電話で電気・ガス切替相談

電話で電気・ガスの切替相談

または お得な電気料金プランを探す


只今のお時間はセレクトラらくらく窓口の営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、折り返し電話サービスをご利用ください。

電話で電気・ガスの切替相談

または お得な電気料金プランを探す


只今のお時間はセレクトラらくらく窓口の営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、折り返し電話サービスをご利用ください。

電気契約を忘れて引っ越した-当日電気をつけてもらうことはできる?

電気契約を忘れて引っ越した-当日電気をつけてもらうことはできる?
電気契約を忘れて引っ越した-当日電気をつけてもらうことはできる?

引っ越しが決まると、気分も落ち着かなくなりますね。つい忘れてしまいがちなのが、引っ越し先の電気の申し込み。引っ越し荷物を入れ終えて、ほっとしたところで「あれ、電気がつかない!?」、こんな経験はないでしょうか。引っ越し先への電気の契約を忘れていても、当日電気をつけてもらうことはできるのでしょうか。引っ越し先での手順とカギになるスマートメーターについて説明します。

引っ越し先でするべきこと

引っ越し先となる新しい住まいに入ったら、まずすること。電気が使えるかどうかを確認することです。

ガスなどと違い、電気は使用開始に電力会社の立ち会いは不要です。従来型の電気メーターなら、分電盤のブレーカーのスイッチを上げて電気を通せば使えるようになります。分電盤は玄関脇の壁などに設置されていることが多く、アンペアブレーカー、漏電遮断器、配線用遮断器の順に、つまみを「入」にしてください。

室内にブレーカーが見当たらない場合、その家は新しいタイプの「スマートメーター」が設置されている可能性があります。スマートメーターとは何でしょうか。

電力メーターは3種類

引っ越し当日に電気をつけてもらえる?

家庭用の電気メーターには、アナログ式誘導型電力量計と電子式電力量計という2種類の従来型と、最近導入が進んでいるスマートメーターの3種類に分けることができます。

アナログ式誘導型電力量計は透明なカバーの中で円盤が回っているのが見えるタイプ、電子式電力量計は液晶画面に6桁の数字が表示され、オール電化住宅などでよく目にするタイプです。

従来型メーターは、検針員が定期的に電気使用量を読み取る必要があります。これに対し、スマートメーターは使用量を自動で計測し、電力会社にデータを送信してくれます。リモートで操作することもでき、住んでいた人が引っ越しなどでいなくなると、電力会社はその家の電気を止めやすくなりました。室内にブレーカーを設置する必要もないため、電力会社に電気を止められると電気が通じない状態になります。

カギはスマートメーター

スマートメーターで電気を使うには、事前に使用開始の手続きが済んでいる必要があります。電気の使用開始も電力会社が遠隔操作でできるため、契約を済ませた家庭には引っ越し当日から使えるように設定されます。

従来型メーターでは事前の手続きが済んでいなくても、引っ越し当日から電気を使うことはできます。手続きを忘れていてもすぐに電気を使えるかどうかは、その家がスマートメーターかどうかがカギになるわけです。

また、電気の使用開始の手続きから実際に電力が供給されるまでにどれくらいの時間がかかるかは電力会社によって違います。申し込みから5日~1週間程度かかるのが一般的です。電気の契約は、それくらいの余裕をみて手続きを進めましょう。

当日電気をつけてもらえる?

では、スマートメーターの家庭で事前の申し込みを忘れていても、引っ越し当日から電気を使うことができるのでしょうか?

従来型のメーターであれば、事前の申し込みがなくても引っ越し先でブレーカーを上げて電気を使い始めることができる、とお話ししました。それでも電気が使えない時は、電力会社に問い合わせてみましょう。従来型のメーターで不具合が起きていたり、何らかの理由で電力会社から電気を止められている可能性があります。

引っ越し先がスマートメーターの場合は、すぐに電力会社に使用開始の申し込みをしましょう。氏名や住所などを電力会社に伝え、それをもとに電力会社がそのお宅に電気を供給する手続きに入っていきます。ただ、電力会社の受付電話やカスタマーセンターは日ごろから混み合うことが多く、特に3月下旬の引っ越しシーズンなどは電話が通じないこともよくあります。また、営業時間外や日曜、祝日、年末年始は対応しない会社も多く、ネットによる手続きは電話より時間がかかることが多くなります。電力会社内での事務手続きにも時間が必要です。事前の申し込みをせずにすぐに電気を使い始めるのは、かなり難しいと言えます。

まとめ

引っ越し先の電気の契約を忘れていても、当日電気をつけてもらうことができるかどうかは、メーターの種類によります

アナログ式誘導型電力量計(透明な本体の内部で円盤が回っているのが見える)などの従来型メーターの場合は、事前の手続きが済んでいなくても電気を使い始めることができます。電力会社の立ち会いの必要もなく、玄関の壁などに取り付けられたブレーカーのスイッチを上げれば使えます。

一方、最近導入が進んでいるスマートメーターの場合は、事前に使用開始の手続きが済んでいる必要があります。電気の使用開始を電力会社が遠隔操作し、契約を済ませておけば引っ越し当日から使えるように設定されます。

電力会社のカスタマーセンターは日ごろから混み合うことが多く、営業時間外や日曜、祝日、年末年始などには対応しない会社も多いです。事前の手続きを忘れていて、当日電気をつけてもらうのはかなり難しくなります。

従来型のメーターかスマートメーターかにかかわらず、使用開始手続きから実際に電気が供給されるまでにどれくらい時間がかかるかは電力会社によって違います。引っ越し先を決める際に従来型のメーターかスマートメーターかを確認しておくといいでしょう。申し込みから実際に電気が供給されるまでには、5日~1週間程度かかるのが一般的です。引っ越し先でスムーズに電気を使い始めたい方は、メーターの種類にかかわらず、当日までそれくらいの余裕をみて手続きを進めてください。

更新日