インターネット申し込み無料相談

新居でのインターネット選び ご相談下さい🏠

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります(営業時間の確認)。営業時間内に03-4578-9647までお電話、または電話予約サービスをご利用ください。

新居でのインターネット選び
ご相談下さい🏠

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります(営業時間の確認)。営業時間内に03-4578-9647までお電話、または電話予約サービスをご利用ください。

引越し先で同じネット契約を続けられる?解約して新規契約した方が得なの?

引っ越し先でも同じインターネット契約を続けられるの?それとも解約して新しく契約した方が得なの?
引っ越し先でも同じインターネット契約を続けられるの?それとも解約して新しく契約した方が得なの?

引っ越しが決まったら、まず準備しなければいけないのはやはり新居でのインターネット契約。引っ越し先でも現在インターネット契約は可能?解約して新規契約した方が良い?どれがベストなのでしょうか?

  • 引っ越し先のインターネット契約。今のを契約を継続すべき?お悩みの方にアドバイス。
  • お電話で引っ越しにかかわるネットの相談・申し込みを受け付けています。03-4578-9656セレクトラのらくらく窓口までご連絡ください。

総額表示への移行 2021年4月1日からの「総額表示」義務に伴い、「税込価格」統一に向けて順次変更を行っています。一部表示の切り替わっていない記事もあります。ご了承ください。
ネットの相談・お申し込みは03-4578-9656セレクトラのらくらく窓口で受け付けています。

フレッツ光より速い光回線は? - なぜ速い?本当におすすめ?(記事)

新規工事費無料の光回線にはどのようなプランがある?(記事)

※表示の価格は、特に記載がある場合を除いてすべて税込です。

光回線 - インターネット回線・プロバイダーそのまま引越しは可能?

引っ越しが決まったら、やはり最優先で行わなければならないのはインターネットのお引越しですね。でも、今使用しているインターネットの契約って、引越し先でもそのまま続けるすることは可能なのでしょうか?

場合によりますが、基本的には可能です。引越し先が今使っているインターネットプロバイダーのサービス提供エリア内であれば可能なことがほとんどです。しかし引越し先が提供エリア外の場合は不可、というケースが多いです。

厳密に契約中のインターネットが引越し先でも継続可能かどうかは、契約しているインターネットプロバイダーもしくは光回線事業者(NTT東日本NTT西日本)によって異なるので、まずは契約中のプロバイダーに確認する必要があります。

フレッツ光を契約している方は、NTT東日本エリアからNTT西日本エリア、逆にNTT西日本からNTT東日本へと管轄エリアが変わる場合、契約をそのまま持ち越すはできません。いったん解約をして再度引越し先で新規契約を行う必要があります。

ちなみにお引っ越し先でも同じ契約が継続できると確認できた場合、「移転手続き」を行うことになります。

各光回線サービスごとに契約継続の可・不可をまとめるとこのようになります。

  • フレッツ光:東日本・西日本エリアをまたいだ引っ越し→旧居で解約後、新居で新規契約が必要
  • フレッツ光:東日本または西日本エリア内を出ない引っ越し→移転手続きを行い、契約継続が可能
  • 光コラボ:提供エリア内の引っ越し→移転手続きを行い、契約継続が可能
  • 光コラボ:提供エリア内の引っ越し→旧居で解約後、新居で新規契約が必要
  • その他光回線*:提供エリア内の引っ越し→移転手続きを行い、契約継続が可能
  • その他光回線*:提供エリア内の引っ越し→旧居で解約後、新居で新規契約が必要

その他光回線*=NTTが提供する光回線ではなく、自社所有の通信網を使用した光回線サービスのことです。NURO光・auひかり・eo光などがこれにあたります。

引越し先で光回線の契約を継続する(移転)場合

ネット契約の継続と言っても、光回線を使用する場所が変われば、どうしても新たに光回線のケーブルを引く工事が必要になります。

引越し先で、すでに光ケーブルの導入が済んでいる場合は、工事費は数千円程度で済みますが、引越し先の住居に光ケーブルが導入されていない場合、光回線ケーブルを宅内へ引き込む工事費を負担する必要があります。

  1. 引越し先でも同じインターネット契約が可能か確認。(引っ越し先の住所が分かっていれば、電話やwebですぐに確認ができます。)
  2. 契約しているプロバイダーのご自身のアカウント(マイページ)で登録情報の変更を行います。
  3. 機器返却・撤去工事の連絡・手続き
  4. 引越し先での回線工事の連絡・手続き
インターネット申し込み無料相談

新居でのインターネット選び ご相談下さい🏠

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります(営業時間の確認)。営業時間内に03-4578-9647までお電話、または電話予約サービスをご利用ください。

新居でのインターネット選び
ご相談下さい🏠

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります(営業時間の確認)。営業時間内に03-4578-9647までお電話、または電話予約サービスをご利用ください。

引越し先で光回線の契約を継続する(移転)場合の注意点

光回線の契約は、継続をする場合でも、お引越し先で移転工事費がかかったり、場合によってはまた光回線の工事費がかかるという点に先ほど触れました。

お引越し先でもインターネット契約を継続する場合に覚えておきたいチェックポイントをご紹介します。

借りている機器は返却を忘れずに

お引越し先にすでに光コンセント(壁に設置してある光ケーブルの接続口)があれば、立ち合いが必要な工事はしなくていい可能性大です。ただし、退去の時の処理は大家さんとの契約次第です。

引越し先で契約を継続する場合でも、仮に他のプロバイダーにする場合でも、モデムや無線( Wi-Fi(ワイファイ))ルーターを返却する必要があります。

これらの機器は借り物のため返却義務があります。捨ててしまったり返し忘れると、機器の料金を支払わなくてはいけなくなります。決して忘れないようにご注意くださいね。

賃貸の場合は、旧住所からの撤去工事が必要な場合もある

賃貸マンション・アパートの場合、借りていたお部屋の「原状回復」は大抵条件になっていますよね。

光回線のコンセントも退去時に撤去しなくてはならないか否かを、大家さんもしくは管理会社に確認する必要があります。

もしも元に戻さないといけないとなれば、引き込んだ光ケーブルを取り除く「撤去工事」をしてもらわなくてはなりません。早めに確認することをおすすめします。

ADSL - 引っ越し先でも同じ契約は継続できるのか?

ADSLは残念ながら新規の受付を終了しており、引越し先へADSLの契約を持ち越すのは得策とは言えません。2023年の1月末のフレッツADSLを始めとして、各社ADSLは順次廃止の予定になっています。そのため、次にお引っ越し先でインターネットを申し込む場合はADSL以外のインターネットを選ぶ必要があります。

多くのプロバイダーではADSLから光回線からの乗り換えキャンペーンを行っています。また、新規契約のキャッシュバックキャンペーンを行うプロバイダーもあるので、探してみると良いでしょう。

単身世帯か一人暮らしの場合は、無線回線が手軽で便利です。やはり導入工事が不要なため、引越したその日からすぐにインターネットができるのが魅力的です。無線回線にはホームルーターと呼ばれる据え置きタイプ(Softbank Air)と、持ち運びが可能なモバイル回線(WiMAX、各種モバイルWi-Fi)があります。

ワイヤレス回線 - 引っ越し先でも同じ契約は継続できる?

ソフトバンクの提供するSoftBank AirUQコミニュケーションズのWiMAX(ワイマックス)に代表されるようなワイヤレス回線(無線回線)は、登録住所を変更することで引越し先でも同じ契約を続けることが可能です。

山間部などでは電波が届かず使用出来ないこともありますが、やはり基本的には場所を問わずどこでも使用ができるのが無線回線の大きなメリットですね。

無線回線の場合はもちろん工事が不要です。お引越し先で契約を継続しても、光回線のように移転にかかる工事費が発生しません。オンライン上で契約中サービスの会員ページ(マイページ・メンバーズページなど)上で登録住所を更新し、引越しの際は端末をそのまま運び込む、という流れになります。

引越し先で無線回線の契約を継続する(移転)場合の注意点

光回線と違ってモバイル回線の端末やホームルーターは物理的に移動が可能なので手続きをせずそのまま引越しすればOKと思いがちですが、登録住所の変更は必ず必要になります。忘れずに行いましょう。プロバイダーによっては、引越しの際登録住所の変更を行わずに別の住所で使用できない端末もあります。(エリアごとの通信量管理のため)

3年連続WiMAX満足度1位
業界最安級&初期費用0円!他社からの乗り換えの際の違約金も最大19,000円負担
公式サイトを見る
3年連続WiMAX満足度1位
業界最安級&初期費用0円!他社からの乗り換えの際の違約金も最大19,000円負担 公式サイトを見る

引越しで途中解約すると解約金がかかる場合も

移転手続きで引越し先でも契約を保持する場合、解約金等は請求されませんが、解約する場合は「引越し」というやむを得ない理由でも、解約金がかかる可能性があります。

解約金、もしくは違約金がかかるのは以下の2つのパターンが主です。

  • 最低利用期間内の解約
  • 定期契約更新プランの更新月以外の解約

最低利用期間というのは、例えば……

「最初の2年間は解約せずに使ってくださいね。もし2年以内に解約した場合は違約金を頂きます。それ以降の解約の場合には解約金を頂きません。」

こういった制約のことです。最低利用期間は別名「縛りと呼ばれるもので、数年前までは携帯電話の契約にも多く見られました。この最低利用期間が設定してあるプランの場合、満了前の解約には、理由を問わず解約金が請求されることになります。

定期契約更新は、2年や3年の「自動更新プラン」「定期契約プラン」と呼ばれることもあります。これは、例えば2年の場合なら……

「2年ごとに、次の2年の契約をやめるか続けるか決められるタイミングがあります。それ以外のタイミングで解約した場合は違約金を頂きます。」

という制約です。この契約をやめるか続けるかを決められる一定期間のことを一般的に「解約月」・「更新月」などと呼びます。大体1ヶ月~2ヶ月ほどに設定されていることが多いです。この1か月間以外のタイミングで解約すると違約金が発生するということになります。

解約金や解約条件のない光回線を契約の回線を契約しているなら、そもそも解約金がありませんので、引越しが理由であっても、それ以外の理由でも解約に伴い解約金・違約金が発生することはありません。

IPv6/IPoE接続だから速い・縛りや解約金なし
工事費無料&12ヶ月間割引キャンペーン実施中

IPv6/IPoE接続だから速い・縛りや解約金なし
工事費無料&12ヶ月間割引キャンペーン実施中

参考までに、光回線の解約に伴う違約金は、大体各社10,000円程度、高い時は30,000円程度かかることが多いです。どんな契約形態でも、やはり契約開始からの期間が短いと解約金が高いという傾向があります。

もちろん、光回線の解約条件と解約金は今契約されているプランによりますので、契約書やマイページ等で確認しましょう。

特に最近では「自動更新」を設定している光回線が比較的多いです。「もう少し早く解約手続きしていたら、解約金を払わなくて済んだのに……」とならないためにも、自分の契約プランがどんなタイプだったかを引越し前に早めに確認しておくことをおすすめします。

3年連続WiMAX満足度1位
業界最安級&初期費用0円!他社からの乗り換えの際の違約金も最大19,000円負担
公式サイトを見る
3年連続WiMAX満足度1位
業界最安級&初期費用0円!他社からの乗り換えの際の違約金も最大19,000円負担 公式サイトを見る

お得な選択肢は? - 継続 OR 解約して新規契約?

インターネットのお引越し、新居で使うには、お得さで考えるとどちらの方がいいのでしょうか?

ワイヤレス回線なら大抵の場合、住所変更の手続きさえすれば、引っ越し先でもすぐにインターネット接続が可能です。契約中のサービスに不満が無いのであれば、そのまま契約住所を引越し先に変更し、継続して利用するのが一番簡単な方法です。

一方、光回線の場合はどうでしょう?引っ越しを機に現在の光回線の契約を継続する場合と、いったん解約して、他のインターネットに新規契約する場合と、それぞれ具体的な金額を見ていきましょう。

引越し先でも契約を続ける場合

移転をする場合には下の表の通り、料金がかかります。各プロバイダーによって費用に差がありますが、同じプロバイダーをそのまま引き続き利用したとしても、やはりある程度のコストがかかることが分かります。プロバイダーによっては、これらの移転にかかる費用を割り引いてくれるところもあります。

契約中のプロバイダーを引越し先でも使うとなるとあまりにも移転工事費がかさんでしまうという場合、解約金を払って解約し、他社の新規申し込みキャンペーンによるキャッシュバック等を利用した方が最終的にお得になることがあります

引越しによる光回線移転費用の一例
フレッツ光(東日本)
工事費・戸建て 8,360円
工事費・集合住宅 8,360円
土日祝日に工事をする +3,300円
解約金 免除
auひかり
工事費・登録料 41,250円+登録料880円
土日祝日に工事をする +3,300円
解約金 免除
NURO光
工事費・手数料 44,000円+契約手数料3,300円→後から割引で還元(実質無料)
土日祝日に工事をする +3,300円
解約金 10,450円→無料

NURO光のように、「移転」という手続きが無く、引越しの際は前住所の契約を解除し、改めて新住所で契約が必要な光回線もあります。NURO光の場合は、引越しの際に掛かる移転費用はほぼ全て負担してくれます。

逆にauひかりの場合は上の表にある通り、40,000円近くの移転費用が掛かってしまいます。

解約して新しく契約する場合

インターネット回線を解約して新しく契約する場合、引っ越し先での工事費や初期費用、また解約時の解約金がかかります。

インターネットを解約してまた新規契約する場合にかかる費用は主に3つです。

  • 引っ越し先での工事費(光回線工事費)
  • 初期費用(事務手数料)
  • 現在契約のインターネットを解約する際にかかる解約金

解約金(違約金)の目安

違約金の目安をまとめてみました。もちろん、契約更新月に解約できた場合や、もともと解約金のない光回線であれば契約解除料はかかりません。

また、フレッツ光とプロバイダー一体型契約ではない「フレッツ光」("○○ with フレッツ"といった名称が付いたサービス等)を契約している場合は、回線とプロバイダーの2つの契約が別々にあるため、それぞれで解約料金が発生します。

引っ越しで光回線を解約するときの違約金
回線会社 戸建て向け契約 集合住宅向け契約
フレッツ光・にねん割(NTT東日本) 10,450円 1,650円
フレッツ光・光もっと2割(NTT西日本) 10,000円~30,000円 3,500円~10,500円
その他・光コラボなど 10,000円~30,000円(目安) なし(工事の残金のみ)

※契約更新月に解約する場合には、契約解除料はかかりません。

工事費が無料のプロバイダーを活用

高額なキャッシュバックキャンペーンを利用するのが不安という方は、光回線の工事費が無料のプロバイダーを利用してみるのも一つの方法です。

工事費無料と工事費実質無料の違いとは?

「工事費無料」と「工事費実質無料」、光回線の契約を検討している人ならよく耳にする言葉だと思います。しかしこの2つは似ているようで全く別の仕組みだというのはご存知ですか?

  • 工事費無料」・・・工事費は請求されない
  • 工事費実質無料」・・・契約開始時に工事費が請求され、それを支払う必要があります。その後、工事費相当額を月額料金から分割で割引する形で還元、あるいは工事費相当額のキャッシュバックなどで結果的に無料になる仕組み。

両方とも無料になるのには変わりありませんが、やはり「工事費実質無料」は条件をクリアしないと無料にならないシステムだということに留意しておきましょう。

例えばプロバイダーが「工事費実質無料」で工事費相当額を割引で還元する方法をとったとします。そうすると、全額還元されないうちに途中解約した場合、それ以降の工事費は還元されません。一方「工事費無料」ならそもそも工事費が請求されないため、工事が終わってしまえば後から工事費の心配をする必要は全くありません。

この工事費相当額の割引というのは数百円といった少額を2年や3年など長い期間をかけて還元するパターンが多いです。この「工事費実質無料」、長く契約を続ければもちろん工事費が無料になりますが、やむを得ず途中で解約してしまった場合は無料にならない可能性があるというわけです。工事費を無料にしたいけど、2年~3年以内に解約してしまう可能性がある場合は「工事費無料」を選ぶと安心です。

新規契約で工事費が無料・実質無料になるインターネットプロバイダー

工事費無料解約金・縛りなし/IPv6対応
新規申し込みで工事費が無料になる特典あり

工事費無料スマホとセット割でお得
ドコモ光1ギガ新規申込で工事費無料の特典あり

工事費実質無料超高速の光回線
工事費相当額を月額料金から分割で割引

工事費実質無料スマホとのセット割でお得
工事費相当額のキャッシュバック特典あり

工事費実質無料スマホとのセット割でお得
工事費相当額のキャッシュバック特典あり

工事費実質無料老舗プロバイダー
工事費相当額のキャッシュバック特典あり

工事費実質無料関西2府4県/福井県のみ
工事費相当額のキャッシュバック特典あり

インターネット申し込み無料相談

新居でのインターネット選び ご相談下さい🏠

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります(営業時間の確認)。営業時間内に03-4578-9647までお電話、または電話予約サービスをご利用ください。

新居でのインターネット選び
ご相談下さい🏠

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります(営業時間の確認)。営業時間内に03-4578-9647までお電話、または電話予約サービスをご利用ください。

更新日