格安SIMにしたらキャリアメールはどうすればいいのか。格安SIMでもキャリアメール使えるの?

スマホ色々

いずれは大手キャリアから格安SIMに乗り換えたいと思っていても、すでに利用しているキャリアメールがどうなるのかわからず、なかなか格安SIMに乗り換えることができない方も多いでしょう。格安SIMにしたらキャリアメールは本当に使えなくなるのでしょうか。格安SIMにした場合のキャリアメールの取り扱いについて解説します。

キャリアメールとは?

スマホ キャリアメール
格安SIMに切り替えたい。だけどキャリアメールはどうすればいい?そもそもってキャリアメールとは?

キャリアメールとは、携帯電話などの回線網を自社で運営して通信サービスを提供している移動体通信事業者(MNO)各社が提供している電子メールサービスのことを指します。これらの移動体通信事業者は通称通信キャリアまたはキャリアとよばれており、具体的にはNTTドコモソフトバンクauの3社となります。

これらの通信キャリア3社はそれぞれ独自のドメインで電子メールサービスを提供しています。実際にはNTTドコモは「docomo.co.jp」、ソフトバンクは「softbank.jp」、auは「ezweb.ne.jp」といった各社オリジナルのドメインを提供しているのです。ドメインとは 「ドメイン」とは、メールやホームページのURLを構成しているものであり、インターネット上の住所を示すものです。

あなたが今利用しているアドレスが「XXXX@ docomo.net」、「XXXX@ softbank.ne.jp」「XXXX@ ezweb.ne.jp」となっていれば、それはキャリアメールを利用している、ということです。

キャリアメールの特徴

キャリアメールの特徴は主に3つあります。

  1. 迷惑メールとして認識されにくい
  2. セキュリティーの度合いが高い
  3. MMS機能がある

以下具体的に解説していきます。

迷惑メールとして認識されにくい

キャリアメールは信頼性が高いことから、迷惑メールとして認識されにくい特徴があります。キャリアメールではプッシュ型通知機能を採用しており、送られたメールはリアルタイムで自動的に受信できます。プッシュ通知機能とはメールを受信したことをユーザーにいち早く知らせるために、サーバー側が能動的に通信を開始して表示や音でメールの受信を通知する機能です。

セキュリティーの度合いが高い

また、メール保管場所が携帯やスマホの端末のみであることから、パソコンなど他の端末からアクセスできません。従ってセキュリティーの度合いが高く安全に保存できるのもキャリアメールの特徴のひとつです。

MMS機能がある

MMS機能(マルチメディアメッセージングサービス)が搭載されている点もキャリアメールの特徴のひとつです。長文や画像を添付して送信でき、パケット定額サービスの対象になっています。しかし一度に送ることができる文字数やファイルの容量に制限があるので送信の際には注意が必要です。

SMS(ショートメッセージサービス)とは MMS機能と似た機能としてSMS機能があります。これは、携帯電話やスマートフォンに搭載されており、電話番号あてにメッセージを送ることができます。送信できる文字数に制限があり、画像などが添付できない点がデメリットです。

キャリアメールのメリット

  • 信頼性が高い
  • 迷惑メールとして認識されない
  • プッシュ型通知機能がある
  • MMS機能がある

キャリアメールのデメリット

  • 他の端末からアクセスできない
  • 送信容量に制限がある

格安SIM独自メールとキャリアメールの違い

一部の格安SIMでは会社独自のドメインを使ったメールを提供していますが、大手通信会社が提供しているキャリアメールとは異なることから注意が必要です。 両者を混同してしまい安易に大手通信会社を解約すると、現在利用しているキャリアメールが利用できなくなるので注意が必要です。

フリーメールとは

キャリアメールと頻繁に比較されるメールにフリーメールがあります。フリーメールとは様々な会社が無料で提供しているメールのことを指し、別名webメールとも言います。 フリーメールの代表的なものとしてGoogleが提供しているgmailや、Yahoo! Japanが提供しているヤフーメールなどがあります。他にもappleが提供しているiCloudメールやmicrosoftが提供しているOutlookメール、biglobeが提供しているBIGLOBEメールなどがあります。

フリーメール
提供会社 フリーメール
Google Gmail
Yahoo!Japan ヤフーメール
apple iCloudメール
microsoft Outlookメール
biglobe BIGLOBEメール

フリーメールのメリット・デメリット

スマホ キャリアメール
フリーメールの代表格といえばGoogleの提供するGメール。スマホでもGメールはチェックできます。

フリーメールは使いやすいことから利用者は年々増加しており、フリーメールを提供している会社は複数存在します。ここでは、フリーメールのメリットやデメリットをそれぞれ紹介します。

フリーメールのメリット

フリーメールは誰でも無料で利用できる点が最大のメリットです。アカウント登録さえ行えば無料ですぐに発行してもらえます。 またキャリアメールは携帯電話やスマホからしかアクセスできませんが、フリーメールはメールをネットワーク上に保存することにより、別の端末からアクセスすることができます。

従ってフリーメールは1つのメールアドレスを複数のデバイスで共有できることから、情報をキャッチしやすい特徴があります。 もし大手キャリアから格安スマホに乗り換えた場合でも、フリーメールは消失することなくそのまま利用できるので安心です。 またGmailやヤフーメールは専用のアプリが開発されています。ワンタッチでメールを確認できるのでアクセスしやすい特徴があります。

  • 無料で利用できる
  • 無制限に取得できる
  • 複数のデバイスで共有できる
  • 格安スマホに乗り換えても継続利用できる

フリーメールのデメリット

その一方でキャリアメールに比べると信用性が低く、フリーメールからキャリアメールにメールを送信した場合「迷惑メール扱い」をされる可能性が高いのです。 また、フリーメールはあくまで無料なので提供企業がサービスを突然停止する可能性があります。

  • キャリアメールに比べて信用性が低い
  • 突然サービスが停止する可能性がある

キャリアメールとの違い

おなじメールでも、キャリアメールとフリーメールはそれぞれの性質や機能に違いがあります。ここではそれぞれの違いや特徴を比較します。

  
キャリアメールとフリーメールの比較
  キャリアメール フリーメール
保有できるアドレス数 1つ 無制限
利用料金 通信料金に含まれる 無料
キャリア変更する場合 変更が必要 そのまま使える
アクセスできる端末 携帯(スマホ)のみ 他の端末でも可
信用力 高い 低い

格安SIMにした場合キャリアメールは使える?

フリーメールを利用する人が増えている中で、いまだにキャリアメールは仕事やプライベートでの連絡手段として重要な役割を果たしています。格安SIMにした場合、キャリアメールは使えるのでしょうか。 もしキャリアメールが使えなくなると損害が発生する恐れもあることから、格安SIMにする場合は注意する必要があります。

キャリアメールは使えなくなる

大手通信キャリアから格安SIMに乗り換えをした場合、それまで利用していたキャリアメールは使うことができなくなります。 そもそもキャリアメールは、大手通信キャリア(docomo、au、softbank)と契約することにより、それぞれが提供するサービスの一環として使えるようになります。 しかし格安SIMに乗り換える際は契約中の通信キャリアを解約することから、付随サービスであるキャリアメールが利用できなくなるのです。

キャリアメールを使う方法

格安SIMに乗り換えた後もこれまで利用してきたキャリアメールを継続して利用したい場合は、通信キャリアとの契約を残したまま格安SIM会社と契約する方法があります。ここではその内容について具体的に解説します。

通信キャリアの契約を残す

通信キャリアとの契約を残したまま格安SIM会社と契約を交わすことで、現在利用しているキャリアメールを継続して利用できます。 キャリアメールを維持するだけであれば、現在の契約内容をそのまま継続する必要はありません。キャリアメールが使える安いプランに変更することをおすすめします。通信キャリアが提供している安いプランを紹介します。

NTT ドコモの場合

NTT ドコモケータイプランが設けられており、中でも2年間同一回線の利用が条件である「定期契約あり」のプランであれば月額1,200円でdocomo.ne.jpのキャリアメールが利用できます。

auの場合

auは、4GLTEのスーパーカケホを選択し2年契約を行い(月額1,200円)、さらにインターネット接続基本料であるLTE NET(月額300円)を加え、月額合計1,500円でezweb.ne.jpのキャリアメールを利用できます。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクでは、使った分に応じて料金が変動するミニモンスターを選択すると、最低月額料金3,980円からsoftbank.ne.jpのキャリアメールを利用できます。

  
キャリアメールのプランと料金
  プラン 月額料金
NTTドコモ ケータイプラン+定期契約あり 1,200円〜
au 4GLTEのスーパーカケホ+LTE NET 1,500円〜
ソフトバンク ミニモンスター 3,980円〜

格安SIMとキャリアメールの両立

キャリアメールを継続利用するためには、契約中の通信キャリアと格安SIM会社の両者と並行して契約することになります。2社との契約を並行しながらキャリアメールをきちんと管理するポイントを紹介します。

携帯電話の2台持ちをする

携帯電話を2台所有し、キャリアメールは1台目の携帯電話で利用して、通話やインターネットの通信はもう1台のスマホで利用する方法があります。端末ごとに利用用途を分けて管理できる点がメリットと言えます。 一方でこの場合は端末を2台保持することになることから、所持品が多くなる点がデメリットです。

Webブラウザで確認

大手通信キャリアでは、キャリアメールをパソコン画面で見るサービスを用意しています。NTTドコモにはドコモメールブラウザ版があり、auにはWebメール、ソフトバンクにはS!メールどこでもアクセスがあります。ガラケーとスマホの2台持ちをすることなくキャリアメールを管理できるので、非常に便利なサービスです。料金はNTTドコモとauはそれぞれ無料、ソフトバンクが月額400円となっています。

  
ブラウザ版のプランと料金
  サービス名 料金
NTTドコモ ドコモメールブラウザ版 無料
au Webメール 無料
ソフトバンク S!メールどこでもアクセス 月額300円

フリーメールへ転送する

キャリアメールを格安SIM契約している端末のフリーメールに転送する方法があります。転送設定することでわざわざ2台持ちすることなく、格安SIM契約している端末のみ所持してキャリアメールを確認できるので安心です。 ただフリーメールへ転送する場合は受信にタイムラグが発生し、転送の設定にやや手間がかかるといったデメリットがあります。

独自ドメインを持つ格安SIMを利用

迷惑メールとして認識されにくいMMS機能を有する点がキャリアメールの特徴ですが、一部の格安SIM会社の中は、独自のドメインを持ちさらにMMS機能を有するメールサービスを提供しています。具体的にはUQモバイルワイモバイルです。 この2社は、格安SIMでありながらキャリアメール相当のサービスを提供している特徴があります。それぞれのサービス内容について具体的に解説します。

UQモバイル

格安SIMサービスの1つであるUQモバイルは、auの回線の一部を利用してサービスを提供しているKDDIのグループ会社です。UQモバイルが提供するメールアドレスは独自ドメインを利用しており、MMS機能を有していることから迷惑メールとして認識されにくい特徴があります。

UQモバイルのメールには迷惑メール設定機能があり、携帯電話やPHS以外からのメールの受信を全て拒否設定できます。アドレスごとに個別に受信拒否設定できる点も便利です。保存容量は30日で150MBと大容量になっています。

UQモバイルでは、独自ドメインである@uqmobile.jpを利用できるスマートフォンはiPhoneとAndroidに限られるので注意が必要です。さらにUQモバイルのメールはオプションとして月額200円の利用料がかかります。

Y! mobile

Y! mobileはかつてイーモバイルとウィルコムが共同で提供し、現在はソフトバンクが提供している格安SIMサービスです。UQモバイルと同様に独自ドメイン(@ymobile.ne.jp)を利用しており、MMS機能を備えたメールサービスを提供しています。

Y! mobileは専用のアプリがあることから管理しやすいメリットがあります。さらに迷惑メール対策機能も備わっていることから安心です。

しかし受信フィルターなど一部の機能はスマホアプリでは設定できないことから、設定する際はパソコンを用意しなければならないデメリットがあります。保存容量も30日で12MBとなっており、UQモバイルと比べると10分の1以下と小さい点もデメリットと言えるでしょう。

  
QモバイルとY! mobileの違い
  UQモバイル Y! mobile
独自ドメイン @uqmobile.jp @ymobile.ne.jp
MMS機能 あり あり
迷惑メール対策機能 あり あり
メール保存容量 30日で150MB 30日で12MB

格安SIMに移行する場合の注意事項

大手通信キャリアから格安SIMに乗り換えると、これまで受信していたメールが一切送受信できなくなります。キャリアとの契約を解約するとこれまで送受信したメールのデータがなくなることから、大切なメールはバックアップしておくことをおすすめします。 ここではキャリアメールのバックアップ方法を紹介します。

SDカードへバックアップする

利用している端末本体からSDメモリーカードへメールデータのバックアップを行います。バックアップを行なったデータは別の端末であるスマホやパソコンで閲覧することができます。

SDメモリーカードとは SDメモリーカードとは、画像や音声、映像などを保存する薄型の小さなカードです。スマホやデジタルカメラ、テレビ、さまざまな電化製品などにおいて幅広く活用されています。

スクリーンショット

スマホにキャリアメールのデータがある場合には、メール画面をスクリーンショットすることでデータをバックアップできます。スクリーンショットした画像は画像フォルダに保存されることから、SDカードに移行したりメールに添付して送信することで別の端末から閲覧することが可能となります。

メモ帳に残す

バックアップしたいメールがそれほど多くない場合は、メールの内容をコピーしてメモ帳などに貼り付ける方法もあります。バックアップしたメールの数が多くなるほど管理するのが大変になるため、丁寧に仕分けしながら作業を行うことが大切です。

格安SIMに乗り換える際は注意が必要

通信キャリアから格安SIMに乗り換える場合、通信キャリアを完全に解約するとこれまで利用していたキャリアメールが利用できなくなります。それを知らずに現在の通信キャリアを解約するとこれまで閲覧していたメールが全て消失してしまい、思わぬ損害が生じる可能性があるので注意しましょう。

格安SIMに乗り換える際は、格安SIM会社が提供するサービス内容を事前に確認しておくことが大切です。乗り換え後も安心してサービスを利用するためにも、今回の記事を参考にして円滑な乗り換えを行いましょう。

料金的に魅力の高い格安SIM

大手キャリアから格安SIMに乗り換えた場合、気がかりなキャリアメール。ここまでで注意点や具体的な対策について詳しくを解説をしてきました。 格安SIMにするには、このようにメールをどうするかなど、よく考えなければならないポイントがあります。しかしながら、 今払っているスマホが高い、どうにか安くしたいと考えているならば、そのようなちょっとした手間をかけてでも格安SIMにする価値は大いにあります。 特にデータ通信の多い方は、格安SIMにすることで、大幅に月額料金を下げることができるでしょう。

色々選べる格安SIM - 一例
プロバイダー 内容
ワイモバイル
  • プランはシンプルに3種類。選びやすい料金体系。
  • ソフトバンク光との割引(おうち割)有効。
DTIモバイル
  • 3GBバイトのプランが業界最安値。
  • あまったデータは翌日繰り越しできる。
LINEモバイル
  • LINEで使用したデータ容量がカウントされない。
  • LINEをよく使うならおススメ。
エキサイト
モバイル
  • インターネットでも有名。老舗のプロバイダー。
  • 定額プランの他に使用料ごとのプランも選べる。
OCNモバイルONE
  • NTTコミュニケーションの提供する格安SIM
  • 大手企業の安心感。
更新日