電話で電気・ガス切替相談

お引っ越しで新規に電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。 (セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口)
広告

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

東京電力EPの問い合わせ電話番号は記事本文の記載をご確認ください。

お引っ越しで新規に電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?

最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。 (セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口)
広告

 


営業時間・ご利用方法についてはこちら

家電の引っ越し - 冷蔵庫・洗濯機・TVを運ぶ準備・手順

毎日使用している電化製品を移動させるためには、事前の準備が欠かせません。引っ越しまでのタイムスケジュールを考えながら片付けをしていきましょう。冷蔵庫や洗濯機は掃除・水抜き、TVは梱包や配線が重要なポイントになります。


引っ越しでの電化製品の移動準備、なぜ大切?

冷蔵庫、洗濯機、TVなど家電の引っ越し準備が重要である理由は主に2つあります。

  • デリケートな家電は移動途中で故障してしまう可能性がある
  • 適切な準備をしていないと他の荷物にも影響を与える可能性がある

構造が複雑な電化製品は、移動の衝撃や傾きなどをきっかけに不具合が生じてしまうことがあります。家電は製品自体の価格も高く、故障して買い直しになってしまうと大きな出費です。また、大型家電を運ぶためには、移動コストも高くなります。せっかく転居元から苦労して運んだのに、準備が不十分だったために故障してしまったら、払った労力も水泡に帰してしまいます。

また、特に冷蔵庫や洗濯機などの家電では、適切な準備を行わないと水が漏れてしまい他の引っ越し荷物にも影響を与えかねません。移動の振動で気付かないうちにトラック内部が水浸しになっていたという事態はぜひとも避けたいものです。今回は特に注意すべき3つの家電「冷蔵庫」「洗濯機」「TV」の引っ越しについて考えましょう。

冷蔵庫は計画的な食品の消費・移動前の掃除・水抜きが大切

引越し前に冷蔵庫が空になっていないといけません。

毎日使用し、ストックもある冷蔵庫は引っ越し準備の中でも最難関の家電と言えるでしょう。引っ越しまでのスケジュールとしては、まずは庫内の食品を計画的に減らしていくことを意識してください。引っ越しの10日~1週間前になったら、引っ越しまでのおおまかなメニューを決めておきましょう。引っ越し前の数日間はレトルト食品やデリバリーを利用すると準備が進めやすくなります。引っ越し3,4日前になったら新たな食品を購入することは控えます。最後に残った食品や調味料などを入れるクーラーボックスや発泡スチロールも用意しておきましょう。

遅くとも引っ越しの前日までには冷蔵庫を空にします。引っ越し前日に行う作業は主に冷蔵庫の霜取りと水抜きです。冷蔵・冷凍庫内には霜が付着していることがあります。冷蔵庫の電源を抜いて扉を開けておくと霜や氷が解けて水分が出てきますので、冷蔵庫の下や周りにタオルを敷いて水分をしっかりと吸い取りましょう。また、冷蔵庫の下や裏側には蒸発皿というものがあります。解けた霜や氷はこの蒸発皿にも溜まりますので、移動の前に忘れずに水を捨てましょう。冷凍庫内の製氷機についても忘れずに水を捨てます。

冷蔵庫内を空にして水抜きも完了したら、庫内の水分や汚れをタオルなどで掃除しましょう。冷蔵庫はこぼれた調味料などで意外に汚れているものです。普段はあまり気にならなくても引っ越しの時にはニオイの原因となりますので、入念に掃除をしておきましょう。

引越し当日の梱包については、毛布や梱包材でくるむようにします。もし全面を覆うだけの梱包材がないなら、四つ角だけは必ずカバーしましょう。冷蔵庫に限らず大きな家電は搬出入の際に壁を傷つけてしまう可能性があります。また、冷蔵庫を運ぶ時には必ず立てて移動させてください。冷蔵庫内部には液状の冷却材が入っており、横にして移動すると漏れたり故障の原因となります。移動は必ず2人以上で行うようにし、縦置きの状態をキープしてください。注意していても冷蔵庫は内部の冷却材が偏ってしまうことがあるため、新居についてもしばらくは電源を入れない方が安心です。半日ほど時間を置いてから電源を入れましょう。

洗濯機はしっかり水抜き。引っ越し準備・移動手順

洗濯機で最も大切なのは、水抜きです。洗濯機の水抜きには、本体と給水・排水ホースの水抜きが含まれます。この作業をしっかり行っておかないと移動途中の振動で水が漏れてしまい、他の荷物にも浸水してしまう可能性があります。

遅くとも引っ越しの前日までには最後の洗濯を済ませておくのがベストです。最後の洗濯が終わったらホースの水抜きを行います。まずは洗濯機の周りにタオルとしいてから水道栓を閉め、洗濯機を少し回してから電源を切ります。そのあとで、まずは給水ホースを外します。その後、再度電源を入れて短時間脱水モードで運転させてください。その後排水ホースも外して、ホース内の水抜きを行えば準備は完了です。

最後に洗濯機周りの水分を拭き取り、全体を毛布や梱包材で覆って移動させてください。移動の際には傾けると内部に残った水が垂れてくることがあるため、できるだけ水平を保つようにします。

引っ越しでTVを傷つけない。安全な梱包・設置の方法

テレビは梱包が命。引っ越し前に梱包に必要なものをきちんと用意しておきましょう。

画面が付いたTVやパソコンなどは特に衝撃に弱く、引っ越しで壊れやすい電化製品です。TVの引っ越しでは、梱包の仕方に重点を置いてください。最も良い梱包方法は購入時の段ボールや緩衝材をそのまま使用することです。

購入時の梱包材をすでに捨ててしまっている場合には、なるべく隙間が無いように梱包します。外からの衝撃に対してしっかりと包んでも、梱包材の内部に隙間があると振動でTVが動いてしまいます。揺れや衝撃が伝わらないように隙間をプチプチや新聞紙で埋めるようにしてください。薄型テレビにちょうどよい段ボールを見つけるのは難しい時は、巻き段ボールを活用することもできます。巻き段ボールは自由に巻きつけたり折り曲げたりできるため、隙間なくTVを梱包することが可能です。巻き段ボールの内側にプチプチなどのエア緩衝材を張り付けて利用するのも良いでしょう。

TVの引っ越しでもうひとつ問題となるのは、ケーブルなどの接続です。引っ越し前の接続を外す前に写真を撮っておくか、ケーブルごとに接続先を付箋などでラベリングしておきましょう。TVまわりはケーブルが多く、そのまま運ぼうとすると他の荷物に引っ掛かって危険です。ケーブル類はラベリングした後に結束バンドや輪ゴムで束ねて固定しておくと安全です。

電化製品はいつ梱包する?引っ越し準備のタイムスケジュール

毎日使う家電の引っ越し準備には、計画性が重要です。引っ越しに向けてタイムスケジュールを考えて段階的に準備を進めましょう。

家電の引っ越しタイムスケジュール
10日~1週間前 冷蔵庫:引っ越しまでの食事メニューを計画する
3、4日前 冷蔵庫:中身を確認し、新たな食材の購入は控える
できれば2日前、遅くとも前日 冷蔵庫:霜取り・水抜きを行う
洗濯機:最後の洗濯をし、水抜きを行う
TV:ケーブルをラベリングして外しておく
できれば前日、遅くとも当日 冷蔵庫:庫内の清掃、梱包
洗濯機:残った水分の拭き取り、梱包
TV:隙間を無くして梱包

特に冷蔵庫については、遅くとも1週間前から引っ越しの準備を始めてください。食品が残ると捨てなければならなくなったり、引っ越しの荷物が増えてしまう可能性があります。調味料もなるべく使い切るか、小さな容器にうつすなどして荷物を減らすように意識しましょう。

家電の引っ越し方法:まとめ

電化製品の引っ越しに関して押さえておきたいポイントをQ&A形式でまとめました。引っ越しに向けて準備を進める時の参考にしてください。

家電の引っ越し - まとめ
質問1:家電の引っ越しについて事前準備が大切なのはなぜ?
回答1

特に冷蔵庫や洗濯機など水周りの家電は水分が漏れて他の荷物に影響する可能性があります。また、振動や衝撃にデリケートな家電は故障してしまう可能性もあるため、しっかり準備することが大切です。

質問2:冷蔵庫の引っ越し注意点は?
回答2

冷蔵庫の引っ越しは段階的に進めることが重要です。10日~1週間前には食材を計画的に消費して減らしましょう。引っ越しの2日前か前日には水抜きを行って水分を拭き取ります。移動の時には横向きにしてはいけません。

質問3:洗濯機の引っ越し注意点は?
回答3

洗濯機は水抜きが重要です。給水ホース、本体、排水ホースの順番に完全に水抜きを行います。移動の際にも水平を保つと水漏れを防ぐことができます。

質問4:TVの引っ越し注意点は?
回答4

TVについては梱包と設置に重点を置きましょう。隙間があるとTVに衝撃が伝わってしまいます。巻き段ボールやプチプチを利用して隙間を無くして梱包します。各種ケーブルについては新居での設置に備えてラベリングを忘れずに行いましょう。

更新日