LPガス(プロパンガス)

プロパンガスの料金を比べてみませんか?

  • LPガス料金が高い、LPガス料金の見直し・比較をしたい。
  • 新規でLPガスの契約が必要になった。
  • どうやってLPガス料金を比べていいのかわからない。
  • 無料でLPガス料金の比較が可能です。

プロパンガスの料金の比較

プロパンガス料金が高いと思ったら、新規で契約が必要ならば、見積もりをもらえば、料金比較は簡単です。

プロパンガスの見積もり

プロパンガスの平均価格

プロパンガスの価格は、販売店、地域によって異なります。プロパンガスの平均小売り価格と現在の料金を比べてみませんか?

プロパンガスの平均価格をみる
ガスを今より安く

LPガスを今より安く

他の販売店と比べて、ガス料金の見直しをしてみませんか?
複数の販売店から無料で見積もりを集めてくれる、便利な一括見積もりサービスをご活用ください。持ち家戸建てにお住まいの方、賃貸物件や店舗のオーナーが対象です。
電話受付:年末年始除く毎日10-21時(注意事項

LPガス(プロパンガス)は、液化されたガスを充てんしたボンベを販売店が各契約者に配送する形で供給がなされます。ボンベを運べる場所であれば、技術的にはどこででも、地理的な条件に縛られず利用できるのがLPガスの特徴です。このためLPガスは都市ガスのガス管の通っていない地域で多く利用されています。都市ガスを含む全国のガス利用者のうち、約44パーセントがLPガスを契約しています。ガス管が破損すると供給が止まってしまう都市ガスに対して、LPガスは災害時に強いと言われています。

プロパンガスの基礎知識

LPガスは、プロパンガスと呼ばれることもあります。これは、家庭で使用されるLPガス(Liquefied petroleum gas = 液化石油ガス)にプロパンガスが多く含まれていることに由来します。家庭で使用されるガスであれば、LPガスと呼ばれていてもプロパンガスでも同じものを指します。

LPガスは都市ガスと比較されがちですが、使用用途に違いはありません。どちらも、キッチン・浴室の給湯や、料理用のガス台、もしくはガスファンヒーター等に利用されます。ただし、LPガスと都市ガスとでは、熱量が異なるなど成分の面では差異があるため、ガス機器には互換性がありません。引越し等でガスの種類が変わる場合は、そのまま同じガス機器を使用することができませんので注意が必要です。買い替えるか機器の仕様変更を行います。

LPガスでは、ボンベによって供給が行われます。実際には、お住まいの地域にガスを配送してくれるLPガス(プロパンガス)販売店を探し、見積もりをもらうなどして料金を確認した後、契約をすることになります。マンションやアパートの場合は、大家さんや管理会社が一括してその建物のLPガスの契約を管理していますので、居住者が各自でLPガス販売店を選ぶ、もしくは変更するということはできません。しかしながら、持ち家・一軒家にお住まいの場合や、ご自身がオーナーとなっている店舗の場合であれば、自由にLPガスの販売店を選ぶことが可能です。

LPガスの料金

ガスメーター

LPガスの料金は、規制料金ではありません。つまり、公的機関による認可などを通して料金が決定されているのではなく、各ガスの販売店が最終的なLPガスの小売り価格を決定する自由料金制です。このため、LPガスの販売価格は、各LPガス販売店ごと、また各地域ごとにも異なります。ですから、同じ地域に住んでいても、各消費者がどこのLPガス販売店と契約しているかにより、料金単価は異なります。このため、LPガスの場合は、よく料金を比較しないままに契約をしてしまうと、もっと安い料金を提供する販売店があるにも関わらず、高いところと契約してしまったということも起こり得ます。

料金制度も、そのLPガス販売店、もしくは顧客との契約内容によっても異なります。LPガスの料金プラン(料金制度)としてはいくつか種類がありますが、最も多いものが一般的に二部料金制と呼ばれるものです。二部料金制では、「基本料金」+「従量料金」の2つの柱で料金が構成されています。「基本料金」はガスの使用量に関わらず毎月支払う固定の料金で、「従量料金」は“1m3あたりいくら”で料金が設定されている部分です。

LPガスの小売価格は、その供給スタイルの特徴から、配送費や人件費を含む小売りの部分でかかるコストの占める割合が非常に高いとされています。だいたい、最終的なLPガスの小売り価格の約60%が小売りの部分でかかる経費と考えられています。料金を構成する要素は他にもありますが、この小売りにかかる経費をうまく調整できているLPガス販売店ならばガスの小売り価格も低めに設定されていると想像することができます。

LPガス小売り価格の違い - 構成要素

  • 仕入れ価格
  • 配送コスト
  • 保安サービス
  • 消費量(1m3

LPガス料金はずっと自由料金制 「LPガス料金が自由化されました!」という宣伝文句を使った販売店には注意が必要です。LPガス料金が規制料金だったことはありません。電気料金や都市ガス料金の自由化に便乗しただけの不正確な表現です。

LPガス料金の比較

LPガス料金の場合は、誰でもアクセスしやすい形でその料金を公表している販売店は限られます。このため、「自分の支払っているLPガス料金が高くないのか?」と気になった時、もしくは新規でLPガスの契約が必要になった場合(戸建てを建てた、家を新築にしたなど)などは、各ガス販売店に直接、料金の確認(見積もり依頼)をする必要があります。

自分の毎月のLPガス料金がどの程度なのか、もっと気軽に確認をしたい場合は、LPガスの小売価格の平均値などが目安になります。LPガスは、自由料金制ですので、公的に設定された適正料金というものは存在しません。逆にLPガス料金を地域ごとに地区ごとに設定することは、価格カルテル(独占禁止法)にあたり、禁止されています。提示されたLPガス料金で最終的に申し込むかどうかは契約者の判断になります。このため契約をする前によく料金について調べることがとても大切になります。

LPガス料金を比較する際には、新規契約の場合であれば、解約条件や、無償貸与契約といった料金以外の部分もよく確認すべきでしょう。また、その月のLPガスの請求金額が上がったからといって、すぐにLPガス料金設定がおかしい、もしくは値上げを疑うのも禁物です。ガスの使用量(m3)は季節によって変動し、特に冬はガスの使用量が増えるとされています。ガスの使用量が増えたために、その月のLPガスの請求額が増えた可能性もあります。LPガス料金のしくみをよく理解することもとても大切です。また、料金や契約内容に関して疑問がある場合はもちろん契約中のLPガス販売店に問い合わせをしましょう。

 

Clienti  soddisfatti

/5

Calcolato su opinioni

プロパンガス(LP)ガスをもっと安くしたい、信頼できる販売店を探したい、にお答えします。