1年間無料を逃した人もチャンス!
楽天モバイルの3カ月プラン料金無料キャンペーン開始

  • 3カ月スマホ料金が無料!(1人1回線1度のみ)
  • 無料期間後もデータ使用量が1GBまでなら無料!
  • 光回線楽天ひかりもあわせて使えば1年間光回線代がゼロに(詳細

eSIMとは?eSIMの使い方やメリット解説

eSIMとは?
eSIMとは?

最近eSIMという言葉をしばしば聞くようになった方もいるかもしれません。総務省の携帯・スマホ乗り換え促進のアクションプランの一環としても、eSIMの普及が奨励されていますが、多くの方にとってはまだまだ馴染みのないものでしょう。本記事では、eSIMが何であり、どのようなメリットがあるのかを解説いたします。

  • 本記事のポイント
  • eSIMは、これまでのSIMカードを置き換えるバーチャルなSIMです。
  • eSIMにより、スマホ・携帯の乗り換えが容易になります。
  • 節約したいけれど、キャリアメールも手放したくないという人にもオススメ
  • 日本では、IIJmio楽天モバイルがeSIMに力を入れています。
ニュース・キャンペーン情報

格安SIMの中でも高速で人気のUQモバイルが今ならお得

  • 最大1万円キャッシュバック(au・povo以外からの乗り換え)
  • でんき割セット開始!auでんきUQでんきと一緒に使うと、3GB990円
  • 人気のiPhone SEも月々990円からの分割払いで購入可能

eSIMとは?

従来のSIMカードは端末に挿入するタイプでした。

eSIMとは「組み込み型SIM」

eSIMとは、「組み込み型SIM」のことを意味します。eSIMのeとは英語のembedded(エンベデッド)のeであり、この英単語は「組み込まれた」または「埋め込まれた」という意味です。従来のSIMカードがスマートフォンと別れたチップになっており、スマートフォンに挿入するタイプであったのに対して、eSIMはスマートフォンにSIMが埋め込まれているのです。

「組み込み」といってもeSIMは脱物質化された、次の世代のSIM

しかし、埋め込まれたといっても、各社に固有の物理的なSIMカードがスマートフォンに埋め込まれているわけではありません。むしろ、eSIMが組み込み型のSIMであると言われるのは、これまでのSIMカードという具体的な形をとっていたSIMがいわば脱物質化された状態でスマホに内蔵されているからです。

これまでのSIMカードの場合、携帯電話・スマホ会社を乗り換える場合には、それまで使っていたSIMカードをスマホから抜いて、乗り換え先の会社のSIMカードを挿入する必要がありました。これは、ご利用中の通信授業者があなたを識別するための情報が物理的なSIMカードと不可分であったためです。

これに対して、eSIMでは、そうした識別情報が書き換え可能です。つまり、eSIMでは識別情報とそれを記録するためのカードが完全に分離されており、利用者識別番号としてのSIMが完全に脱物質化されているのです。

eSIMのメリットは、乗り換えの簡単さ

これまでの議論から明らかなように、eSIMのメリットは携帯・スマホ会社の乗り換えが簡単になることにあります。

これまでのSIMカードであれば、今まで使っていたプロバイダーのSIMカードをスマホから抜いて、乗り換え先の会社のSIMカードをスマホに挿入する必要があります。このためには、もちろん新しいプロバイダーのSIMカードを注文して、それが郵送されてくるのを待たなければなりません。

これに対して、eSIMでは、物理的なカードを交換する必要がなく、情報を書き換えるだけです。このため、乗り換えの手続きは、インターネットで行い、QRコードを読み込むだけで完了してます。言い換えれば、従来のSIMカードのように、カードを注文して、郵送されてくるのを待たなければならないということがありません。

物理的なSIMカードと併用してeSIMを副回線として使用することも可能

eSIMは乗り換えだけではなく、現在使っている回線の副回線としても使用することができます。このため、メインで契約している回線とは別に、データ通信用の2つ目の回線として、後述するIIJMioや楽天モバイルを使うこともできます。

eSIMを使える端末は?

eSIMを使うためには、お使いのスマホやiPAD・タブレットの端末がeSIMに対応していなければなりません。

現在、eSIMを使うことができる端末は、残念ながらまだ多いわけで貼りません。以下の端末がeSIMに対応しているものです。

eSIM対応機種の一覧
eSIM対応iPhone
  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro MAX
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
eSIM対応Android
  • Google Pixel 5
  • Google Pixel 4a (5G)
  • Google Pixel 4a
  • Google Pixel 4
  • Google Pixel 4 XL
  • Rakuten BIG
  • Rakuten Mini
eSIM対応iPad・タブレット
  • Pad(第8世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad Air(第4世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 11インチiPad Pro 
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • Surface Pro LTE Advanced 
  • Surface Pro X
  • ASUS TransBook Mini T103HAF-LTE
  • ASUS TransBook Mini T103HAF-GR079LTE

日本におけるeSIMサービス

日本ではまだまだeSIMは一般的ではありません

日本におけるeSIMのサービスは、まだまだこれからといった状況です。しかし、格安SIMのIIJmio楽天モバイルが力を入れています。

IIJmioのeSIMサービス

IIJmioは日本でいち早くeSIMのサービスを開始しました。IIJmioのeSIMサービスは、データ通信に限定されていますが、活用すればたとえばドコモ・au・ソフトバンクといった3大通信会社から乗り換えずに、月額料金を節約することが可能です。

eSIM データプラン ゼロ

IIJmioのデータプランゼロは、月額料金165円で、必要に応じてデータ容量を追加する仕組みです。

最初の1GBは330円2GB目以降は1GBごとに495円でデータ容量をチャージすることができます。

IIJmio eSIM データプラン ゼロの料金(税込)
初期費用 3,300円
月額料金 165円
追加データ量
最初の1GB
330円
追加データ量
2GB〜10GB
495円

IIJmioのeSIMは、キャリアの段階性プランとセットで使うのがオススメ

IIJmioのeSIMは、データ通信専用であるため、単独では通話を行ったり、SMSの送受信をすることはできません。

しかしながら、たとえばドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアの低容量帯プランと組み合わせて使うことにより、キャリアとの契約を維持したまま、月々の通信費を下げることができます。キャリアの段階性プラン(従量制プラン)をご覧ください。

大手キャリア - 段階性プラン一覧
  ドコモ
ギガライト
au
ピタットプラン4G LTE
ソフトバンク
ミニフィットプラン
1GB 3,150円 3,150円 3,980円
2GB 4,150円 4,650円 5,980円
3GB 7,480円
4GB 5,150円
5GB 6,150円
6GB 6,150円 なし
7GB

このように、1GBを少し超えただけで、月額料金が1,000円から2,000円増えてしまいます。特に、ソフトバンクのミニフィットプランの場合には、2GB目の値段が一気に5,980円まであがっているため、1GBを2,000円で買っていることになります。IIJmioのeSIMを使えば、これを450円で抑えることができるため、1,500円程度の節約になります。

キャリアメールを維持したい人にもおすすめ

このようにして、キャリアの段階性プランと組み合わせることのポイントの一つは、docomo.ne.jpといったキャリアメールを維持しつつ、キャリアでのスマホ代を節約することができる点にあります。毎月のスマホ代を節約したいけれど、ドコモ・au・ソフトバンクのメールアドレスは手放したくないという方には考慮の余地のある選択肢ではないでしょうか。

今ならeSIMお試しキャンペーン中

2021年1月12日まで、IIJmioでは、eSIMお試しキャンペーンが行われています。

このキャンペーン利用すると、本来かかる初期費用3,000円がなんと1円で済みます。

楽天モバイルのeSIMサービス

楽天モバイルのウェブサイトより

楽天モバイルのスマホプラン 'Rakuten UN-LIMIT V'

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VもeSIMで使うことができます。Rakuten UN-LIMIT Vの詳細は次の通りです。

楽天モバイル - Rakuten UN-LIMIT V
月額料金 2,980円(税抜)
通信規格 4G・5G
通信容量 楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB/月
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話 Rakuten Linkのアプリを利用すればかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒20円
楽天モバイル - Rakuten UN-LIMIT V
月額料金(税込)
3,278円
通信規格
4G・5G
通信容量
楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB/月
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話
アプリRakuten Link使用でかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vはこのように月額料金3,278円で、データ容量無制限という驚きのプランです。しかも、楽天モバイルは、現在1年間スマホ料金無料キャンペーンを行っています。このため、楽天自社回線エリアにお住いの方であれば、お試しでデータSIMとして楽天モバイルを使って、大容量データ通信を体験してみるという使い方もできます。

さらに、楽天モバイルの無料キャンペーンの一環として、現在モバイルWi-Fiの端末も無料(もしくは1円)でついてくるというサービスが行われています。お手持ちのスマホがeSIM対応ではない方は、モバイルWi-Fiで楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vを体験してみるとよいでしょう。

端末も無料!Rakuten UN-LIMIT VをモバイルWi-Fiで体験するチャンス

端末も無料!Rakuten UN-LIMIT VをモバイルWi-Fiで体験するチャンス

おすすめSIM会社

3カ月スマホ代無料キャンペーン中。Rakuten UNLIMIT VIではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、1GBまでならなんと0円国内通話もかけ放題

通信品質トップクラス。新プラン「くりこしプラン」では、割引なしで3GB1,628円(税込)と格安SIM最安級プランにデータを繰り越しできるのも魅力。

通信品質トップクラス。新プラン「シンプルプラン」では、家族割(2回線目以降)または光回線とのセット割の割引で3GBなら月額990円に(税込)。

顧客満足度の高い格安SIMで、通信品質の高さも特徴。新プラン「マイピタ」はデータ増量・価格は値下げとさらにお得に。5Gも利用可能

ドコモ回線の通信品質No1。音楽配信サービスでのデータ使用がカウントされないMusicカウントフリーかけ放題オプションなど充実のサービス。OCN光利用者なら月々220円引き

Youtubeなどの動画やApple Musicといった音楽配信サービスでのデータの使用がカウントされない「エンタメフリー・オプション」が特徴。

人気・おすすめ記事

更新日

価格表示について 2021年4月1日以降、各種サービスの料金は総額(税込)での表示が義務づけられています。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、一部の記事及び掲載中のサービス提供元のサイトで表示が切り替えられていない可能性があります。料金をご参照いただく際は十分ご注意ください。
インターネットのお申し込みに関するご相談は03-4578-9656セレクトラのらくらく窓口まで。