大手旅行会社のH.I.S.が展開する格安SIM、HISモバイルが、新料金プラン「自由自在290プラン」を発表。果たして新プランの口コミや評判は?月間データ通信量が少ない人のお得度が高いプランということですが、どのような料金体系なのか詳細も確認していきます。既存のプランも合わせてみてみましょう。

HISモバイルとは?- HISモバイルの特徴

HISモバイルとは?

HISモバイルは、大手旅行会社エイチ・アイ・エスが、日本通信株式会社との共同出資により設立した格安SIMです。

HISモバイルは、以前よりユーザーのニーズに併せて、従量制プラン「ビタッ!プラン」や海外にいった時にも簡単に利用できる海外用SIM「変なSIM」で支持を広げてきました。2020年8月28日には格安SIMとしてはめずらしく、国内通話完全定額性プラン「格安かけ放題」もサービスと投入しています。

熾烈な格安SIM会社間の競争や根強いキャリア人気の中、HISモバイルは「格安ステップ」、「格安かけ放題プラン」、「格安弐拾プラン」といった魅力的なプランを提供し、シェアを確実に増やしてきました。

以下では、2022年5月19日に発表されたばかりの最新の音声通話付きSIMのプラン「自由自在290プラン」を中心にHISモバイルのメリット・デメリットについて解説していきます。

HISモバイルはどんな人におすすめ?

HISモバイルはこんな人におすすめ こんな人はHISモバイル以外がおすすめ
  • スマホはあまり使わないので、スマホ代をとにかく安くしたい
  • 通話を比較的よくするので、通話料が安いスマホプランを使いたい
  • お昼どきや夕方の通信が混雑する時間にも快適にスマホでインターネットをしたい
  • 通信速度が速いスマホプランを使いたい
  • データ容量超過後でもある程度スムーズにインターネットができるようにしたい
  • スマホ料金の支払いは口座振替で行いたい

関連記事:
口座振替で支払える格安SIM会社一覧 特徴とおすすめポイント比較

HISモバイルの料金プラン

HISモバイルの新プラン「自由自在プラン」

HISモバイルの料金プランは現在、

  • 音声通話機能付きSIM(電話もできる普通のSIMカード)で1プラン
  • データ通信専用SIMで2プラン

の合計3つのプランからなります。

以下では、もっとも需要が高いと思われる、音声通話機能付きSIMの最新料金プラン「自由自在290プラン」を紹介します。

自由自在290プランの詳細

自由自在290プランの詳細は次の通りです。

HISモバイル新プラン「自由自在290プラン」
項目 音声通話付
データ容量 1GB 3GB 7GB
290円(100MB未満の月)
550円
業界最安!
770円
業界最安!
990円
通話料金 業界最安!
30秒9円
通話オプション 5分かけ放題:500円/月
完全かけ放題:1,480円/月
データチャージ 200円/1GB※最大100GBまで
HISモバイルのサイトを見る

関連記事:
2022年5月開始!HISモバイルの月額料金290円新プラン自由自在290プランを徹底解説

自由自在290プランのポイント:メリット・デメリットは?

自由自在プランのポイントは次のようにまとめることができます。

自由自在290プランのメリット 自由自在290プランのデメリット
  • 100MB・3GB・7GBで業界最安の基本料金
  • 通話料金が業界最安
  • バースト転送機能がないので低速モードがより遅く感じられる
  • 節約モードと高速モードの切り替え機能はない
  • データ繰り越し機能はない

 100MB・3GB・7GBで業界最安の基本料金

HISモバイルの自由自在290プランは100MB・3GB・7GBのデータ容量で、それぞれ料金が業界最安です。(楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIは1GBまで0円ですが、7月から新プランへの移行のためここでは除外)

各段階での料金は290円・770円・990円です。

1GBのプランで100MBを超えると、290円ではなく550円ですが、これも日本通信SIMの合理的シンプル290プランを除けば最安の料金です。

また、7GBという割と余裕のあるデータ容量が990円で使えることも見逃せません。

 通話料金が業界最安

HISモバイルの自由自在290プランは通話料が業界最安で30秒9円です。(楽天モバイルのRakuten Linkは通信規格が異なるため除外した場合)

通常キャリアのプランでは通話料金は30秒22円で、MVNOでは多くの場合30秒11円です。HISモバイルの自由自在290プランはこれをさらに下回る通常の半額以下の通話料金で電話をかけることができます。

 バースト転送機能がないので低速モードがより遅く感じられる

一つ目のデメリットは、HISモバイルの自由自在290プランではバースト転送機能がないため、通信制限時の速度がバースト転送機能がある格安SIMと比べて遅く感じられます。

バースト転送機能とは、節約モードないし通信制限時でも、データの読み込みの際に最初の一定量を高速データ通信と同じ速度で読み込む機能のことを言います。このため、バースト転送機能があると、同じ200kbpsでウェブサイトを読み込むにしても、より早く読み込まれることになります。

HISモバイルでは残念ながらこの機能はないため、人によっては速度制限時の通信がよりストレスに感じられるかもしれません。

 節約モードと高速モードの切り替え機能はない

HISモバイルの自由自在290プランにはMVNOによくある節約モードと高速モードとの切り替え機能がありません。

このため、普段、メールや文字ベースの簡単なサイトを見るときには節約モードにしておいて、比較的重いコンテンツの閲覧のときにだけ高速モードにして、データを節約するという使い方はできません。

 データ繰り越し機能はない

HISモバイルの自由自在290プランには、MVNOやサブブランドでおなじみの、余ったデータの翌月繰り越し機能はありません。

このため、たとえば7GBプランを選択して、ある月に3GBしか使わなかったとしたら、残りの4GBは翌月に繰り越されることなく、消滅してしまいます。

関連記事:
2022年5月開始!HISモバイルの月額料金290円新プラン自由自在290プランを徹底解説

HISモバイルの評判・口コミ

HISモバイルの評判について、具体的にどのようなものがあるのかみて行きましょう。HISモバイルの申し込みを検討中の方は是非参考にしてみてくださいね。

HISモバイルの評判①:業界最安の基本料金と通話料金

以上の解説からもわかる通り、自由自在290プランは小容量帯において業界最安ないしそれに準ずる料金設定になっています。

このため、スマホをあまり使わないという人でHISモバイルへの乗換えをする人が多いようです。特に、自由自在290プランの発表は、楽天モバイルが1GBまでなら0円という方針を変更する発表をした時期と重なったため、楽天モバイルからHISモバイルへと乗り換えを検討している人も多いようです。

楽天モバイルが0円じゃなくなるので290円のHISモバイルにします

— ほわいとあおちゃん🐼💥 (@RevueSuyarNight) May 23, 2022

HISモバイルの評判②:料金の分かりやすさ・安さ

料金プランが単純明快です。定期契約・自動更新のような縛りもなく、複雑な割引などもありません。単純に契約をしているプランだけでどれくらいお得なのか、どのくらいのデータ容量が利用できるのか、シンプルに理解することができます。

HISモバイルの評判③:通信速度

HISモバイルでは、基本的にドコモ回線を利用しています。(ビタッ!プランは、ソフトバンクかドコモ回線か選択可能。)通信速度に関しては概ね好意的に意見が多いようです。

HISモバイル(ドコモ回線)12時台混雑時の通信速度ですお納め下さい。
3GB790円業界最安値でありながら、問題なく使える速度とドコモ回線の繋がりやすさは安心できます。
日本通信の兄弟分、HISもよろしくー!#スマホ pic.twitter.com/TcJGmhw8AU

— グルン (@DCR_gurun) July 2, 2021

hisモバイルのバルクsim都心でも場所によってそこそこ速度でるな。

— sdne Anime/FGO (@nr00004) January 29, 2020

HISモバイルの評判④:最低利用期間・解約金なし

HISモバイルでは、2019年6月18日をもって、最低利用期間が廃止されました。

このため、2年縛りといった最低利用期間がありません。

従って、解約違約金や解約解除料のようなものは一切ありません。

HISモバイルの評判⑤:電気とのセット割はある?

HISでは、HISでんき(HTBエナジー)という名称で電気の小売りも行っています。同じグループの提供しているサービスなのですが、HISモバイルとのセット割りはありません。

ただし、HISのでんきは、電気の使用量の少ない人から、多い人ならさらに電気料金の安くなるプラン展開をしています。HISモバイルとのセット割りがなくてもHISでんきで電気料金が今より安くなる可能性大です。

モバイルと同様に解約金は一切ありません。興味があれば、一度シュミレーションをしてみると良いでしょう。電力会社から届けられる検針票をお手元にご準備ください。

今より安い電気料金・ガス料金のプランをお探しなら、セレクトラまでご相談ください。  電話で相談する(0120-013-605)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

HISモバイルのデメリット・注意点

上で指摘した、繰り越し機能がないことやバースト転送機能がないことなどを除けば、HISモバイルには大きなデメリットはありません。あえて指摘するならば、支払い方法がクレジットカードに限られている、あまり格安SIMとしてはあまり知名度がない、という点が指摘できるかもしれません。

関連記事:
口座振替で支払える格安SIM会社一覧 特徴とおすすめポイント比較

HISモバイルのデータ通信専用SIMのプラン

HISモバイルは、音声通話機能付きSIMのプランである自由自在290プラン以外にも、データ通信専用SIM用のプランを2つ提供しています。

  • データ定額440プラン:
    予めデータ容量を決めておいて、その分の料金を払う定額制
  • ビタッ!プラン:
    データを使った分に応じて料金が変動する従量制

データ定額440プラン

データ定額440プラン

データ定額440プランは、定額制のデータ通信専用プランです。データ容量は1GBから50GBまで幅広く選ぶことができます。

データ容量 料金
1GB 440円
3GB 580円
7GB 880円
20GB 2,080円
50GB 5,880円

SMS機能は月額50円で追加することができます。

ビタッ!プラン

ビタッ!プラン

データ定額440プランが定額制のプランであるのに対して、ビタッ!プランは従量制のデータ通信専用SIMプランです。このため、あらかじめデータ容量を決めておく必要はなく、使ったデータ容量に応じて、使った分だけの料金を払うことになります。

こちらの「ビタッ!プラン」では、NTTドコモ回線かソフトバンク回線のいずれかを選ぶことが可能です。SMSの利用が可能か否かという点を除けばどちらも料金は同じです。

ビタッ!プラン 月額料金表 (税込)

ビタッ!プラン 月額料金表(税込)
データ容量 ドコモ回線 ソフトバンク回線
100MB 198円
2GB 770円
5GB 1,320円
10GB 2,310円
15GB 3,300円
30GB 5,775円
SMS利用 154円で追加可
事務手数料 3,300円
解約金・最低利用期間 なし

月々のデータ通信量にばらつきがあるような人の場合、ある月にはほとんどデータを使用しなかったということがありえます。そういった場合、定額制を利用していると、全くデータを使用していないのにデータ通信料金を支払うことになってしまいます。

このため、データ通信料が月々によって変動し、月によってはあまりデータを使わないといった方に、このプランはおすすめです。

思っていたよりも使い過ぎてしまったら?

使った分だけ払うと聞くと、予期せず通信量が増えた場合に、高額なってしまうのではないかと懸念される方がいるかもしれません。

しかし、使った分だけといっても、HISモバイルの従量制プランは限度がないものではありません。

100MB・2GB・5GB・10GB・15GB・30GBのうちから、自分に合った上限を設定することによって、使い過ぎを防止することができます。

HISモバイル 申し込み方法

HISモバイルに申し込むには、公式サイトでオンライン申し込みかHIS店舗での店頭申し込みかの2つ方法があります。

ちなみに、HIS店舗で扱っているのは海外用の「変なSIM」のみで、国内用SIMは店舗では販売されていません。国内用が欲しいのであればオンライン申し込み一択となります。

  申し込み前に用意するもの

HISモバイル申込に必要なものは下記の通りです。

・本人確認書類(通話付きSIMのみ)
・クレジットカード
・メールアドレス
・MNP予約番号(他社から電話番号そのままで乗り換えする場合)

HISモバイルの料金支払いはクレジットカード決済のみで、口座振替は不可となっています。また、キャリアから乗り換えるとキャリアメールが使えなくなります。HISモバイル申し込み時にはGmailやYahoo!メールアドレスなどを用意しておきましょう。

 HISモバイル - オンライン申し込みの手順

  1. HISモバイル公式サイトで「お申し込み」をクリックする
  2. 希望のプラン・回線を選択する
  3. My H.I.S.モバイルのIDを作る
  4. 契約者情報を入力する
  5. クレジットカード情報を入力する

新規受付を停止しているHISモバイルの過去のプラン

ここでは現在は新規受付を停止しているHISモバイルの過去のプランについて解説します。

具体的には

  • 「格安ステッププラン」
  • 「格安かけ放題プラン」
  • 「格安弐拾プラン」

の3つです。

HISモバイルのプラン(新規受付停止中)
プラン名 内容
格安ステッププラン
▷詳細を見る
  • 音声通話とSMS機能付き、SMS機能付き、データのみの3種類のSIMカードから選ぶことができる。
  • データ容量は、1、3、5、7、10GBから選ぶことができる。
格安かけ放題プラン
▷詳細を見る
  • データ容量は3GB。
  • 通話が無制限。
格安弐拾プラン
▷詳細を見る
  • 20GBの大容量プラン。
  • 70分無料通話付き。

格安ステッププラン

データ通信をあまり必要としない方、スマホのライトユーザーに最適なプランです。データ容量を1GBにし、音声通話付きのSIMにした場合、月額料金は僅か590円です。1GBが不安という方で3GBを選んだとしても、790円となります。

この格安ステッププランの場合、通話に関しては使用した分だけ、通話料がかかりますが、短くちょくちょく電話する人には5分かけ放題のオプションを追加するという選択肢もあります。

実際、みんなどのくらいのデータ容量を使っているの?格安SIM利用者の7割がデータ容量を3GB以上利用することがない、というデータがでています。(2021年2月MMD研究所調べ)実際のニーズに沿ったプランを安く提供しているのがこのHISモバイルの格安フラットプランといえるでしょう。

格安ステッププラン料金表(税込)

HISモバイル - 格安ステッププラン料金表(税込)
音声+データ+SMS
1GB 590円
3GB 790円
5GB 1190円
7GB 1490円
10GB 1790円
データ+SMS
1GB 520円
3GB 750円
5GB 1150円
7GB 1450円
10GB 1750円
データのみ
1GB 490円
3GB 620円
5GB 1020円
7GB 1320円
10GB 1620円
その他費用
追加チャージ 275円/GB
通話料 通話料半額:11円/30秒(音声付きSIMの場合)
オプション:5分かけ放題 700円(専用アプリは不要。標準の電話機能で通話)
初期費用 3,300円
解約金・最低利用期間 なし
HISモバイルのサイトを見る
HISモバイル - 格安ステッププラン料金表(税込)
  1GB 3GB 5GB 7GB 10GB
音声+データ+SMS 590円 790円 1,190円 1,490円 1,790円
データ+SMS 520円 750円 1,150円 1,450円 1,750円
データのみ 490円 620円 1,150円 1,450円 1,620円
追加チャージ 275円/GB
通話料 通話料半額:11円/30秒(音声付きSIMの場合)
オプション:5分かけ放題 700円(専用アプリは不要。標準の電話機能で通話)
初期費用 3,300円
解約金・最低利用期間 なし
HISモバイルのサイトを見る

格安かけ放題プラン

HISモバイルは、2020年8月28日から、24時間かけ放題サービスの提供を開始しています。実は、格安SIMにおいては、24時間かけ放題サービスはめずらしいため、HISモバイルの国内通話かけ放題サービスは貴重なプランといえます。

【関連記事】 時間無制限のかけ放題プランを提供している格安SIMはある?

HISモバイルのかけ放題プランは、ドコモ回線を使用しており、2,480円の月額料金で、3GBの高速データ通信を利用することができますです。

3GBを超える通信容量が必要な場合は、1GBごとに250円で追加することができます(最大30GB)。通常1GBの追加の相場が500円であることを考えると、1GB250円は通常の半額であり、非常にお得であると言えるでしょう。

HISモバイルと他のかけ放題プランとの比較

HISモバイルの格安かけ放題プランは、どれくらいお得なのでしょうか?大手キャリアドコモauソフトバンクの段階性プランと比較してみましょう。

HISモバイルとキャリア - かけ放題プラン比較(税込)
HISモバイル 格安かけ放題プラン(3GB)

2,728円

ドコモ ギガライト + かけ放題オプション

6,248円
内訳:4,378円(2年契約)+ 1,870円

au ピタットプラン (4GB) + 通話定額 6,798円
内訳:4,928円(2年契約)+ 1,870円
ソフトバンク ミニフィットプラン (3GB)+ 定額オプション 7,458円 
内訳:5,478円 + 1,980円

この表からわかるように、HISモバイル「格安かけ放題プラン」の方が、ドコモやauで割引を適用された場合と比べても、少なくとも2,000円以上安くなります。ドコモとauの割引には家族割が含まれる場合もあるため、たとえば、家族全員でドコモやauの家族割引を利用するよりも、HISの格安かけ放題を家族全員が利用した方がお得ということになります。

HISモバイル - かけ放題プラン比較(税込)
HIS Mobile 音声通話SIM 3GBかけ放題

2,728

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI 1,078円
Y!mobile 音声通話SIM 3GBかけ放題 4,048円
UQ Mobile 音声通話SIM 3GBかけ放題 3,498円

格安弐拾プラン

プラン名の弐拾は20GBから来ています。20GBというかなり多めのデータ容量を必要とする人を対象としたプランです。70分までの音声無料通話がついてきます。

基本料金 (20GB) 2,178円
以降1GBごと (最大30GB) 275円
音声通話 月70分まで無料 11円/30秒(70分経過後) (専用アプリは不要。標準の電話機能で通話)
SNS機能
解約金・最低利用期間 なし
初期費用 3,300円
HISモバイルのサイトを見る

海外専用SIM - 変なSIM

HISモバイルの海外用SIM「変なSIM」は、通常のSIMの上に貼り、アプリで国内・国外を切り替えるだけで、高速通信サービスをリーズナブルな価格で楽しめることできる、簡単・速い・安いの三拍子が揃ったサービスです。

現在はコロナウィルスによる影響のために、多くの人にとっては、仕事や旅行でで海外渡航するのはしばらく先の話かもしれませんが、コロナ後に海外渡航をするのが今から待てないという方は、HISモバイルに乗り換えておき、コロナ収束後の海外渡航に備えておくのもよいかもしれませんね。

 HISモバイルの海外用SIMは1日500円とお手軽

HISモバイルの海外用SIM「変なSIM」は、1日200MBまで500円(国内だと550円)と手軽に申し込めるリーズナブルさです。

海外での通信サービス - 料金比較(税抜)
  HISモバイル ドコモ au ソフトバンク
サービス名 変なSIM パケットパック海外オプション 世界データ定額 海外パケットし放題
対応国数 69 200以上 150以上 170以上
通信料金(1日当たり) 500円(~200MB) 980円

(契約中の国内料金プランのデータ量を使用)

1,980円(~25MB)

2,980円(25MB~)

対応国であっても~200MBプランにしか対応していなかったり、逆に~200MBまでのプラン以外に対応していたりします。詳細についてはHISモバイル公式サイトにて確認してください。

  海外用SIMは1日500円とお手軽

HISモバイルの海外用SIM「変なSIM」は、1日200MBまで500円と手軽に申し込めるリーズナブルさです。

たとえば、これは、7日間のツアーだと計1.4GBで3,500円という計算になります。

大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)と比較すると、HISモバイルがいかにお得かが分かります。下記をご覧ください。

海外での通信サービス - 料金比較(税抜)
  HISモバイル ドコモ au ソフトバンク
サービス名 変なSIM パケットパック海外オプション 世界データ定額 海外パケットし放題
対応国数 69 200以上 150以上 170以上
通信料金(1日当たり) 500円(~200MB) 980円
(契約中の国内料金プランのデータ量を使用)
1,980円(~25MB)
2,980円(25MB~)

  海外用SIMは通常SIMに貼るだけ

HISモバイル 変なSIM
HISモバイルの変なSIMはこんな風に貼るだけ。カンタン

HISモバイルの海外用SIM「変なSIM」はその名の通り一風変わっており、現在利用している国内SIMの上に貼り付けて使うタイプとなっています。

このタイプは通信業界でも初めて導入された技術で、HISモバイルの個性的な特徴といえるでしょう。

「変なSIM」は海外から日本に帰ってきても、取り外す必要はありません。貼り付けたままでも、専用アプリを使って海外SIMと国内SIMの切り替えができるので、出張や旅行で頻繁に海外に行く人には便利です。

なお、貼り付けるタイプだけでなく通常タイプの「変なSIMプラスチック」も選べるので、スタンダードなSIMカードのほうがいい人はそちらを選ぶといいでしょう。

 国内・海外問わず通信できる

HISモバイルには国内用SIMと海外用SIMがあるので、海外でどのようにインターネットを利用するか頭を悩ませずに済みます。

海外でインターネットを使う方法の一つにデータローミング機能※がありますが、これはデータ通信料金が非常に高額なのでおすすめできません。その点、HISモバイルの海外用SIMはとてもリーズナブルです。

また、国内用と海外用のSIMは専用アプリで簡単に切り替えることができるので、SIMを入れ替える必要もありません。この専用アプリでは海外で利用するデータ容量も購入することができます。

※データローミング機能とは?契約している携帯電話会社の電波が届かない海外で、現地の携帯電話会社の電波を使ってデータ通信できるようにする機能のことです。ただし、データローミングをすると通信料金はパケットごとの従量課金となり、動画を視聴したり写真をアップロードしたりすると高額請求されてしまいます。

 海外の人気渡航先はほぼカバー

HISモバイルは対応国数こそ大手キャリアに劣るものの、渡航先として主要な国はほとんどカバーしています。

アジア周遊プラン対応国 インド/インドネシア/オーストラリア/カタール/韓国/カンボジア/シンガポール/スリランカ/台湾/中国/日本/ネパール/フィリピン/ブルネイ/ベトナム/香港/マカオ/マレーシア/ミャンマー/ラオス

世界周遊プラン対応国 アイスランド/アイルランド/アメリカ/アルバニア/アルメニア/イギリス/イタリア/インド/インドネシア/ウクライナ/ウズベキスタン/エストニア/オーストラリア/オーストリア/オランダ/カタール/カナダ/カンボジア/キプロス/ギリシャ/グアム/クロアチア/ジョージア/シンガポール/スイス/スウェーデン/スペイン/スリランカ/スロバキア/スロベニア/セルビア/タイ/チェコ/デンマーク/ドイツ/トルコ/ニュージーランド/ネパール/ノルウェー/ハンガリー/ハワイ/フィリピン/フィンランド/ブルネイ/フランス/ブルガリア/ベトナム/ベラルーシ/ベルギー/ポーランド/ポルトガル/マカオ/マケドニア/マルタ/マレーシア/ミャンマー/モンテネグロ/ラオス/ラトビア/リトアニア/リヒテンシュタイン/ルーマニア/ルクセンブルク/ロシア/韓国/香港/台湾/中国/日本

 「変なSIM」はレンタルではなく買い取り

HISモバイルの海外用SIM「変なSIM」は、本体価格1,980円(税抜)で買い取りになります。一度購入すればその後はいつでも好きな時に利用できます。

海外渡航先でインターネットを使いたいと考えている人は、まず頭にレンタルWi-Fiが浮かぶかもしれません。しかし、レンタル品は万が一壊したり紛失してしまったりすると代償が高く付くというリスクがあります。

でも「変なSIM」は買取なのでそんなリスクもなく、そもそもスマホに挿し込むとスマホ自体を紛失しない限りSIMを無くす心配は要りません。

  HISモバイル海外用SIMはテザリング可能

HISモバイルの「変なSIM」を挿した携帯電話のテザリング機能を利用して、パソコンやタブレットをインターネットに接続することも可能です。

テザリング テザリングとは、スマホを「ルーター」として利用することで「ノートパソコン」を始め「タブレット」やデータ契約のない他の「スマホ」もインターネットに接続させることです。詳細

テザリングすることで、海外出張時にパソコンで共有ファイルを編集や長文メール作成も簡単にできます。また、海外で撮った写真をすぐにパソコンソフトで編集してブログにアップしたりするのもお手の物。

テザリングを活用すれば、海外での仕事や趣味も幅がぐっと広がります。

HISモバイル - よくある質問

よくある質問一覧
質問1:HISモバイルはどんな人におすすめですか?
回答1

使用するデータ容量が、1-3GBと少な目の人におすすめです。

また、電話かけ放題のプランがあり、アプリなしで通常電話ができますので、「通話」も重要視する人におすすめです。

質問2:HISモバイルにはデータ容量の高いプランはありませんか?
回答2

格安弐拾プランは、20GBまでデータ通信が可能なプランです。しかも70分までの無料通話もついています。

質問3:HISモバイルには解約金はありますか?
回答3

解約金はありません。従って、最低利用期間等の設定もありません。

質問4:HISモバイルには何かデメリットがある?
回答4

HISモバイルに大きなデメリットはみあたりません。支払い方法がクレジットカードに限られる点だけ注意しておきましょう。

【関連する記事を見る】 HISモバイル