電話で電気・ガス切替相談

お引っ越しで新規に電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。 (セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口)
広告

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

東京電力EPの問い合わせ電話番号は記事本文の記載をご確認ください。

お引っ越しで新規に電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?

最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。 (セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口)
広告

 


営業時間・ご利用方法についてはこちら

賃貸物件 - 解約・退去までの流れ - 事前に理解しておこう

賃貸物件 - 解約・退去までの流れ - 事前に理解しておこう

賃貸アパート・賃貸マンションに居住している人が引っ越す際、どの手続きから手を付けたらいいか分からないことも。ここでは、引越し前に賃貸物件の解約~退去までの流れを分かりやすく解説します。


賃貸物件を解約~退去するまでの流れ

賃貸物件に住んでいる人が引っ越す場合、住居の契約を解約・退去するまでの流れは以下のようになります。それぞれ具体的に解説しますね。

  1. 賃貸借契約書の解約事項を確認する(引越し検討時)
  2. 転居先の住居を探す(引越しが決まってから)
  3. 引越し業者に依頼する(引越しが決まってから)
  4. 解約と退去日を管理会社に通知する(引越しの1ヵ月以上前)
  5. 役所で転出手続きをする(引越しの1~2週間前)
  6. 電気・ガス・水道の解約手続きをする(引越しの1~2週間前)
  7. 各サービスの住所変更手続きをする(引越し前後)
  8. 立会い・鍵を返却する(引越し当日)
  9. 敷金の清算と返金(引越し後)

①賃貸借契約書の解約事項を確認する

引っ越しを検討することになったら、最初に賃貸借契約書を引っ張りだして内容を確認しましょう。最適な引っ越しタイミングを決めるうえでも、賃貸借契約書をチェックしておくのは大事です。

賃貸借契約書とは?賃貸物件に関する取り決めやルールが記載された書類です。賃貸物件に入居する前に管理会社(もしくは不動産会社)から受け取っているはずです。賃貸借契約書は2通作成され、賃借人と管理会社の双方が持つことになっています。そのため、もし紛失してしまったとしても管理会社に事情を説明すれば、コピーをもらえる場合もあります。

賃貸借契約書のチェックポイントは次の4つです。

・解約の通告をいつまでにしないといけないか
・敷金の清算について
・解約月の家賃は日割りなのか
・短期解約による違約金の有無

解約の通告をいつまでにしないといけないか

賃貸契約を解約するには、ある程度前もって管理会社に通告しないといけません。一般的には、少なくとも退去日の1ヵ月前までに解約する旨を通知する必要があります。

とはいえ管理会社によっては、2ヵ月前に通告しないといけない場合もあるため、賃貸借契約書をチェックするのが確実というわけです。

退去日のどれくらい前に通告しないといけないか判明したら、十分余裕をもって転居先を探したり引っ越し業者に連絡したりしましょう。

敷金の清算について

入居時に敷金を支払っていたなら、退去時にいくら返還されるのか確認します。通常、敷金は家賃の1~2ヵ月分となっており、退去時には原状回復費用を差し引いた額が戻ってきます。

ただし、賃貸借契約書に「解約時償却〇ヵ月」などと記載されている場合は注意が必要です。償却とは理由を問わず返金しないという意味になります。

たとえば敷金2ヵ月分のうち償却1ヵ月であれば、残りの1ヵ月分から原状回復費用に充てられ、残った金額が返金されるわけです。

原状回復とは?建物・設備の損耗や損傷を復旧することが原状回復です。経年劣化や通常の使用によって生じた汚れや傷、震災などによる設備の被害は、入居者が負担する必要はありません。しかし、故意・過失および適切な管理を怠ったことにより生じた損耗は、原状回復費を請求されます。
たとえば、家具を動かす際に床にキズが付いた、窓を閉め忘れたため雨がフローリングに染みてシミができた等の原状回復費は、入居者の負担になります。

解約月の家賃は日割りなのか

最適な退去日を決めるためにも、解約月(契約終了月)の家賃が日割りなのか月割りなのかを確認しておきます。

日割りならいつ引っ越しても気にすることはありませんが、月割りであれば月末に引っ越すのがいいでしょう。たとえば解約月の家賃が月割りとなっていて、月初めに引っ越すと約1ヵ月分の家賃を無駄に支払うことになるからです。

短期解約による違約金の有無

アパートによっては、1年未満の解約に違約金がかかることがあります。特に、敷金や礼金ゼロの物件に多くみられる条件なので、当てはまる物件に住んでいるなら注意しましょう。

短期解約違約金は家賃1ヵ月分というのが一般的。少なくない出費になるので、もう少しで入居して1年になるのであれば、引越し日をずらすことを検討するといいかもしれません。

②転居先の住居を探す

引越し先の住居をインターネットや不動産会社で探します。賃貸物件を探す場合、さまざまな条件を比較検討することをおすすめします。以下のような点を比較しましょう。

  • 家賃やその他の費用
  • 家の間取りや設備
  • 収納スペース
  • 駐車場の有無
  • 光回線が届いているか
  • 日当たり
  • 最寄り駅までの距離
  • 周辺の商業施設・公共施設
  • 周辺地域の治安

1人暮らしならインターネットはモバイル回線が便利1人暮らしであれば、工事不要なうえに室内・外出先で高速通信が可能なモバイル回線がおすすめです。代表的なモバイル回線はソフトバンクエアーWiMAXです。ソフトバンクエアーは室内専用ですが通信制限なし、WiMAXはホームルーターとモバイルルーターを選べるという特徴があります。まずは、それぞれの公式サイトで対応エリアを確認するといいでしょう。

③引越し業者に依頼する

ほとんどの場合、引っ越し作業は業者に依頼することになるはず。荷物が少ない人が安くなる「単身パック」などもあるので、上手に検討してお得な引っ越し業者を見つけてください。

引越しの繁忙期は3~4月と8~9月なので、その期間に引っ越す予定ならできるだけ早く引っ越し業者に連絡しましょう。

④解約と退去日を管理会社に通知する

賃貸契約の解約と退去する旨を管理会社に通知します。通告の仕方は書面または口頭で行うことになりますが、いずれにしてもまずは電話で解約の旨を伝えるといいでしょう。その際に、解約の流れを聞くこともできるからです。

管理会社が大手の場合、入居する際に対応した店舗に直接問い合わせると話がスムーズに進みます。解約通知書の記入が必要になることがありますが、もし手元になければ店舗でも用意しています。

⑤役所で転出手続きをする

他の市区町村に引っ越す場合、現在の住所がある市役所や役場に赴いて「転出届」を出します。転出届は退去当日の14日前から手続きすることが可能です。引っ越し先で「転入届」を出すのも忘れないようにしましょう。

もし同じ市区町村に引っ越すのであれば、引っ越し後14日以内に役所で「転居届」を出します。

正当な理由なしにこれらの手続きを怠ると、最高5万円以下の罰金が課される可能性があったり、ほかにも不利益を被る場合があるので注意しましょう。

なお、役所では他の手続きも併せて行います。たとえば国民健康保険の資格喪失手続きや、印鑑登録の抹消、原付バイクの廃車手続きなどです。詳しくは役所に行って相談するといいでしょう。

⑥電気・ガス・水道の解約手続きをする

ライフラインである電気・ガス・水道の各事業所に連絡して、引っ越しする旨と予定日を伝えます。

NTTの加入電話を利用しているなら、引っ越し先でも利用するかどうか決めた上でNTT東日本/NTT西日本に連絡します。転居先で光インターネットを契約するのであれば、お得な光電話に切り替えるのがおすすめです。

光回線インターネットをこれまで利用していた場合は、回線撤去工事が発生する可能性もあるため、早めにプロバイダーに連絡します。撤去工事が発生する場合は立会いが必要になることも頭に入れておきましょう。

各サービスの引越し手続きと連絡タイミング
  手続き方法 連絡先 連絡タイミング
電気 電話/インターネット 契約している電力会社 引越しの1~2週間前
ガス 電話/インターネット 契約しているガス会社 引越しの1~2週間前
水道 電話/役所の水道窓口 地域の水道局 引越しの1~2週間前
固定電話 電話/インターネット NTT東日本/西日本 引越しの1~2週間前
インターネット 電話/インターネット 契約しているプロバイダー 引越しの1ヵ月前

⑦各サービスの住所変更手続きをする

絶対ではないものの、なるべく引越し前後にしておくといいのが下記の住所変更手続きです。特に郵便局では、引越しから1年間は旧住所に届く郵便物を新住所に転送してくれるので、住所変更届けを出しておきましょう。

  • 郵便局
  • 銀行
  • クレジットカード会社
  • 保険会社
  • NHK
  • 携帯電話会社
  • 通販サイト
  • 新聞

⑧立会い・鍵を返却する

引越し当日、家の中の家具や荷物を運び出した後のタイミングで、管理会社の担当者や大家さんが来ます。契約者本人の立会いのもと、室内の状態を一緒にチェックすることになります。

このチェックの際、入居者が原状回復費をどの程度負担しないといけないか、ある程度判明します。もし入居する前からあったキズや汚れ、設備の破損があるのならハッキリ伝えておきましょう。

立会いが終わると、住居の鍵を合鍵も含めて返却します。なお、電気のブレーカーは退去時に自分で落とします。ガスの閉栓は退去時に立会いが必要になる場合もあるため、事前に確認しておきましょう。水道は閉栓不要です。

⑨敷金の清算と返金

引っ越しのしばらく後に、敷金清算書が新たな住所に送付されます。敷金から契約者の負担する原状回復費が引かれた金額が、退去から約1ヵ月後に指定した銀行口座に振り込まれます。

まとめ:引越しが決まったら早め早めに手続きしよう

現在賃貸物件に住んでいて引っ越しすることになったら、上記の流れで早めに手続きすることを心がけましょう。早めに行動すれば、どれかの手続きで時間がかかっても余裕をもって対応できるからです。

また、引っ越し後にも電気・水道・ガス等のライフラインをはじめ、インターネットの契約など新たにする必要が出てきます。上手に比較検討すれば、電気やガス料金を節約できたり、インターネットをお得に利用することも可能です。

セレクトラでは、お得な電気プラン・ガスプラン・インターネットプランを無料で案内しています。時間の節約にもなるので、お気軽に電話で相談してくださいね。

更新日