【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】

オール電化向けプランでおすすめの電力会社は?地域別料金比較も紹介

更新日
CDエナジーダイレクトのオール電化プラン

【CDエナジーダイレクト】ポイント還元でお得!「スマートでんき」

CDエナジーダイレクトのオール電化プラン「スマートでんき」
  • 東京電力エリアで申し込み可能なオール電化プラン。
  • 東京電力「スマートライフS/L」に相当。
  • 電気代100円ごとにカテエネポイントが貯まる。
  • 電気代にポイント利用で、実質1%お得!詳細
  • 解約手数料・解約違約金なしで安心。

【CDエナジーダイレクト】ポイント還元でお得!「スマートでんき」

CDエナジーダイレクトのオール電化プラン「スマートでんき」
  • 東京電力エリアで申し込み可能なオール電化プラン。
  • 東京電力「スマートライフS/L」に相当。
  • 電気代100円ごとにカテエネポイントが貯まる。
  • 電気代にポイント利用で、実質1%お得!詳細
  • 解約手数料・解約違約金なしで安心。
オール電化向けプランでおすすめの電力会社は?地域別料金比較も紹介

オール電化プランの主な特徴は、一般的な料金プランと比べて、昼間よりも夜間料金が安く設定されていることです。
オール電化プランでおすすめなのは、CDエナジーダイレクト「スマートでんき」(関東エリア)idemitsuでんき「オール電化プラン」(沖縄除く全国)です。
また、本記事では【地域別】オール電化料金比較で、お住まいの地域でお得なオール電化プランを紹介しています。

オール電化プランと一般的な料金プランとの違いは?

一般的な電力プランは時間帯に関わらず電力量料金が一定なのに対し、オール電化は夜間料金が安く設定されているのが特徴です。

例えば、東京電力エリアで利用できるCDエナジーダイレクトのオール電化プラン「スマートでんき」は、夜間料金が28.06円/kWhとなっており、昼間よりも電力量料金が安く設定されています。

スマートでんきは昼間料金が28.06円、夜間料金が35.96円に設定されている
CDエナジーダイレクト「スマートでんき」の料金設定

オール電化プランの特徴について更に知りたい方はオール電化のメリット・デメリットで詳しく解説しています。

オール電化でおすすめの電力会社は?

当社がおすすめするオール電化プランはこちらです!

以下で詳しく解説します。

CDエナジーダイレクト【東京電力エリア】

CDエナジーダイレクト

東京電力エリアにお住まいなら、CDエナジーダイレクトの「スマートでんき」がおすすめです。

  夜間料金が安くてお得

CDエナジーダイレクトのオール電化プラン「スマートでんき」は、夜間料金が28.06円/kWhとなっており、昼間よりも電力量料金が安く設定されています。

スマートでんきは昼間料金が28.06円、夜間料金が35.96円に設定されている
CDエナジーダイレクト「スマートでんき」の料金設定

  ポイント還元で東京電力よりもお得に

会員サイト「カテエネ」に登録すると、毎月の電気・ガス料金100円につきカテエネポイント1ポイントがたまります。

ポイント還元にはCDエナジーの家庭向けWEB会員サービス「カテエネ」に会員登録し、電気の契約情報を登録する必要があります。還元されるポイントは「カテエネポイント」。ポイントの対象となる料金は、再生可能エネルギー発電促進賦課金を除いた額となります。また、セット割引の適用を受ける場合は、割引後の料金から算定します。

ポイント還元詳細を開く 閉じる

こうしたポイント還元を含めて計算すると、CDエナジーダイレクトの「スマートでんき」は東京電力のオール電化プランよりもお得になります。

 実際どのくらいお得になる?

【オール電化向けプラン】東京電力 vs CDエナジーダイレクト
  東京電力
スマートライフS
CDエナジーダイレクト
スマートでんき
※ポイント還元込み

1人暮らし
13,088円 / 月 12,964円 / 月
実質お得!

2人暮らし
19,758円 / 月 19,590円 / 月
実質お得!

3人暮らし
22,224円 / 月 22,046円 / 月
実質お得!

4人暮らし
23,716円 / 月 23,532円 / 月
実質お得!

5人暮らし
24,742円 / 月 24,536円 / 月
実質お得!

【シミュレーション条件】2024年4月時点の単価を適用
・一人暮らし=契約アンペア40A・月使用量356kWh/二人暮らし=契約アンペア50A・月使用量561kWh/3人世帯=契約アンペア50A・月使用量637kWh/4人世帯=契約アンペア50A・月使用量683kWh/5人世帯=契約アンペア60A・月使用量705kWhで想定。
・夜間率48%で試算。
燃料費調整額再エネ賦課金を含まない。
・CDエナジーダイレクト「スマートでんき」の料金シミュレーションには電気代100円につき1カテエネポイントのポイント還元を含む。なお、 ポイント還元にはCDエナジーの家庭向けWEB会員サービス「カテエネ」に会員登録し、電気の契約情報を登録する必要があります。還元されるポイントは「カテエネポイント」。ポイントの対象となる料金は、再生可能エネルギー発電促進賦課金を除きます。また、セット割引の適用を受ける場合は割引後の料金から算定します。

▷CDエナジーダイレクトの解説記事を見る

idemitsuでんき【沖縄除く全国】

idemitsuでんきのオール電化プランは、各地の大手電力会社のオール電化プランよりも基本料金が安く設定されています。

 実際どのくらいお得になる?

例えば、関西電力エリアの場合は以下のようなお得額になります。

オール電化プラン料金比較:idemitsuでんき vs 関西電力(2024年7月時点)
  idemitsuでんきのお得額

一人暮らし
年間7,068円お得

二人暮らし
年間9,393円お得

3人暮らし
年間10,287円お得

4人暮らし
年間10,830円お得

5人暮らし
年間11,094円お得

【比較条件】
関西電力「はぴeタイムR」とidemitsuでんき「オール電化プラン」を比較。

・2024年4月時点の単価を適用。
・1人世帯=月使用量356kWh/2人世帯=月使用量561kWh/3人世帯=月使用量637kWh/4人世帯=月使用量683kWh/5人世帯=月使用量705kWhで想定。
・1日ごとの使用量を世帯人数別の月使用量を31日で割ったものとして計算。
・基本料金は1-5人世帯すべてで10KWを超えないと仮定。
・平日23日、休日8日と仮定。
平日:昼間料金21%・生活時間28%・夜間料金51%として計算
休日:生活時間49%・夜間料金51%として計算
※時間帯割合はCDエナジーダイレクトの試算に基づいて再計算
・「昼間時間」とは平日午前10時~午後5時の時間を指す。
・「生活時間」とは平日午前7時~午前10時および午後5時~午後11時の時間ならびに休日扱い日の午前7時~午後11時の時間を指す。
・休日扱い日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日および12月31日を指す。
・「夜間時間」とは毎日午後11時~翌日午前7時の時間を指す。
・「夏季」とは毎年7月1日~9月30日の期間をいい、その他の期間を「その他季」を指す。
・燃料費調整額・再エネ賦課金を含まない。

比較条件をさらに見る 閉じる

▷idemitsuでんきの解説記事を見る

実際どのくらいお得に?【地域別】オール電化の電力会社を料金比較

\   お住まいの地域をお選び下さい   /

東京電力エリア(クリックして表示)

東京電力エリアで利用できる主要なオール電化向けプランは以下の二つです。

  • CDエナジーダイレクト「スマートでんき」:
    中部電力×大阪ガスが共同経営する新電力
  • idemitsuでんき「オール電化プラン」:
    ガソリンスタンドでおなじみの出光興産株式会社による新電力

どちらのプランも夜間料金(午前1時~午前6時)の料金がその他の時間よりも安く設定されています。

また、どちらのプランも東京電力よりもお得に*なります。

 どちらのプランがよりお得になる?

当社で料金シミュレーションした結果、全ての世帯人数でCDエナジーダイレクトがさらにお得になる*ということが分かりました。

【オール電化料金比較】CDエナジ―ダイレクト vs idemitsuでんき
  idemitsuでんき
オール電化プラン
CDエナジーダイレクト
スマートでんき
※ポイント還元込み

1人暮らし
13,044円 / 月 12,964円 / 月
さらにお得!

2人暮らし
19,703円 / 月 19,590円 / 月
さらにお得!

3人暮らし
22,169円 / 月 22,046円 / 月
さらにお得!

4人暮らし
23,661円 / 月 23,532円 / 月
さらにお得!

5人暮らし
24,676円 / 月 24,536円 / 月
さらにお得!

*【比較条件】
東京電力「スマートライフS」と比べたお得額。
2024年4月時点の単価を適用
・一人暮らし=契約アンペア40A・月使用量356kWh/二人暮らし=契約アンペア50A・月使用量561kWh/3人世帯=契約アンペア50A・月使用量637kWh/4人世帯=契約アンペア50A・月使用量683kWh/5人世帯=契約アンペア60A・月使用量705kWhで想定。
・夜間率48%で試算。
燃料費調整額再エネ賦課金を含まない。
・CDエナジーダイレクト「スマートでんき」の料金シミュレーションには電気代100円につき1カテエネポイントのポイント還元を含む。なお、 ポイント還元にはCDエナジーの家庭向けWEB会員サービス「カテエネ」に会員登録し、電気の契約情報を登録する必要があります。還元されるポイントは「カテエネポイント」。ポイントの対象となる料金は、再生可能エネルギー発電促進賦課金を除きます。また、セット割引の適用を受ける場合は割引後の料金から算定します。

関西電力エリア(クリックして表示)

関西電力エリアで利用できる主なオール電化プランはidemitsuでんきの「オール電化プラン」です。

idemitsuでんきのオール電化プランは、関西電力のオール電化住宅向けプラン「はぴeタイムR」と比べて基本料金・電力量料金ともに割安です。

ですから、電気の使用量にかかわらず、必ず関西電力よりも電気料金がお得になります。

オール電化プラン料金比較:idemitsuでんき vs 関西電力(2024年7月時点)
  idemitsuでんきのお得額

一人暮らし
年間7,068円お得

二人暮らし
年間9,393円お得

3人暮らし
年間10,287円お得

4人暮らし
年間10,830円お得

5人暮らし
年間11,094円お得

【比較条件】
関西電力「はぴeタイムR」とidemitsuでんき「オール電化プラン」を比較。

・2024年4月時点の単価を適用。
・1人世帯=月使用量356kWh/2人世帯=月使用量561kWh/3人世帯=月使用量637kWh/4人世帯=月使用量683kWh/5人世帯=月使用量705kWhで想定。
・1日ごとの使用量を世帯人数別の月使用量を31日で割ったものとして計算。
・基本料金は1-5人世帯すべてで10KWを超えないと仮定。
・平日23日、休日8日と仮定。
平日:昼間料金21%・生活時間28%・夜間料金51%として計算
休日:生活時間49%・夜間料金51%として計算
※時間帯割合はCDエナジーダイレクトの試算に基づいて再計算
・「昼間時間」とは平日午前10時~午後5時の時間を指す。
・「生活時間」とは平日午前7時~午前10時および午後5時~午後11時の時間ならびに休日扱い日の午前7時~午後11時の時間を指す。
・休日扱い日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日および12月31日を指す。
・「夜間時間」とは毎日午後11時~翌日午前7時の時間を指す。
・「夏季」とは毎年7月1日~9月30日の期間をいい、その他の期間を「その他季」を指す。
・燃料費調整額・再エネ賦課金を含まない。

比較条件をさらに見る 閉じる

▷idemitsuでんきの解説記事を見る

中部電力エリア(クリックして表示)

中部電力エリアで利用できる主なオール電化プランは、idemitsuでんきの「オール電化プラン」です。

idemitsuでんきのオール電化プランは、中部電力のオール電化住宅向けプラン「スマートライフプラン」と比べて基本料金が割安です(それ以外は同額)

ですから、電気の使用量にかかわらず、必ず中部電力よりも電気料金が安くなります

中部電力・スマートライフプランとidemitsuでんきオール電化プランを比較した場合の節約額は以下のとおりです。

オール電化プラン:中部電力 VS idemitsuでんき
比較条件 idemitsuでんきの節約額
1~5人暮らし(10kVA以下) 年1,320円安い

▷idemitsuでんきの解説記事を見る

東北電力エリア(クリックして表示)

東北電力エリアで利用できる主要なオール電化プランはidemitsuでんきです。

idemitsuでんきの「オール電化プラン」は、東北電力のオール電化住宅向けプラン「よりそう+ナイト8」と比べて基本料金が割安です。
なので、東北電力の「よりそう+ナイト8」と比べて必ず電気料金がお得になります。

よりそう+ナイト8もオール電化プランも主開閉器契約をしていると仮定した場合の節約額は以下のとおりです。

オール電化プラン:東北電力 VS idemitsuでんき
比較条件 idemitsuでんきの節約額
1~5人暮らし(主開閉器契約・6kVA以下) 年792円安い

▷idemitsuでんきの解説記事を見る

北海道電力エリア(クリックして表示)

北海道電力エリアで利用できる主要なオール電化プランはidemitsuでんきです。

idemitsuでんきの「オール電化プラン」は、北海道電力のオール電化住宅向けプラン「エネとくスマートプラン」と比べて基本料金が割安に設定されています(それ以外は同額)
なので使用量に関わらず、毎月同じだけ電気料金を安くすることができます。

北海道電力「エネとくスマートプラン」も idemitsuでんき「オール電化プラン」も主開閉器契約である場合の節約額は以下のとおりです。

オール電化プラン:北海道電力 VS idemitsuでんき
比較条件 idemitsuでんきの節約額
1~5人暮らし(主開閉器契約・6kVA以下) 年792円安い

▷idemitsuでんきの解説記事を見る

九州電力エリア(クリックして表示)

九州電力エリアで利用できる主要なオール電化プランはidemitsuでんきです。

idemitsuでんきの「オール電化プラン」は、九州電力のオール電化住宅向けプラン「ナイト・セレクト22」と比べて基本料金が割安に設定されています(それ以外は同額)
なので使用量に関わらず、毎月同じだけ電気料金を安くすることができます。

九州電力・電化でナイト・セレクト22とidemitsuでんき・オール電化プランを比較した場合の節約額は以下のとおりです。

オール電化プラン:九州電力 VS idemitsuでんき
比較条件 idemitsuでんきの節約額
1~5人暮らし(10kVA以下) 年1,320円安い

▷idemitsuでんきの解説記事を見る

中国電力エリア(クリックして表示)

中国電力エリアで利用できる主要なオール電化プランはidemitsuでんきです。

idemitsuでんきの「オール電化プラン」は、中国電力のオール電化住宅向けプラン「電化Styleコース」と比べて基本料金が割安です。
なので使用量に関わらず毎月同じ額の電気料金を節約することができます。

idemitsuでんき、オール電化プランのお得額は?(2024年7月時点)
  中国電力
電化Styleコース
idemitsuでんき
オール電化プラン
1~5人暮らし*の基本料金 2,018.72円 / 月 1,908.72円 / 月
年間1,320円お得

*1~5人暮らし世帯の契約容量を10kVA以下と仮定

▷idemitsuでんきの解説記事を見る

四国電力エリア(クリックして表示)

四国電力エリアで利用できる主要なオール電化プランはidemitsuでんきです。

idemitsuでんきの「オール電化プラン」は、四国電力のオール電化住宅向けプラン「でんかeプラン」と比べてすべての単価が割安に設定されています。
なので使用量に関わらず電気料金を安くすることができます。

【オール電化向けプラン】四国電力 vs idemitsuでんき
  四国電力
でんかeプラン
idemitsuでんき
オール電化プラン

1人暮らし
14,692円 / 月 13,113円 / 月
年間18,948円お得

2人暮らし
21,982円 / 月 19,673円 / 月
年間27,708円お得

3人暮らし
24,808円 / 月 22,217円 / 月
年間31,092円お得

4人暮らし
26,519円 / 月 23,756円 / 月
年間33,156円お得

5人暮らし
27,337円 / 月 24,493円 / 月
年間34,128円お得

【比較条件】
・1人世帯=月使用量356kWh/2人世帯=月使用量561kWh/3人世帯=月使用量637kWh/4人世帯=月使用量683kWh/5人世帯=月使用量705kWhで想定。いずれも契約容量は10kVA以内
・夜間率48%で試算。
燃料費調整額再エネ賦課金を含まない。

▷idemitsuでんきの解説記事を見る

北陸電力エリア(クリックして表示)

北陸電力エリアで利用できる主要なオール電化プランはidemitsuでんきです。

idemitsuでんきの「オール電化プラン」は、北陸電力のオール電化住宅向けプラン「くつろぎナイト12」と比べて基本料金が割安に設定されています(それ以外は同額)
なので使用量に関わらず、毎月同じだけ電気料金を安くすることができます。

idemitsuでんき、オール電化プランのお得額は?(2024年7月時点)
  北陸電力
くつろぎナイト12
idemitsuでんき
オール電化プラン
1~5人暮らし*の基本料金 2,255.00円 / 月 2,145.00円 / 月
年間1,320円お得

*1~5人暮らし世帯の契約容量を10kVA以下と仮定

▷idemitsuでんきの解説記事を見る

オール電化プランの特徴:メリットとデメリットは?

以下のようなメリット・デメリットがあります。

 オール電化プラン:メリット・デメリットは?
 メリット  デメリット
 
  • 夜間の電気料金が割安
  • 休日も安価な電気料金プラン有り
  • 安全でクリーン
  • 災害時の復旧の早さ
  • 電気の“ピークシフト”に貢献できる
  • ライフスタイルによってはお得にならない
  • オール電化機器の初期費用が高額
  • 地域によっては選択肢が限定的

 

よくある質問

「オール電化」に関するよくある質問を以下にまとめました。

「オール電化」に関するよくある質問

Q1.「オール電化」とは何ですか?

「オール電化」とは、エコキュート(ヒートポンプ式給湯機)やIHクッキングヒーター等を導入することにより、キッチン設備・給湯・空調などに使われる家庭内のエネルギーを全て電気でまかなうことです。

また、「オール電化」住宅そのものを指すこともあります。

Q2.「オール電化」に必要な電化機器は?

「オール電化」に必要な代表的な電化機器として、以下の3つが挙げられます。

 エコキュート(ヒートポンプ式給湯機)ヒートポンプ技術を利用し、空気の熱で湯を沸かすことができる電気給湯機。

 IHクッキングヒーター:ガスや火を使用せず、内部の金属(磁力線)に電流を流すことで熱を発生させて加熱させる方式の調理機器。手入れが簡単で、火災の心配も少なく空気もクリーンに保ちます。

 ヒートポンプ暖房:大気や地中などの自然の熱を集めて作った温水を利用し、パネルなどに循環させることで室内を暖めるシステム。通常の3分の1の電気エネルギーで熱をつくるため省エネです。

Q3.「オール電化」の工事期間はどのくらいですか?

施工スケジュールはご家庭によって異なる場合がありますが、通常は1~2日で完了するためスピーディです。

Q4.「オール電化」にした際、停電が心配です。

自然災害時、通常ライフラインの復旧は「電気」⇒「水道」⇒「ガス」の順番で、「電気」が最も早いです。「オール電化」住宅では、「電気」と「水道」の復旧で、お湯の使用も可能になるため、より早く通常の生活に戻ることができます。

Q5.「オール電化」にすると、どのくらい安くなりますか?

住宅の光熱費は、お住まいの地域や契約する電気料金プラン、世帯人数などによっても異なります。

まずは、どんな電力会社・電気料金プランがあるか、その中でもどれかご家庭に最適で割安か、以下のリンクをご参照ください。

電力会社・電気料金プランでお悩みですか? セレクトラのらくらく窓口では、電話1本で電気・都市ガスの切り替えが簡単にできます。「オール電化」も、それ以外の電気料金プランも今より安くしたいなら、ぜひ一度お電話(03-4520-9550)でご相談ください。