本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

【PR】

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

🥇おすすめNo.1!全てにおいて業界最安級 楽天モバイル

楽天モバイル三木谷さん紹介キャンペーン
  • データ無制限&24時間通話無料3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • 専用ページからMNPで 14,000円分楽天ポイント還元中
  • iPhone業界最安値とMNPで高額ポイント還元

🥇全てにおいて最安級!
楽天モバイル

楽天モバイル三木谷さん紹介キャンペーン
  • データ&通話が無制限3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • 専用ページからMNPで14,000円相当還元中!
  • iPhone業界最安値

一眼レフ並みにカメラ性能が高いスマホ11選!選ぶ際に確認するポイントも解説

更新日
本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
一眼レフ並みにカメラ性能が高いスマホ11選と選び方を紹介

スマホに搭載されているカメラは年々進化しており、一眼レフ並みのクオリティを持つカメラもあります。

特に画素数は、世代を重ねるごとに多くなっています。AIによって、動く被写体のピントを簡単に合わせたり、意図せず写りこんだものを消去したりも可能です。

スマホで写真を多く撮影する人は、カメラ性能を十分にチェックしてスマホを選ぶと新しいスマホに満足できるでしょう。

本記事では、カメラ性能が高いスマホを選ぶためのポイント、カメラ性能が高いおすすめのスマホ、カメラが高く評価されているスマホメーカーを解説します。

📱ドコモ品質のスマホを格安で!

ahamo端末セットキャンペーン

カメラ性能が一眼レフ並みのスマホを選ぶために確認するポイント

カメラ性能が一眼レフ並みのスマホを選ぶために、以下の点を確認しましょう。

それぞれの内容を解説します。

画素数

画像の最小単位のことを「画素」と呼びます。多くの画素が集まってひとつの画像が構成されます。単位はpixel(ピクセル)です。近年のスマホは画素数が多いため、「MP(mega pixel = 100万pixel)」単位で記載されることがほとんどです。

1インチの画像内の画素数を「解像度」といいます。

一般的に、カメラの画素の数が多いほどきめ細かくてきれいな写真を撮影できます。画素数が少ないと、写真を拡大したときに荒く不鮮明に見えるでしょう。

ただし、画素数が多いほど1枚の写真のデータ容量が大きくなります。そのため保存には大きめのストレージ容量やクラウドサービスの利用が必要です。

また、画素数が多いカメラは手ブレに弱かったりノイズが生じたりするといわれています。1つの画素が受ける光の量が少なくなり、感度が低下するためです。

カメラ性能おすすめスマホを見る ➡

F値

F値は、「絞り値」とも呼ばれ、レンズから入る光の量を意味します。F値が大きいとレンズから入る光の量は少なく写真は暗くなり、小さいと光の量は多く写真は明るくなります。

また、F値を変えることで、光の量以外に「被写界深度」もコントロールできます。被写界深度とは、前後のピントが合う範囲のことです。

F値が小さいと背景はボケますが、動きのある被写界でもくっきりと撮影できます。一方でF値が大きいとピントが合う範囲は広がりますが、手ブレが起きやすくなります。

カメラ性能おすすめスマホを見る ➡

レンズの数

スマホには1つのレンズがリアカメラに搭載されていることが一般的です。

しかし近年は、望遠レンズや広角レンズなどの複数のレンズを搭載したハイエンドのスマホが多く販売されています。2つのレンズが搭載されている場合、「デュアルレンズ」、「ダブルレンズ」と記載されていることが多くあります。

遠くの風景や動く乗り物、スポーツ選手の写真を撮影したい人には望遠レンズ搭載のスマホが向いているでしょう。大きな被写体や風景を撮影したい人には広角レンズ搭載のスマホをおすすめします。

カメラ性能おすすめスマホを見る ➡

ズーム性能

スマホのズーム機能は主に、デジタルズームと光学ズームの2種類です。

デジタルズームは、画面を拡大して疑似的にズーム効果を再現する機能です。デジタルズームをすると画素も同時に拡大されるので、使いすぎると写真が荒く不鮮明になります。物理的なズーム機構が必要ない分、スマホ本体がコンパクトです。

光学ズームは、レンズ内のズーム機構によって焦点距離を拡大・縮小する機能です。ズームをしても画素が大きくなるわけではないので、高画質な写真を撮影できます。ただし、物理的なズーム機構により突起したレンズ部が邪魔だと感じる人もいるかもしれません。

カメラ性能おすすめスマホを見る ➡

その他の便利機能

上記の性能以外にも、カメラの便利な機能が搭載されているスマホが多くあります。以下の機能の内容をそれぞれ解説します。

手ブレ補正

手ブレ補正は手から伝わる振動の影響を抑えてくれる機能で、最近の多くのスマホに搭載されています。スマホホルダーを使わずに自撮りする場合は特に、手ブレ補正機能がないと写真が大きく乱れてしまうでしょう。

手ブレ補正は主にデジタル式と光学式の2種類です。

ソフトウェアで手ブレを補正するデジタル式は、物理機構が不要なので安価にスマホに搭載できます。
レンズ内のジャイロセンサーや加速度センサーで手ブレを検知する光学式は、高価ですがデジタル式よりも補正効果が高い傾向にあります。

カメラ性能おすすめスマホを見る ➡

AIカメラ

AIカメラ機能が搭載されたスマホであれば、AIが被写体やシチュエーションを分析して、適したカメラ設定で撮影してくれます。

例えば、暗い場所と明るい場所のコントラストが高い風景を撮影しようとすると、AIカメラが自動的に補正し、暗い場所は影も鮮明に、明るい所は明るさを抑えて撮影してくれます。

カメラのさまざまな項目の設定が苦手な人でも、満足できる写真を撮影できるでしょう。

カメラ性能おすすめスマホを見る ➡

セルフィー

SNSに投稿するために、セルフィー機能は欠かせない人も多いでしょう。近年はセルフィーの便利な機能も充実しています。

例えば、笑顔を検出して自動的にシャッターが切れる「スマイルシャッター」や手のひらを開いてかざすと自動的にシャッターが切れる「ハンドシャッター」などが搭載されているスマホがあります。自撮り棒を使っていても利用可能です。ボタンを押さずに撮影できるので手ブレを抑えられます。

また、美肌補正機能のあるスマホを使えば、より魅力的なセルフィーも撮影できるでしょう。

カメラ性能おすすめスマホを見る ➡

ナイトモード

ナイトモードとは、暗い場所を撮影するときに、自動的に露光時間(シャッターが開いている時間)を長くして明るい写真を撮影してくれる機能です。

優れたナイトモードを搭載したスマホであれば、夜景をきれいに撮影できます。

ナイトモードをオフにしたり、フラッシュの強い光を炊いたりして撮影することも可能です。

カメラ性能おすすめスマホを見る ➡

カメラ性能が高いスマホ11選

カメラ性能が高いスマホを11機種紹介します。

iPhone 15 Pro Max(Apple)

iPhone 15 Pro Max

画像引用:Apple

「iPhone 15 Pro Max」は、2024年2月現在で最新のiPhone 15シリーズの最上位モデルです。

48MPメインカメラ、12MP超広角カメラ、12MP望遠カメラの3種類のアウトカメラが搭載されています。さらにメインカメラの焦点距離は、デフォルトの24mm以外に、1.2倍の28mm、1.5倍の35mmも利用できます。焦点距離を変更することで、さまざまな画角の写真を楽しめるでしょう。

光学5倍ズームが可能であることもiPhone 15 Pro Maxの特長です。遠くで動く被写体を撮影したいときに活躍するでしょう。

iPhone 15 Pro Maxのスペック
発売日 2023年9月22日
レンズ数 3眼(広角・超広角・望遠)
最大画素数 48MP、12MP、12MP
F値 1.78、2.2、2.8
手ブレ補正 あり
ズーム機能 光学ズーム(5倍)
デジタルズーム(最大25倍)
その他機能 ポートレートモード

iPhone 15(Apple)

iPhone 15

画像引用:Apple

「iPhone 15」は、iPhone 15シリーズの中で最も安価に入手できるモデルです。

アウトカメラとして48MPメインカメラと12MP超広角カメラを搭載しています。光学ズームは2倍まで可能です。

ポートレート写真の撮影に便利な機能が搭載されていることが特長です。画面上で被写体をタップすれば、自動的に被写体にピントを合わせて、周囲をぼかしてくれます。人やペットを撮影する機会が多い人であれば、iPhone 15のカメラを存分に楽しめるでしょう。

iPhone 15のスペック
発売日 2023年9月22日
レンズ数 2眼(広角・超広角)
最大画素数 48MP、12MP
F値 1.6、2.4
手ブレ補正 あり
ズーム機能 光学ズーム(2倍)
デジタルズーム(最大10倍)
その他機能 ポートレートモード

楽天モバイルでは、2024年2月からiPhone 15全モデルの本体代が値下げされています。

Galaxy S24 Ultra

Samsung Galaxy S24 Ultra

Galaxy S24 Ultraは、2024年4月11日発売のGalaxySシリーズの最新上位モデルです。

広角のメインカメラは2億画素の超高解像度センサーを搭載。望遠カメラは光学5倍になり、画素数が50MPにアップしてより高画質となりました。

AI機能「ProVisual engine」と組み合わせることで、暗所や夜間でも明るく安定した撮影が可能です。
また、撮影後の編集もAIで簡単に行えます。写りこんだ不要な背景の削除はもちろん、背景を自動生成する機能が追加されました。

Galaxy S23 Ultraのスペック
発売日 2024年4月11日
レンズ数 4眼(広角・超広角・望遠1・望遠2)
最大画素数 200MP、12MP、10MP、50MP
F値 F1.7、F2.2、F2.4、F3.4
手ブレ補正 あり
ズーム機能 光学ズーム(3倍・5倍)
デジタルズーム(最大100倍)
その他機能 ProVisual engine

auでは、他社からのMNPとセット購入、または機種変更で22,000円割引となります。

Galaxy S23 Ultra(Samsung)

Samsung Galaxy S23 Ultra

画像引用:Samsung

サムスンのGalaxy S23 Ultraは、カメラ性能が高く人気のスマホです。

12MPの超広角カメラ、200MPの広角カメラ、10MPで光学10倍ズームの1つめの望遠カメラ、10MPで光学3倍ズームの2つめの望遠カメラという4種類のアウトカメラを搭載していることが特長です。インカメラも12MPの画素数があります。

Galaxy S24発売前はGalaxy史上最高性能のカメラセンサーと最速のプロセッサーを搭載。特にナイトモードが優れており、暗い環境でもノイズを最小限に抑えて多くの光を取り込んで撮影可能です。
1世代型落ちになっても、満足できる方は多いでしょう。

Galaxy S23 Ultraのスペック
発売日 2023年7月6日
レンズ数 4眼(広角・超広角・望遠1・望遠2)
最大画素数 200MP、12MP、10MP、10MP
F値 F1.7、F2.2、F4.9、F2.4
手ブレ補正 あり
ズーム機能 光学ズーム(3倍・10倍)
デジタルズーム(最大100倍)
その他機能 -

Galaxy Z Fold5(Samsung)

Samsung Galaxy Z Fold5

画像引用:Samsung

サムスンの「Galaxy Z Fold5」は、7.6インチの大画面を持つスマホです。折りたたんでコンパクトにできるので、服のポケットにも入ります。

10MPの3倍光学ズーム望遠カメラ、50MPの広角カメラ、12MPの超広角カメラという3種類のアウトカメラが搭載されています。カバーディスプレイ側に10MPのカメラ、フロントディスプレイ側に4MPカメラもあるので、シチュエーションに合わせて使い分け可能です。

Galaxy Z Fold5のスペック
発売日 2023年12月7日
レンズ数 3眼(広角・超広角・望遠)
最大画素数 50MP、12MP、10MP
F値 F1.8、F2.2、F2.4
手ブレ補正 あり
ズーム機能 光学ズーム(3倍)
デジタルズーム(最大30倍)
その他機能 -

Google Pixel 8 Pro(Google)

Google Pixel 8 Pro

画像引用:Google

Googleの「Pixel 8 Pro」は、50MP広角カメラ、48MP超広角カメラ、48MP望遠カメラの3種類のアウトカメラを搭載したスマホです。

優れたAIカメラを搭載していることも特長です。1人だけ目をつぶっているような集合写真を見かけたことのある人も多いでしょう。Google Pixel 8 Proの「ベストテイク」機能で何枚か同じ構図の写真を撮影しておけば、AIによって違和感なく一人ひとりの顔写真を切り貼りできます。全員のベストショットを1枚に収めることも簡単です。

また、シャッタースピードやISO感度(光をとらえる能力の数値)などをマニュアル設定して独創性のある写真を撮影することもできます。

Google Pixel 8 Proのスペック
発売日 2023年10月12日
レンズ数 3眼(広角・超広角・望遠)
最大画素数 50MP、48MP、48MP
F値 1.68、1.95、2.8
手ブレ補正 あり
ズーム機能 光学ズーム(5倍)
デジタルズーム(最大30倍)
その他機能 ベストテイク

Xperia 1 V(SONY)

SONY Xperia 1 V

画像引用:SONY

「Xperia 1 V」は、カメラ性能が高く評価されているソニーのスマホです。Xperiaシリーズの中でも最上位モデルです。

48MP広角カメラ、12MP超広角カメラ、12MP望遠カメラの3種類がアウトカメラとして搭載されています。

ソニーが独自に開発したAI技術によって、ホワイトバランス(色味)や露出(光を取り込む量)が自動的に調節され、自然できれいなな質感の写真を撮影できます。高精度なオートフォーカス機能があるため、動いている被写体も鮮明に撮影可能です。

Xperia 1 Vのスペック
発売日 2023年6月16日
レンズ数 3眼(広角・超広角・望遠)
最大画素数 48MP、12MP、12MP
F値 2.2、1.9、2.3~2.8
手ブレ補正 あり
ズーム機能 光学ズーム(5.2倍)
デジタルズーム(3倍)
その他機能 リアルタイム瞳AF、リアルタイムトラッキング

Xperia 10 V(SONY)

SONY Xperia 10 V

画像引用:SONY

「Xperia 10 V」は、Xperia 1 Vと同様にカメラが高く評価されているソニーのスマホです。ミドルレンジモデルであり、Xperia 1 Vよりも安価に入手できます。

48MP広角カメラ、8MP超広角カメラ、8MP望遠カメラの3つのアウトカメラが搭載されています。

光学式の手ブレ補正機能が搭載されているので、動く被写体もストレスなく撮影できるでしょう。ハンドシャッター機能が搭載されているので自撮りも簡単です。

Xperia 10 Vのスペック
発売日 2023年7月6日
レンズ数 3眼(広角・超広角・望遠)
最大画素数 48MP、8MP、8MP
F値 1.8、2.2、2.2
手ブレ補正 あり
ズーム機能 光学ズーム(2倍)
デジタルズーム(最大5倍)
その他機能 -

AQUOS sense8(SHARP)

SONY Xperia 10 V

画像引用:SHARP

シャープの「AQUOS sense8」は、アウトカメラとして50MPメインカメラと8MP広角カメラが搭載されているスマホです。

また、画面上の好きな位置にシャッターボタンを移動できる「フローティングシャッター」機能が搭載されています。特に片手で撮影するときに活用できる、地味ながらもうれしい機能です。

ほかにも、microSDカードを挿入できるので、データ容量を気にせず写真を撮影できます。

AQUOS sense8のスペック
発売日 2023年11月9日
レンズ数 2眼(標準・広角)
最大画素数 50MP、8MP
F値 1.9、2.4
手ブレ補正 あり
ズーム機能 光学ズーム(2倍)
その他機能 フローティングシャッター

OPPO Reno10 Pro 5G

OPPO Reno10 Pro 5G

画像引用:OPPO

「Reno10 Pro 5G」は、中国のスマホメーカーOPPOが製造しているスマホです。

光学2倍望遠の32MPカメラに、ソニーと共同開発したセンサーを搭載していることが特長です。ほかにも、50MP広角カメラ、8MP超広角カメラがアウトカメラとして搭載されています。インカメラにも32MPのカメラが採用されています。

背景をぼかしてくれるポートレートモードで撮影した写真は、撮影後にもピントを調整可能です。人の写真を多く撮影したい人には便利な機能でしょう。

OPPO Reno10 Pro 5Gのスペック
発売日 2023年10月6日
レンズ数 3眼(広角・超広角・望遠)
最大画素数 50MP、8MP、32MP
F値 1.8、2.2、2.0
手ブレ補正 あり
ズーム機能 光学ズーム(2倍)
デジタルズーム(最大20倍)
その他機能 ポートレートモード

Redmi 12 5G(Xiaomi)

Redmi 12 5G

画像引用:Xiaomi

中国の家電メーカーXiaomi(シャオミ)が製造している「Redmi 12 5G」は、低価格ながらもカメラ性能が優れているスマホです。

50MPのカメラが搭載されています。20MPの深度センサーによって、背景がぼけたポートレート写真も撮影可能です。

隣接する4つの画素を1つにまとめる「ピクセルビニング」機能により、解像度は低下しますが、逆光や暗所でも鮮明な写真を撮影できます。

レトロな雰囲気を表現できるフィルムカメラモードも搭載されています。

Redmi 12 5Gのスペック
発売日 2023年10月6日
レンズ数 2眼(標準・深度センサー)
最大画素数 50MP、20MP
F値 1.8、2.4
手ブレ補正 なし
ズーム機能 光学ズーム(2倍)
デジタルズーム(最大10倍)
その他機能 ポートレートモード

カメラ性能が高く評価されているスマホメーカー

以下のスマホメーカーはカメラの性能が高く評価されています。

それぞれのメーカーの特徴を解説します。

Apple(アップル)

iPhoneを製造・販売するアップル(Apple)も、カメラの性能が高く評価されています。

初代iPhoneのカメラの画素は2MPのみでしたが、世代ごとに進化し続け、iPhone 15には48MPのカメラが搭載されました。

暗い場所でもくっきりと撮影できるナイトモードや、背景を自然にぼけさせて被写体を際立てるポートレートモードなどが特徴です。

iPhone15、15 Plusには2種類のアウトカメラ、iPhone 15 Pro、15 Pro Maxには3種類のアウトカメラが搭載されています。

SONY(ソニー)

「Xperia」シリーズをリリースしているソニー(SONY)は、カメラに力を入れている、日本を代表するメーカーです。

Xperiaシリーズには、ソニーが培ってきたデジタル一眼カメラ「α」の技術がふんだんに盛り込まれています。ソニーのディスプレイやオーディオの技術が使われていることも特徴です。

Xperiaのフラッグシップモデル「1 V」やハイエンドモデル「5 V」のレンズには、ドイツの光学機器メーカーである「ZEISS(ツァイス)」の反射防止コーティングがされています。Xperia 1 Vや5 Vには、AIによって被写体の瞳を検出して追従する「リアルタイム瞳AF(オートフォーカス)」や、被写体を画面でタップすると自動でピントを合わせる「リアルタイムトラッキング」なども搭載されています。

Samsung(サムスン)

韓国のメーカーであるサムスン(Samsung)のスマホも、カメラが高い評価を得ています。Androidスマホ「Galaxy」シリーズは、世界でトップレベルのシェアを獲得しています。

カメラアプリを「プロモード」に切り替えれば、ISO感度、ホワイトバランス、露出などを細かくマニュアル設定して撮影可能です。「ディテールエンハンサー」機能をオンにすれば、AIが自動で調整して細部をくっきりと撮影してくれるため、写真を拡大してもぼやけません。

Google(グーグル)

Android OSの開発元であるグーグル(Google)は、「pixel」シリーズのスマホをリリースしています。Android OSの開発元なので、最新のOSをいち早く搭載していることが特長です。

優れたAIカメラ機能を搭載しているので、ピント合わせや夜景の明るさ調整なども自動的にしてくれます。AIカメラによって、撮影時にぼけてしまった写真を鮮明に修正したり、意図せず映り込んでしまったものを元々なかったかのように消去したりすることも可能です。

スマホのカメラについてよくある質問

スマホのカメラの用語をいくつか解説します。

「RAW撮影」ってなに?

英語の「RAW」は「生の」、「加工していない」などを意味します。RAW撮影を選ぶと、センサーが光を受け取って記録しただけの、未加工のデータが得られます。

RAW撮影して得られたファイルは、そのままでは写真として見られません。しかし、RAWデータは、ホワイトバランスや露出の微調整、ノイズの低減などが可能です。通常の写真を後から加工するよりも細かく調整でき、自然に仕上がります。本格的な修正・現像には専用アプリやPCソフトが必要です。

iPhone 15 Pro、15 Pro Maxであれば、「Apple ProRAW」機能によってRAW撮影できます。

「HDR」ってなに?

HDRは、「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略で、ダイナミックレンジ(カメラが写せる光の範囲)が高いことを表しています。ダイナミックレンジが高いと、明暗がくっきりとした豊かな写真を撮影可能です。

スマホカメラのHDR機能をオンにすることで、薄暗い場所や逆光でも鮮明な写真を残せます。

iPhoneやGalaxy、Xperiaなど多くのスマホでHDR機能を利用できます。

「ToFカメラ」ってなに?

「ToF」は「Time of Flight(飛行時間)」の略称で、光の飛行時間を利用して物体の三次元的な距離を計測する技術です。

カメラからレーザー光を照射し、被写体に当たり反射されて戻ってくるまでの時間を計測します。「光の速さ × 時間 = 距離」という数式で、カメラと被写体の距離を求めます。

ToFカメラによってカメラと被写体の距離を求めることで、ピントを合わせる精度を高めることが可能です。

ToFカメラは「Xperia 1 II」に搭載されていましたが、「Xperia 1 V」では省かれ、AIによる深度予測が搭載されました。

まとめ - カメラ性能が高いスマホを選べば、毎日がより楽しく!

カメラ性能が高いスマホを選ぶためのポイント、カメラ性能が高いおすすめのスマホ、カメラが高く評価されているスマホメーカーを解説しました。

近年、カメラの画素数が多く鮮明な写真を撮影できるスマホが多くリリースされています。AIカメラやセルフィー、ナイトモードなどの便利機能も充実しています。

「スマホの主な使い道は写真を撮ること」という人は、ぜひ本記事を参考にして、カメラ性能の高いスマホを選んではいかがでしょうか。きっとスマホへの満足度が高まります。

おすすめSIM会社

iPhone購入とプラン契約で最大22,000円分ポイント還元繋がり易くなったRakuten最強プランではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、3GBまでならかけ放題で1,078円

通信品質トップクラス。新プランのコミコミプランでは、10分かけ放題付で20GB3,278円(税込)でオンライン専用プラン並みの低価格店舗サポートも魅力。

ドコモ品質で安心。20GBと5分かけ放題で月額2,970円。大盛りオプション利用で月額4,950円で100GBの大容量もおまかせ。海外でも20GBまで利用可能。

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEのデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が契約から7か月目まで無料!