電気のみ)料金表
最低料金(基本料金)
  関西電力
従量電灯A
関西電力
eo電気
スタンダードプラン(電気のみ)
eo電気
月額固定費 341.01 円
(15kWh分を含む)
198.00 円
(15kWh分を含まない)
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  関西電力
従量電灯A
eo電気
スタンダードプラン(電気のみ)
15kWhまで 最低料金に含まれる 5.80 円
15kWh超えて120kWhまで 20.31 円 20.31 円
120kWh超えて300kWhまで 25.71 円 25.22 円
300kWh超える 28.70 円 28.13 円

eo電気の基本料金には1~15kWhまでの電力量料金が含まれていないこと、15kWh~120kWhまでの電力量料金が関西電力と同額であることから、二人暮らしの方で、ひと月当たり300kWhと電気の使用量が多くない場合、電力量料金のみを比べると関西電力との差はほとんどありません。ただし、eo電気の基本料金は関西電力よりも安いため、合算すると関西電力の電気料金よりも月あたり144.21円安くなり、単純計算で年間あたり約1,730円の節約をすることができます。

eo電気のデメリットでも見たように、電気の使用量自体がそれほど多くない場合、残念ながら大幅な電気代の節約は期待できません。しかし、現在関西電力をお使いの方で少しでもいいからとにかく電気代を安くしたい!と思われている方は、eo電気に切り替えて損はありません。

また、eo電気では 様々なキャンペーンを展開していますので、切り替えの際はこういったキャンペーンを利用すると、よりお得に切り替えることができるでしょう。

 ファミリー(3~5人)世帯 : 電気使用量450kWhの場合

ファミリー世帯で、ひと月当たりの電気使用量が平均450kWhと仮定した場合の【関西電力:従量電灯A】 と 【eo電気:スタンダードプラン(電気のみ)】 の電気代を比較してみましょう。以下が、実際に計算した結果の比較表です。

  最低料金(基本料金) 電力量料金 合計
関西電力
従量電灯A
341.01 円 (15kWh分を含む) 11,065.35 円 11,406.36 円
eo電気
スタンダードプラン(電気のみ)
198.00 円 (15kWh分を含まない) 11,176.50 円 11,374.50 円
差額

143.01 円

111.15 円

254.16 円

eo電気:スタンダードプラン(電気のみ)料金表
最低料金(基本料金)
  関西電力
従量電灯A
関西電力
eo電気
スタンダードプラン(電気のみ)
eo電気
月額固定費 341.01 円
(15kWh分を含む)
198.00 円
(15kWh分を含まない)
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  関西電力
従量電灯A
eo電気
スタンダードプラン(電気のみ)
15kWhまで 最低料金に含まれる 5.80 円
15kWh超えて120kWhまで 20.31 円 20.31 円
120kWh超えて300kWhまで 25.71 円 25.22 円
300kWh超える 28.70 円 28.13 円

ファミリー世帯で、ひと月当たり450kWhの電気を使用した場合、関西電力との電気料金の差額は月254.16円です。これは、単純計算すると年間あたり約3,050円の節約額となり、やはり使用量が多ければ多いほどお得ということが分かります。

また、eo電気では 様々なキャンペーンを展開していますので、切り替えの際はこういったキャンペーンを利用すると、よりお得に切り替えることができるでしょう。

関西電力【従量電灯A】 と eo電気【スタンダードプラン(ネットセット)】 の電気料金比較 : 世帯人数別ひと月あたりの電気代

関西2府4県/福井限定auスマートバリュー対象で最大スマホが1,100円/月割引に。 工事費相当額のキャッシュバック特典あり

 一人暮らし :電気使用量200kWhの場合

一人暮らしの方で、ひと月当たりの電気使用量が平均200kWhと仮定した場合の 【関西電力:従量電灯A】 と 【eo電気:スタンダードプラン(ネットセット)】 の電気代を比較してみましょう。以下が、実際に計算した結果の比較表です。

  最低料金(基本料金) 電力量料金 合計
関西電力
従量電灯A
341.01 円 (15kWh分を含む) 4,189.35 円 4,530.36 円
eo電気
スタンダードプラン(ネットセット)
0 円 (15kWh分を含まない) 4,342.35 円 4,342.35 円
差額

341.01 円

+153.00 円

188.01 円

eo電気:スタンダードプラン(ネットセット)料金表
最低料金(基本料金)
  関西電力
従量電灯A
関西電力
eo電気
スタンダードプラン(ネットセット)
eo電気
月額固定費 341.01 円
(15kWh分を含む)
0 円
(15kWh分を含まない)
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  関西電力
従量電灯A
eo電気
スタンダードプラン(ネットセット)
15kWhまで 最低料金に含まれる 18.93 円
15kWh超えて120kWhまで 20.31 円 20.32 円
120kWh超えて300kWhまで 25.71 円 24.06 円
300kWh超える 28.70 円 27.27 円

eo電気と「eo光ネット」をセットにした「スタンダードプラン」では、eo電気の基本料金は0円と大変お得です。しかし、その一方で、1~15kWhまでの電力量料金が最低料金に含まれている関西電力に対し、eo電気では1~15kWhまでの電力量料金が18.93円と割高の設定で、電力量料金のみを比較するとeo電気の方が153円高くなってしまいます。

しかし、何と言っても基本料金が無料なので、ひと月当たり200kWhと電気の使用量が少ない場合でも、関西電力の電気料金よりも結果的に188.01円安くなり、ネットをセットにしない電気のみの「スタンダードプラン」に比べると約2倍もお得です。また、単純計算すると年間あたり約2,260円節約できることになりますので、関西電力からeo電気に切り替えた場合、たとえ電気使用量が少なくとも確実に電気代を安くすることができますね。

 二人暮らし :電気使用量300kWhの場合

二人暮らしの方で、ひと月当たりの電気使用量が平均300kWhと仮定した場合の 【関西電力:従量電灯A】 と 【eo電気:スタンダードプラン(ネットセット)】 の電気代を比較してみましょう。以下が、実際に計算した結果の比較表です。

  最低料金(基本料金) 電力量料金 合計
関西電力
従量電灯A
341.01 円 (15kWh分を含む) 6,760.35 円 7,101.36 円
eo電気
スタンダードプラン(ネットセット)
0 円 (15kWh分を含まない) 6,748.35 円 6,748.35 円
差額

341.01 円

12.00 円

353.01 円

eo電気:スタンダードプラン(ネットセット)料金表
最低料金(基本料金)
  関西電力
従量電灯A
関西電力
eo電気
スタンダードプラン(ネットセット)
eo電気
月額固定費 341.01 円
(15kWh分を含む)
0 円
(15kWh分を含まない)
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  関西電力
従量電灯A
eo電気
スタンダードプラン(ネットセット)
15kWhまで 最低料金に含まれる 18.93 円
15kWh超えて120kWhまで 20.31 円 20.32 円
120kWh超えて300kWhまで 25.71 円 24.06 円
300kWh超える 28.70 円 27.27 円

eo電気と「eo光ネット」をセットにした「スタンダードプラン」では、基本料金は0円と大変お得です。しかし、その一方で、1~15kWhまでの電力量料金が最低料金に含まれている関西電力に対し、eo電気では1~15kWhまでの電力量料金が18.93円と割高になっていることに注意する必要があります。そのため、電力量料金のみを比較した場合、関西電力とほとんど差はありません。

しかし、ひと月当たり300kWhと電気の使用量が多くない場合でも、基本料金が無料なため、結果的に関西電力の電気料金よりも353.01円安くなり、ネットをセットにしない電気のみの「スタンダードプラン」に比べると約2.5倍もお得です。また、単純計算すると年間あたり約4,250円節約できることになりますので、関西電力からeo電気に切り替えた場合、効率よく電気代を安くすることができますね。

 ファミリー(3~5人)世帯 : 電気使用量450kWhの場合

ファミリー世帯で、ひと月当たりの電気使用量が平均450kWhと仮定した場合の【関西電力:従量電灯A】 と 【eo電気:スタンダードプラン(ネットセット)】 の電気代を比較してみましょう。以下が、実際に計算した結果の比較表です。

  最低料金(基本料金) 電力量料金 合計
関西電力
従量電灯A
341.01 円 (15kWh分を含む) 11,065.35 円 11,406.36 円
eo電気
スタンダードプラン(ネットセット)
0 円 (15kWh分を含まない) 10,838.85 円 10,838.85 円
差額

341.01 円

226.50 円

567.51 円

eo電気:スタンダードプラン(ネットセット)料金表
最低料金(基本料金)
  関西電力
従量電灯A
関西電力
eo電気
スタンダードプラン(ネットセット)
eo電気
月額固定費 341.01 円
(15kWh分を含む)
0 円
(15kWh分を含まない)
電力量料金(1kWhあたりの料金)
  関西電力
従量電灯A
eo電気
スタンダードプラン(ネットセット)
15kWhまで 最低料金に含まれる 18.93 円
15kWh超えて120kWhまで 20.31 円 20.32 円
120kWh超えて300kWhまで 25.71 円 24.06 円
300kWh超える 28.70 円 27.27 円

eo電気と「eo光ネット」をセットにした「スタンダードプラン」では、基本料金は0円と大変お得です。しかし、その一方で、1~15kWhまでの電力量料金が最低料金に含まれている関西電力に対し、eo電気では1~15kWhまでの電力量料金が18.93円と割高になっていることに注意する必要があります。しかし、120kWhを超えた電力量料金はeo電気の方が割安ですので、使用量が多ければ多いほど関西電力よりも安くなります。

ファミリー世帯で、ひと月当たり450kWhの電気を使用した場合、関西電力との電気料金の差額は567.51円です。これは、ネットをセットにしない電気のみの「スタンダードプラン」に比べると約2.2倍もお得です。また、単純計算すると年間あたり約6,810円も節約できることになりますので、関西電力からeo電気に切り替えた場合、効率的に電気代を安くすることができますね。

 

上記でも分かるように、eo電気の「スタンダードプラン」は電気のみの契約の場合、電気の消費量が少なければ少ないほど割引率が低いため、関西電力との差はわずかです。もし、既に他社の光回線を利用していて、電気使用量も多くなく、でも電気代を削減したい!という方は、ほかの新電力も検討してみることをオススメします。

eo電気とセットで申し込める関電の都市ガス (eo割)

eo電気の電気料金プランは、「eo光ネット」をセットにすると割引率がアップしてお得になることがご理解いただけたと思います。「eo光ネット」に加えて、関電ガス(関西電力の都市ガス)の「なっトクプラン(eo割)」を申し込むと、大阪ガスの都市ガス料金よりも約10%(都市ガスを31m3使用の場合)安くなります

なお、「eo光ネット」の契約なしでeo電気のみでも「なっトクプラン(eo割)」の利用は可能です。

関電ガス なっトクプラン(eo割)とは 「関電ガス なっトクプラン(eo割)」は、関西電力が提供している関電ガスの「なっトクプラン」にeo電気セット割引を適用したプランです。eo電気とセットで利用した場合、毎月のガス料金から3%割引され、大阪ガスの都市ガス料金よりもお得です。
※「関電ガス なっトクプラン(eo割)」と「関電ガス なっトクプランの電気セット割引」の割引額・率は同一です。

alt
※出典:eo電気「関電ガス なっトクプラン(eo割)」

eo電気の申し込み方法

eo電気の申し込みで最もスムーズなのは、以下の公式webサイトからの申請です。もし、電話で手続きをしたい場合は、eo電気のカスタマーサービスからも申し込みが可能です。

なお、既に『eo光ネット』『eo光電話』『eo光テレビ』、格安SIM『mineo』などを契約されている方は、ご自身のアカウントページから直接申し込むこともできます。

eo電気への申し込み連絡先
オンラインで手続き  eo電気の公式サイト
電話【現住所でお申し込みの場合】 固定電話・携帯電話から:
0120-34-1010
IP電話などから(通話有料):
06-7506-9605
電話【引っ越し先でお申し込みの場合】 固定電話・携帯電話から:
0120-914-755
IP電話などから(通話有料):
06-7507-1588
電気も光回線もガスも全部まとめて管理できる【eo電気】

人気の光回線:「eo光ネット」とセット契約でさらにお得に!

  • 電気料金: 関西電力より安い
  • セット割引: 「eo光ネット」の併用で割安
  • セット割引: 関電ガスの「eo割」でさらに安い
  • 実績・信頼: 大手・関西電力グループで安心
スタンダードプラン:「eo光ネット」セット

基本料金ずっと0円!

公式サイト

eo電気への申し込みには、以下の情報が必要です。手続きを始める前にあらかじめ準備しておきましょう。供給地点特定番号・お客様番号は、切り替えの際に必要になる、現在契約中の電力会社に関する情報です。検針票などで確認することができます。

  • 契約者の情報(契約者名・住所)
  • 支払い情報(口座振替・クレジットカード払い)
  • 供給地点特定番号、お客様番号(切り替えの場合)
  • 電気使用希望開始日(引っ越し先の新規申込みの場合)

手続きの流れ:申し込みから利用開始まで

eo電気に申し込んでから利用開始までは、現在のお住まいでeo電気に切り替える場合と、お引越しに伴いeo電気に切り替える場合とで若干手順が異なります。 ここでは、それぞれのケースにおけるお手続きの流れについてご案内します。

現住所で他電力会社から「eo電気」に切り替えの場合

  1. 申し込み手続き
    電話もしくは公式サイトの【eoかんたんお申し込みフォーム】より、必要事項を記入して申し込み。
  2. 申し込みの受付完了
    eo電気から、申し込み受付完了のメールが届く。
  3. 現契約の解約手続き
    契約者の代理として、eo電気が現在契約中の電力会社の解約手続きを行う。
  4. 電力メーターの交換(従来のメーターが設置されている場合のみ)
    従来のメーターから、スマートメーターに切り替わっていない場合、スマートメーターへの取替え工事を施行(※原則、契約者の立ち合いは不要)。
  5. 供給開始:電気の利用開始

お手続き自体はオンラインの場合、数分で終わります。現在契約中の電力会社との解約手続きもeo電気が代行してくれるため、とても簡単でスムーズですね。

ただし、実際に申し込んでから切り替えまでには、通常2週間~6週間ほどかかりますので、余裕をもって申し込まれるとよいでしょう。

引越し先で「eo電気」に申し込みの場合 (※入居日5日前までの連絡が必須)

  1. 供給地点特定番号の確認
    eo電気に申し込む前に、引っ越し先の住所を管轄している大手電力会社などで新住所の供給地点特定番号(22桁の番号)を確認。
  2. 申し込み手続き
    電話もしくは公式サイトより、必要事項を記入して申し込み。
  3. 申し込みの受付完了
    eo電気から、申し込みの受付完了のメールが届く。
  4. 現契約の解約手続き
    引っ越し前の住居で契約中の電力会社へは、eo電気ではなく契約者自身が解約の連絡をする。
  5. 郵便局に転居届の提出
    引越し先でeo電気からの郵送物を受け取れるよう、郵便局に転居届を提出。
  6. 電力メーターの交換(従来のメーターが設置されている場合のみ)
    従来のメーターから、スマートメーターに切り替わっていない場合、スマートメーターへの取替え工事を施行(※原則、契約者の立ち合いは不要)。
  7. 供給開始:電気の利用開始

引越し先ですぐに電気が必要な場合引っ越し先ですぐに電気を使いたいけれど、即日対応してくれる電力会社が見つからないとお困りの場合は、セレクトラのらくらく窓口【☎ 0120-120-176】までご連絡ください。引っ越し当日からすぐにご利用いただけるお得な電力会社をご案内します。

eo電気の解約方法

eo電気に申し込んだけれどやっぱり解約したい、という場合の手続き方法についても解説します。

現在の住居で、eo電気から他の電力会社への切り替えをご希望の場合、契約者ご自身での解約手続きは不要です。他社に切り替わることで、eo電気の解約の処理も同時に行われますのでeo電気へ連絡する必要はありません。

しかし、eo電気のデメリットでも触れたように、eo電気では【電気の供給開始年月日を含む料金月の翌月または契約種別変更の適用開始年月日を含む料金月から起算して12カ月目の月末まで】を「最低利用期間内」と定めており、この最低利用期間内に料金プラン変更や解約をした場合は、3,300円(税込)の「解約精算金」がかかるため、注意が必要です。ただし、解約金0円キャンペーンなどで解約金が無償化される場合は、その限りではありません。

また、例外として、家の改築や取り壊し等で電気設備そのものを取り外すような場合の解約においては、eo電気の【eoサポートデスク】まで電話で連絡する必要があります。

eo電気:問い合わせ先

eo電気では、【eoインフォメーションデスク】にて各種問い合わせや新規の申し込みに対応しています。なお、eo電気の契約者の方で、電気の解約・変更・トラブル等の問い合わせを行いたい場合は、【eoサポートデスク】の方へおかけください。その際、「eo電気契約内容通知書」をお手元にご用意いただくとスムーズです。

電話の受付時間:9:00~21:00(年中無休)
eoインフォメーションデスク

フリーダイヤル:
0120-34-1010
IP電話など(通話有料):
06-7506-9605

eoサポートデスク

フリーダイヤル:
0120-914-755
IP電話など(通話有料):
06-7507-1588

電気も光回線もガスも全部まとめて管理できる【eo電気】

人気の光回線:「eo光ネット」とセット契約でさらにお得に!

  • 電気料金: 関西電力より安い
  • セット割引: 「eo光ネット」の併用で割安
  • セット割引: 関電ガスの「eo割」でさらに安い
  • 実績・信頼: 大手・関西電力グループで安心
スタンダードプラン:「eo光ネット」セット

基本料金ずっと0円!

公式サイト

eo電気:株式会社オプテージの会社概要

eo電気(イオ電気)を運営する株式会社オプテージは、関西電力100%出資企業です。

eo電気は小売電気事業以外にも、関西電力エリアを中心に通信事業(インターネット、ケーブルテレビ、IP電話など)を行っており、主な商品として『eo光ネット』『eo光電話』『eo光テレビ』、また携帯電話サービス、『mineo(マイネオ)』などが人気を集めています。

 
【株式会社オプテージ】会社概要
会社名 株式会社オプテージ
本社所在地 〒540-8622 大阪市中央区城見2丁目1番5号 オプテージビル
設立 1988年4月2日
資本金 330億円(関西電力100%出資)
売上高 2,608億円(2021年3月期)
主な事業内容 電気通信事業
有線一般放送事業
小売電気事業
情報システム・電気通信ならびに放送に関するシステム開発、運用、保守業務の受託