日本三大キャリアの一つ、ドコモ。近年格安SIMが台頭してきたとはいえ、ドコモのサービスは一貫して安定しているため依然として人気です。そんな頼りになるドコモのスマホを契約する際に気になる料金や申込・解約方法などをご紹介します。

ドコモの特徴・メリット

ドコモは、携帯電話業界においてauソフトバンクと並んで日本の三大キャリアの一つです。

最近は、その名のとおり料金が格安である「格安SIM」が増加してきましたが、いまだにドコモの人気は衰えていません。その人気の理由は、ドコモのサービスの質の高さにあるといえるでしょう。

ドコモのスマホを契約する上で、格安SIMにはない大きなメリットを見てみましょう。

キャリアと格安SIM キャリアとは、スマホや携帯電話の回線を自ら保有しており、自社ブランドで通信サービスを提供している通信事業者のことをいいます。これに対して、いわゆる格安SIMは自らは回線を保有しておらず、キャリアの回線を借りて、サービスを提供しています。

詳細記事  スマホ・携帯のキャリアや大手キャリアとは?
 格安SIMとは? - 初心者でもわかる格安SIMの解説

 通話・通信の品質が高い

通話・通信の品質は、ドコモと格安SIMを決定的に隔てる大きな違いです。

格安SIMはドコモかauの回線を借りてサービスを提供しているのですが、やはり「回線の所有者」と「賃貸契約者」では異なります。ドコモのSIMと格安SIM各社のSIMとでは、通話の品質もデータ通信の速度も目に見えて差があります

あくまで一例ですが、都市圏にてドコモのスマホでデータ通信をすると平均で30~50Mbps程度の通信速度があるという人もいます。ネット利用者が増える時間帯でも20Mbpsほどは出るようです。

それに対して格安SIM各社は、ネットが混雑する時間帯だと1Mbps以下になることもざらです。通信速度が1Mbpsになってしまった場合には、メールの送受信や比較的軽いウェブサイトの閲覧はできるかもしれませんが、添付ファイルを送受信したり、サイトが少しでも重かったりすると、通信時のイライラのもとになってしまいます。

このため、ドコモの通信サービスは安定して高速通信を楽しく事ができるという利点があります。加えて、ドコモは災害時の情報提供や電話回線確保など、大手ならではの安心感もあります。

 ドコモショップで何でも相談できる

格安SIMにはなくドコモにあるサービスといえば、何といっても実店舗(ショップ)の存在でしょう。ドコモショップは日本全国に約2,400店舗もあり、大都市から地方の小さな町に至るまで展開しています。

格安SIMは料金が安い代わりに、基本的にインターネット上で調べたり申し込みをする必要があります。そのため、インターネットやパソコンの操作が苦手な方は苦労するかもしれません。

その点、ドコモショップに行けばスタッフが懇切丁寧に契約の案内をしてくれます。スマホを購入するのが初めての方や、自分は機械音痴だ、という方でも、スタッフが手取り足取り教えてくれるので安心です。

スマホ購入以外にも、どれくらい料金がかかるか聞いたり、どんな割引を受けられるか相談したりするだけでもOKです。つまり、ドコモショップはスマホのことを何でも気軽に相談できる場所なのです。

 電話かけ放題のプランがある

ドコモには「カケホーダイプラン」というものがあります。これは、24時間国内通話をどれだけ行っても定額というプランです。

実は、かけ放題のプランは、一部の例外を除いて、格安SIMにはありません。格安SIMの場合は、定額制の通話オプションがあっても、5分または10分以内の通話が定額というものになります。格安SIMは通話よりもデータ通信に重きを置いているため、通話をよく行う人は注意しなければなりません。

このため、固定電話や携帯電話に長電話をする人にとっては格安SIMよりもドコモのほうがお得になります。

関連記事

 多彩な特典・キャンペーンがある

ドコモは、スマホ契約時に何かしらの特典やキャンペーンを実施しています。ドコモでスマホ契約をする前に、どんなキャンペーンがあるかを確認してみましょう。

キャンペーンの内容は多彩です。他社からの乗り換えで何万円もの現金還元だったり、対象機種を購入した人に特別な割引やdポイントのプレゼントだったりします。

なお、キャンペーンはドコモショップとドコモオンラインショップ(ドコモの公式オンラインショップ)で異なる場合があります。余裕があれば、どちらもチェックしてみることをおすすめします。

 古い機種を下取りしてくれる

ドコモには、これまで使っていた機種を下取りしてくれる「下取りプログラム」があります。最大で55,000円(iPhone Xの場合)もの高価下取りをしてくれて、新たな機種の購入代にも充てられます。

他社の携帯電話端末でも下取りしてくれるので、まずは手持ちの機種が下取り対象機種かどうか確認してみましょう。ドコモオンラインショップにて調べることができます。

ドコモの料金プラン

ドコモでは、2019年6月より、「ギガホ」と「ギガライト」の2つの新料金の提供が開始されました。 これから新規にドコモでスマホの契約をする場合は、この2つのプランのうちいずれかを選ぶことになります。

ドコモのこれまでのサービス 「ギガホ」と「ギガライト」の2つの新料金プランの導入により、これまでドコモが提供してきた「カケホーダイ」や「カケホーダイライト」といったプランは、新規加入受付が停止されているので注意が必要です。

「ギガホ」と「ギガホライト」という2つの料金プランの違いは、使用できるデータ容量です。ですので、たくさんデータ通信を行う人は「ギガホ」、そこまでもない人は、「ギガライト」を選ぶことになります。さらに「ギガライト」の場合は、データの使用料に合わせて段階別に料金が設定されています。

  ギガホ

ギガホでは、「定期契約あり」を選ぶか、「定期契約なし」を選ぶかで月額料金が異なります。定期契約は、2年の自動更新プランです。2年の定期契約を行った場合は、契約満了となる月・翌月・翌々月以外で解約をすると、1,000円(税抜)の解約金が発生します。

通話プランは、あとから見ますように、かけ放題や5分間定額といったオプションを追加することができますが、オプションを付けなければ30秒20円の料金がかかります。ただし、家族間の通話であれば無料です。このためには、「ファミリー割引」に申し込んでおく必要がありますが、ファミリー割引は無料であるため、実質的にプランの中に組み込まれているものとみなせます。

月額基本使用料 6,980円 (2年間の定期契約あり)
7,150円 (定期契約なし)
利用可能データ量 30GB
国内通話料 家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり20円
SMS送信料 国内:1回あたり3円~(受信 無料)
国際:1回あたり50円~(受信 無料)

  ギガライト

ドコモの「ギガライト」は、1GBから7GBまでデータの使用料に合わせて、料金が段階性になっています。

ギガホの場合と同様に、ギガライトでも定期契約ありを選ぶかそうでないかで月額料金が変わります。また、国内通話料金やSMS送信料については、ギガホと同様です。

データ容量に応じた、ギガライトの各料金は次の通りです。

データ通信容量 月額料金
~1GB 2,980円(定期契約あり)
3,150円(定期契約なし)
~3GB 3,980円(定期契約あり)
4,150円(定期契約なし)
~5GB 4,980円(定期契約あり)
5,150円(定期契約なし)
~7GB 5,980円(定期契約あり)
6,150円(定期契約なし)

 電話かけ放題オプション

「ファミリー割引」による電話の無制限通話は家族間通話に限られます。このため、日常的に家族間外の電話通話もよく行うという方は、上記の「ギガホ」と「ギガライト」にそれぞれオプションを追加しなければなりません。

通話オプションの内容は以下の通りです。

音声通話オプション (税抜)
オプション 月額料金 通話料
かけ放題オプション 1,700円 国内通話無料
5分通話無料オプション 700円

国内通話(1回5分までの通話は回数無制限で無料)
5分を超た場合:30秒あたり20円

  ドコモの割引サービス

すでに言及した2年間定期契約による割引以外にも、ドコモには多数の割引サービスがあります。

dカードお支払割

dカードお支払い割とは、「ギガホ」「ギガライト」を定期契約なしで契約している場合に、支払い方法をdカードまたはdカード GOLD(家族カード含む)に設定すると、月額料金が2年定期契約の割引があった場合と同じく毎月170円引きになるサービスです。(dカード・dカード GOLDはドコモのクレジットカードです。)

みんなドコモ割

みんなドコモ割は、同一の「ファミリー割引」グループ内の対象音声回線数に応じて、月額料金が割引されるサービスです。割引額は2回線で月額500円割引3回線以上の場合は、月額1,000円割引です。割引適用後のギガホ・ギガライト(2年定期契約割引あり)は次の通りです。

プラン 月額料金
ギガホ 6,980円(定期契約割引)
6,480円(2回線)
5,980円(3回線以上)
ギガライト
~1GB
2,980円(定期契約割引)
2,480円(2回線)
1,980円(3回線以上)
ギガライト
~3GB
3,980円(定期契約割引)
3,480円(2回線)
2,980円(3回線以上)
ギガライト
~5GB
4,980円(定期契約割引)
4,480円(2回線)
3,980円(3回線以上)
ギガライト
~7GB
5,980円(定期契約割引)
5,480円(2回線)
4,980円(3回線以上)

なお、定期割引に、3回線以上の場合のみんなドコモ割を適用した場合が、割引を最大適用した場合の料金であることにご留意ください。

ドコモ光セット割

「ドコモ光」は、ドコモが提供する光インターネットサービです。月額4,000円(税抜)から利用することができます。ドコモ光セット割は、みんなドコモ割と同じように、同一ファミリー割引グループ内にドコモ光を契約している人がいる場合、回線数に応じて月額料金が割引されるサービスです。

 初期費用

ドコモの店頭で申し込みを行った場合には、新規契約・契約変更を行うために3,300円(税込)が初期費用として必要です。また、機種変更を場合にも、2,200円(税込)が事務手数料・登録等手数料として必要です。

ドコモのスマホをドコモオンラインショップで契約する

ドコモのスマホ契約をするには、ドコモショップに行くかドコモオンラインショップで申し込むかの2通りの方法があります。

ドコモショップではスタッフが親切に色々と教えてくれるため、スマホをこれまで使ったことがない方や、パソコンを使えない方はドコモショップに行くことをおすすめします。

これまで他社のスマホを使用していた方やパソコンでインターネットを使える方であれば、ドコモオンラインショップで契約することで費用と時間の節約になります。

ドコモオンラインショップでスマホ契約する流れは次のようになります。

 機種を選んで希望の購入手続きを選択する

機種一覧ページの左側に絞り込み条件が表示されます。商品カテゴリーや価格、機能、発売時期など自分が求める条件を選ぶと、容易に自分が求める機種が見つかります。

購入手続きには次の3つがあります。

  • 新規(追加)契約
  • 機種変更
  • 他社からのりかえ(MNP)

上記のいずれかを選択すると、機種代金や実質負担金が表示されます。一括払いか24回分割払いを選べます。

 機種のカラーやオプションを選んで注文手続きに移る

その機種に複数のカラーやオプション機器がある場合、選ぶことができます。

 お客様情報と配送先の入力

他社からのりかえ(MNP)の場合は、ここでMNP予約番号を入力します。MNP予約番号は、以前利用していたSIMの会社から発行してもらいます。

 料金プランの選択

ギガホプランにするか、ギガホライトにするかを選択します。

 支払情報の入力

 注文内容を確認して手続き完了

3のステップからの注文手続き全体にかかる時間は10~15分程度です。

ドコモのスマホの解約方法

ドコモのスマホを解約する場合、次の2つのどちらのパターンなのかによって手続きが異なります。

  • パターン1.携帯電話をもう使わない / これまでの電話番号を捨てる
  • パターン2.電話番号はそのままで他社に乗り換える(MNP)

パターン1の場合、解約手続きはドコモショップでしかできません。
パターン2であれば、MNP予約番号を取得する手続きになります。この手続きはドコモショップだけでなくオンライン・電話でも可能です。

オンラインでMNP予約番号を取るには「マイドコモ」にアクセスして、「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」を選びます。

電話でMNP予約番号を取得するには、ドコモインフォメーションセンター(ドコモのコールセンター)にかけます。

ドコモインフォメーションセンター
  ドコモショップ ドコモオンラインショップ
電話番号 (ドコモの携帯から)151 (一般電話から)0120-800-000
受付時間 9:00~20:00(年中無休)

おすすめSIM会社

3カ月スマホ代無料キャンペーン中。Rakuten UNLIMIT VIではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、1GBまでならなんと0円国内通話もかけ放題

通信品質トップクラス。新プラン「くりこしプラン」では、割引なしで3GB1,628円(税込)と格安SIM最安級プランにデータを繰り越しできるのも魅力。

通信品質トップクラス。新プラン「シンプルプラン」では、家族割(2回線目以降)または光回線とのセット割の割引で3GBなら月額990円に(税込)。

顧客満足度の高い格安SIMで、通信品質の高さも特徴。新プラン「マイピタ」はデータ増量・価格は値下げとさらにお得に。5Gも利用可能

ドコモ回線の通信品質No1。音楽配信サービスでのデータ使用がカウントされないMusicカウントフリーかけ放題オプションなど充実のサービス。OCN光利用者なら月々220円引き

Youtubeなどの動画やApple Musicといった音楽配信サービスでのデータの使用がカウントされない「エンタメフリー・オプション」が特徴。

【関連する記事を見る】 ドコモ

価格表示について 2021年4月1日以降、各種サービスの料金は総額(税込)での表示が義務づけられています。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、一部の記事及び掲載中のサービス提供元のサイトで表示が切り替えられていない可能性があります。料金をご参照いただく際は十分ご注意ください。
インターネットのお申し込みに関するご相談は03-4578-9656セレクトラのらくらく窓口まで。