1年間無料を逃した人もチャンス!
楽天モバイルの3カ月プラン料金無料キャンペーン開始

  • 3カ月スマホ料金が無料!(1人1回線1度のみ)
  • 無料期間後もデータ使用量が1GBまでなら無料!
  • 光回線楽天ひかりもあわせて使えば1年間光回線代がゼロに(詳細

徹底比較:楽天モバイル vs povo 2.0-おすすめはどちら?

徹底比較:楽天モバイル vs povo 2.0-おすすめはどちら?
楽天モバイル vs povo 2.0-おすすめはどちら?

楽天モバイルとpovo2.0は似ているようで特徴が大きく異なります。ここでは楽天モバイルとpovo2.0を、料金プラン/通信品質・通信速度/通話料金・通話機能・通話品質/独自サービス/サポート・端末保証/スマホ端末/特典・キャンペーンの7項目別に徹底比較します。

ニュース・キャンペーン情報

ソフトバンクの高品質通信LINEMOから3GBプラン登場!

LINEMO
  • 3GB990円+LINEでのギガ消費ノーカウント
  • Paypayポイント還元(新規・MNP)
  • 5分定額1年間無料!24時間かけ放題も1,100円で利用可能(1年間)

楽天モバイル vs povo2.0 - どっちがおすすめ?

楽天モバイル(アンリミット:UN-LIMIT VI)とpovo2.0は、どちらも基本料金0円という大きな共通点があるものの、プラン内容やサービス面ではかなりの違いがあります。そのため、どっちを選んだらいいのか迷ってしまうのも無理はありません。

まず結論からいうと、楽天モバイルとpovo2.0がおすすめの人は以下のように分かれます。

楽天モバイルがおすすめの人 povo2.0がおすすめの人
  • 楽天回線に繋がる都市部に住んでいる
  • 電話専用のSIMを探している
  • よく長電話する
  • 楽天市場をよく利用する
  • お得に機種変更したい
  • 店舗で手続きしたい・スマホを試したい
  • 通信・通話品質を重視する
  • 使い方に合わせてプランをカスタムしたい
  • 料金を自分でコントロールしたい
  • テザリングで大容量通信をする
  • スマホの扱いや設定は自分でできる

これから楽天モバイルとpovo2.0を具体的に比較していきます。ユーザーの口コミも参考にしながら、どっちがあなたにとっておすすめSIMなのか見つけてくださいね。

なお、楽天モバイルとUQモバイルの違いを一覧ですぐに見たいなら、記事の最後にあるメリット・デメリットの一覧表をチェックしてください。

比較①料金プラン

楽天モバイルは「段階料金制プラン」、povo2.0は「プリペイド型プラン」です。楽天モバイルは使ったデータ量に応じて料金が上がるのに対して、povo2.0は使いたいデータを購入する形になります。

このようにプランの特徴がまったく違うので、どちらがピッタリくるかは人によって異なります。

楽天モバイル vs. povo 2.0:料金プラン比較(税込)
  楽天モバイル(UN-LIMIT VI) au povo2.0
契約事務手数料 0円 0円
月額基本料 0円 0円
解約金 0円 0円
データ容量 0GB 0円 (*) 0円
~1GB 390円(7日間)
~3GB 1,078円 990円(30日間)
~20GB 2,178円 2,700円(30日)
20GB超 無制限:3,278円 60GB:6,490円(90日)
150GB:12,980円(180日)
データ使い放題:220円(24時間)
公式サイト 確認する 確認する

(*)1回線目。2回線目以降は0~3GBまで1,078円。

どっちがおすすめ? 楽天モバイル向き→データを無制限で使いたい人、月間1GBに抑えて0円で運用したい人
povo2.0向き→自分のライフスタイルに合わせたい人、使う時だけデータを購入したい人

楽天モバイル:1GBまでなら0円、どれだけ使っても最大3,278円

楽天モバイルの料金プランUN-LIMIT VIは、月1GBまでなら月額0円となっています。(2回線目以降は1,078円)基本料無料で、かつ音声通話も専用アプリを使うことでかけ放題になるので大人気なのも頷けますよね。

また、逆に20GBを超過した分は上限3,278円で無制限データ通信できるので、ギガを気にせず好きなだけインターネットすることも可能です。

ただし無制限だからといって、大容量データ通信を無制限にできるわけではありません。公平なサービス提供のため、あるユーザーが突出して大容量通信をしていると速度制御される可能性があるからです。

今日再び楽天モバイルを新規で契約しました。先日のdocomoの通信障害を受けていざと言うときのサブ回線です。
使わなければ基本0円。eSIMで契約したので申請からわずか数分以内で開通しました。マジ早い。#楽天モバイル#ahamo

— ムネムネ (@edPnjZBgMJg8JYR) October 16, 2021

povo2.0:自分のライフスタイルに合わせてデータをトッピングできる

povo2.0は最初にギガが付いておらず、維持費0円の代わりに速度は送受信最大128kbpsとなります。そのままでは通信がまともにできないので、高速通信するためにはデータを購入(トッピング)します。

povo2.0は、自分のライフスタイルに合わせてスマホプランをカスタマイズできるのが魅力。もちろん期間中にデータを使い果たしたら再度トッピングできます。

データトッピングのおすすめの使い方は下記を参考にしてください。ちなみにトッピングの利用は、povo2.0アプリ上でたったの数秒で完了します。

povo2.0のデータトッピング
トッピング(利用可能期間) 料金(税込) おすすめの使い方
データ使い放題(24時間) 330円/回
  • 週末の休みに一日中Netflixなど動画鑑賞する
  • 外出時に急きょビデオ会議をすることになったのでテザリングする
データ追加1GB(7日間) 390円/回
  • 1週間以内の旅行や出張時にLINEやgoogleマップを使う
  • 1週間1ギガでやりくりできるか試したい
データ追加3GB(30日間) 990円/回
  • スタンダードな最低限のデータ容量プラン
  • auピタットプランからの乗り換えに
データ追加20GB(30日間) 2,700円/回
  • youtubeや音楽サブスクを毎日利用する
  • povo1.0からの乗り換えに
データ追加60GB(90日間) 6,490円/回
  • youtubeや音楽サブスクを毎日利用する
  • 1ギガあたり単価を安くしたい(108円/GB)
データ追加150GB(180日間) 12,980円/回
  • ちょくちょくデータ購入するのが面倒
  • 1ギガあたり単価を安くしたい(86円/GB)

povo 2.0の公式サイトを見る

180日間有料トッピング購入がないと利用停止になる povo2.0は基本料0円ですが、180日間(6ヵ月間)以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止または契約解除になることがあります。サブ回線にするつもりで申し込むなら時々トッピング購入するようにしましょう。

povo2.0 無理に1ヶ月3GBにせんでも、2カ月で3回トッピング買って月4.5GB1500円て考えもできると気づいた

— NiLL_stariot (@NiLL_stariot) October 15, 2021

povo2.0のデータトッピングで24時間使い放題をW05を使ったけど、
結局DAZNやWOWOWの動画配信で33.5GBも使って最後まで規制なく高速通信で観られた。
これで330円だから、かなり良いサービスだね。

— あきっと (@AKITTO777) October 3, 2021

比較②通信品質・通信速度

通信品質と通信速度を重視するなら、楽天モバイルよりpovo 2.0のほうがおすすめです。

  楽天モバイル au povo2.0
通信品質 ★★★☆☆
(場所による)
★★★★★
(とても良い)
通信速度 ★★★☆☆
(下り約30Mbps)
★★★★★
(下り平均70Mbps)

通信品質の比較

通信品質(電波の強さ・繋がりやすさ)で比較すると、povo2.0のほうが断然おすすめとなります。

楽天回線エリアも急速に拡がっていて、2021年内に人口カバー率96%に拡大する予定とはいえ、povo2.0のau回線エリアの広さには敵いません。地方や田舎などは楽天基地局(アンテナ)が未設置のことも多いので、povo2.0を選ぶほうが確実でしょう。

また楽天回線エリア内であっても、商業施設など大型の建物の中や地下など電波が届きにくい場所では、パートナー回線(au)に繋がることがあります。もしパートナー回線に繋がっている状態でデータ利用量が5GBを超過すると、パートナー回線接続時は月末まで最大1Mbps※に制限されてしまいます。

※1Mbpsってどれくらいの速さ? 1Mbpsは、メール送受信やwebサイトの閲覧、マップの表示等に加えてYouTube標準画質の再生も難なくこなせるスピードです。なので、速度制限されたから月末までインターネットが使えないという心配は要りません。

楽天モバイルに申し込むつもりなら、事前に楽天モバイル公式サイト上にて、楽天回線エリアおよびパートナー回線エリアをチェックすることをおすすめします。

楽天モバイルはどんな人におすすめ? 楽天モバイルに向いている→都市部在住の人、通信速度はあまり気にしない人
楽天モバイルに向いていない→地方在住者、商業施設や地下で一日の大半を過ごす人

楽天モバイルつながらない(パートナー回線となる)。1週間で、パートナー回線5Gバイトの割当て枯渇。通信速度低速化。カバー範囲に入っているのになぜつながらない??

— まさろん (@T0qP5cftkqIDbka) October 10, 2021

通信速度の比較

平均速度を比較すると、povo2.0のほうが楽天モバイルよりも下りで2倍以上速いことが分かります。テザリングでパソコンをWi-Fi接続してテレワークする人など、通信速度を重視する人はpovo2.0を選ぶほうがおすすめです。

とはいえ楽天モバイルの平均速度も、スマホのデータ通信としては十分なスピードが出ています。生活圏が楽天回線エリア内、かつ普通にスマホを使うだけの人であれば、楽天モバイルでも十分快適といえるでしょう。

どっちがおすすめ? povo2.0向き→テザリングでパソコンを接続する、スマホで大容量データ通信をする
楽天モバイル向き→スマホ使用はアプリやyoutubeなどライトユーズ

平均速度の比較表

下記の比較表では、沢山のユーザーから寄せられた速度レポートを元に割り出された平均速度を記載しています。参照:みんなのネット回線速度(2021年10月時点)

平均速度比較(Mbps)
  楽天モバイル povo2.0
ダウンロード速度(下り) 31.4 71.4
アップロード速度(上り) 18.1 12.9
平均速度比較 - 時間帯別(Mbps)
  ダウンロード速度(下り) アップロード速度(上り)
楽天モバイル povo2.0 楽天モバイル povo2.0
朝(5時-9時) 33.5 60.3 18.6 12.0
昼(12時-13時) 26.9 73.5 16.6 11.4
夕方(16時-19時) 31.4 80.0 18.8 13.4
夜(20時-23時) 27.1 49.8 17.5 14.7
深夜(0時-5時) 34.7 71.4 18.7 8.3

比較③通話料金・通話機能・通話品質

通話料金は楽天モバイルの方がお得で通話機能も充実しています。povo2.0には最低限の通話機能しかありませんが、通話品質ではさすがにauといわせる品質です。

  楽天モバイル(UN-LIMIT VI) au povo2.0
通話料金のお得度 ★★★★★
(とてもお得)
★★★☆☆
(普通)
通話機能の充実度 ★★★★★
(とても充実)
★☆☆☆☆
(最低限)
通話品質 ★★☆☆☆
(電波によって落ちる)
★★★★★
(とても良い)

通話料金は楽天モバイルのほうが断然お得

通話メインの人であれば、無料でかけ放題になる楽天モバイルのほうが間違いなくお得です。

楽天モバイル専用の通話アプリ「Rakuten Link」を使用すると、どれだけ長時間電話しても無料。もし楽天モバイルでデータ通信を月1ギガ以内に抑えれば、なんと月額0円で通話し放題になるわけです。

それに対してpovo2.0は1分あたり44円と安くはないので、通話をよく使うのであればかけ放題オプションを付けるほうがいいでしょう。

楽天モバイル vs povo2.0 - 通話料金の比較(税込)
  楽天モバイル(UN-LIMIT VI) au povo2.0
通話料金 22円/30秒(Rakuten Linkアプリ利用すれば無料) 22円/30秒
オプション
  • 10分かけ放題(OS標準の電話アプリ)(1,100円/月)
  • 国際通話かけ放題(980円/月)
  • 5分かけ放題(550円/月)
  • かけ放題(1,650円)
国内SMS料金 送信3.3円/70文字・受信無料(Rakuten Linkアプリ利用すれば無料*) 送信3.3円/70文字・受信無料

*iOSの場合はRakuten LinkアプリでSMS送受信できません。

楽天モバイルの無料通話アプリ「Rakuten Link」

Rakuten Link(楽天リンク)は、楽天モバイル契約者の専用アプリです。RCS(リッチコミュニケーションサービス)という国際標準規格に準じており、国内・国外への音声通話やSMS、写真や動画などのファイルを送受信することができます。

Rakuten LinkはLINEなどのアプリとは違い電話番号でやり取りします。そのため、通常の音声通話のように使うことができるんです。楽天モバイルユーザー同士はもちろん、他社スマホや固定電話にもかけられ、相手にも通常の電話番号が表示されます。

Rakuten Linkのすごい所は、音声通話に加えてメッセージやファイル送受信をどれだけ利用してもギガを消費しないこと。なので、Rakuten Linkを使えばデータ通信を月1ギガに抑えることは十分可能といえます。

ただし、電話回線ではなくパケット通信になるのでインターネット接続は必須。通話品質も通常の音声通話より落ちます。

Rakuten Linkのメリット・デメリット:

  • 音声通話が無料でかけ放題
  • 音声通話やメッセージ・ファイル送受信はギガを消費しない
  • Wi-Fi接続時でも利用できる
  • インターネットの電波が弱いと通話品質が落ちる
  • デフォルトの電話アプリとして設定は不可

会社への急ぎの連絡で、Rakuten Linkから発信。顧客じゃなくて同僚との会話だから、内容が聴き取れればいい。音質は気にしないので気軽にかけ放題〜。ahamoの5分かけ放題だと5分以上で料金発生するから。Rakuten Link最高ですよ。

— jj (@suggestions2014) October 13, 2021

通話機能は楽天モバイルが充実している

通話機能で比較しても楽天モバイルのほうが充実しています。なぜなら楽天モバイルはドコモ/au/SoftBankなどと同じキャリア回線だからです。楽天モバイルに無料で付いている通話サービスは下記をご覧ください。

それに対してpovo2.0はauのサービスとはいえ、安さを追求したオンライン専用プランなので、通話機能は最低限に抑えられています。

楽天モバイル(UN-LIMIT VI)の主な通話サービス(無料)

  • 留守番電話・・・電話に出られない時に伝言を預かって後で再生できる
  • 着信転送・・・かかってきた電話を別の電話に転送
  • 割込通話/通話保留・・・通話中の割り込み通話や電話を保留する
  • 発信者番号非通知・・・電話番号を相手に通知しない
  • 着信SMS通知・・・応答できなかった着信をSMSで通知
  • 海外ローミング・・・世界66の国と地域で定額料金でデータ通信できる

 

楽天モバイルが年内に改善しなかったら、年明けにpovoにしようかな。でもpovoは留守電がないのが困る

— あさみ (@oyatsuneco) October 15, 2021

通話品質はpovo2.0のほうが良い

音声通話の品質は、au回線を使用するpovo2.0のほうが高品質です。楽天回線は通話の安定度ではau回線に敵わないと言わざるを得ません。

特に田舎や山間部などでは楽天回線だと圏外になる可能性が高く、パートナー回線であるau回線に頼りっきりになるようです。そういった場所で携帯電話を使う人は、最初からpovo2.0を選ぶほうが無難です。

一時帰国してから楽天モバイルにしたんだけど、田舎だからか着信がならないのが頻発してる😭かける分には問題ないんだけど…着信ならない(即留守電になる)&着信残らない😱今日たまたま何人かに言われて初めて知った…😭

— c-chan🇹🇭一時帰国中🇯🇵 (@pagu_musashi) October 17, 2021

楽天モバイルは、パートナー回線が無いとちょっとした山でも安定の圏外ばかりだねw

つか、auスマホがエリアになっていても圏外になるところも多いから山岳は厳しいところ多いね!

— なるトマ (@vx21jp) October 14, 2021

比較④独自サービス

楽天モバイルとpovo2.0はそれぞれ独自のサービスを展開しています。どちらが自分に合っているか、下記の解説を読んで検討してみてくださいね。

  楽天モバイル(UN-LIMIT VI) au povo2.0
サービスの魅力度 ★★★☆☆
(ポイントアップ)
★★★★☆
(活用すればお得)

povo 2.0はギガがもらえる&コンテンツ視聴トッピング

povo2.0は手軽にギガがもらえたり、有料コンテンツサービスが一時的に使い放題になったりする独自サービスを展開しています。うまく活用できれば、楽天モバイルよりもお得に感じることでしょう。

#ギガ活

日常生活の中で買い物したりする際にギガをもらえるサービスが「#ギガ活」です。povoと提携しているお店やサービスを利用することでギガが手に入ります。

たとえば、コンビニのローソン・すき家・ドトールコーヒーショップ・丸亀製麺などでauPAYによる支払で500円以上購入すると、3日間使える300MBがもらえます。他に#ギガ活できるお店やサービスは、povo公式サイトでチェックしてみてください。

普段からしょっちゅう利用しているお店でギガをもらってやり繰りすれば、月額0円でpovo2.0を運用するのも決して無理ではありません。

povo2.0のギガ活で300MB三日間をもらったー。
たまたまウェルシアで買い物があったのでau Payしてみたけどうれしいもんだね。
※登録が必要です

— ま.るな🛵⛺️ (@marunacci) October 13, 2021

DAZN使い放題パック(7日間)

スポーツ専門の動画配信サービスDAZN(ダゾーン)が、1回760円で7日間使い放題になるトッピングです。

DAZNは通常月額1,925円と少し高めなので、利用頻度が多くないともったいないと感じるもの。この「DAZN使い放題パック」なら、7日間は基本料不要かつDAZNアプリ使用時のデータも使い放題になります。

「野球の注目試合だけ視聴したい」「サッカーのチャンピオンズリーグ準決勝・決勝だけ生中継で見たい」そんな場合にピッタリのサービスです。

DAZN(ダゾーン)とは? Jリーグや欧州サッカー、プロ野球やF1にその他様々なスポーツ試合を楽しめる動画配信サービスです。ライブ中継だけでなく、見逃し配信やハイライト映像なども見ることができます。詳しくは記事「DAZN(‪‪‪ダゾーン)とは? - どうやって利用する?料金設定・解約方法【徹底ガイド】」をご覧ください。

povo2.0のDAZNトッピングも良いね
F1しか見ないんだけど、それでも毎月2000円近く払ってたのが、月2回レースであればこのトッピング2回しても全然節約出来るから来年からはこれで良いや
来年のカレンダー次第で月3回レースがあれば1か月分契約すれば良いしね

— アロングドットスターマン (@alongmara46) October 26, 2021

smash.使い放題パック(24時間)

auが提供する動画アプリsmash.(通常月額550円)が、1回220円で24時間使い放題になるトッピングです。アプリの利用料は不要でデータも使い放題になります。

「smash.を使ってみたいけど毎月料金がかかるのはちょっと・・・」という人や「特定のコンテンツだけ見たい」というユーザーには便利なトッピングといえるでしょう。

smash.(スマッシュ)とは? スマートフォンで気軽に楽しめる短尺のシアターアプリです。音楽・ドラマ・アニメ・バラエティなどの映像作品が配信されます。コメント機能や、映像コンテンツの一部を保存したりできる機能もあります。

povo2.0ならあれか、smashで乃木坂ちゃんのコンテンツ見たい時220円払えば見れるのか。

うむ、サブ回線でpovoありだな。

— りょう@ドーム1日目参戦 (@umelove_minami) October 14, 2021

楽天モバイルはポイントが貯まりやすい

楽天ならではのサービスとして、楽天モバイルを利用すると楽天ポイントが貯まりやすくなります。楽天市場で買い物がもっと楽しくなりますよ。

楽天モバイル関連の楽天SPU(スーパーポイントアップ)

  • 楽天モバイルにエントリー&申し込み⇒もれなく1,000ポイントプレゼント
  • 楽天モバイルの契約⇒ポイント+1倍
  • 楽天モバイルキャリア決済の利用⇒ポイント+0.5倍
  • 楽天市場アプリの利用⇒ポイント+0.5倍
  • 年会費無料の楽天カード利用⇒ポイント+2倍

 

楽天モバイル、ポイントも貯まるしめちゃくちゃ魅力的だから回線強くなって欲しいです...‼️

— てゆ🍭🍬 (@teyu_knk) September 25, 2021

比較⑤サポート・端末保証

楽天モバイルは全国に店舗を構えているほか、ユーザーサポートや端末保証も万全です。それに対してpovo2.0は端末保証だけ。サポートを重視するのであれば、楽天モバイルのほうが間違いなく魅力的といえるでしょう。

  楽天モバイル(UN-LIMIT VI) au povo2.0
店舗サポート ★★★☆☆
(新規・MNP受付)
★☆☆☆☆
(店頭サポート不可)
サポートオプション ★★★★☆
(遠隔サポート)
★☆☆☆☆
(なし)
端末保証 ★★★★★
(盗難紛失にも対応)
★★★★☆
(盗難紛失は対象外)
サポート比較(税込)
  楽天モバイル(UN-LIMIT VI) au povo2.0
店舗サポート あり※Web申し込みした場合はサポート対象外 なし
サポートオプション スマホ操作遠隔サポート(550円/月) なし
端末保証 ・故障紛失保証 with AppleCare Services(715円~1,309円/月)
・持ち込みスマホあんしん保証(715円~1,309円/月)
・スマホ交換保証プラス(715円/月)
スマホ故障サポート(830円/月)

どっちがおすすめ? 楽天モバイル向き→店舗サポートを受けたい人、スマホの扱いに慣れていない人
povo2.0向き→スマホのトラブルは自分でなんとかできる人

全国の楽天モバイルショップで手続き可能

楽天モバイルショップは全国に670店舗以上展開しており、新規契約や乗り換え(MNP)、機種変更などを受け付けています。気になる最新スマホを店頭で実際に触って試せるのも見逃せません。

いっぽうauのpovo2.0は、auショップでサポートを一切受け付けていません。Web申し込みが不安な人や専門スタッフに色々聞きたい人は、店舗対応がある楽天モバイルのほうがいいでしょう。

なお、楽天モバイルにWeb申し込みした場合は、楽天モバイルショップでのサポート対象外になります。

楽天モバイル 直営ショップはサポート丁寧ですよ。私は直営店か電話確認してからずっと同じ店舗に通ってますが…ahamo店頭サポートあるし auはpovoには消極的ですな

— 鉄Zoo (@matsubaratetsu) October 5, 2021

楽天モバイルは遠隔サポートがある

楽天モバイルの「スマホ操作遠隔サポート」(月額550円)は、スマホをはじめタブレットやパソコン、周辺機器などのトラブル・悩み事をサポートするオプションです。

機器の操作方法からWi-Fi設定、WindowsやOfficeの使い方に至るまで、プロの専用オペレーターが電話および遠隔操作で丁寧にサポートしてくれます。スマホやパソコンなどの扱いに慣れていない人でも安心ですね。

それに対してpovo2.0には有人サポートはないため、各種設定や問題がある場合にも自分で解決する必要があります。

スマホの遠隔操作サービスは、使おうとする月だけ入れば良いんだ!
何という節約術🥰🥰🥰
素敵😍
てなわけで、私のスマホ代は楽天モバイルで、月々2409円💖
iPhone13ProMaxでだよん!!
ギガは、1ヶ月1ギガ使わないし😆

— うさたん (@usa_channel0605) September 22, 2021

端末保証の比較

楽天モバイルでは、スマホ端末保証サポートの対応範囲が広く充実しています。povo2.0にも端末保証はありますが、盗難紛失には対応していない点に注意しましょう。

楽天モバイルの端末保証

故障紛失保証 with AppleCare Services(月額715円~1,309円)
iPhone端末の故障/破損/盗難/紛失に対する保証をAppleから直接受けられます。

自然故障やバッテリー消耗は無償対応で、過失や事故による損傷や盗難紛失時には自己負担金を支払うことで対応(修理・交換)してもらえます。最新iPhoneを購入した場合は特に、加入しておいたほうが間違いなく安心ですよ。

ちなみに、楽天モバイル以外で購入したiPhoneは対象外になります。

持ち込みスマホあんしん保証(月額715円~1,309円)
手持ちのスマホで楽天モバイルを使う場合、この保証に入っておくとスマホの破損/全損/水没時に新品同等の同一機種と交換してもらえます。

スマホ交換保証プラス(715円/月)
楽天モバイルで購入したAndroidスマホやモバイルルーターの故障・盗難・紛失時に、新品同様の同一機種と交換してもらえる保証です。交換費用は一律6,600円となります。

povo2.0の端末保証

povo2.0のスマホ故障サポート(830円/月)は、故障/破損/水漏れに対応しています。登録したiPhone・Androidスマートフォンのトラブル時に、同一機種の新品同様品と交換されます。

交換時負担額:
iPhone:12,900円/回
Androidスマホ:5,500円/1回目・8,800円/2回目

比較⑥スマホ端末

スマホ端末をSIMとセットで購入したいなら楽天モバイルのほうがおすすめ。なぜなら、楽天モバイルだとポイント特典で安く購入できるからです。

  楽天モバイル(UN-LIMIT VI) au povo2.0
スマホ端末 ★★★★☆
(最新20機種以上)
★★★☆☆
(白ロム購入可能)

楽天モバイルではAndroidスマホとiPhoneを販売しており、SIM申込みと同時に機種変更することができます。スマホラインナップは最新の5G機種も含めて20機種以上。もちろんSIMだけ購入することも可能です。

いっぽうpovo 2.0は、公式サイトではなくau Online Shopで白ロム機(回線契約の紐づかない端末単体)を購入することができます。最新のAndroidスマホおよびiPhoneが用意されています。割引キャンペーンなどは基本的にありません。

スマホ本体を自分で用意するつもりなら申し込む前に必ず、楽天モバイルまたはpovo 2.0の公式サイトにて動作確認端末一覧をチェックしてください。もしスマホにSIMロックがかかっているのならSIMロック解除が必要です。

楽天モバイルデビュー!&スマホ新しくなった♪

— メイル (@chanrumi7) October 16, 2021

povoで機種変更の仕方調べた
auオンラインショップで白ロムをネット通販する(一括と分割あり)→届いたら今の端末から抜いたSIMカードを入れる

この程度の手間なのか
もっと複雑なのかと思ってた

— おたひと (@0976otahito) October 14, 2021

比較⑦特典・キャンペーン

楽天モバイルは特典やキャンペーンが充実しており、お得感はpovo 2.0より間違いなく大きいといえます。

  楽天モバイル(UN-LIMIT VI) au povo2.0
申し込み特典 ★★★★★
(3ヵ月無料)
★★★☆☆
(追加データボーナス)
ポイント特典 ★★★★★
(最大25,000ポイント)
★☆☆☆☆
(ポイントはない)

Rakuten UN-LIMIT Ⅵプラン料金が3ヵ月無料になる

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Ⅵに新規・乗り換えすると、プラン料金(最大3,278円)が3ヵ月無料になります。これだけで約1万円も節約できるのは助かりますね。

この無料期間中に楽天モバイルをしっかり試して、もし満足できなければ解約するのもよし。解約金がかからないので気軽に申し込めますよ。

楽天モバイルに乗り換えたから3ヶ月はデータSIM無料だし、無料期間終わってもほとんどWiFi通信だからだいたいの月は無料の予定

— カラス@任意整理はじめました (@skygbz2) October 18, 2021

povo 2.0デビューキャンペーン

キャンペーンにエントリーしたうえでpovo 2.0に申し込み、開通から14日以内にデータトッピングを購入することでボーナスデータが付与されます。購入データが大きければ大きいほど、もらえるボーナスデータも増えます。

初回購入トッピング データボーナス データボーナス消費期限*
1GB(7日間) 300MB 3日間
3GB(30日間) 1GB 7日間
20GB(30日間) 10GB 15日間
60GB(90日間) 20GB 30日間
150GB(180日間) 20GB 30日間

*コード利用開始以降に期限がカウントされます。

Povoからデビューキャンペーンのコードが届きました。
10GBを15日間で使い切らないといけないので、今の20GBが終わるタイミングで使わないともったいないですね。

— Yuta SAKURAI🌤️ (@sakurai_yt) October 7, 2021

楽天モバイルのポイント還元特典

povo 2.0にはポイントがありませんが、楽天モバイルは乗り換え時にポイント還元される特典があります。このポイントを使ってスマホを実質無料で手に入れたり、毎月の料金の支払いに充てたりすることも可能です。

主なポイント還元特典には以下があります。

  • 対象のAndroidスマホとセットで最大25,000円相当のポイント還元
  • 他社から乗り換え(MNP)で回線だけの契約でも20,000円相当のポイント還元
  • 家族紹介で紹介した人に3,000ポイント、紹介された人に2,000ポイント還元

【楽天モバイル楽天リンク通話品質】
小学校の固定電話にかけたが全く問題なし
ありがとう……
国内通話無料……
OPPO A73 端末代ポイント還元実質タダ……

— 石林グミ🍼🎃👻 (@__stein) October 11, 2021

楽天モバイル・povo2.0 - 比較ポイントまとめ

楽天モバイルとpovo 2.0を徹底比較してきましたが、おすすめの人をおさらいしてみましょう。

楽天モバイルがおすすめの人 povo2.0がおすすめの人
  • 楽天回線に繋がる都市部に住んでいる
  • 電話専用のSIMを探している
  • よく長電話する
  • 楽天市場をよく利用する
  • お得に機種変更したい
  • 店舗で手続きしたい・スマホを試したい
  • 通信・通話品質を重視する
  • 使い方に合わせてプランをカスタムしたい
  • 料金を自分でコントロールしたい
  • テザリングで大容量通信をする
  • スマホの扱いや設定は自分でできる
メリット・デメリット比較
  楽天モバイル(UN-LIMIT VI) au povo2.0
料金プラン
  • 1ギガまで0円
  • データ無制限
  • eSIM対応
  • 5G対応
  • プラン料金3ヵ月無料
  • パートナー回線は高速通信月5ギガまで(以降は最大1Mbps)
  • 基本料0円
  • 使いたい時だけデータトッピング
  • eSIM対応
  • 5G対応
  • データがないと最大128kbps
通信品質・通信速度
  • ダウンロード速度:平均30Mbps
  • アップロード速度:平均18Mbps
  • パートナー回線(au)も使える
  • 楽天回線は場所によって電波が弱い
  • ダウンロード速度:平均70Mbps
  • アップロード速度:平均13Mbps
  • 安定のau回線
通話料金・通話機能・通話品質
  • Rakuten Link使用で無料かけ放題
  • 各種通話サービスが無料
  • 場所によっては電話できない
  • 5分かけ放題・かけ放題オプション
  • 通話はauだから高品質
  • 通話機能は最低限
独自サービス
  • 楽天ポイントが貯まりやすい
  • #ギガ活でギガがもらえる
  • DAZNやsmash.をお得に利用できる
サポート
  • 店舗で手続き可能
  • 遠隔サポートオプションあり
  • 端末保証は故障/破損/盗難/紛失に対応
  • 端末保証は故障/破損/水漏れに対応
  • 店舗サポートはない
  • 遠隔サポートはない
スマホ端末
  • iPhone・Android20機種以上を販売
  • 端末によっては高額ポイント還元
  • au Online Shopで白ロム購入可
  • 割引等は特にない
特典・キャンペーン
  • プラン料金3ヵ月無料
  • 楽天ポイント最大25,000円分還元
  • トッピング購入でデータボーナス
  • ポイントはない

楽天モバイルとpovo2.0を併用するのもあり

デュアルSIM対応のスマホを持っているのであれば、楽天モバイルとpovo2.0を併用するのも一つの手です。

楽天モバイルは専用アプリで無料かけ放題になるので通話専用に、povo2.0は通信品質が良く電波がよく入るのでデータ通信専用にするのがおすすめ。そうすることで、双方の弱点を補いあってコスパも抜群のスマホが完成しますよ。

ちなみに、楽天モバイルの通話専用アプリ「Rakuten Link」は、楽天回線対応のスマホ機種でしか利用できません。お手持ちのスマホが楽天回線に対応しているかどうかは、楽天モバイルの公式サイトで確認してください。

au povoに乗り換えてeSIMにし通信はpovoで。通話は楽天SIMを併用して楽天リンクで無料通話。
うまくいけば今よりスマホ代抑えられて通信量は増やせるなぁ。乗り換えるにはスマホの残債一括払い分割貯めてからだなぁ。
と、なんとなく考えています。

— きぃ@残41回 (@Kii_kanenashiko) October 14, 2021

ドコモの障害でサブの回線の重要性が高まる。というわたしはdocomo回線(OCN)からau回線(povo)に本日切り替えた。

主回線:povo(au)3GBトッピング
副回線:楽天モバイル 1GB未満 0円運用

アンテナはって情報収集して、決めたら乗り換える。今はMNP時の事務手数料とか負担がなかったりするしね。

— ぐっしー (@s_gushi) October 14, 2021

おすすめSIM会社

3カ月スマホ代無料キャンペーン中。Rakuten UNLIMIT VIではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、1GBまでならなんと0円国内通話もかけ放題

通信品質トップクラス。新プラン「くりこしプラン」では、割引なしで3GB1,628円(税込)と格安SIM最安級プランにデータを繰り越しできるのも魅力。

通信品質トップクラス。新プラン「シンプルプラン」では、家族割(2回線目以降)または光回線とのセット割の割引で3GBなら月額990円に(税込)。

顧客満足度の高い格安SIMで、通信品質の高さも特徴。新プラン「マイピタ」はデータ増量・価格は値下げとさらにお得に。5Gも利用可能

ドコモ回線の通信品質No1。音楽配信サービスでのデータ使用がカウントされないMusicカウントフリーかけ放題オプションなど充実のサービス。OCN光利用者なら月々220円引き

Youtubeなどの動画やApple Musicといった音楽配信サービスでのデータの使用がカウントされない「エンタメフリー・オプション」が特徴。

人気・おすすめ記事

更新日

価格表示について 2021年4月1日以降、各種サービスの料金は総額(税込)での表示が義務づけられています。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、一部の記事及び掲載中のサービス提供元のサイトで表示が切り替えられていない可能性があります。料金をご参照いただく際は十分ご注意ください。
セレクトラのらくらく窓口ではインターネットのお申し込みに関するご相談を受付中。電話予約はこちら