乗り換え先No1!4大キャリアで満足度2年連続1位!

楽天モバイル
  • iPhone購入乗り換えで最大24,000ポイント還元
  • かけ放題付き&3GBまでなら1,078円&どれだけ使っても3,278円!
  • 光回線楽天ひかりもあわせて使えば1年間光回線代がゼロに(詳細

【2022年最新】大注目Apple Watchでできること34選・できないこと6選!こんな人におすすめ

applewatches

スマートフォンに続き、より日常生活を便利にしてくれるスマートウォッチが発売されてから、私達のライフスタイルはより豊かなものになりました。

スマートウォッチには、シャオミの「Mi Band(ミバンド)」、グーグルの「Fit Bit(フィットビット)」、サムスンの「Gear(ギア)」があります。

その中でも断トツ人気なのが、アップルのアップルウォッチです。興味はあっても、実際にどんなことができるのか、あまり知らない方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では

  1. どんな人におすすめか
  2. アップルウォッチができること
  3. アップルウオッチできないこと
  4. どこで安くお得に買えるか

を徹底解説しています。

アップルウォッチを購入しようかかどうか迷っている方には、是非参考にしてください。

Apple Watchがおすすめな人

では、アップルウォッチはどんな方におすすめなのでしょうか?

結論から申し上げますと、以下の人にアップルウォッチはおすすめです。

  • しっかり健康管理をしたい人
  • 日常生活を効率化したい人
  • アップル製品を多く使う人

健康志向の人

アップルウォッチは、自分の健康管理がより効率良くできるのが特徴です。ヘルスケア機能が多くあり、常に自分の健康状態を確認できます。運動不足の解消にも役立ちますね。

アップル製品を多く使う人

アップルウォッチは、アップル製品を多く使う方におすすめです。iPhoneやMacと同期することができ、連携機能でより便利に利用することができます。

日常行動を効率化したい人

アップルウォッチでは電子決済をすることができるのも特徴です。日常の買い物や交通機関の支払いを、よりスムーズに効率よく済ませることができます。

Apple Watchでできること34選

それでは、「アップルウォッチでできること」を見ていきましょう。

Apple Watchでできること:時計関連

アップルウォッチが、時計関連でできることは以下になります。

  • 時間を確認できる
  • アラーム・ストップウォッチ・タイマーが利用できる
  • Siriで操作できる
  • ディスプレイを変えられる
  • 振動アラームを使える

時間を確認できる

アップルウォッチは、腕時計同様に時計として時間を確認することができます。

時計の文字盤は、デジタルとアナログの30種類以上の時計のテンプレ―トから自由に好きなものを選ぶことができます。

アップルウォッチ4シリーズ以前とSEでは、腕をあげるか手首を動かすと時計が見れるようになっていました。

シリーズ5以降では、ディスプレイの時計表示を常時点灯させておくことも可能です。

display

アラーム・ストップウォッチ・タイマーが利用できる

アップルウォッチでは、スマートフォン同様、「アラーム」「ストップウォッチ」「タイマー」の機能があります。

ストップウォッチの機能は多彩で、「アナログ」「デジタル」「ハイブリッド」から選べます。

stopwatch

Siriで操作できる

アップルウォッチでは、どの機能も画面のタップでも設定できますが、siriで音声で設定するこもと可能です。料理中など手がふさがっている時などに便利ですね。

siri

ディスプレイを変えられる

アップルウォッチでは、上に載せたイメージからも分かるように、スマートフォンと同様、出アップルウォッチのディスプレイを好きな画像や写真に変えることが可能です。

普通の腕時計の文字盤は変えられないので、スマートフォンならではの特徴ですね。

振動アラームを使える

アップルウォッチでは、アラームを振動のみで設定することができます。家族と寝ている時など、周りに音をたてずにアラームが使えるのは便利ですね。

関連記事:
【2022年最新】必見!iPhoneを最も安く買うおすすめの6つの方法

Apple Watchでできること:通知・情報表示

アップルウォッチが、通知・情報表示でできることは以下になります。

  • 予定を確認できる
  • 防災速報を受信できる
  • マップを確認できる

予定を確認できる

アップルウォッチでは、カレンダーに入れておいた予定やリマインダーなど、iPhoneで入力したものが同期され、振動で通知をしてくれます。

次の予定を文字盤に表示させておくこともできます。これで、予定を忘れることなく管理できるのはとても便利ですね。

reminder

防災速報を受信できる

アップルウォッチでは、Yahoo!などの防災速報のアプリをインストールしておけば、住んでいる地域での災害、地震や台風、大雨などが発生した時に防災速報をすぐ知らせてくれます。

スマートフォンだと、カバンの中に入っていたり常に持っていなかったりするので、情報を逃してしまうことがあります。

しかし、アップルウォッチならいつでもどこでもすぐ通知を確認することができます。これはとても便利ですね。

マップを確認できる

アップルウォッチでは、専用のマップアプリでスマートフォン同様にマップを確認することができます。画面は小さいですが、目的地までの簡単なルートの表示もしてくれます。

ただ、Googleマップのように、GPS並みに細かくは出ないので、車のカーナビとしては利用できないので注意してください。

map

関連記事:
iPhone SE第3世代は期待外れか?第2世代と徹底比較調査

Apple Watchでできること:電話・SNS

アップルウォッチが、電話・SNS関連でできることは以下になります。

  • 電話をすることができる
  • メッセージの送受信をすることができる
  • LINEの送受信ができる
  • SNSの通知を確認できる
  • 連絡先を管理できる

電話をすることができる

アップルウォッチでは、専用のアプリを用いて電話をかけることも受信することもできます。

iPhoneと接続されていれば、BlueTooth接続で発着信をすることができ、「FaceTime audio」を使えば、iPhone同様、wifiを利用して無料で電話をすることもできます。

denwa

メッセージの送受信をすることができる

アップルウォッチでは、専用のアプリを用いて電話をかけることも受信することもできます。

iPhoneの時と同様、音声入力や定形文、絵文字も問題なく入力することが可能です。

message

LINEの送受信ができる

アップルウォッチでは、LINEの新着メッセージの確認と簡単な返信をすることができます。

基本的に、アップルウォッチでできることは、

  1. 定形文
  2. スタンプ
  3. 音声入力
  4. 音声メッセージ

になります。

line

SNSの通知を確認できる

アップルウォッチでは、インスタグラムやツイッターなどのSNSの通知を確認することができます。

DMや「いいね」「フォロー」などの確認はできますが、入力やアップロードはできないので注意してください。

連絡先を管理できる

アップルウォッチでは、新しいWatch OS8から、同じアップルIDを使用しているiPhoneやiPadの端末に保存されている連絡先を、「表示・追加・削除・共有」することが可能です。

renrakusaki

関連記事:
iPhone 13シリーズで一番のおすすめはこれ!13 mini, 13, 13 Pro, 13 Pro Maxの違いを比較調査

Apple Watchでできること:電子決済

アップルウォッチが、電子決済でできることは以下になります。

  • Apple Pay等の電子決済ができる
  • PayPayを利用することができる
  • Suica・Pasmoと連携ができる

Apple Pay等の電子決済ができる

アップルウォッチは、Apple Pay対応となっています。Apple Pay以外でも、Suica, Pasmo,iDなどの各種電子決済が可能です。

アップルウォッチ対応の電子決済は以下になります。

  • Suica
  • iD
  • QUICKPay
  • LINE Pay
  • nanaco
  • WAON
  • VISAのタッチ決済

交通機関かコンビニや各種店舗で、財布を取り出さずにスピーディーに支払いを済ませることができるので、非常に便利です。

pasmo

PayPayを利用することができる

アップルウォッチでは、スマホで便利なQRコード決済も可能です。しかし、対応しているのはPayPayのみになります。

現在日本では、4,500万人以上の方がPayPayを利用しています。多くの方にとって便利な決済方法となっています。

自身のPayPayアカウントとペアリングをすれば、スマホを取り出さなくてもスムーズに支払いができます。

Suica・PASMOと連携ができる

アップルウォッチは、電子決済が可能です。Suica・PASMOなどの交通系ICカードとの連携ができます。

改札でわざわざおさいふやカード入れをカバンから出さなくても、腕時計のタッチだけでスムーズに改札に入ることができます。

ただ、改札のタッチ部分は右側に設置されているので、アップルウォッチを右につけるか、左手でタッチしないといけません。

suica

関連記事:
【2022年最新】必見!iPhoneを最も安く買うおすすめの6つの方法

Apple Watchでできること:健康関連

アップルウォッチが、健康関連でできることは以下になります。

  • 心拍数を測ることができる
  • 運動量を測ることができる
  • 睡眠の記録ができる
  • 血中酸素濃度を測ることができる
  • 心電図を測ることができる
  • アプリで深呼吸を習慣づけられる
  • 女性の周期記録ができる
  • 手洗いの確認ができる

心拍数を測ることができる

アップルウォッチには「心拍数」アプリがあり、安静時、瞑想時、運動中、運動後、歩行時など、一日で様々の状態の心拍数を測ることができます。

不規則な心拍数があった時に通知を受けられる機能もあり、日常の健康管理に大変役立ちます

shinpaku

運動量を測ることができる

アップルウォッチでは「ワークアウト」のアプリがあり、運動の種類を選んだら、運動時間・走行距離・消費カロリーなどの運動量を記録することができます。

Watch OS5以降は、運動を開始すると自動で認識をして運動量を測り始めるのでとても便利です。

sports

睡眠の記録ができる

アップルウォッチでは、「睡眠」のアプリで睡眠時間・睡眠の質・睡眠中の呼吸を記録することができます。

「睡眠」のアプリをインストールしてから、アップルウォッチを装着して寝ると、自動的にユーザーの動きを感知して記録をしてくれます。

さらに、過去14日間の睡眠時間の平均を記録したり、睡眠の目標を立てたりもできるので、健康維持に役立ちますね。

sleep

血中酸素濃度を測ることができる

アップルウォッチでは、体に取り込まれた酸素のレベルをチェックして「血中酸素濃度」を測定することができます。

血中酸素濃度が低下すると、呼吸不全になったり、立ちくらみやめまいを起こす原因にもなります。「血中酸素濃度」を測ることで、普段の健康管理をしっかりとすることができますね。

kecchusanso

心電図を測ることができる

アップルウォッチでは、Series 4以降から、「心電図」のアプリで心電図を計測することができます。

心臓発作等のチェックはできませんが、自分の健康状態を確認するのにとても便利ですね。

shindenzu

アプリで深呼吸を習慣づけられる

アップルウォッチでは、「呼吸」のアプリを使えば、深呼吸のガイドがながれ、深呼吸を習慣づけることができます。

深呼吸をして意識的に呼吸を整えることで、自律神経・交感神経・副交感神経のバランスを整えることができるので、健康管理に役立ちます。

kokyu

女性の周期記録ができる

アップルウォッチでは、Watch OS6から、女性の月経周期の詳細を記録できるようになりました。

自分の体の状態をしっかりと把握できるので、女性にとってはとても便利な機能ですね。

gekkeishuki

手洗いの確認ができる

アップルウォッチでは、「手洗い」のアプリを使えば、あなたが手を洗い始めたことを自動的に感知して、20秒間しっかり洗えるように時間を測ってくれます。

コロナの流行によって、常に手洗いが大事となった今、衛生面までこうしてサポートしてくれる機能があると助かりますね。

関連記事:
iPhone 13シリーズで一番のおすすめはこれ!13 mini, 13, 13 Pro, 13 Pro Maxの違いを比較調査

Apple Watchでできること:その他機能

アップルウォッチが、その他の機能でできることは以下になります。

  • 音楽を聞くことができる
  • Podcastを聞くことができる
  • カメラのモニター・シャッター機能が使える
  • 計算機を使うことができる
  • コンパスを使うことができる

音声を録音できる

アップルウォッチでは、Watch OS6から「ボイスメモ」のアプリが搭載され、音声を録音することが可能となりました。

アプリをインストールして録音ボタンを押すだけでボイスレコーダーとして機能することができます。

アップルウォッチでそのまま録音した音声を再生することもできますし、録音した音声をiPhoneへ転送して保存することもできます。

voice memo

音楽を聞くことができる

アップルウォッチでは、音楽再生機能があり音楽を聞くことができます。

アップルウォッチで利用できる音楽アプリは次のものになります。

  • Apple Music
  • Spotify
  • Amazon Music
  • AWA

アップルウォッチをiPhoneに同期するか、wifiに接続することで「オンライン」でストリーミングから音楽を再生することができます。

iPhoneにも同期せず、wifiにも接続していない「オフライン」の状態で音楽を聞く場合は、音楽をアップルウォッチにダウンとロードする必要があります。

音楽をアップルウォッチにダウンロードできる音楽アプリは、Apple MusicとSpotifyです。

「オンライン」でも「オフライン」でも音楽を楽しみたいという方は、Apple MusicかSpotifyの利用をおすすめします。

また、注意点として、アップルウォッチにはスピーカーの機能がありません

音楽を視聴する時には、Bluetooth接続で、ワイアレスのイヤフォン・ヘッドフォン・スピーカーが必要になりますが、ワイヤレス且つハンズフリーで音楽を楽しむことができるのは嬉しいですね。

music

Podcastを聞くことができる

アップルウォッチでは、「Podcast」のアプリを使ってPodcastを視聴することができます。

Podcastも音楽を聞くときと同様、iPhoneに同期するかwifiに接続することで「オンライン」で、直接アップルウォッチにダウン―ドすることで「オフライン」で聞くことができます。

また、注意点として、アップルウォッチにはスピーカーの機能がありません

音楽を視聴する時には、Bluetooth接続で、ワイアレスのイヤフォン・ヘッドフォン・スピーカーが必要になりますが、ワイヤレス且つハンズフリーで音楽を楽しむことができるのは嬉しいですね。

podcast

カメラのモニター・シャッター機能が使える

アップルウォッチでは、iPhoneのカメラと同期をさせることができ、アップルウォッチのディスプレイをiPhoneのカメラのモニターとして利用することができます。

また、そのディスプレイのモニターで取りたい被写体を確認しながら、iPhoneから遠く離れて、アップルウォッチのディスプレイでシャッターを切ることができます。これはとても便利ですね。

この機能は、カメラでも動画でも対応しており、アップルウォッチのカメラアプリを開くだけで、自動的にモニターとして起動します。

camera
camera1

計算機を使うことができる

アップルウォッチは、Watch OS6以降ならもともと入っている「計算機」のアプリで計算機を使うことができます。

keisanki

コンパスを使うことができる

アップルウォッチでは、Watch OS5以降なら、元々搭載されている「コンパス」のアプリでコンパスとして利用することができます。

ハイキングやキャンプなどで、山や自然の中に行くことが多い方には便利な機能でしょう。

関連記事:
iPhone 13シリーズで一番のおすすめはこれ!13 mini, 13, 13 Pro, 13 Pro Maxの違いを比較調査

Apple Watchでできること:アップル製品との連携

アップルウォッチが、アップル製品との連携でできることは以下になります。

  • Macのロックを解除できる
  • iPhoneのバッテリーの確認ができる
  • iPhoneのロックを解除することができる
  • 置き忘れたApple製品のデバイスを探せる

アップルウォッチはアップル製品なので、もちろん、他のアップル製品と同期させてより便利に利用することが可能です。

Macのロックを解除できる

アップルウォッチは、ご利用のMacと同期させると、アップルウォッチを身に着けて近づくだけで、自動的にMacにサインインすることができます。

普段はパスワードの入力が必要な時も、アップルウォッチを付けて近づくだけでMacのロックが解除されます。これはすごいですね。

iPhoneのバッテリーの確認ができる

アップルウォッチでは、専用のアプリをダウンロードして、iPhoneのバッテリーがどれくらい残っているかを確認することができます。

この機能を使えば、バッテリーの残量や充電がどれだけ完了したかも分かります。

ただ、この機能を使うには、iPhoneとアップルウォッチがBluetoothに接続されている必要があるので注意してください。

battery

iPhoneのロックを解除することができる

アップルウォッチでは、同期したiPhoneのロックをアップルウォッチで解除することができます。

得にコロナの時期でマスクを常時つけることが多いですが、マスクをしていると、iPhoneのFace IDが機能しないことがほとんどです。

しかし、Watch OS7.4以降なら、マスク着用時のiPhoneをアップルウォッチからロック解除することができます。

iPhoneの設定の「Face ID」の項目に「Apple Watchでロック解除」があるので、それをオンにすればアップルウォッチからのロック解除が可能です。

置き忘れたApple製品のデバイスを探せる

アップルウォッチでは、置き忘れたApple製品のデバイスの位置情報を確認して見つけることができます。

購入したApple製品のデバイスをApple IDに接続すれば、「デバイスを探す」というアプリで位置情報を確認することができます。

たとえそのデバイスの電源がオフだったり、低電力モード・機内モードだったとしても、このアプリでデバイスを探すことができるんです。

さらに、iPhoneがどこにあるか見つからない時に、アップルウォッチのアイコンをタップすると、iPhoneから音を出すことができます。

自宅でうっかりiPhoneの場所が分からなくなってまった時など、とても便利ですね。

ichi
ichi1

関連記事:
【2022年最新】必見!iPhoneを最も安く買うおすすめの6つの方法

Apple Watchでできないこと6選

以上のように、これだけたくさんできることがあるアップルウォッチですが、やはりできないこともあります。

それでは、ここからは「アップルウォッチでできないこと」を見ていきましょう。

Apple Watchでできないこと:血圧・血糖値は測れない

アップルウォッチでは、血圧・血糖値の測定はできません。今後、この機能を搭載する可能性もありそうですが、今の段階ではしばらく待たないといけないようです。

Apple Watchでできないこと:動画は見れない

アップルウォッチでは、動画を閲覧することはできません。YoutubeやNetlix等の動画ストリーミングのアプリにも対応していません。

アップルウォッチのディスプレイが小さいので、動画を見るのには適してないというのが本音のようです。

動画を見たい場合は、iPhone・iPad・Mac等の別のデバイスを利用しましょう。

Apple Watchでできないこと:電子書籍は読めない

アップルウォッチでは、電子書籍を読むことはできず、オーディオブックやKindleには対応していません。

これは動画同様、アップルウォッチのディスプレイが小さいので、大量の文字を読むのには適していません。

電子書籍を読みたい場合は、iPhone・iPad・専用のタブレットを利用しましょう。

Apple Watchでできないこと:Google検索はできない

アップルウォッチでは、Google検索をすることができません。つまり、iPhoneでネットサーフィンをするようにアップルウォッチを利用することはできません。

ただ、何か調べものをしたい時は、Siriを利用すれば検索可能です。また、メッセージで送られてきたURLを開くことだけはできます。

アップルウォッチの利用は、健康管理の手助けや、現在お持ちのApple製品との連動で、より便利なライフスタイルを実現することです。

Google検索やネットサーフィンをしたい時は、他のデバイスを利用しましょう。

Apple Watchでできないこと:ネットショッピングはできない

アップルウォッチでは、ネットショッピングをすることはできません。唯一できることは「Apple Store」のアプリから、そこで購入したものの履歴を見られるくらいです。

ネットショッピングをした場合は、iPhneやMacなど他のデバイスを利用しましょう。

Apple Watchでできないこと:ビデオ通話はできない

アップルストアでは、ビデオ通話をすることができません。LINE・Zoom・Skype・Facetimeなどのアプリに対応する機能はありません。

ビデオ通話をしたい場合は、iPhone等他のデバイスを利用しましょう。

関連記事:
iPhone SE第3世代は期待外れか?第2世代と徹底比較調査

Apple Watchを安くお得に買う方法

これまで、アップルウォッチのできること・できないことを見てきました。この章では、これだけ魅力のあるアップルウォッチをより安くお得に買える方法を紹介していきます。

まず、アップルウォッチを購入できるキャリア・格安SIMは次の5つです。

  1. 楽天モバイル
  2. ahamo
  3. ドコモ
  4. au
  5. ソフトバンク

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

楽天モバイル

楽天モバイルでは、お得にアップルウォッチを購入することができます。

  • 楽天モバイルのポイント
  •  「アップルウォッチスタートキャンペーン」で10,000ポイントが還元。
  • 貯まった楽天ポイントを使って購入できる。
  • 「電話番号シェアサービス」でアップルウォッチのみで通話・データ通信ができる。

楽天モバイルでは、「アップルウォッチスタートキャンペーン」があり、

  1. アップルウォッチを購入
  2. 「電話番号シェアサービス」へ新規加入

の条件を満たせば、楽天ポイントが10,000ポイント還元され、実質的に10,000円安くなることになります。これだけの割引は他ではないのでかなりお得ですね。

また、楽天ならではの楽天ポイントを利用して支払いをすることができます。

一度に利用できる楽天ポイントは一般の会員なら30,000ポイントまで、ダイアモンド会員なら500,000ポイントまでとなります。

普段から楽天経済圏で買い物をしていて楽天ポイントが貯まっているという方なら、楽天モバイルで最も安く買うことができるのでおすすめです。

また、楽天モバイルでは、「電話番号シェアサービス」があり、より便利にアップルウォッチを利用することができます。

「電話番号シェアサービス」 月額500円でお持ちのiPhoneの電話番号をアップルウォッチにシェアすることで、iPhoneが近くになくてもアップルウォッチのみで通話・データ通信ができるサービスです。

普通はアップルウォッチのみだと、近くにIPhoneがあるかwifiがないと通話やデータ通信をすることはできません。

このサービスを利用すれば、iPhoneなしでも外出ができ、必要な電話がかかってくれば対応することも、データ通信もできます。これはとても便利ですね。

楽天モバイルユーザーは、

 通話料金(20GB)+「ワンナンバーサービス」
=月額2,178円+月額550円
=月額2,728円(税込)

つまり、月額2,728円(税込)で20GBをiPhoneでもアップルウォッチでも利用できることになります。

ちなみに、「電話番号シェアサービス」に対応できるアップルウォッチはセルラーモデルのみになるので注意してください。

rakuten-apple watch

ahamo

格安SIMの中で唯一アップルウォッチを購入できるのはahamoになります。

  • ahamoのポイント
  • ドコモオンラインショップの割引で、アップルウォッチを安く購入できる
  • 「ワンナンバーサービス」でアップルウォッチのみで通話・データ通信ができる
  • 「ワンナンバーサービス」加入でdポイント5,000ポイントを獲得できる

Ahamoはドコモのサブブランドであり、2021年5月から、ahamo契約のままでドコモオンラインショップで商品を購入できるようになりました。そこからアップルウォッチも購入できます。

また、ドコモオンラインショップでは、今ならキャンペーンで、ahamoユーザーはアップルウォッチSeries 7 とSEが4,400円割引となっています。

ahamoでは「ワンナンバーサービス」があり、楽天モバイルと同様に、ahamoで契約している電話番号を、新しく購入するアップルウォッチと共有することができます。

料金は月額550円(税込)で、iPhoneを持ち歩かずに、アップルウォッチのみで通話・データ通信が可能になります。具体的にできることは、以下のものです。

  • 「ワンナンバーサービス」でアップルウォッチ単体でできること
  • 音声通話
  • メールの送受信
  • SMSの送受信
  • データ通信(ahamoの回線を利用)
  • アプリ通知の受け取り
  • 音楽ストリーミングの再生

また、今ならキャンペーンで、「ワンナンバーサービス」に加入するだけで、dポイントを5,000ポイント獲得することができます。

ahamoユーザーは、

 通話料金+「ワンナンバーサービス」
=月額2,970円+月額550円
=月額3,520円(税込)

つまり、月額3,520円(税込)で20GBをiPhoneでもアップルウォッチでも利用できることになります。

ちなみに、「ワンナンバーサービス」に対応できるアップルウォッチはセルラーモデルのみになるので注意してください。

ドコモ

ドコモでは、キャリア他社と同様、アップルウォッチを購入することができます。

  • ドコモのポイント
  • ドコモオンラインショップの割引で、アップルウォッチを安く購入できる
  • 「ワンナンバーサービス」でアップルウォッチのみで通話・データ通信ができる
  • 「ワンナンバーサービス」加入でdポイント5,000ポイントを獲得できる

ドコモユーザーは、ドコモオンラインショップでアップルウォッチを購入することができます。

さらに、ドコモオンラインショップでは、今ならキャンペーンで、ドコモユーザーは、アップルウォッチSeries 7 とSEが4,400円割引・Series 6なら5,500円割引となっています。

ahamo同様、「ワンナンバーサービス」に加入すれば、iPhoneが近くになくてもwifiに接続してなくても、アップルウォッチのみで通話・データ通信を利用することができます。

また、この月額550円の「ワンナンバーサービス」に加入すれば、dポイントが5,000ポイント分プレゼントされます。

ちなみに、「ワンナンバーサービス」に対応できるアップルウォッチはセルラーモデルのみになるので注意してください。

au

auでは、キャリア他社と同様、アップルウォッチを購入することができます。

  • auのポイント
  • au Payに貯まったPontaポイントを使って、アップルウォッチを購入できる
  • 「ナンバーシェア」でアップルウォッチのみで通話・データ通信ができる
  • 「ウォッチナンバーサービス」アップルウォッチ契約のみで通話・データ通信ができる
  • 「ウォッチナンバーサービス」と「ナンバーシェア」が月額385円で他社より安い

auなので、アップルウォッチ購入時に、au Payを利用して支払うことができます。その際に、貯まったPontaポイントを使って割引を適用させることも可能です。

Pontaポイントがたくさん貯まっているという方は良いですが、Pontaポイントは200円で1円の換算になります。

楽天ポイントやdポイントに比べて、少し割安となっているので注意しましょう。

とはいえ、auには他に魅力的なメリットもあります。

「ナンバーシェア」は、楽天モバイル・ドコモ同様、お持ちのiPhoneの電話番号をシェアして、その番号でアップルウォッチから通話・データ通信ができるサービスです。

このサービスが、月額385円(税込)と他社より200円ほど安くなっています。これはお得ですね。

さらに、auでは唯一、アップルウォッチのみの契約で、アップルウォッチで通話・データ通信をすることができる便利なサービスがあります。

「ウォッチナンバーサービス」では、iPhoneを持っていないユーザーでも、アップルウォッチに新しい番号が与えられ、通話・データ通信ができるようになります

iPhoneは必要ないけどアップルウォッチだけ利用したい、という方にはとても便利なサービスですね。

さらに現在では、auユーザー以外でも、この「ウォッチナンバーサービス」に申し込めるようになりました。

申し込みは、全国のauショップ、au Styleで行うことができ、月額は385円(税込)で250MBのデータ量を利用でき、通話料・SMS量・追加データ量は別途必要になります。

ちなみに、「ワンナンバーサービス」に対応できるアップルウォッチはセルラーモデルのみになるので注意してください。

ソフトバンク

ソフトバンクでは、キャリア他社と同様、アップルウォッチを購入することができます。

  • ソフトバンクのポイント
  • 「モバイル通信サービス」でアップルウォッチのみで通話・データ通信ができる
  • 「モバイル通信サービス」が月額385円(税込)で他社より安い
  • 今なら「モバイル通信サービス」の月額385円が4年間無料で最もお得

ソフトバンクの「Apple Watch モバイル通信サービス」では、他社同様、お持ちのiPhoneの電話番号をシェアして、その番号でアップルウォッチから通話・データ通信ができるサービスです。

このサービスが、auと同様、月額385円(税込)と他社より200円ほど安くなっています。これはお得ですね。

さらに、ソフトバンクでは、今ならキャンペーン中で、この「Apple Watch モバイル通信サービス」の月額385円が4年間無料となっており、合計18,480円もお得になります。

ちなみに、「ワンナンバーサービス」に対応できるアップルウォッチはセルラーモデルのみになるので注意してください。

Apple Watchを最も安く買えるネットショップTOP3

キャリア・格安SIMと契約をしなくても、アップルウォッチを安く買う方法はあります。それは、ネットショップを利用することです。

まず、結論から申し上げますと、アップルウォッチを安く買えるネットショップTOP3は以下になります。

  • 1位 楽天市場
  • 2位 Yahoo!ショッピング(ペイペイモール)
  • 3位 Amazon

最も安くアップルウォッチを買えるのは楽天市場です。これは、楽天市場での「お買い物マラソン」等のキャンペーンで安くなる上に、貯めたポイントで購入することもできるからです。

アップルウォッチの値段の比較表をご覧ください。

表タイトル
  通常価格 楽天市場 Yahoo!/ ペイペイモール Amazon
Apple Watch 3 28,800円~ 25,920円~ 25,832円~ 26,640円~
Apple Watch SE 40,800円~ 36,720円~ 36,820円~ 37,740円~
Apple Watch 7 58,800円~ 52,920円~ 53,320円~ 54,390円~

さらに、普段から楽天市場で買い物をしていて楽天ポイントがすでに貯まっている方は、その貯まったポイントで支払いをすることもできます。

楽天経済圏を利用していると、色んなところでお得にお買い物ができるので、とても便利ですね。

Apple Watchまとめ

この記事では、

  1. アップルウォッチがおすすめな人
  2. アップルウォッチでできること
  3. アップルウォッチでできないこと
  4. アップルウォッチを最も安く買う方法

を解説してきました。進化したアップルウォッチは、私達の健康管理を大きく助け、日常生活を効率化することに非常に役立っています。

  • アップルウォッチがおすすめな人
  • しっかりと健康管理をしたい人
  • 日常生活を効率化したい人
  • アップル製品を多く使う人

みなさんも、アップルウォッチで新しい便利で健康的なライフスタイルを作ってみましょう。

更新日