お引っ越し

スムーズなお引っ越しを   セレクトラがサポート

  • 電気・都市ガスの使用開始・使用停止
  • インターネットの継続・新規契約の手続き
  • 新居でのLPガス(プロパンガス)の申し込み

選べる電力会社・プロバイダー

新居へのお引っ越しには、様々な契約の停止および新規契約など、多くの手続きを伴うものです。オンラインで簡単に済ますことのできる手続きからじっくり腰を据えて検討が必要なものまで種類は様々です。お引っ越しの作業自体が忙しく、時間に余裕がなくとも後回しにせずに事前に申し込みをしておきたいものもあります。こちらでは、お引っ越しにともなう主な手続きについてこちらで紹介しています。

電気と都市ガス

denki

決して複雑な作業ではありませんから、電気・都市ガスとも、新居に入居する前には、申し込みを済ましておくのが安心です。都市ガスの場合、つい忘れがちなのが「開栓作業」です。都市ガスは、「開栓作業」と呼ばれる都市ガス会社から派遣される作業員による作業を経た上で、はじめてガスが使用できるようになります。台所のガス台や給湯設備の点火確認を行うため、契約者(もしくは代理人)の立ち合いも必要です。都市ガスは申し込みを忘れると、当日すぐにガスが使えない可能性が大です。入居してすぐにガスを使いたい場合は、希望した時間帯に作業員に来てもらうためにも、時間に余裕をもって事前に申し込みを行い、希望する開栓作業日を押さえておきましょう。

電気の使用開始には特別な作業は不要です。基本的には入居してからでも、ブレーカーを「入」にすれば、前の住居人がその家・アパートを去ってから大分時間が経っていない限り電気が使える可能性が高いと考えられます。しかし、最近はスマートメーターと呼ばれる遠隔操作のできる新しい電力メーターの普及がすすんでいます。そしてこのスマートメーターのおかげで、電力会社に電気の使用停止の連絡をすれば、電力会社によってすぐに電気の供給を止めることが技術的に可能となっています。その家にスマートメーターが設置されており、以前住んでいた人がきちんと電気停止の連絡をしていると当日電気が使えないことがあるというわけです。電気も都市ガスと同様に早めに申し込みをしておくのが安心です。

LPガス

bouteille-gaziniere

アパート・マンションなど賃貸・集合住宅へのお引っ越しの場合は、入居者が自由にLPガス(プロパンガス)の契約先を変えることはできません。その建物のLPガス供給の「契約者」は管理会社もしくは大家さんであるためです。賃貸・集合住宅にお住まいの基本的に指定されたLPガス販売店に申し込みをする必要があります。

一方、持ち家の方や、店舗などを所有されて方であれば、LPガス契約先を自由に選ぶことが可能です。特に戸建ての一軒家を建てた、新築したという場合は、業者やその他関係者からすすめられたところだけでなく、いくつかLPガス販売店を比較し、良く納得して最終的な契約先を選ぶのが理想的です。もちろん、今お住まいご自宅や商売をされている方は店舗などでも切り替えは可能です。その際は現行のLPガス販売店との解約条件・解約金などをよくチェックする必要があります。

 

インターネット・モバイル

cable-eternet

引越ししてからもすぐに使えるようにしておきたいのが、インターネットです。自宅のインターネット、申し込みをすればすぐに新居で使えるだろうと思っていると慌てることになるかもしれません。選ぶインターネット回線の種類によっては、必ずしもすぐにインターネットに接続できるわけではありません。

もし光回線のインターネットを希望するならば、ケーブルを引き込む工事が必要になります。光回線の申し込みから、工事の日程調整などを含めると、実際に自宅でインターネットが使えるようになるまで一ヵ月くらい待たなければならない可能性もあります。またADSLを希望する場合も、電話回線がすでに繋がっているかどうかで料金が異なりますし、繋がっていない場合はそもそも電話回線を申し込むべきか否かという点も判断しなければなりません。引っ越し先での、世帯人数は、生活スタイルによってはワイヤレスインターネット(無線回線のインターネット)の方が使い勝手がよく便利ということもあります。納得して長く利用できるインターネットをきちんと選びたいならば、いくつかよく確認しておきたい点があります。

boxes

また、以前の家で使用していたインターネットを新居でも継続して使用した方が良いか、もしくは新規で契約をし直した方がいいのかも事前によく調べておきたいポイントです。まず、インターネット契約の継続を希望する場合は、まずお引っ越し先でも同じインターネット契約を引き続き申し込むことができるのか調べなくてはなりません。特に光回線(フレッツ光)は全国どこでも必ず回線が届いているわけではありませんので継続がそもそもできないことも想定しておく必要があります。また、引越しを機に他のインターネットを申し込みたい場合は、解約金・解約金の有無もチェックしておくべきでしょう。

また、お使いのスマホ・ケータイの契約をインターネットとセット割(まとめ割)にしている場合は、どれだけ本当に安くなっているかなど、確認すべき項目がより複雑になるかもしれません。独立で引っ越し、進学のために引っ越し、家族が増えるので引っ越しなど、生活スタイルによってどのようなスマホのプランもしくは格安SIMへの切り替えを検討すべきか否か考える必要があります。

お引っ越しにともなう手続きをシンプルに。必要な情報をチェック。