電話で電気・ガス切替相談

お引っ越しで新規に電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。 (セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口)
広告

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

東京電力EPの問い合わせ電話番号は記事本文の記載をご確認ください。

お引っ越しで新規に電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?

最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。 (セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口)
広告

 


営業時間・ご利用方法についてはこちら

賃貸の火災保険とは?必ず申し込まなければならないの?【火災保険の解説】

賃貸の火災保険とは?必ず申し込まなければならないの?
賃貸の火災保険とは?必ず申し込まなければならないの?

進学や就職で初めて一人暮らし、結婚や同棲を機に賃貸住宅を借りる、そんな場合に登場するのが、「火災保険」です。「火災保険」って部屋を借りるとき必ず申し込まないといけないのでしょうか?そもそも「火災保険」の中身はどんなもので、なんのために必要なのか?そんな疑問についてお答えします。

賃貸物件への入居 - 火災保険は必ず入らないといけないの?

はい。マンションやアパートを借りる場合は、必ず、火災保険に加入しなければなりません。

法律上では、火災保険の加入は義務ではありません。しかし、「賃貸借契約」においては、加入が条件とされています。これを拒否すれば、当然、マンション・アパートは貸してもらえません。このため、火災保険の加入は事実上、必須ということになります。

火災保険はなんのために入るの?なぜ必要なのか。

被害を弁償をするのが主な目的ではない

「自分が借りている部屋で火事を起こしてしまった。」こんな場合、あなたには賠償の義務があるのでしょうか?「自分の部屋から出た火事なんだから、それによる損害は全て賠償しなければならない」と思うかもしれません。

しかしながら、自分が火元でも、賠償の責任が必ずあるわけではありません。これは「火災責任法」という法律によります。この「火災責任法」によれば、「失火(過失による火災)の場合は、損害賠償はしなくて良い。ただし重大な過失の場合を除く」とされているためです。

つまり、自分の部屋で起きた火事により、大きな被害が出てしまった場合でも、その火事が「重大な過失」によって起きたものでなければ、あなたには損害賠償の義務はないのです。

火災責任法の「重大な過失」とはどのようなもの?

火事を起こしても、起こされても、それが「重大な過失」でなければ損害賠償の義務はありません。一方、それが、火災が「重大な過失」によるものであれば、失火責任法の適用外となり、損害賠償をしなければなりません。

「重大な過失」は、「ほとんど故意に近い著しい注意欠如の状態」とされています。分かりにくいですが、「そんな使い方をしたら、火事になることは分かるはずだろう。」「少し注意すれば防げる火災だろう。」こんなケースがあてはまります。例えば、火がついてる石油ストーブに給油をするとか、揚げ物をしている鍋をそのままに、その場を離れた等が該当します。

火災責任法の「重大な過失」
重大な過失に該当するケースは?

火災保険は「自分の家財の補償」と「原状回復の義務」のため

では、賃借人が加入しなければならない火災保険はいったい何を補償するものなのでしょうか?それは、以下の2つになります。

  1. 自分の家財
  2. 原状回復の義務を果たすための費用

あなたの家財の補償

あなたが火事の被害者になることも当然あり得ます。逆の立場で考えてみましょう。お隣さんが火事を起こしてしまったとします。火は広がりあなたの部屋にも燃えうつり、大切な家財道具一切が燃えてしまったとします。前述の「火災責任法」を思い出しています。この火事が、「重大な過失」に当てはまらなけば、隣人にはあなたの消失した家財道具を保証する義務はないことになります。

ここで、あなたの加入していた火災保険が活躍します。他人の起こした火事によって失った家財や、また、消防車の放水により失われた家財も補償してくれるのです。

このように、火災保険は自分自身の家財を守るために必要なのです。

原状回復の義務を果たすため

火災保険 原状回復
借りたお部屋はもとの状態に戻して、退去する必要があります。

賃借人には、賃貸借契約により、「原状回復の義務」があるのはご存知の通りですね。どのような理由であろうとも、退去する場合は、自分の借りている部屋を元の状態に戻して返さなければなりません。もらい火(延焼)が原因でも例外ではありません。

仮にあなたの借りているお部屋が火事の直接被害は受けなかったとしても、消防隊による放水により、大きなダメージを受けたとします。これらの修復にかかる費用も、火災保険が助けてくれるのです。

このように、賃借人が、火災保険に入るのは、自分自身の家財を補償してもらうためと、火災後の「原状回復の義務」を果たすためなのです。

大家さんも火災保険に加入している

大家さんも自分の所有物である賃貸物件に対して、火災保険をかけています。そして、火災でうけた損害に対しては、その保険によって補償がなされるようにしています。

保険会社のサイトを見れば、同じ火災保険でも、賃借人用の保険と大家さん用の保険があります。自分で火災保険を選ぶ場合は、「賃貸住宅入居者」の火災保険探します。

火災保険の加入方法

火災保険は、不動産会社が紹介するものにそのまま加入するという選択肢の他、自分で自由に保険会社を選んで申し込むことも可能です。不動産会社が保険を紹介してくれることが多くありますが。必ずしもそこに申し込む必要はありません。

不動産屋の紹介する保険をそのまま加入する場合は、時間の節約になる、選ぶ手間が省けるというメリットがある一方、必要以上の補償額となっており保険料が高いという可能性があります。一方、後者、自分で選ぶ場合は、自分で探す分、手間がかかりますが、必要な補償だけで無駄のないプランを選べるというメリットがあります。

賃借人が申し込むべき火災保険と基礎知識

「火災保険」 = 「家財保険」

ここまでずっと、「火災保険」の話をずっとしてきましたが、賃借人が、実際に契約が必要となる保険の正式名称は、「家財保険」です。

火災保険という大きなカテゴリーのなかに、家財保険があると理解してください。

"賃貸住宅に入居する人が、加入すべき「火災保険」は「家財保険」です。"という言い方ができます。

火災保険(家財保険)の3つの中身

火災保険(家財保険)で賃借人が申し込むべき保険は主に以下の3つになります。

個人賠償責任保険(特約)の申し込みは必須ではありませんが、最初の2つは必須です。

実際のところは以下の3つがパッケージになっているプランが多く販売されています。

火災保険(家財保険)で賃借人が申し込むべき保険
家財保険 自分の家財を守るための保険。 火災以外、水災、落雷、爆発、水害、雪害、水漏れ、等どこまで含まれるかは保険によって異なります。
借家人賠償責任保険(特約) 原状回復の義務のため保険。(大家さんへの損害賠償)原状回復するための費用を補償します。家財保険に特約という形で申し込みます。
個人賠償責任保険(特約) 日常生活によるミスで、他人に損害を与えてしまった時のための保険です。例 ペットが隣人にかみついた。ベランダから物を落としてしまい、通行人にけがをさせた。

賃貸用火災保険の選び方

自分で保険会社を選ぶ、と決めた場合はどのようにして、保険会社やプランを選べば良いのでしょうか?補償額がいくらかで選ぶのがポイントです。自分の家財をいくらまで補償してくれるか、原状回復にかかる費用をどこまで、補償してくれるのか、そして個人賠償もいくらまで必要だろうか・・・?このような点を加味して選びます。

家財保険などは、自分の家財が全て合わせても、100万程度しかないのに、300万までの補償を選んでも意味がないということになります。もちろん保険額は保険会社によって異なります。同じ条件ならば、なるべく保険料の安い会社を選んだ方がお得ということになります。

賃貸向けの火災保険は数はあまり多くありませんので、保険会社のサイトを訪問しシュミレーションし保険料をチェックするのがおすすめです。一括見積りサービスサイトもありますが、これは条件設定も細かく、保険料も比較的高くなる持ち家用のサービスとなっています。

各保険会社のサイトを訪問しシュミレーションする

目ぼしい保険会社のサイトに行き、必要事項を記入すれば、保険額と補償内容を簡単にチェックすることができます。

試しに日新火災の「お家を借りるときの保険」で、年齢30代、二人暮らしで子供なしという条件でシュミレーションしたところ、家財評価額は700万で計算されました。我が家の家財はもっと価値がある、いやもっと控えめ、というケースごとに保険額が表示されていることが分かります。

火災保険をシュミレーション
日新火災の「お家を借りるときの保険」でシュミレーションしました。

日新火災の「お家を借りるときの保険」は、全国どこでも保険料が同じなので、仮に引っ越しをしても解約や再加入の必要がないという特徴があります。

賃貸住宅用火災保険の一例

賃貸住宅用の火災保険(家財保険)は、たくさん種類がありますが、申し込みから、住所変更、解約手続き等オンラインでできるものが一般的です。

オンラインで手続きできる火災保険(家財保険)を提供しているところには以下のようなところがあります。

  • 日新火災海上保険 - お部屋を借りるときの保険(賃貸家財総合保険)
  • チューリッヒ少額短期保険 - ミニケア賃貸保険
  • ジャパン少額短期保険株式会社 - 新すまいRoom保険A
更新日