電話で電気・ガス切替相談

新居で電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

新居で電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

引っ越しで不用品を処分する方法 - どんな選択肢がある?

新居で使わない物、必要の無いものは引っ越しの際に処分しましょう。引っ越しで出た不用品の処分方法は、大きく分けて捨てる・売る・無料で譲るの3つに分けられます。ここでは、引き取り先を含めた5つの選択肢についてメリットとデメリットをご紹介しています。


引っ越し最大のお悩み:不用品処分の5つの選択肢

引っ越しで出るいらないモノの処分方法は、大きく5つの引き取り先に分けて大別できます。

  1. 引っ越し業者
  2. リサイクルショップ
  3. オークションサイト
  4. 粗大ごみ回収
  5. 友人・知人

もちろんここで挙げる5つ以外の選択肢もあるでしょう。しかし、引っ越しを予定している場合には、計画的に処分を進めていかなければなりません。万が一、引っ越しの期日までに間に合わないといらないモノまで運ぶことになり、労力も費用も無駄に増えてしまいます。時間と費用を考えながら新居で使わないモノを片付けましょう。

電話で電気・ガス切替相談

💡お引っ越し先の電気・都市ガスのお申し込み🔥

または お得な電気料金プランを探す


只今のお時間はセレクトラらくらく窓口の営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、折り返し電話サービスをご利用ください。

💡新居の電気・都市ガスお申し込み🔥

または お得な電気料金プランを探す


只今のお時間はセレクトラらくらく窓口の営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、折り返し電話サービスをご利用ください。

引っ越し業者に回収・処分を依頼する

引っ越しを業者に依頼するなら、不用品もまとめて処分してもらうことも可能です。メリットとしては、いらないモノの回収と引っ越しを別々に行うのではなく窓口を1つにすることで、引っ越しをシンプルに進められます。

引っ越し業者に依頼するデメリットは、料金が高くなりがちなことです。引っ越し業者は専門に不用品処分を扱っているわけではありません。他の方法で処分すれば売れるような価値があるものでも無料引き取り、もしくは処分料を支払わなければならないことがほとんどです。引っ越し業者に処分を依頼する場合には、買い取りを期待することはできません。

すべての引っ越し業者が処分に対応してくれるわけではないため、あらかじめホームページ等を見て不用品回収を行っているか確認が必要です。また、引っ越しの日程やエリアによっても未対応のことがあるため、詳細は電話で相談する方が良いでしょう。

リサイクルショップ・不用品処分業者にまとめて回収を依頼する

リサイクルショップや不用品回収を専門に行っている業者は、自宅に訪問していらないモノを回収・買取してくれます。事前に見積りをして処分にどれくらいの費用がかかるか提示してくれるので、安心して依頼することができます。また、価値のあるものについては買取価格も提示してくれるので、引っ越し業者に比べると換金できるチャンスも増えるかもしれません。買取できないものも処分は依頼できるため、時間がない方はまとめて処理してもらうことができます。

デメリットとしては、引っ越し業者に依頼するときと同じく費用はある程度かかると見込んでおいた方が良いでしょう。リサイクルショップや回収業者は他の方法よりも処理の時間を短縮できる分、費用は高くなるというデメリットがあります。

不用品をオークションサイト・フリーマーケットで出品する

ヤフーオークションなどのオークションサイトやメルカリ・ラクマなどのフリマアプリを利用して不用品を出品することも選択肢の1つです。

オークションサイトやフリマアプリのメリットは、価格を自分で設定して販売できることです。引っ越し業者やリサイクルショップでは、「もう少し高いのでは?」と思っていても価格を決められてしまいます。オークションやフリーマーケットでは、自分の納得できる金額で販売できるため、売れた時の満足感も得られます。また、自分にとってはいらないと思うものでもそれを欲しがっている人がいる可能性もあります。古いおもちゃや使っていない健康器具などを売れば、思わぬ収入となるかもしれません。

デメリットとして考えられるのは、売れるまで時間がかかる点です。値下げ交渉や商品説明などに時間がかかり、引っ越しに間に合わなくなってしまうかもしれません。市場のニーズがない商品については、時間がたっても売れ残ってしまうというデメリットがあります。忘れがちですが、梱包や発送にも時間がかかります。

粗大ごみ回収を利用して不用品を捨てる

粗大ごみ処理は各自治体が行っているため、市区町村によって回収方法・処理費用が異なります。自治体によっては自家用車などでいつでも処理場へ持ち込み可能な場合もありますが、月1回、予約制などのスケジュールで回収を行う自治体もあります。

自治体の粗大ごみ回収は、引っ越し業者や不用品回収業者に比べると費用は安く抑えられるというメリットがあります。一方、自治体によっては処分できるまで待たなければならず、引っ越し作業がなかなか進まないというデメリットもあります。特に予約制の場合には引っ越しシーズンに依頼が集中し、回収までに1か月以上待ちということもあり得ます。自治体が行う粗大ごみ回収を利用する場合には、引っ越しに向けて計画的に不用品を処分してください。

また、冷蔵庫・エアコンなどの家電は通常の粗大ごみとしては処分できません。「家電リサイクル法」によって処分方法が決められています。すべての不用品が粗大ごみとして捨てられるわけではないため、品目によって事前の確認が必要です。

※家電リサイクル法とは?廃棄物の量を減らすとともに資源を有効活用することを目的として制定された法律です。対象の家電からまだ使える部分を取り出してリサイクルしています。対象となる家電は、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の4つです。

友人・知人に不用品を譲る

自分にとって思い入れのあるものやまだ使える価値のあるものについては、友人や知人に譲ることもできるでしょう。自宅でガレッジセールを開催して、安価や無料で譲るのも楽しい方法です。他の方法では売れる価値のあるものでも、譲ることで友人が喜んでくれるならうれしいものです。

デメリットとしては、まず時間がかかる点が挙げられるでしょう。友人宅まで運んだり、取りに来てもらうなどの交渉にも時間がかかります。また、受け取る側が本当はいらないのに譲り受けていないかなど、気を遣う側面もあります。友人・知人に譲る場合には、相手の立場になって考えることも大切です。

電話で電気・ガス切替相談

💡お引っ越し先の電気・都市ガスのお申し込み🔥

または お得な電気料金プランを探す


只今のお時間はセレクトラらくらく窓口の営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、折り返し電話サービスをご利用ください。

💡新居の電気・都市ガスお申し込み🔥

または お得な電気料金プランを探す


只今のお時間はセレクトラらくらく窓口の営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、折り返し電話サービスをご利用ください。

不用品を処分するときに考えたい大切なポイント

引っ越しで出るいらないモノの処理を考える時には、時間と費用をポイントに考えましょう。引っ越しをするには、今住んでいる家の整理に加えて、新居での新しい生活についても考えなければなりません。

限られた時間を有効に活用したい場合には、引っ越し業者や不用品回収業者にまとめて依頼することが賢明です。引っ越しや不用品処分を専門に扱っている会社なら、不用品の梱包、運搬、片付けまですべてをスピーディーに行ってくれるはずです。費用はほかの方法よりも高くなりますが、安心してまとめて任せられるというメリットがあります。

逆に時間をかけてでも費用を抑えたい方は、オークションサイトやフリマアプリを活用しましょう。市場ニーズがあるものは価格交渉をしてなるべく高く販売し、本当にいらないもの・売れないものは自治体の粗大ごみで処分します。思い入れのあるものについては、友人などに相談するという方法もあります。引っ越しの不用品処分では、時間短縮と費用削減を両立することは至難の業です。どちらを重視するかを考えて処理方法を選択しましょう。

電話で電気・ガス切替相談

💡お引っ越し先の電気・都市ガスのお申し込み🔥

または お得な電気料金プランを探す


只今のお時間はセレクトラらくらく窓口の営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、折り返し電話サービスをご利用ください。

💡新居の電気・都市ガスお申し込み🔥

または お得な電気料金プランを探す


只今のお時間はセレクトラらくらく窓口の営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、折り返し電話サービスをご利用ください。

引っ越しで出る不用品を処分する方法:まとめ

不用品処分の5つの選択肢についてそれぞれのメリットとデメリットをまとめました。時間短縮と費用削減のどちらに重点を置くか、検討しながら自分に合った方法を選ぶことが大切です。

引っ越しでの不用品処理:5つの選択肢のメリットデメリット
処分方法 メリット デメリット
引っ越し業者 ・処分に時間がかからない
・引っ越しと同時に進められる
・費用が高くなる
・買い取りは期待できない
リサイクルショップ・不用品回収業者 ・作業に時間がかからない
・価値のあるものは買い取ってもらえる
・費用が高くなる
・引っ越しとは別に見積りや交渉が必要
オークションサイト・フリマアプリ ・価値のあるものは高く売れる ・時間がかかる
・買い手がつかないモノもある
粗大ごみ回収 ・費用が安く済む ・処理まで時間がかかる
友人・知人 ・相手が喜んでくれる
・思い出を大切にできる
・交渉、運搬などに時間がかかる
・相手の気持ちを考えて気を使う
更新日