電話で電気・ガス切替相談

電話で電気・ガスの切替相談

または お得な電気料金プランを探す


只今のお時間はセレクトラらくらく窓口の営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、折り返し電話サービスをご利用ください。

電話で電気・ガスの切替相談

または お得な電気料金プランを探す


只今のお時間はセレクトラらくらく窓口の営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、折り返し電話サービスをご利用ください。

引っ越し時ガスコンロはどうするべき?同じものを使う?処分する?

引っ越し時ガスコンロはどうするべき?同じものを使う?処分する?
引っ越し時ガスコンロはどうするべき?同じものを使う?処分する?

引っ越し先にガスコンロがない場合、「今使っているガスコンロを持って行って取り付ければいいや」と思う人も多いはず。でも、引っ越し先でも同じガスコンロが使えるとは限りません。同じものが使える時、処分して買い換えなければいけないのはどんな時でしょうか。引っ越しの時にガスコンロで注意点すべきポイントについてご説明します。

同じガスコンロは使える?

賃貸物件では、ガスコンロが備え付けられていないこともよくあります。その場合は、自分でガスコンロを用意しなければなりません。自分で購入したガスコンロを引っ越し前から使っていれば、そのコンロを使うことができます。

ただし、引っ越し先でも同じものを使うには、今使っているガスコンロが引っ越し先のガスの種類に対応するものでないといけません。

ガスは2種類

一般家庭で使われるガスには、プロパンガス(LPガス)と都市ガスの2種類があります。ガスコンロとゴムホースは、対応するガスの種類が決まっていて、指定された種類のガス以外には使えません。

コンロにはLPガス(LP・LPG)か都市ガス(12A・13A)かを表示するラベルが張られています。ちなみに、「12A」「13A」は都市ガスの種類で、最近ではより燃焼効率のいい13Aが普及していますが、地域によっては12Aを取り扱っているガス会社もあります。最近のガスコンロは12A、13Aどちらにも対応していますので、都市ガス用であれば問題ありません。

ゴムホースはLPガス用はオレンジ色都市ガス用は白色もしくは薄いピンク色です。ガスの種類を間違えて使うと、火災や事故の原因にもなりかねません。コンロとガスの種類は必ず確認しましょう。

なお、新居のガスの種類と手持ちのガスコンロの種類が一致しない場合、ガスコンロの部品を交換して仕様変更することも可能です。「ガスの種類が違うけれど同じコンロを使い続けたい」という場合は、部品の交換ができるかどうか、事前にガス会社に相談してみましょう。

プロパンガスのお引越しならプロパンガスのお引越しなら、無料相談サービスをご利用ください。
プロパンガスのエキスパートが優良な販売店を探してご紹介します。販売後の不当な値上げを防ぐ「ガス料金見守り保証」もついて安心。
完全無料のサービスです。ぜひお気軽にご相談ください!
 無料相談フォーム   0120-978-890
・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方 ・注意事項
・電話受付: 月-金 午前7時-午後9時 / 土日祝 午前7時-午後8時 (年末年始を除く)

ガス栓も2種類

引っ越しでガスコンロはどうする?
ホースエンド型とコンセント型のガス栓(参考:経済産業省HP)

室内の壁から出ているガス栓は「ホースエンド型」と「コンセント型」の2種類に分かれます。ガスコンロの接続口はホースエンド型なので、引っ越し先のガス栓が「コンセント型」の場合は特別な部品が必要となります。

ガス栓がどちらの型かは、差し込み口を見るとわかります。差し込み口に赤い線が引いてあるのがホースエンド型です。ゴムホースにガス栓を差し込み、先端の接続部分をバンド(留め具)で留めます。コンセント型は、ゴムホースをガス栓に直接差し込むのではなく、「ソケット」という部品をはさむ必要があります。逆にホースエンド型にソケットは使えません。

スペースにも注意を

このように、今使っているガスコンロが引っ越し先のガスの種類に対応するものなら、引っ越し後も同じものを使うことができます。その場合でも、室内のガス栓の型を確認しておき、必要があればソケットなどを購入しておきます。

物理的な問題もあります。引っ越し先のコンロを置くスペースと、手持ちのガスコンロの大きさが合わないケースです。コンロを載せるとスペースからはみ出してしまう、ゴムホースがコンロと壁の間に挟まってしまうような状況は、火災や事故の原因になりかねません。引っ越し先の下見にはメジャー(巻き尺)を持って行き、コンロを置くスペースを測っておきましょう。手持ちのコンロを取り付けても、周囲に十分なスペースが取れるかどうかを確認しておきます。

取り外しは簡単

引っ越し時のガスコンロの取り外しは、自分でもできますし、引っ越し業者やガス会社に頼むこともできます。ガスの元栓を閉めた後にゴムホースを抜くだけで、簡単に取り外せます。不安があれば、業者に頼むようにしましょう。

引っ越し先へ運ぶ際には、コンロ本体をダンボールに入れ、周囲に緩衝材を詰めて固定します。五徳などは外してウレタンや新聞紙などでくるんで置くと、同封したものに傷を付けません。

同じコンロを使う場合

引っ越し先でも同じガスコンロを使える場合、新居でのでのガスコンロの取り付けはどうすればいいのでしょうか。引っ越し業者やガス会社に頼むこともできますし、自分で取り付けることもできます。ただし、自分で取り付ける場合、開栓作業の際にガス会社に必ず点検してもらいましょう。

 業者に依頼

業者に依頼する場合は、荷物の搬入のタイミングで取り付けができないか、まず引っ越し業者に問い合わせてみます。引っ越し業者に断られたらガス会社です。ガスの開栓作業には立ち会いが必須ですので、同時に取り付けもしてもらえないか、ガスの使用を申し込む際に確認しておくといいでしょう。

 自分で取り付け

ガスコンロは自分で取り付けることもできます。ホースエンド型の場合、ホースを差し込み口の赤い線まで差し込み、差し込み口の近くをバンド(留め具)で留めます。コンセント型はホースとつないだ「ソケット」をガス栓につなぎ、バンドで留めます。ガス会社やガス機器メーカーのウェブサイトなどで手順をよく確認したうえで作業を行いましょう。

新居でガスを使い始める際は、ガス会社の担当者に来てもらい、開栓作業およびガス機器の安全点検をしてもらう必要があります。開栓作業には立ち会いが必須です。担当者が来る前にガスコンロを取り付けておき、正しく取り付けられているか、ガス漏れはないかなどの安全点検をしてもらいましょう。コンロ周りに十分な余裕があるか、燃えやすいものはないかなどもチェックしてもらうといいでしょう。

コンロを処分する場合

ガスコンロの種類が引っ越し先のガスの種類と一致しない場合や、引っ越し先にガスコンロが設置済みの場合は、今使っているガスコンロを処分する必要があるでしょう。引っ越しのタイミングで、古くなったコンロの買い換えを検討してみるのもいいでしょう。不要になったコンロはどう処分したらいいでしょうか?次の3つの方法が考えられます。

 粗大ごみとして捨てる

ごみとして捨てる場合は「粗大ごみ」扱いになります。地域によっては町内会で一斉回収日があったり、自治体が回収してくれたりします。ただし、回収日が限られることが多く、引っ越しに合わせて処分するのは難しい場合もあります。ごみ処分場まで持って行けば処理してくれる自治体もありますので、お住まいの自治体に相談してみてください。

 業者に引き取ってもらう

不用品回収業者に連絡をすれば自宅まで取りに来てくれますが、その分料金は高めになります。買い換えを条件に無料で引き取ってくれる家電量販店もありますので、いくつかの業者を比べて、料金や条件に合った業者を選ぶといいでしょう。

 リサイクルショップ、ネットオークションで販売

故障や傷みなどがなければ、リサイクルショップやネットオークションで販売することもできます。期待するほどの価格がつくことはほとんどありませんが、ごみの削減に繋がりますから、意義が大きいと言えます。

まとめ

ガスにはプロパンガス(LPガス)と都市ガスの2種類があり、それぞれ対応するガスコンロが違います。引っ越し先のガスが今と同じ種類なら、今使っているガスコンロを引き続き使うことができます。ただし、引っ越し先のガスコンロを置くスペースと、今使っているコンロの大きさが合わない場合もあります。引っ越し先の下見の際に、ガスの種類、コンロを置くスペースの広さを確認しておきましょう。

室内の壁から出ているガス栓には「ホースエンド型」と「コンセント型」の2つの型があります。コンセント型とつなぐにはソケットという部品が必要になります。差し込み口に赤い線が引いてあるのがホースエンド型ですので、これも下見の際に見ておきましょう。

今使っているガスコンロの取り外し、引っ越し先での取り付けは、業者に頼むことも自分ですることもできます。ただし、火災や事故を防ぐために、自分で取り付けた後は必ずガス会社の担当者に安全を点検してもらってください。

引っ越し先でガスの種類が変わる、置けるスペースが十分にないという場合は、今使っているガスコンロは使えず、処分することになります。粗大ごみの扱いになり、回収日や場所が限られてきますので、自治体や不用品回収業者などに早めに問い合わせておくようにしましょう。

更新日