【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
【本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。】
電話で電気・ガス切替相談

電気・ガス代を安くしたいなら


セレクトラのらくらく窓口にお電話ください!
エネルギーのエキスパートがお得な料金プラン探しをお手伝いします。契約サポートもお任せください。

セレクトラのらくらく窓口:  4.7/ 5 ご利用者様の声はこちら

電気・ガス代を安くしたいなら

電気・ガス代を安くしたいなら

セレクトラのらくらく窓口にお電話ください!エネルギーのエキスパートがお得な料金プラン探しをお手伝いします。契約サポートもお任せください。

セレクトラのらくらく窓口 9h-19h
 4.7/ 5
ご利用者様の声はこちら

東京ガスの電気

関東エリアで人気の新電力:東京ガスの電気

東京ガスの電気

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで基本料金1か月無料!

  • 東京電力の従量電灯よりも電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると電気料金がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は347.5万件を突破!*みんなから選ばれている安心感
    *2023年3月末時点

関東エリアで人気の新電力
【東京ガスの電気】

東京ガスの電気

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで基本料金1か月無料!

  • 東京電力の従量電灯よりも電力量料金が安い
  • 都市ガスとセットにすると電気料金がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は347.5万件を突破!*みんなから選ばれている安心感
    *2023年3月末時点

スマートメーターとは?確認方法と見方:メリット・デメリットも徹底解説!

更新日
 スマートメーターとは?確認方法と見方:メリット・デメリットも徹底解説!

「スマートメーター」とは、2014年から全国で取り換えが推進されている新型の電力メーターのこと。

従来のアナログ式の電力メーターと異なり、スマートメーターは電気使用量(kWh)をデジタルで自動計測し、そのデータを電力会社に送信できるのが特徴です。

スマートメーターの交換は、原則立ち会いの必要がないため、ご自宅の電力メーターも知らないうちにスマートメーターに切り替わっている可能性が高いです。

本記事では、スマートメーターの確認方法やスマートメーターのメリット・デメリットについて詳しく解説します。

  5月に最も人気だった新電力3社  
今月のおすすめ新電力①東京ガスの電気

関東エリア人気No.1:東京ガスの電気

 電気契約数347.5万件突破
(2023年3月末時点)

 新規申込割:基本プランへの申込で基本料金1か月無料
 都市ガスとセットでお得

▷特徴をもっと詳しく見る

 東京ガスの電気
公式サイト

   

今月のおすすめ新電力②大阪ガス

関西エリア人気No.1:大阪ガスの電気

 関西の新電力で供給件数No.1
 電気ガスセット契約がお得

▷特徴をもっと詳しく見る

 大阪ガスの電気
公式サイト (引越しの方向け)

💡現住所での切替希望の方はこちら

今月のおすすめ新電力③Looopでんき

全国エリア人気No.1:Looopでんき

 独立系新電力で電気供給実績No.1
 基本料金が0円
 便利な「でんきアプリ」で電気代もコントロールできる◎

▷特徴をもっと詳しく見る

 Looopでんき
料金シミュレーション

   

スマートメーターとは?

スマートメーターの見方を知ろう!スマートメーターの確認方法
スマートメーターのデザインはメーカーによって異なります

スマートメーター(Smart Meter)」とは電気の使用量(キロワットアワー:kWh)をデジタルで計測する電力量計(電力メーター)のことです。

従来型の電力メーターと異なり、スマートメーターは電気の使用量(kWh)をデジタルで計測し、そのデータを無線通信で電力会社に送信することによって、遠隔で検針したり電気の使用状況を把握することができます。

そのため、スマートメーターであれば、電力会社の検針員の訪問による電力メーターの確認作業なしで電気使用量が把握できる、という大きな利点があります。

さらに、今までの従来型の電力メーターは、1ヵ月に1回の検針時しか電気使用量(kWh)を把握できませんでしたが、スマートメーターの場合は30分単位で細かく電気使用量(kWh)がわかるのが特長です。

したがって、電力消費量のコントロールがしやすいというメリットもあります。

なお、スマートメーターは2024年内に普及率100%を目指して、順次切り替えが進められていますが、以下の場合は優先的にスマートメーターへの交換が行われます。

特に、電力会社の契約切り替えの際は、ご自宅の電力メーターがスマートメーターでない場合、まずスマートメーターへの切り替えが必須となります。

スマートメーターは無料で交換してもらえ、原則としてメーター交換作業への立ち合いも不要です。

  • スマートメーターの特徴【まとめ】
  • 電気使用量がデジタル表示&30分ごとに把握可能
  • 遠隔操作で電力会社へのデータ送信が可能
  • 検針員による電気使用量の確認が不要
  • 電力会社の切り替えにはスマートメーターの設置が必須

  5月に最も人気だった新電力3社  
今月のおすすめ新電力①東京ガスの電気

関東エリア人気No.1:東京ガスの電気

 電気契約数347.5万件突破
(2023年3月末時点)

 新規申込割:基本プランへの申込で基本料金1か月無料
 都市ガスとセットでお得

▷特徴をもっと詳しく見る

 東京ガスの電気
公式サイト

   

今月のおすすめ新電力②大阪ガス

関西エリア人気No.1:大阪ガスの電気

 関西の新電力で供給件数No.1
 電気ガスセット契約がお得

▷特徴をもっと詳しく見る

 大阪ガスの電気
公式サイト (引越しの方向け)

💡現住所での切替希望の方はこちら

今月のおすすめ新電力③Looopでんき

全国エリア人気No.1:Looopでんき

 独立系新電力で電気供給実績No.1
 基本料金が0円
 便利な「でんきアプリ」で電気代もコントロールできる◎

▷特徴をもっと詳しく見る

 Looopでんき
料金シミュレーション

   

誰がスマートメーターを設置するの?

スマートメーターの設置作業は、お住まいの地域の大手電力会社の送配電部門(グループ会社)が無料で行います。

電気契約をしている電力会社が新電力の場合でも、配電・送電に関する事業は居住エリアの管轄の大手電力会社が請け負っています。

大手電力会社 新電力
 発電部門
 送配電部門 →「スマートメーター」の設置を担当
 小売り部門
 (※発電部門)
 小売り部門
・大手電力会社は、電気の小売り(供給)だけでなく、発電・送電・配電まで行う。
・スマートメーターの取り付けは「送配電」部門が担当。
・発電事業を行う新電力もある*が、多くの新電力は電気の小売りがメイン。
・配電・送電は各地域の大手電力会社が行う。

最適な電気料金プランを探す

今よりも安くなるお得な電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

最適な電気料金プランを探す

今よりも安くなるお得な電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

自宅の電力メーターはスマートメーター?【確認方法】

2014年に施行された「エネルギーの使用の合理化等に関する法律の改正」により、日本では、これまで電気の使用量の算定に使われてきた従来型の「アナログ式誘導型電力量計」と「電子式電力量計」から、新型の電力メーター「スマートメーター」への無料交換が全国で進められてきました。

2021年3月時点で、このスマートメーター普及率は約85%*に達し、東京電力エリアでの普及率は100%となっています。

スマートメーターの普及率-2021年3月(経済産業省)
※出典:経済産業省「スマートメーターの普及率」

そのため、東京電力エリアに在住の方は、ご自宅の電力メーターは既にスマートメーターに交換済みです。

東京電力エリア以外の地域でも、2024年内には全世帯でスマートメーターが設置される予定で電力メーターの交換が推められています。

スマートメーターか確認するには?最も簡単な方法

自宅の電力メーターが従来型のアナログ式電力メーターかスマートメーターかを確認する方法として最も簡単なのは、電力メーターの外観で判断する方法です。

従来型のアナログ式電力メーター「アナログ式誘導型電力量計」には、中にクルクル回る円盤がありますが、新型の電力メーター「スマートメーター」にはありません。これが第一のチェックポイントです。

アナログ式誘導型電力量計とスマートメーターの違い

スマートメーターの見方を知ろう!スマートメーターの確認方法
アナログ式電力量計は、円盤が回って電気使用量を測定。デジタルでなくダイヤル式の表示が特徴。

従来型のアナログ式電力メーターは、正式名称を「アナログ式誘導型電力量計」といいます。

アナログ式誘導型電力量計の中に設置されている円盤は、電気を使用する度に回転し、電気をたくさん使用するほど円盤は速く回転します。

アナログ式誘導型電力量計は、この回転数を基にして電気の使用量(kWh:キロワットアワー)を測定する仕組みです。

アナログ式誘導型電力量計のパネルには「○○rev/kWh」という表示がありますが、これは1kWhの電気の使用量に対する円盤の回転数を示しています。

また、アナログ式誘導型電力量計のもう一つの特徴は、数字がデジタルではなくダイヤル式である点です。

一方、スマートメーターには、アナログ式電力メーターのような回転する円盤はなく、数字もデジタル式で表示されています。

なお、従来型の電力メーターの場合は、電力会社の検針員が毎月この電力メーターの数字を確認し、「検針票(電気ご使用のお知らせ)」を発行することで、各契約者に電気料金の請求を知らせる作業を行います。

しかし、スマートメーターの場合は、遠隔で電気使用量を検針し、そのデータを電力会社へ送信できるため、検針員による現地での検針作業は不要です。

最適な電気料金プランを探す

今よりも安くなるお得な電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

最適な電気料金プランを探す

今よりも安くなるお得な電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

スマートメーターの見方:電気使用量の確認方法

スマートメーターの見方
自家発電の売電量が測定可能なスマートメーターも!

スマートメーターの見方は簡単です。

kWh(キロワットアワー)という単位を使用して、月々の電気の使用量をカウントする仕組みは、従来型でも新型のスマートメーターでも同じです。

スマートメーターを含む、すべての電力メーターでは、今まで使用した電気の「積算数(kWh)」が表示されています。

1ヵ月ごとに数字がリセットされるわけではないため、ひと月ごとの実際の電気使用量を確認するには、その月に表示された数字(kWh)から前回の検針時の数字(kWh)を引いて算出します。

なお、スマートメーターの種類によっては、下記画像のように、画面表示が10秒間隔で矢印なしの画面と矢印ありの画面に切り替わります。

矢印なしの画面は電気の使用量の積算数を表示しており、矢印ありの画面は太陽光などの発電設備を導入して売電している場合の売電量を示します。

スマートメーターの見方:電気使用量の確認方法
※出典:東京電力

しかし、中には画面が切り替わらない(矢印マークのついていない)スマートメーターもあります。

いずれの場合も、消費した電力量(kWh:キロワットアワー)をスマートメーターで確認する場合は「矢印なし」の画面をチェックすればOKです。

  • スマートメーターの見方【まとめ】
  • 表示される数字は電気使用量の「積算」値
  • 今月の表示値から先月の表示値を引いた数字が実際の電気使用量
  • 「矢印表示あり」で画面が切り替わるものとないものがある
  • 「矢印表示あり」画面の数字は自家発電の売電量

  5月に最も人気だった新電力3社  
今月のおすすめ新電力①東京ガスの電気

関東エリア人気No.1:東京ガスの電気

 電気契約数347.5万件突破
(2023年3月末時点)

 新規申込割:基本プランへの申込で基本料金1か月無料
 都市ガスとセットでお得

▷特徴をもっと詳しく見る

 東京ガスの電気
公式サイト

   

今月のおすすめ新電力②大阪ガス

関西エリア人気No.1:大阪ガスの電気

 関西の新電力で供給件数No.1
 電気ガスセット契約がお得

▷特徴をもっと詳しく見る

 大阪ガスの電気
公式サイト (引越しの方向け)

💡現住所での切替希望の方はこちら

今月のおすすめ新電力③Looopでんき

全国エリア人気No.1:Looopでんき

 独立系新電力で電気供給実績No.1
 基本料金が0円
 便利な「でんきアプリ」で電気代もコントロールできる◎

▷特徴をもっと詳しく見る

 Looopでんき
料金シミュレーション

   

スマートメーターのメリット・デメリット

スマートメーターには、以下のメリット・デメリットがあります。

スマートメーターのメリット

スマートメーターのメリット
電気の使用状況を可視化できるスマートーメーターは節電&省エネにも◎

スマートメーターのメリットを詳しく解説します。

 電力メーターの検針作業が不要

各家庭の電気使用量は、スマートメーターを通して読み込まれ、各電力会社のサーバーにデータが送られます。

そのため、電力会社側でも電気の使用量が把握しやすく、担当者の訪問による検針作業も不要となることから、人件費等のコストや業務の負担軽減に役立ちます。

 30分ごとの電気使用量がわかる

従来型の電気メーターでは毎月1回の検針時にしかわからなかった電気使用量を、スマートメーターでは30分単位で把握することができます。

 節電に貢献できる

オール電化住宅の場合は、HEMS(ヘムス)と連動させる電気使用量の「見える化」で、より簡単かつ効果的な節電対策が可能です(※ただし、スマートメーターに加え、別途システムの導入が必要)

 家庭での省エネ化に有効

現在、スマートメーターを介して家電を制御する技術の研究も進んでいます。

この技術により、ユーザー側が家電の電気使用量を抑制することで、家庭での省エネ化も期待できます。

 データを有効活用できる

スマートメーターのデータを蓄積し分析することで、各家庭の電気の使用パターンを詳しく把握することができます。これを他のサービスに転用して有効活用することが可能です。

例えば、高齢者の見守りサービスでは、毎月の電気使用量を確認することで、異常がないかどうかの推測が可能となります。

スマートメーターのデメリット

スマートメーターにはメリットがある一方で、以下のような懸念点も指摘されています。

 雇用削減につながる

従来型の電力メーターでは、検針員が実地で行う電気使用量(kWh)の確認作業が不要になるため、その分の雇用が削減される可能性があります。

 個人情報に関する問題

個人情報である家庭の電気使用量データ詳細がスマートメーターを介して通信で送られることに対し、危惧の声も聞こえます。

万一、データが盗まれるようなことがあれば、電気使用量の変化で留守か在宅中か推測される、その家庭でどんな電化製品をどのくらい使用しているか等、他人に家庭での電気の使用状況がわかってしまうという問題点が挙げられます。

なお、上記2つのデメリットに加えて、スマートメーターが与える「電磁波による悪影響」を指摘する人も。

電磁波に関しては、現時点では科学的に立証されておらず、また、スマートメーターの至近距離で常時生活するわけではないため、その影響はより限定的だと言えるでしょう。

最適な電気料金プランを探す

今よりも安くなるお得な電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

最適な電気料金プランを探す

今よりも安くなるお得な電気料金プランをお探しですか?

お住まいの電力エリアで契約できる、おすすめ新電力会社をご紹介します。

 エリア別・おすすめ電力会社を見る

スマートメーターで可能な「電気の見える化」とは?

スマートメーターのメリット:スマートメーターで可能な「電気の見える化」
スマートメーター × HEMS(ヘムス)で電気を「見える化」!

スマートメーターで可能な「電気の見える化」とは、簡単にいうと「電気の消費量をリアルタイムで確認可能」にするシステムのことです。

電力消費量といえば、以前は、月に一度、電気料金の請求書を受け取った時に確認する程度で、日々の正確な電気使用量などは知るすべがありませんでした。

しかし、スマートメーターの場合は、30分単位で電気の使用状況を把握できるのが特長です。

この特長を活かし、別途、HEMS(ヘムス)というシステムを導入し連動させることで、どの電化製品がどれだけの電力を消費しているか、電気使用量が多い部屋はどの部屋かといった、より詳しい情報を表示することが可能になります。

つまり、「部屋」「機器」「コンセント」ごとというように、現在使っている電気の使用量が具体的に可視化できると、どこでどのような電気のムダ遣いをしているのか目に見えてわかるようになるわけです。

この可視化によって、より意識して節電・省エネ行動に努めるようになるというのが、スマートメーターが実現する電気の見える化の効果です。

一般財団法人省エネルギーセンターの調査では、この「電気の見える化」により、約10%の省エネが可能になったことが報告されています。

「電気の見える化」は、導入するだけで節電効果が得られるものではなく、実際に行動に移さなければ省エネ効果は得られません。

しかし、「電気の見える化」によって、各家庭でそれぞれの電気の使用傾向を分析したうえで節電を実行すれば、より効果的に省エネの成果が得られるでしょう。

電気代節約におすすめの電力会社

料金比較のエキスパート【セレクトラ】おすすめの新電力会社をご紹介します。

*リスト中の比較は各地域の大手電力会社従量電灯プランと比べたもの。燃料費調整額再エネ賦課金は除く

料金比較のセレクトラ:おすすめの新電力会社
電力会社 特徴
Looopでんき
 公式サイト

【全国(一部離島を除く)
Looopでんき

  • 基本料金も解約料金もゼロ円!「スマートタイムONE」
  • 特におすすめなのはお得度が高い北海道・北陸・中国・四国エリアの方
  • 電気料金はJEPXの取引価格に連動して30分ごとに変動。晴れた日中などは0.01円/kWhになることも
  • 電気料金はアプリで簡単確認、安い時間がすぐわかる

▷料金プランの詳細はこちら

 電話で詳細を確認(03-4578-0406)
 
東京ガス
 公式サイト

【関東エリア】
東京ガス

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで基本料金1か月無料!

  • 東京電力*より電力量料金が安い*¹
  • 電気+ガスセットにすると電気代がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は300万件を突破!*³ みんなから選ばれている安心感

*1 東京ガスの料金プランには燃料費調整の上限が設けられていません。これにより、燃料費の高騰によって、上限を設けている他社の料金プランと比べて高くなる場合があります。
*2 東京ガスのガスと電気(基本プラン・ずっとも電気3) のご使用場所およびご契約者が同じであり、ガス料金と電気料金を合算してお支払いいただける方が対象です。
*3 2022年4月19日時点の供給中件数。

▷料金プランの詳細はこちら

 電話で詳細を確認/申し込み(03-4540-6705)
 
idemitsuでんき
 公式サイト

【全国(沖縄・離島を除く)
idemitsuでんき

  • 通常プラン・オール電化プランともに大手電力会社*よりお得な料金設定
  • ガソリン代・EV充電代が年間最大2,400円割引
  • 継続利用するだけで年500ポイントもらえる

▷料金プランの詳細はこちら

 
大阪ガスの電気
 公式サイト
(引越しの方向け)
または  公式サイト
(切替の方向け)

【関西エリア】
大阪ガスの電気

  • 大阪ガスは関西エリアの新電力で契約件数No.1*
  • 大阪ガスで都市ガスと電気をセットでまとめれば、光熱費もまとめて管理ですっきり
  • 都市ガス「まとめトク料金」とセットにすると、セット割で都市ガス料金が3%オフ
  • 約200拠点にも及ぶお近くのガスのお店やコールセンター等で、地域密着の丁寧なカスタマーサポートを提供

*出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)。新電力とは旧一般電気事業者以外の小売電気事業者

▷料金プランの詳細はこちら

 
CDエナジーダイレクト
 公式サイト

【関東エリア】
CDエナジーダイレクト

  • 一人暮らしから大家族まで、ぴったりのプランが見つかる
  • 電気もガスもお得な料金設定
  • セットにすると電気もガスもさらに0.5%割引!*
  • 中部電力×大阪ガスの共同経営

*電気・ガスともに対象プランを同一名義・支払方法で契約した場合。スマートでんき・ゆかぽかガス・はつでんガスは対象外。電気の割引対象となるのは基本料金+電力量料金(燃料費調整額を除く)の合計

▷料金プランの詳細はこちら

 電話で詳細を確認(03-4540-6647)
料金比較のセレクトラ:おすすめの新電力会社
 
Looopでんき  公式サイト
Looopでんき

【全国(一部離島を除く)
Looopでんき

  • 基本料金も解約料金もゼロ円!「スマートタイムONE」
  • 特におすすめなのはお得度が高い北海道・北陸・中国・四国エリアの方
  • 電気料金はJEPXの取引価格に連動して30分ごとに変動。晴れた日中などは0.01円/kWhになることも
  • 電気料金はアプリで簡単確認、安い時間がすぐわかる

▷料金プランの詳細はこちら

 公式サイト
電話で詳細を確認/申込  03-4578-0406
 
東京ガス  公式サイト
東京ガス

【関東エリア】
東京ガス

 新規申込割:基本プランへの新規申し込みで基本料金1か月無料!

  • 東京電力*より電力量料金が安い*¹
  • 電気+ガスセットにすると電気代がさらに0.5%割引
  • 電気の契約数は300万件を突破!*³ みんなから選ばれている安心感

*1 東京ガスの料金プランには燃料費調整の上限が設けられていません。これにより、燃料費の高騰によって、上限を設けている他社の料金プランと比べて高くなる場合があります。
*2 東京ガスのガスと電気(基本プラン・ずっとも電気3) のご使用場所およびご契約者が同じであり、ガス料金と電気料金を合算してお支払いいただける方が対象です。
*3 2022年4月19日時点の供給中件数。

▷料金プランの詳細はこちら

 公式サイト
電話で詳細を確認/申込  03-4540-6705
 
idemitsuでんき

【全国(沖縄・離島を除く)
idemitsuでんき

  • 通常プラン・オール電化プランともに大手電力会社*よりお得な料金設定
  • ガソリン代・EV充電代が年間最大2,400円割引
  • 継続利用するだけで年500ポイントもらえる

▷料金プランの詳細はこちら

 公式サイト
 
大阪ガス  公式サイト
大阪ガス

【関西エリア】
大阪ガスの電気

  • 大阪ガスは関西エリアの新電力で契約件数No.1*!
  • 大阪ガスで都市ガスと電気をセットでまとめれば、光熱費もまとめて管理ですっきり
  • 都市ガス「まとめトク料金」とセットにすると、セット割で都市ガス料金が3%オフ
  • 約200拠点にも及ぶお近くのガスのお店やコールセンター等で、地域密着の丁寧なカスタマーサポートを提供

*出典:電力・ガス取引監視等委員会「制度設計専門会合」第74回 配布資料(2022年3月末時点)。新電力とは旧一般電気事業者以外の小売電気事業者

▷料金プランの詳細はこちら

 公式サイト
 
CDエナジーダイレクト  公式サイト
CDエナジーダイレクト

【関東エリア】
CDエナジーダイレクト

  • 一人暮らしから大家族まで、ぴったりのプランが見つかる
  • 電気もガスもお得な料金設定
  • セットにすると電気もガスもさらに0.5%割引!*
  • 中部電力×大阪ガスの共同経営

*電気・ガスともに対象プランを同一名義・支払方法で契約した場合。スマートでんき・ゆかぽかガス・はつでんガスは対象外。電気の割引対象となるのは基本料金+電力量料金(燃料費調整額を除く)の合計

▷料金プランの詳細はこちら

 公式サイト
電話で詳細を確認/申込  03-4540-6647