格安SIM・キャリア - 会社一覧(スマホ契約を提供する会社リスト)

Youtubeなどの動画やApple Musicといった音楽配信サービスでのデータの使用がカウントされない「エンタメフリー・オプション」が特徴。

「DTI SIM」とは、老舗のインターネットプロバイダーDTI(株式会社ドリーム・トレイン・インターネット)が提供する格安SIMです。DTI SIM には、YoutubeやTwitterをデータ容量を気にせず使えるプランや、半年間基本使用料無料で使えるお試しプランなど、ユニークな特徴があります。

国内のみならず海外でも使えるSIMを提供する旅行代理店エイチ・アイ・エスの格安モバイルSIM。業界の中でも最安級のプランやかけ放題プランがあるのが特徴。

【U-mobilleは新規受付を終了しています】 ソフトバンクのiPhoneやワイモバイルのスマホならSIMロック解除なしで使えるU-mobile。選べるプランが豊富。データ通信に特化したSIM。

老舗格安SIMとして人気のIIJmio(アイアイジェイミオ)。最新プランギガプランは業界の中でも最安級といってよい料金設定となっています。また、eSIMにも力を入れており、データ通信専用のeSIMは20GBの容量を税込1,650円で利用することができます。

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEでかかるデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が1年無料!

ソニーの子会社による格安SIM。最新プラン「バリュープラン」では音声通話SIMを3GBが792円(税込)で利用可能。また、解約金やMNP転出手数料も無しに。通信速度の低下が気にならず、とにかく安いのがよいという方であればオススメ。

ドコモ回線の通信品質No1。音楽配信サービスでのデータ使用がカウントされないMusicカウントフリーやかけ放題オプションなど充実のサービス。OCN光利用者なら月々200円引き。

九州で誕生した「QTmobile(QTモバイル)」格安SIM。格安SIMにはめずらしく時間無制限かけ放題プランあり

KDDIのサブブランド。通信品質トップクラス。新プラン「くりこしプラン」では、割引なしで3GB1,628円(税込)。auでんき・UQでんきとのセット割でさらにお得に。データを繰り越しできるのも魅力。60歳以上の人であれば24時間かけ放題が770円で追加できるのもポイント。

ドコモのオンライン専用プラン。ドコモの高品質通信でのデータ容量20GBに5分以内無料通話がついて月額料金2,970円。5Gにも対応しており、海外での利用も無料。dカード・dカード GOLDと組みわせるとデータ容量が増えさらにお得に。

ドコモ・ソフトバンクと並ぶ、3大キャリアの一つ。キャリアとして、高速で安定した高速通信や店頭サポートの充実度が特徴。auでんきや光回線auひかりと一緒に使うことでお得に。

donedone(ドネドネ)は、たっぷり50ギガの音声通話プランで注目されている新格安SIMブランド。名前の由来はdonation(ドネーション:寄付)で、毎月の携帯電話料金の一部が社会貢献団体に寄付される。

顧客満足度の高い格安SIMで、通信品質の高さも特徴。新プラン「マイピタ」はデータ増量・価格は値下げとさらにお得に。5Gも利用可能

auのオンライン専用プラン。基本料金は0円で、ユーザーが必要に応じて「トッピング」を購入するのがコンセプト。3GB990円(30日間)や220円で24時間データ使い放題になるトッピングが魅力的。

国内最大の動画配信サービス「U-NEXT」が無料付帯のお得なプランがおすすめの格安SIM。スマホ端末保険も無料でついて、永久不滅のギガ繰り越しがあるのもポイント

全国200店以上の店舗を持つイオンが提供する格安SIM。格安SIMの中でも唯一日本全国の店舗でしっかりサポートしてくれるので、シニアの方でも安心してご利用頂けます。複数のSIMで容量データを共有する「音声シェアプラン」はとってもお得。無理なくご家族で安く使いたいという方にオススメです。

インターネットプロバイダー大手のBBエキサイト系列が運営する格安SIMエキサイトモバイル。

株式会社ドリーム・トレイン・インターネットの提供するスマホサービス。見守りサービスも充実しており、子供やシニアを主な対象としている。AI搭載の独自端末で、スマホ初心者にもやさしく、子供をさまざまな危険から守ってくれることが特徴。

東海地方で特に馴染みの深いTOKAIの提供する格安SIMサービス、LIBMO。NTTドコモの回線を利用しています。

iPhoneのトラブル修理でおなじみの株式会社ギアが手がけるiPhoneユーザー向け格安SIM

ソフトバンクのサブブランドのワイモバイルは、他の格安SIMよりも通信速度が速く、キャリアよりも安くてお得なのが魅力。家族割や固定回線とのセット割引もあり、家族みんなでの利用にもぴったりです。実際のワイモバイルの評判・口コミから、メリットとデメリットも含めて徹底調査しました。

老舗の格安SIMブランド。70分の無料通話がついて20GB月々2,178円の「合理的20Bプラン」や6GB月々1,390円の「合理的みんなのプラン」といった超お得プランで人気。また、MVNOではめずらしく、かけ放題プランも提供(3GB2,480円)。

第4のキャリアとして、価格破壊のプランやサービスを展開。Rakuten UN-LIMIT VIでは使用したデータ容量に応じて料金が変わり、1GB以下なら月額0円。

価格表示について 2021年4月1日以降、各種サービスの料金は総額(税込)での表示が義務づけられています。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、一部の記事及び掲載中のサービス提供元のサイトで表示が切り替えられていない可能性があります。料金をご参照いただく際は十分ご注意ください。
セレクトラのらくらく窓口ではインターネットのお申し込みに関するご相談を受付中。電話予約はこちら