低料金のpovo(ポヴォ)はauのオンライン専用プランです。2021年3月に登場したばかりですが、9月にはpovo 2.0にヴァージョンアップされました。ここでは、povoの料金やメリット・デメリットに加えて、ユーザーの評判を具体的に紹介します。povoがおすすめなのはどんな人なのか、ぜひご自分の利用状況と照らしてご覧ください。

auの新料金プランpovo(ポヴォ)とは

povo公式サイトのトップ画像

povo(ポヴォ)の特徴は、やはり基本料金0円で毎月好きなデータ容量と通話オプションをトッピングして臨機応変に使いこなせるという点です。データ容量や通話などプランをその月その月で自由に決められるため、かなり柔軟性のあるスマホプランだと言えます。

auの通常スマホプランに比べて大幅に安いこと、ややこしい割引条件がなくシンプルな内容になっていることがpovoの人気の秘けつと言えるでしょう。

povoはオンライン申込み専用プラン povoはオンライン専用プランとなっており、au公式サイトでのみ申し込めます。auショップでの店頭申込みや電話申込みはできません。また、各種手続きやサポートも全てオンライン上で行う必要があります。

povo(ポヴォ)の料金詳細

povoの具体的な料金は下記のとおりです。それぞれの内容も併せて解説します。

povoの基本料金
ベースプラン povo1.0【旧】 povo2.0
基本料 2,728円 0円
月間データ容量 20GB 0円
データ容量0GBの時の通信速度 最大1Mbps 最大128kbps

【※povo1.0は2021年9月29日9時に新規受付終了、povo2.0は9月29日9時以降提供開始】

povoの各種トッピング料金
各種トッピング povo1.0【旧】 povo2.0
データ1GB 550円/31日間 390円/7日間
データ3GB - 990円/30日間
データ20GB - 2,700円/30日間
データ60GB - 6,490円/90日間
データ150GB - 12,980円/180日間
データ使い放題 24時間 220円/24時間 330円/24時間
DAZN使い放題パック - 760円/7日間
smash.使い放題パック - 220円/24時間
5分以内通話かけ放題 550円/1ヶ月 550円/1ヶ月
通話かけ放題 1,650円/1ヶ月 1,650円/1ヶ月

povoの基本料金

上の表で見た通り、povoには料金システムがあります。povo1.0はpovo2.0のリリースと同時に新規受付を終了しています。

トッピング追加専用プラン:povo2.0

【※2021年9月29日9時から提供開始】

povo2.0の基本料金は0円です。月々のデータ容量も0GBに設定されていて、そこに各種トッピングを追加して使うことになります。

20GBの定額プラン:povo1.0

【※2021年9月29日9時に新規受付終了】

povo1.0の基本料金は月額2,728円(税込)です。これは割引や特典など一切ない状態での金額非常にシンプル

この基本料金には月間20GBのデータ容量が含まれます。通話も当然できますが、かけ放題ではないので発信した分だけ通話料金が加算されます。

  • 20GBでできること
  • YouTubeの動画(標準画質)を60時間再生できる(1日あたり2時間)
  • LINEのビデオ通話が60時間できる(1日あたり2時間)
  • LINEの無料通話が1,100時間できる
  • LINE MUSICの音楽(中音質)を230時間再生できる(1日あたり7.5時間)

povoのトッピング料金

povoには、自分の利用スタイルに合わせて“トッピング”できるサービスが用意されています。それぞれの料金内容を見てみましょう。

①5分以内通話かけ放題

550円/月(税込)の定額で、1回5分以内なら何度でも国内通話かけ放題になるサービスです。1回の通話で5分を超過した分は22円/30秒として加算されます。

短い通話を頻繁にする人は、この5分以内通話かけ放題をトッピングしたほうがお得になります。逆に、LINEなどメッセージアプリを使った通話がほとんど、という人はこれを付ける必要はないでしょう。

②通話かけ放題

1,650円/月(税込)の定額で、時間や回数に関わらず国内通話かけ放題になるサービスです。長時間の通話をする人なら、これをトッピングするのが間違いなくおすすめです。

povoにこれをトッピングすると合計4,378円(税込)になります。データ20GB+24時間かけ放題になってこの金額は非常にお得といえるでしょう。

③各種データ追加(1GB~150GB)

必要に応じてデータ容量を追加できます。追加するデータ容量によって利用期間が異なります。1GBであれば3日間、3GB/20GBは30日間、60GBであれば90日間、150GBであれば180日間の利用期間となります。長い期間使うなら、まとめ買いがお得です。

  • 20GB/30日のトッピング=1GBあたり135円
  • 150GB/180日間のトッピング=1GBあたり86.5円

④データ使い放題24時間

1回330円(税込)で24時間データ通信が使い放題になるサービスです。このトッピングを活用するのがpovoをお得に使いこなす鍵といっても過言ではありません。

たとえば、休日にNETFLIXなどの動画配信サービスで映画やドラマをまとめて視聴したいなら、これをトッピングするのが断然お得。

また、データ使い放題をトッピングしたうえで、テザリング機能でパソコンを接続して通信するのも便利です。povoにはテザリングの利用制限がないため、気にせず使えるのも嬉しいですね。

通信速度に制限がかかる場合もある au公式サイトには、データ使い放題トッピングに関して「一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限します。」の1文があります。データ使い放題とはいえ、無制限で大量に通信できるわけではないので注意しましょう。

povo(ポヴォ)はどんな人におすすめ?おすすめじゃない?

povoのメリットやデメリット、およびユーザーの評判をまとめると、povoがおすすめの人とそうでない人は以下のようになります。

povoはこんな人におすすめ こんな人はpovoに向いていない
  • 安くてもキャリア品質がいい
  • スマホのデータ通信をよく使う
  • テザリング機能を活用したい
  • スマホの通信設定をある程度自分でできる
  • スマホ端末も同時購入したい
  • ショップで対面サポートを希望

povo(ポヴォ)8つのメリット

povoの8つのメリットをそれぞれ具体的に紹介しますね。

  1. 安心のau回線
  2. 契約縛り・解約金がない
  3. 自分好みにサービスをトッピングできる
  4. たったの330円で24時間データ使い放題
  5. 速度制限がかかっても意外と速い
  6. au・UQmobileからの乗り換えは手数料ゼロ
  7. eSIM対応
  8. 5Gも対応予定

①安心のau回線

非常に安い料金設定なので勘違いしやすいのですが、povoは格安SIMではなくれっきとしたauの料金プランです。当然auの回線を使用しているので、大手キャリアじゃないと不安な人でも安心して申し込めます。

特に、auスマホユーザーで「通信品質はそのままになんとかコスト節約できないか」と思っている方には、povoは乗り換え先として第一候補になるのは間違いないでしょう。

②契約縛り・解約金がない

povoには、最低利用期間や2年契約などの縛りがなく、いつ解約しても契約解除料(解約金)がかかりません。また、他社スマホプランに乗り換える際にMNP転出手数料も発生しません。

言ってみれば“手数料フリー”なので、気軽に申し込むことができます。

③自分好みにサービスをトッピングできる

povoのユニークな特徴としてトッピング機能があります。かけ放題・データ・サービスを必要に応じてトッピングすることで、プランを自分好みにカスタマイズすることができます。

たとえば、ドコモのahamoでは基本サービスに含まれる「5分かけ放題」は、povoでは1つのトッピングです。そのため、通常の電話機能をほとんど使わない人にとって、povoは無駄のないプランとなっています。

④たったの330円で24時間データ使い放題

「データ使い放題24時間」は、1回330円と非常にお得なトッピングです。このようなサービスは他の大手キャリア・格安SIMにも見当たらず、povoだけの革新的なサービスといえるでしょう。

データ容量が残っている状態で「データ使い放題24時間」を利用すると、利用期限が切れるまで基本プランのデータは消費されません。ですので、インターネットを沢山使いたい“ここぞ”という日にトッピングするのがおすすめです。

さらに「データ使い放題24時間」は回数無制限で利用することができるので、スマホのデータ通信をよく利用する人にとっては最高に便利ですよ。

⑤速度制限がかかっても意外と速い

povoのデータ通信が20GBを超過すると、月末まで最大1Mbpsの速度制限がかかります。ただしこの1Mbpsというスピードは、LINEのメッセージや通話、音楽サブスクの利用、YouTube標準画質(360p)の動画視聴などは問題なくできるレベル。

スマホの普段使いなら難なくこなせるので、意外と困りません。もちろんネットの快適さを求めるなら、データ1GBや24時間使い放題をトッピングすればOKです。

⑥au・UQ mobileからの乗り換えは手数料ゼロ

povoはauの料金プランなので、auユーザーはもちろんauのサブブランドUQモバイルのユーザーがpovoに乗り換える際、解約金やMNP転出手数料はゼロ。

具体的にいうと、au/UQ mobile/povo間での移行手続きには、契約解除料・番号移行手数料・新規事務手数料のいずれもかかりません。システム的に一旦請求されますが、翌月以降に移行先の料金から同額分が割引されます。

⑦eSIM対応

povoはeSIM対応※なので、使用するスマホ機種がeSIM搭載なら申し込み直後からpovoを利用可能です。SIMカードが郵送されてくるのを待つ必要がなくスムーズに始められますよ。

ただし、eSIMに申し込めるのは新規・MNP契約の場合のみ。auからpovoに乗り換える際にはeSIMに申し込めず、一度auを解約してからの新規申し込みになります。

※eSIM(イーシム)とは? 従来の差し込み型SIMに対して、スマホ本体にICチップが内蔵されている埋め込み型SIMのことをeSIMといいます。SIM情報をダウンロードして利用可能なため、オンラインで契約した当日から使えるというメリットがあります。

⑧5Gも対応予定

povoは4Gだけでなく、2021年夏以降に5Gにも対応する予定です。5Gスマホを持っている人でも安心してpovoに申し込むことができますね。

povo(ポヴォ)4つのデメリット

povoのデメリットも4つ紹介します。メリットとデメリットを比べつつ検討することをおすすめしますよ。

  1. auショップで申込み・サポートに対応していない
  2. スマホ端末のセット販売はない
  3. キャリアメールが使えない
  4. auスマートバリューや家族割は対象外

①auショップで申込み・サポートに対応していない

povoはオンライン専用プラン(インターネット上でのみ申し込めるプラン)となっており、auショップではpovoの申し込みやサポートを受け付けていません。SIMカードの差し替えやネットワーク設定なども自分でしないといけないわけです。

これまでショップでスタッフに手続きしてもらっていた人にとっては、povoは多少とっつきにくく感じるかもしれません。とはいえpovoはオンライン専用プランとして、人件費が浮いた分コストを減らせていることを考えると、この対応にも納得がいきますよね。

②スマホ端末のセット販売はない

povoはSIMカードのみ扱っておりスマホ端末は販売していないため、機種変更という手続きがありません。povoに申し込むと、手持ちのスマホ端末を使うか、新たにSIMフリースマホ機種を別途購入して利用する必要があります。

ちなみにpovoは、auスマホまたはSIMフリースマホであれば、SIMカードを差し替えるだけで使えます。他キャリアのスマホはSIMロック解除をすることで使えるようになります。

③キャリアメールが使えない

auを含め、これまでキャリアのスマホユーザーだった人は、povoに乗り換えるとキャリアメールが使えなくなるため注意しましょう。

キャリアメールとは、au(KDDI)なら@ezweb.ne.jp、ソフトバンクなら@softbank.ne.jp、ドコモなら@docomo.ne.jpが末尾に付くメールアドレスのことです。

povoに乗り換える前に、キャリアメールでやり取りしていた家族や友人にメルアド変更の連絡を入れたり、キャリアメールを登録していたオンラインサービスなどに変更手続きをしたりする必要があります。

povoに乗り換える際には、無料で取得できるg-mailやYahoo!メールなどのメールアドレスを使用するといいでしょう。

④auスマートバリューや家族割は対象外

auユーザーにはおなじみのauスマートバリューや家族割プラスなどは、povoでは割引対象外になります。

これまでにそれらの割引が適用されていたのなら、現在支払っている月額料金とpovoの月額2,728円(税込)を比較してみましょう。ほとんどの場合、割引なしでもpovoのほうが安くなりますよ。

povo(ポヴォ)の評判・口コミはどうなの?

povo(ポヴォ)は2021年3月にスタートしたばかりの料金プランです。実際に利用しているユーザーの評判が気になるところですよね。

ユーザーの口コミを調査したところ、povoは【サポートよりもコスパ&データ通信の使い勝手を重視する人におすすめ】と結論できます。

ユーザー評判を4項目(コストパフォーマンス/通信速度/サービス/サポート)に分けると、povoのおすすめ度は以下のようになります。

povoのおすすめ度
項目 評価 説明
コスパ ★★★★★ 通常プランより大幅に安い
通信速度 ★★★☆☆ 平均速度はauの約半分
サービス ★★★★☆ 24時間データ使い放題がとてもお得
サポート ★☆☆☆☆ 自動応答チャットのみ

では、povoユーザーの口コミを詳しく見ていきましょう。

povoの評判①コストパフォーマンス

povoを利用しているユーザーは、コストパフォーマンスに満足していることが口コミから窺えます。特に、通常のau料金プランに比べて格段に安いことが高く評価されています。

Povoにしたらスマホ代が端末代入れて5000円になって半額くらいになった
安い

— Yukiくん (@Yukikun_105) July 11, 2021

絶対にpovoの方が安いな。
3,000円くらい月々安くなりそう。

20GBまでの制限出来るけど家でwifi切り替え忘れてアホみたいに動画を見てた時と出張が多い時くらいしか超えてないもんなぁ。

しかも220円で1日使い放題にも出来るし。

スマートバリューとか家族割を含めてもpovoの方が圧倒的に安い

— アフロ (@DQX_afro) July 12, 2021

ただし下記の口コミのように、これまでauスマートバリューや家族割のおかげで大幅に割引されていた場合、povoに切り替えて逆に高くなってしまった人も。特に、これまでauピタットプランで月間1ギガを超えていなかった人は、povoが割高になる可能性があります。

最悪、やらかした…スマートバリューなくなるのに月末にpovoにしたから請求がびっくりするほど高くなった😭
来月から安くなるとはいえ先月中にピタットにして月初に変更するべきだった…
これからpovoにする人でスマートバリューついてる人は気をつけてね😇😇
高い勉強代だなあ…

— ぴすけ👦🏻1y11m👶🏻3m (@rameeen0430) July 24, 2021

povoの評判②通信速度

povoの通信速度についてユーザーの評判を調べると、満足の声と不満の声が半々でした。エリアや時間帯によっても通信スピードは変化するので、一概には言えないのが正直なところです。

通信速度に満足している口コミ:

povoに変えました
回線速度安定してていいね
あと遠出するときにデータ無制限にできるのがとても素敵

— Diwamoto (@Diwamoto_) August 9, 2021

povo開通したぜぇぇぇぇ!!!!
今使ってみたけど普通に速いね😎

— かいそう🔗📸 (@KAISOU_PC) July 1, 2021

通信速度に不満の口コミ:

やっぱりpovoにしてから携帯の動作重いわ
通信制限と通常の間くらいのスピードや

— こーちゃん (@kochanchann) June 24, 2021

povo、時折パケ詰まりっぽい挙動をするなあ スピードテストではしっかり速いのに体感速度がイマイチなことがある

— ok (@okakennn) June 10, 2021

povoの平均速度は?他のプランと比較してみた

下記の比較表では、沢山のユーザーから寄せられた速度レポートを元に割り出されたキャリア各プランの平均速度を記載しています。

気になるpovoのダウンロード速度はauの約1/2となる53Mbps。キャリアから乗り換えると速度が落ちたと感じるかもしれませんが、料金が安いだけに仕方がないともいえます。

キャリア - 平均速度ランキング(Mbps)
順位 キャリア名(プラン) ダウンロード速度 アップロード速度
1位 NTTドコモ 155.1 17.3
2位 au 104.0 14.8
3位 ソフトバンク 86.1 15.6
4位 ahamo 80.2 13.0
5位 povo 53.2 10.1
6位 LINEMO 39.8 11.4
7位 楽天モバイル 28.3 16.3

参照:みんなのネット回線速度(2021年7月時点)

povoは20ギガ超で速度制限されても使える

下記にもあるように、povoは月間20GBを使い果たしても日常使いなら意外と不便しません。おかげで、残りギガ数を過剰に気にしなくて済みますよ。

povoデータ容量制限きても出来る事

Twitter
・TLの画像も少し待ってれば見れる
・投稿もできる
・動画再生はちょっぴきつい
Amazon music
・ストリーミングに不自由はない

なんだいけるやん!!!😳

— 【虫の息】🇲🇽特攻隊長ぺそろんぐの子🇯🇵@ゆるふわFP相談 (@janis0123321) July 24, 2021

povoの評判③サービス

povoのサービス面では何と言っても、220円で24時間データ通信使い放題なのがとても評判になっています。長時間の動画ストリーミング再生はもちろん、テザリング機能を活用してリモートワークするのにも大変便利だと大好評です。

POVOの220円24時間無制限テザリングは出先だと最強の気がしてきた。

— मित्सुरु (@Mackmaku) July 24, 2021

そう、そこで #povo のデータ使い放題プランがベストプラクティスな予感。
制限無し220円/24時間の最強コスパをデザリングで使うとなると、これはもう短期間ネット難民にとってのマリアージュ🔔👰🍀
リモートワークでの平日のみ使用は極端に高い金額でもないし、回線品質はキャリアそのものだ😃

— Yas Blucher H (@star_back) July 8, 2021

povoは他社と比べても特段使い易さやコスパに優れてはいなく、寧ろ特定の層が恩恵を受けられるニッチなプラン。突発的な大容量通信を必要とするクリエイター等に220円で24時間データ使い放題の追加オプションが他社には無い魅力となっている。

— 我が名はアテム (@Nameless_Pharao) June 17, 2021

povoの評判④サポート

povoのサポートはチャット対応のみと最低限なので、トラブルが発生した時に困るという声が上がっています。対面サポートや電話窓口がないと不安な人には、povoは適していないと言えそうです。

auサポートに質問しまくってるけど本当に調べてもわからないことだらけで。。
なぜauでpovoしないのーー

— うさぎ (@moonlightsongm) July 24, 2021

うわーpovoのトラブルがあった時。

  問い合わせ窓口が一切、ない。

自動回答しかなくて、電話もないし、auに問い合わせても「ない」でおしまい。
凄いな。
SIMが3週間届かないからどうなってるのか確認したかったのに。
 #au #povo

— ひよ (@hiyoMk2) June 7, 2021

#povoのサービス対応について❗️
MNP転出手続きで何度トライしてもエラー解決はチャットで機械的な回答のみでNG。電話もpovoの契約者は相手にされず。サポートを最小限にし料金を安くするサービスは支持。しかしこれではサービス側のシステム不備や不具合で生じる事象の把握や解決は不可能。改善すべき

— 内野利夫 (@uchi1040) July 23, 2021

料金比較 - povo(ポヴォ) vs 他社オンライン専用プラン

ドコモソフトバンクもpovoと同じく2021年3月に、オンライン専用プランを提供しました。大手キャリア間のいわゆる対抗プランの料金を比較してみましょう。

提供開始
2021年3月26日 2021年3月23日 2021年3月17日
プラン名
ahamo povo 1.0(*) スマホプラン
データ容量
20GB(超過後も最大1Mbpsで通信可能) 20GB(超過後も最大1Mbpsで通信可能) 20GB(超過後も最大1Mbpsで通信可能)
月額料金(税込)
2,970円(5分かけ放題こみ) 2,728円(5分かけ放題なし)
3,278円(5分かけ放題あり)
月額料金(完全かけ放題)
4,070円 4,378円
特徴
ドコモの家族割にカウント
海外82の国・地域で20GBまでローミング無料
330円で24時間データ使い放題
基本料金0円、トッピングを利用して自由にカスタマイズできる
LINEカウントフリー

(*)2021年9月29日9時に新規受付終了

この表からも分かるように、povoはドコモのahamoと違って、5分かけ放題が基本プランに入っていません。通話を全くしないという人であれば、povoの方が月々242円povoの方がお得になりますが、通話をある程度する人の場合には、ahamoを選んだ方が通話も込みでの料金は安くなるでしょう。

3キャリア間のオンライン専用プランの特徴を比較すると、povoはコンセプトであるトッピングが大きな魅力となっています。特に“220円で24時間データ使い放題”は、ahamoやLINEMOにはない魅力といえるでしょう。

povo(ポヴォ)にはauひかりとのセット割りはある?

auの新料金プランpovoでは、光回線のauひかりとのセット割引(auスマートバリュー)は有効になりません。もし現在auの通常のスマホプランを契約しており、auスマートバリューが適用されている人は、povoに切り替えるとセット割引が適用されません。

auひかりとのセット割引を期待してauスマホプランに申し込むつもりなら、povoは割引対象外になることを理解しておきましょう。

それでは、光回線auひかりのユーザーはどうすれば良いのでしょうか?また、これからauひかりを申し込もうと考えていた人にはどのような選択肢が一番メリットが大きいのでしょうか?

そのままauのモバイルプランでセット割りを利用する

povoは大容量20GBが今までよりも安い価格で利用できる魅力的なプランです。ただし、通話プランなどはトッピング(オプション)となっており、通話がメインの人やスマホに大容量データを求めていない人にとっては、既存のauプランの方がお得です。

また、家族の人数が多い人は、auスマートバリュー適用でトータルの割引額の方が上回るケースが多いので、今のままで損をすることはありません。従って、今のままでauひかりを利用し続けるのが得策です。

auひかりを家の固定回線に選ぶ

auひかりは回線速度に定評のある魅力的な光回線です。セット割りが適用されないとしても、申し込む価値のある光回線といえます。なぜなら、auひかりはフレッツ光ではなく自社回線を利用しており、時間帯に関わらず安定して速いからです。

自宅のネット回線の通信スピードに不満があるなら「自宅の回線はauひかり、スマホの契約はpovo」もしくは「スマホの契約はお得な格安SIM」という選択肢も十分ありといえるでしょう。

auひかりのプロバイダ・KDDI正規代理店一覧
サービス名・代理店名
auひかりプロバイダー GMOとくとくBB
auひかり
  • 大手プロバイダだから安心
  • 光電話加入で工事費(最大41,250円)が実質無料
  • 特定のプラン・オプション加入で20,000円キャッシュバック
  • 他社乗り換えで最大30,000円キャッシュバック

公式サイト
サービス名・代理店名
正規代理店NEXT(ネクスト)
×各種プロバイダー
  • プロバイダーが選べる(BIGLOBE/So-net/@niftyなど)
  • キャッシュバックの為にオプション加入申請手続き不要
  • 電話+ネット同時申込:キャッシュバック最大52,000円
  • ネットのみ:キャッシュバック最大45,000円
公式サイト
サービス名・代理店名
正規代理店NNコミュニケーションズ
×各種プロバイダー
  • プロバイダーが選べる(BIGLOBE/So-net/@nifty)
  • 電話+ネット同時申込:キャッシュバック最大52,000円
  • ネットのみ:キャッシュバック最大45,000円
公式サイト
auひかりのプロバイダ・正規代理店一覧
サービス名・KDDI代理店名 特徴
auひかりプロバイダー
GMOとくとくBB

公式サイト
  • 大手プロバイダだから安心
  • 光電話加入で工事費(最大41,250円)が実質無料
  • 特定のプラン・オプション加入で20,000円キャッシュバック
  • 他社乗り換えで最大30,000円キャッシュバック
正規代理店NNコミュニケーションズ
×各種プロバイダー

公式サイト
  • プロバイダーが選べる(BIGLOBE/So-net/@nifty)
  • 電話+ネット同時申込:キャッシュバック最大52,000円
  • ネットのみ:キャッシュバック最大45,000円
正規代理店NEXT×各種プロバイダー
公式サイト
  • プロバイダーが選べる(BIGLOBE/So-net/@niftyなど)
  • キャッシュバックの為のオプション加入申請手続き不要
  • 電話+ネット同時申込:キャッシュバック最大52,000円
  • ネットのみ:キャッシュバック最大45,000円

上記の各特典は予告なく終了・変更することがあります。予めご了承ください。

スマホ乗り換え無料電話相談受付中

セレクトラでは、お電話でスマホ乗り換えの無料相談を行っています。
ご利用状況をお伺いした後、あなたに最適なプランを提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

【最短15分】
お電話で最適なスマホプランを診断

  • 相談料・通話料無料です
  • お電話のカウンセリングの後、結果をSMSでお知らせします
  • 無理に契約する必要はございません
  • 受付時間 平日10:00~22:00

【最短15分】お電話で最適なスマホプランを診断

  • 相談料・通話料無料です
  • お電話のカウンセリングの後、最適なプランをSMSでお知らせします
  • 無理に契約する必要はございません
  • 受付時間 平日10:00~22:00

おすすめSIM会社

3カ月スマホ代無料キャンペーン中。Rakuten UNLIMIT VIではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、1GBまでならなんと0円国内通話もかけ放題

通信品質トップクラス。新プラン「くりこしプラン」では、割引なしで3GB1,628円(税込)と格安SIM最安級プランにデータを繰り越しできるのも魅力。

通信品質トップクラス。新プラン「シンプルプラン」では、家族割(2回線目以降)または光回線とのセット割の割引で3GBなら月額990円に(税込)。

顧客満足度の高い格安SIMで、通信品質の高さも特徴。新プラン「マイピタ」はデータ増量・価格は値下げとさらにお得に。5Gも利用可能

ドコモ回線の通信品質No1。音楽配信サービスでのデータ使用がカウントされないMusicカウントフリーかけ放題オプションなど充実のサービス。OCN光利用者なら月々220円引き

Youtubeなどの動画やApple Musicといった音楽配信サービスでのデータの使用がカウントされない「エンタメフリー・オプション」が特徴。

人気・おすすめ記事

価格表示について 2021年4月1日以降、各種サービスの料金は総額(税込)での表示が義務づけられています。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、一部の記事及び掲載中のサービス提供元のサイトで表示が切り替えられていない可能性があります。料金をご参照いただく際は十分ご注意ください。
セレクトラのらくらく窓口ではインターネットのお申し込みに関するご相談を受付中。電話予約はこちら