test

インターネットプラン、どれを選ぶ?

納得、満足のインターネットプランを見つけましょう。

eo光:料金・申し込み・解約
eo main

関西圏のインターネットプロバイダーとして大手のケイ・オプティコム。独自の光回線を使用した光インターネットサービス「eo光ネット」に加えて、光電話や電気・ガスまで提供しています。光回線の各サービスについてご紹介します。

eo光の運営会社ケイ・オプティコムとは

光回線インターネット、eo(イオ)光を提供する「株式会社ケイ・オプティコム」は、関西電力グループの会社です。関西電力管内である近畿地方の2府5県で、光インターネット接続サービスを提供しています。

eo光ネットのサービス提供エリアeo光ネットは、下記の県にサービスを提供しています。(2019年1月時点)
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、福井県(小浜市、三方上中郡若狭町、大飯郡高浜町)
サービス提供エリアは随時拡大しているため、最新の情報はeo光の公式ホームページにて確認してください。

ケイ・オプティコムは、NTTとほぼ同時期の2001年に一般向けの光回線インターネットサービス「eo光ネット」を開始しました。ケイ・オプティコムは光通信サービス事業の老舗と言えるでしょう。

現在、eo光の契約数は2018年3月末時点で163万件、回線事業者のシェア率でいくとNTT東日本・NTT西日本・KDDIに次いで全国4位となっています。関西圏のみにサービス提供していることを考えると、関西では圧倒的に支持されていることが分かります。

ケイ・オプティコムはプロバイダー事業だけの会社ではありません。関西電力グループということを生かして、電気の送配電線とともに敷設した独自の光ファイバーケーブル網を所有しています。つまり、ケイ・オプティコムは光回線事業者でありプロバイダーでもあるわけです。

格安SIMでおなじみのmineo(マイネオ)も、ケイ・オプティコムが運営しています。mineoは全国展開しており、MVNO(仮想移動体通信事業者:格安SIM事業者のこと)としてケイ・オプティコムは全国規模の会社ということになります。

光回線事業者とプロバイダーとは?光インターネットを利用するには、「光回線」と「インターネット接続」サービスの2つが必要です。光回線を所有しているのが「光回線事業者」で、NTTやKDDI、ケイ・オプティコムなどがこれにあたります。 「プロバイダー」は、一般ユーザーが光回線にアクセスするために必要な接続サービスを提供する事業者のことです。OCNビッグローブ@niftyなどはプロバイダーとして有名ですね。ケイ・オプティコムは光回線事業者であり、プロバイダーでもあります。

eo光の特徴・メリット

eo光は、通信速度や料金の面で大きなメリットともいえる次のような特徴があります。

  • 独自の光回線だから通信が安定して速い
  • 「eo電気」と「eo光」のセットで電気代が節約できる
  • auユーザーならセットで携帯電話料金がお得になる

では、それぞれの特徴を具体的に解説します。

独自の光回線だから通信が安定して速い

「eo光ネット」は、運営会社であるケイ・オプティコムが所有する光回線網を利用した光インターネットサービスです。自社の光回線を利用しているというのは、大きなメリットといえます。どういうことでしょうか?

国内で一番大規模な光回線といえば、NTT東日本/NTT西日本のフレッツ光ですよね。NTTはフレッツ光を、数々のプロバイダーや光コラボ(以下の囲みを参照)に提供しています。つまり、フレッツ光は使用者がとても多いので回線が混雑しやすいのです。

それに対してeo光ネットは、自社の光回線を自社だけで使用している光インターネットサービスです。そのため回線もスムーズで、安定した通信速度を保つことができるわけです。

事実、2018年のオリコン顧客満足度調査のプロバイダー部門では、近畿地方でeo光が1位を獲得しました。この顧客満足度調査は、「通信速度・安定性」「料金プラン」「コストパフォーマンス」「加入・開通手続き」「サポートサービス」「付帯サービス」「セキュリティ対策」の7項目で調査されています。

ケイ・オプティコムは、通信速度と通信の安定性においてもユーザーの評判が非常に良いということが分かりますね。

光コラボとは?光コラボというのは、プロバイダーがNTTから光回線のフレッツ光を卸購入したうえで、回線と接続サービスをまとめて提供するサービスのことです。光コラボは、光インターネットにしては料金が安いことが売りになっています。

「eo電気」と「eo光」のセットで電気代が安くなる

eo光を提供しているケイ・オプティコムは関西電力グループとして、インターネットサービスだけでなく「eo電気」というサービスも提供しています。

eo電気は、電力自由化に伴って2016年4月から提供開始された電力小売サービスです。eo光に切り替えても電気の品質やサービスが変わることは決してありません。

ただ、eo光と合わせてeo電気にすると電気代がお得になるといううれしいメリットがあります。関西電力の従量電灯Aと比べると、eo電気&eo光で電気代が約5%もお得になります。

これは、平均的な2~3人の家庭で電気使用量が月に300kWh程度として、年間4,200円ほどお得になる計算です。

光も電気もeoにすることのメリットは、それだけではありません。eo光ネットの月額料金が割引になったり、商品券がもらえたりする特典が適用されることもあります。

また、通信費と電気代の支払をひとつにまとめられます。eo会員のためのWebサイト「eoマイページ」にて料金を確認したり、各種手続きをしたりすることもできて便利です。

auユーザーならセットで携帯電話料金がお得になる

現在auのスマホ/ケータイを利用しているなら、eo光はさらにお得になります。「eo光ネット」と「eo光電話」に申し込むことでauスマートバリューの対象になり、携帯電話の料金が大きく割引されるんです

具体的に、毎月どれ位安くなるのかまとめてみました。

eo光×auスマートバリューの割引額(税抜)
auプラン名 毎月の割引額
auピタットプラン ~2GBまで 永年500円引き
2GB~ 永年1,000円引き
auフラットプラン20/30 永年1,000円引き
データ定額30 最大2年間2,000円(3年目以降934円引き)
データ定額5/20
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
最大2年間1,410円(3年目以降934円)引き
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
永年934円引き
データ定額1 最大2年間934円(3年目以降500円)引き

上記の割引額は、ケータイ1台あたりの割引額です。家族全員auを利用しているのであれば、人数の分だけ割引額が大きくなります。家族みんなでお得になるのが「eo光×auスマートバリュー」といえます。

eo光の料金プラン

eo光の光回線インターネットのプランは、戸建て住宅向けの「ホームタイプ」、中小規模のアパートなど集合住宅は「メゾンタイプ」、マンション向けの「マンションタイプ」の3タイプです。

ホームタイプとメゾンタイプは月額料金が同じになります。なお、集合住宅にお住いの方は、マンションタイプ/メゾンタイプのどちらになるかeoのホームページで確認しましょう。

ケイ・オプティコムは光回線業者兼プロバイダーなので、eo光ネットの月額料金には光回線料金 + プロバイダ-料金 + 回線終端装置(ルーター)使用料がすべて込みになっています。

eo光ネット「ホームタイプ」「メゾンタイプ」の料金

eo光ネットのホームタイプとメゾンタイプには「1ギガコース」と「100Mコース」があります。1ギガバイト=1024メガバイトなので、単純に考えると1ギガコースの通信速度は100Mコースの10倍といえます。

下記のとおり基本料もあまり変わらず、1ギガコースには適用される割引特典が100Mコースには適用されないため、1ギガコースを選ぶほうがおすすめです

eo光ネット - ホームタイプ / メゾンタイプの月額料金(税抜)
コース(通信速度) 月額料金(~12ヵ月目) 月額料金(2年目)
通常料金 eo暮らしスタート割」適用
1ギガコース 4,953円 2,953円 4,953円
100Mコース 4,667円 - 4,667円

※新規お申し込み、「即割(そくわり)」適用、標準工事費分割払いの場合

月額料金の3年目以降は「長割(ちょうわり)」を適用することによって、上記の2年目の月額料金から5~10%割引されます。長割は最低利用期間が3年となっています。

「eo暮らしスタート割」とは?

eo光ネットのホームタイプ・メゾンタイプの1ギガコースが、開始月から最大12ヵ月間月額2,000円引きになるお得な割引制度です。「eo電気」をセットで申し込むと、さらに月額500円割引になります。さらに、通常27,000円の標準工事費が実質無料(30ヶ月間900円割引)になるため、eo光ネットに新規加入時には「eo暮らしスタート割」申し込みは必須といってもいいでしょう

「即割(そくわり)」とは?

即割とは、eo光ネットのホームタイプ・メゾンタイプ加入時に申し込める、2年間の最低利用期間がある割引制度です。即割に申し込まない場合、最低利用期間は1年となります。即割自体の割引額は100円程度と、たいしたことはありません。ただし、即割は上記の「eo暮らしスタート割」に申し込む必須条件となっています

eo光ネット - ホームタイプ/メゾンタイプの初期費用(税抜)
契約事務手数料 3,000円
標準工事費 通常 一括払い27,000円
「eo暮らしスタート割」適用時 0円(30ヶ月間900円割引き)

eo光ネットのホームタイプとメゾンタイプの初期費用ですが、ほとんどの場合は割引特典が適用されるため、工事費は実質無料となります。ですので、初期費用は契約事務手数料の3,000円のみと考えていいでしょう。

eo光ネット「マンションタイプ」の料金

マンション等、戸数の多い集合住宅向けのプランが「マンションタイプ」です。

お住まいの集合住宅にeo光ネットが導入されているかどうかは、eo光の公式サイトの「導入マンション検索」ページにて確認できます。

eo光ネットが導入されている建物の場合、その配線方式によって料金が異なります。お住まいの建物の配線方式を知りたい場合は「eoインフォメーションデスク」(0120-34-1010)に問い合わせると教えてもらえます。

eo光ネットのマンションタイプにも「eo暮らしスタート割」が適用可能です。下記を見て頂くと分かりますが、eo暮らしスタート割で1年目は毎月1,000円割引されます。

eo光ネット - マンションタイプの月額料金(税抜)
配線方式 月額料金(~12ヵ月目) 月額料金(2年目以降)
通常料金 「eo暮らしスタート割」適用
VDSL方式 モデムレンタル 3,524円 2,524円 3,524円
モデム買取 3,124円 2,124円 3,124円
VDSL-S方式 モデムレンタル 3,791円 2,791円 3,791円
モデム買取 3,391円 2,391円 3,391円
イーサーネット方式 マンションの規模等により異なるため要問合せ
光配線方式 マンションの規模等により異なるため要問合せ

マンションタイプは、モデムをレンタルするか買取するかを選ぶことができます。モデムを買い取りすると、初期費用にモデム購入代金が加算されますが、その分毎月の料金が400円安くなります。

VDSL方式であれば、20ヵ月でモデム代金分を取り戻すことができますが、VDSL-S方式の場合は46ヵ月後にようやくモデム購入費用を取り戻すことになります。このことを念頭に置いて、レンタルか買取するかを選びましょう。

eo光ネット - マンションタイプの初期費用(税抜)
配線方式 初期費用
VDSL方式 モデムレンタル 3,000円
モデム買取 11,286円
VDSL-S方式 モデムレンタル 3,000円
モデム買取 21,286円
イーサーネット方式 3,000円
光配線方式 3,000円

eo光電話の料金

eoには光電話サービスもあります。「eo光電話」は、1番号だけなら基本料が0円で、アダプター利用料のみ月額286円(税抜)と大変安いため、評判が良いサービスです

これまでNTTの固定電話を利用していた人は、番号をそのまま引き継ぐこともできます。電話機やFAXも、もちろん引き続き使用可能です。

前半部分でも取り上げたように、auユーザーならeo光ネットと同時にeo光電話にも申し込むことで、携帯電話料金が大幅に割引になります。

eo光電話 - 料金一覧(税抜)
サービス 料金
基本使用料(1番号サービスの場合) 月額基本料 0円
eo光多機能ルーター(アダプター)利用料 286円
通話料 eo光同士の通話 0円
近畿2府4県と福井県への通話 7.4円/3分
それ以外の都道県への通話 8円/3分
携帯電話への通話 18円/1分
IP電話 8円/3分
国際電話 6.0円~/1分

eo光に申し込む方法

eo光にはWebから申し込み手続きすることになります。

Web上ですべて完結する「通常お申し込み」(所要時間10分)と、フォームにかんたんな情報を入力(所要時間2分)した後にeo光から折り返し電話連絡がある「かんたんお申し込み」とがあります。

  1. 利用場所の確認(エリア検索・マンション検索)
  2. サービス選択(「eo光ネット」「eo光電話」「eo光テレビ」)
  3. お客様情報の入力(氏名・生年月日・メールアドレス・住所等)
  4. オプション選択(申し込む各サービスのオプション選択)
  5. キャンペーン選択
  6. 支払方法の入力
  7. 「eo電気」「関電ガス eo割」の申込有無
  8. 申し込み完了

eo光の解約についての注意点

eo光を解約する場合には、適用されている割引に応じて「解約清算金」などの費用が発生することがあります。また、標準工事費の残債があるなら一括で支払う必要があります。

下記は、2018年4月2日以降にeo光ネットに申し込んだ人の場合の解約費用です。それ以前に申し込んでいた人は金額が異なりますので、eo光のホームページでご確認ください。

eo光ネット - 解約時に発生する費用(税抜)
サービス利用期間 「即割」適用 解約費用
回線終端装置(ルーター)
撤去時
引込線撤去時
1年未満 あり 解約清算金12,000円 設備撤去費10,000円
なし
1年以上2年未満 あり 解約清算金6,000円
なし -
2年以上 あり/なし -

上記の他にも、ホームタイプ/メゾンタイプで「長割」適用の場合には、以下の解約清算金が発生します。

「長割」の最低利用期間と解約清算金(税抜)
最低利用期間 残余期間 解約清算金
1ギガコース 100Mコース
3年目以降3年ごと 12~1ヵ月 1,886円 1,715円
24~13ヵ月 3,772円 3,429円
36~25ヵ月 5,658円 5,143円
更新日

ガイド - eo光:料金・申し込み・解約