自宅の固定電話を解約・休止する方法 - 解約のデメリット・問題点もチェック

電話 コードレス
自宅の固定電話、利用していますか?固定電話の休止・解約は簡単です。方法をご紹介します。

ご自宅のいわゆる固定電話、「いえでん」使っていますか?「家の電話はほとんど使用していないな」と思ったら固定電話は解約してもいいかも。手続きは簡単。毎月の電話料金はもう払わなくてOK。固定電話を解約しても問題ない?そんなことも検証してみます。

  • 電話を解約するために必要な手続きをご紹介します。
  • 固定電話を解約してしまっても本当に大丈夫?気になる点も確認します。

固定電話 - 「利用休止」・「一時中断」・「解約」違い

固定電話を解約・休止する方法

そういえば家の電話、ほとんど使っていないな・・・固定電話の解約方法は?

固定電話の使用をやめるには、「利用休止」、「一時中断」、「解約」の3つの種類があります。それぞれの違いをまずはご紹介します。また、費用もかかりますので合わせて確認しましょう。

固定電話の解約

固定電話の解約を選んだ場合、電話の加入権、電話番号も手放すことを意味します。完全な解約になります。工事費はかかりません。

固定電話の一時中断

単に、一時だけ電話の使用を中断したい場合は、固定電話の一時中断を選びます。

ただし、「固定電話の一時中断」をしても、毎月の月額基本料金(1,700円から1,950円 - 電話のタイプや住所によって異なる。)はそれまで通りかかります。不要な出費を避けるために固定電話の使用を停止したいと思っているならば、「固定電話の一時中断」では意味がありません。

工事費は、NTT局内のみの工事か、ご自宅での工事が必要か否かで幅があります。どちらに該当するは、NTTに問い合わせて確認する必要があります。

固定電話の利用休止

固定電話の使用には、通常、電話の加入権(正確には、施設設置負担金といいます。)を購入する必要があり、36,000円と少しお金がかかります。「固定電話の利用休止」を選べば、万が一固定電話を復活させたくなった場合も、加入権を再び購入することなく、電話を使用することが可能になります。もしかしたら、また固定電話を使用するかもと思っている方にはよい選択肢です。

休止期間中は、月々の月額基本料金の支払いもなくなりますから、最低でも年間20,400円節約することができます。

しかしながら、固定電話の利用休止を選んだ場合、電話番号を手放さなくてはなりません。このため、次回電話を使用する場合は電話番号が変わってしまいます。

工事費は、NTT局内のみの工事から、ご自宅での工事が必要か否かで異なります。

固定電話を止める3つの選択肢
電話を止める方法 内容 工事費(税抜)
固定電話の「解約」
  • 完全解約。
-
固定電話の「一時中断」
  • 使用一時中断するだけ。
  • 再開する場合も同じ電話番号が使える。
  • 毎月の回線使用料は払わなくてはならない。
2,000円 -10,000円
固定電話の「利用休止」
  • 最大10年、電話の権利(電話加入権)は残る。
  • 電話を再度利用するときは、加入権を購入なしで、電話が使用開始できる。
  • ただし、同じ電話番号は使用できない。
2,000円

固定電話の経費削減なら、「解約」か「利用中止」

固定電話を解約・休止する方法

固定電話を解約すれば、約年間二万円以上の節約になります。

「固定電話の一時中断」をしても、月額使用料は今まで通りかかります。このため、「一時中断」という選択肢を選んでもコスト的には別にメリットはありません。

節約目的なら、今まで使用していた電話番号は手放さなければならないが、電話加入権はキープできる「利用休止」か「解約」のいずれかを選ぶ必要があります。

同じ電話番号は念のためキープしつつ、月額料金を払わずに済ませるという手段は残念ながら、ありません。

ちなみに、利用休止の場合の電話加入権は10年所有することができます。10年以上経つと解約と判断されます。

NTTのライトプランなら加入権購入無しで固定電話が使えるNTTでは、通常の固定電話に加え、「ライトプラン」というものも用意されています。こちらを選べば、電話加入権を購入しなくても、固定電話を使用することができます。ただし、その分通話料金が少し高めに設定されています。また、電話の加入権はインターネットで中古を購入することもできます。

電話の引っ越し(移転)の注意点

引っ越しの場合は、移転という形で固定電話を引き続き使用することも可能です。

ただし、同一市区町村内の引っ越しでも、電話の収容局が変わる場合は同じ電話番号が使えない可能性があります。NTTに確認しましょう。

固定電話を解約・休止する方法(NTT連絡先)

以下では、具体的に、固定電話の解約と休止(一時中断)の手続き方法についてご紹介します。

固定電話の解約・利用休止の手続きは、それぞれNTT東日本NTT西日本のホームページ上から行うことができます。もしくは、局番なし116(NTT東日本/西日本とも)に電話で依頼します。

NTTの連絡先
NTT東日本
NTT西日本
NTTの固定電話からかける

116(局番なし)

NTT東日本 携帯電話・PHS・から 0120-116-000
NTT西日本 携帯電話・PHSから 0800-2000116

固定電話の解約・利用休止に必要な情報

固定電話の料金の支払い情報とは、口座振替で支払っているなら銀行口座情報、クレジットカードならばクレジットカードの番号等になります。解約の場合は、「本人確認書類」が必要な場合があります。

  1. 電話番号
  2. 契約者の名前
  3. その電話番号を使用している住所
  4. 料金の支払い情報

本当に固定電話を解約しても大丈夫か

家の電話は、もう全然使っていないし、お金がかかるだけならば、解約してしまおうと考えている人も多いはずです。

一方で、家の固定電話を解約しても本当に大丈夫なの?後で後悔しないかな?と思うのは当然の心理でしょう。ここでは、固定電話を解約することによって、どんな不都合やデメリットがあるのか、もしくはないのか、気になるポイントを一つずつ検証していきましょう。

固定電話を持っていないと信用されない?クレジットカードは申し込めない?

固定電話を解約・休止する方法

固定電話の所有の有無が、信用度に影響することはありません。

大昔は固定電話を持っていることに価値があり、固定電話を持っているか否かで信用にかかわることもありました。というのも、電話の加入権は、かつては70,000円以上もかかる大変高価なものだったからです。以前の物価や平均収入を考えると、今よりもより価値のあるものであることが想像できます。このため電話の加入権を担保にでお金を借りることもできました。

しかしながら、現在は、新規の加入権は36,000円に下がっており、資産価値もほとんどありません。中古買取業者に、電話の加入権を販売することもできますが、一回線1,000円にも満たないでしょう。

このため、固定電話の所有の有無がご自宅やご自身の信用の有無に関わるかということはもはやありません。固定電話がなくても、クレジットカードの申し込み、入院、パスポートの申請も問題なく行うことができます。

固定電話がないと不便ではないか?

携帯電話やスマホがこれだけ発達した今、家の電話がないと困るという事態はないでしょう。例えば、お子さんのいる家庭、学校の緊急連絡網も、家の固定電話を使用するケースはかなり減ってきています。

おじいちゃん、おばあちゃんのために固定電話が必要という考えもあります。しかしながら、最近はいわゆる「オレオレ詐欺」も心配ですし、そうでなくても、セールスや勧誘ばかりで逆に固定電話がある方がデメリットが高いという声も聞かれます。

固定電話は家にいない限り出ることはできません。一般的な家庭であれば、固定電話がなくても特に不便なことはなさそうです。

固定電話がないと災害の時困る?

災害の大きさにもよりますが、地震で、電話線が倒れた、電話線のダメージをうけた、となると固定電話が一番にアウトになってしまいます。もちろん携帯のアンテナが壊れて、電話線は大丈夫という逆のパターンもあります。

外出先で災害にあった場合は、家の固定電話は利用できません。よって、どのような災害が起こるか、時間帯、タイミング、ご自身がどこにいるかによっても結果は全く異なります。

判断が難しいところですが、万が一のために、複数の選択肢をもっていた方がいいと考える場合は、固定電話はそのまま所有するのも一つの方法ともいえるでしょう。

固定電話を解約したことを親戚に知らせるのが面倒

固定電話でしかやりとりをしていない親戚がいる場合は、固定電話を解約したことをお知らせをしなくてはいけないので確かにこれは面倒かもしれません。

しかし、NTTでは固定電話を解約した後、しばらくは転送サービスも行ってくれます。この点も特に問題はないでしょう。

固定電話を解約して困っている人はいないのか?

固定電話を解約して後悔、困った経験があるという人はいないようです。一方、特に解約せず、そのまま利用していても問題ありません。

余計な出費は、少しでも避けたいという方は、電話の解約で年間で2万以上は節約できますから早めに手続きを取った方が良いでしょう。

長年使用した固定電話や番号への愛着という心理的なもので解約ができないという人が多いかもしれませんね。

光電話との料金比較

光電話は、光回線インターネットをしている人ならば、誰でも申し込みが可能です。月額料金も通話料(距離に関わらず料金が一律)も固定電話より安く設定されています。

固定電話で使用していた同じ番号を使うことが可能です。

固定電話はまだ使用するが、少しでも固定費を下げたいという方は、光電話を検討してみても良いでしょう。

どこのプロバイダーの光回線インターネットを契約しても、光電話の申し込みが可能です。

光回線の申し込み先(一例)
自社回線
 
NURO光
03 4577 7766

コールバック希望

  • 下り速度最大2Gpbs。
  • 月額料金の中に無線ルーターが含まれる。
  • サービス提供エリア : 北海道/関東/東海/関西/九州(福岡・佐賀)エリア

NURO光の解説ページで詳細を知る

その他

  • 関西エリア/福井県 : eo光
  • 九州エリア : BBIQ光
en ひかり
  • スマホ・携帯にauを使っている人におすすめ。
  • プロバイダーを選ぶ必要があります。
  • 「auひかり x So-net光」や「auひかり x GMO」などがあります。
    auひかりの解説
フレッツ光
(光コラボ)

 ぷらら光
公式サイトから申し込む

  • NTT系列の老舗のプロバイダー。光回線はフレッツ光を使用
  • セット割でひかりTVを安く契約することができる。
その他、多くのプロバイダーで光回線にフレッツ光を利用した「光コラボ」プランを提供しています。

 So-net光プラス
公式サイトから申し込む

  • セキュリティ「カスペルスキー」が永年無料
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料

 en ひかり
公式サイトから申し込む

  • 業界最安値。光回線にはフレッツ光を使用。
  • 契約期間の縛りがなく、解約手数料がない。
更新日