本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
【PR】

高速通信で人気のUQモバイルが今ならお得

UQモバイルau Pay残高還元

2月29日まで!SIMのみ契約で最大2万円 au Pay還元(au・povo以外からの乗り換え)
📱iPhone 13発売開始!92,720円~
Google Pixelも!人気スマホが一括1円~

【2024年2月最新版】実は多い?UQモバイルのデメリットを徹底調査

UQモバイルデメリット
UQモバイルのデメリットを徹底調査

UQモバイルのデメリットが気になる!おすすめなのはどんな人?

UQモバイルへの乗り換えを考えているけれど、デメリットが気になる…と乗り換えに踏み切れない方は多いと思います。

ずばりこれらのポイントに当てはまるなら、UQモバイルをおすすめします。

  1. 安さにこだわりつつも通信品質の安定性を求めている
  2. 店舗サポートを利用したい
  3. 大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)から初めて格安SIMに乗り換える

この記事では、UQモバイルの気になるデメリットを徹底解説。不安なポイントを確認して、UQモバイルに満足して乗り換えましょう。
UQモバイルオンラインショップでは、お得な乗り換えキャンペーンを実施中です。

UQモバイルがおすすめの人

  • 安定した通信品質で大手キャリアより安くスマホを使いたい
  • 自宅セット割の条件に当てはまる
  • 余ったデータ容量はくりこして無駄なく使いたい
  • 実店舗でのサポートがあった方がいい
  • auから格安SIMへの乗り換えを検討している

UQモバイルをおすすめしない人

  • とにかく安さを重視する
  • 1か月のデータ通信量が25GB以上
  • 大手3キャリアと同等の高速通信が必要
  • 乗り換えキャンペーンを使って最新スマホを購入したい
  • データシェアを利用したい

📱ドコモ品質のスマホを格安で!

ahamo端末セットキャンペーン

UQモバイルのデメリット10選

まずは気になるUQモバイルのデメリットを確認していきましょう。

UQモバイルのデメリット①基本料金が他の格安SIMよりも高い

まず、UQモバイル一番のデメリットと考えられるのが、他の格安SIMに比べて月額料金が高いということです。

それは、「キャリアのサブブランド」の特徴でもあります。
UQモバイルはauのサブブランドでauの回線をそのまま使えるため、MVNOに比べると通信速度や回線品質はかなり安定しています。

通信品質・店舗サポートといったキャリア並みのサービスを持つ一方で、UQモバイルの割引(インターネットとのセット割または家族割)がないと割高の料金設定です。

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアよりは安いですが、20GBまでのプランならIIJmioやmineo、HISモバイルといったMVNO事業者の方がUQモバイルより安くなります。

MVNOとは?

キャリア(MNO)の回線を借りて運営する事業者です。回線の設備投資がない分格安ですが、通信が混雑する時間帯に速度が落ちる・繋がりづらくなるという特徴があります。

UQモバイルのプランの中でも、「コミコミプラン」(20GB)は割引対象外ですが、その分シンプルに安いコスパの高いプランとなっています。
今までUQモバイルは3GBプランがお得、というイメージでしたが、データ使用量の多いユーザーにもおすすめできる価格設定となりました。

UQモバイルの料金を見る

UQモバイルプラン

【2024年2月】最新キャンペーン情報! お得なUQモバイルのキャンペーンを見る

UQモバイルのデメリット②通信速度が下がる時もある

UQモバイルの2つ目のデメリットとして、通信速度が下がる時もあることが挙げられます。

前章でご紹介したように、UQモバイルはauのサブブランドであり、格安SIM(MVNO)よりも回線品質は良く、通信速度も速く、基本的に安定しているのは事実です。

しかし、やはりドコモ・au・ソフトバンクのキャリアに比べると、完璧というわけではありません。

お昼の時間帯や通勤時間帯の格安SIMの通信速度が制限されやすい時間帯に、やや速度が落ちることもあります

とはいえ問題なくサイトの閲覧や動画の視聴ができる速度です。高度なオンラインゲームのために少しのタイムラグも許せない、という方でなければ気にならないでしょう。

通信速度の速さに強いこだわりがある人は、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアを選ぶことをおすすめしますが、UQモバイルの速度低下はほとんどの人が問題なく利用できるレベルというのがセレクトラの見解です。

UQモバイル時間帯別の通信速度

時間帯

Ping

通信速度(下り)

通信速度(上り)

46.78ms

65.76Mbps

12.37Mbps

48.08ms

59.54Mbps

9.61Mbps

夕方

45.68ms

66.33Mbps

12.65Mbps

47.56ms

66.83Mbps

12.73Mbps

深夜

47.74ms

96.39Mbps

11.3Mbps

参照:みんなのネット回線速度(2023年6月時点)

快適に使える速度はどれくらい?

一般的に、YoutubeをHD(ハイビジョン)画質で視聴するのに必要な速度は下り速度で5Mbps、ZOOMのビデオ会議は下り・上り速度ともに3Mbpsです。
UQモバイルの速度はサイトの閲覧、動画視聴、ビデオ会議といった日常的な使い方をするためには十分と言えます。

UQモバイルのデメリット③料金プランの選択肢が少ない

UQモバイルの料金プランで選べる月間データ容量は、4GB/15GB/20GBの3つです。

他の格安SIMと比較すると、IIJmioは2GBから20GBで5プランに分かれています。1GBから50GBまで5プランあるHISモバイルも幅広い選択肢を提供しています。

UQモバイルでデータ量がもう少し欲しいという方は、月額550円の「増量オプションⅡ」を申し込むと、月間のデータ容量を増量することができます。
しかも今なら増量オプションⅡは7か月間無料キャンペーンを実施中です。

増量オプションⅡの概要
 

ミニミニプラン

トクトクプラン

コミコミプラン

基本データ容量

4GB

15GB

20GB

増量オプション適用時

6GB /月(+2GB)

20GB /月(+5GB)

25GB /月(+5GB)

基本月額料金

2,365円

3,465円

3,278円

増量オプションⅡ月額料金

550円 →無料キャンペーン適用で最大7か月無料

基本月額料金+増量オプションⅡ(8か月目以降)

2,915円

4,015円

3,828円

毎月のデータ使用量が安定しない人は楽天モバイル

楽天モバイルは3GB/20GB/データ無制限の区切りで、使った分だけ料金を払う段階性プランです。
月によってスマホの使用量がバラバラ、という人には無駄なくておすすめです。

\MNP契約で最大1.3万円相当ポイント還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

契約事務手数料がかかる

UQモバイルは、店舗でもオンラインショップでも、契約事務手数料3,850円がかかります。

同じくキャリアのサブブランドのワイモバイル(ソフトバンク回線)やirumo(ドコモ回線)では、オンラインの申し込みは契約事務手数料が無料です。

その他、オンライン申し込み専用のahamoやLINEMO、キャリアでも楽天モバイルは契約事務手数料が無料です。

できるだけ初期費用を抑えたい方は、契約事務手数料やSIM発行手数料の条件も気にしてみましょう。
しかしUQモバイルは、乗り換えキャンペーンの利用で契約事務手数料の元を取れるくらいお得になります。

UQモバイルのデメリット⑤留守番電話が有料になる

UQモバイルは、留守番電話サービスが有料(月額330円)です。

ソフトバンクやワイモバイルでは留守番電話が無料で利用できるので、乗り換える方は注意しましょう。

ただし2022年12月からの変更で、UQモバイルの通話オプション(24時間いつでもかけ放題と1回の通話10分以内のかけ放題)に申し込むと、留守番電話を含む「電話きほんパック」を無料で利用することができるようになりました。(通常は月額440円)
「電話きほんパック」の内容は、留守番電話・割込み電話・三者通話・迷惑電話撃退サービスの4機能です。

Android端末なら「伝言メモ機能」が留守番電話になる

「伝言メモ機能」(簡易留守録)なら最長60秒/件のメッセージを最大10件保存可能。無料で留守番電話の代わりになります。

UQモバイルのデメリット⑥データシェアができない

UQモバイルのデメリットとして、データシェアができないことも挙げられます。

もしデータシェアができる格安SIMを探しているなら、以下の格安SIMがおすすめです。

  • IIJmio:同一mioID内でデータシェアが可能
  • mineo:当月中に余ってくりこしたデータ量を家族や友人間でシェア可能
  • イオンモバイル:SIMを追加して1人でも家族でもシェアできる「シェアプラン」

UQモバイルのデメリット⑦家族間の無料通話がない

UQモバイルでは家族で契約していても、家族間の通話は無料ではありません。「家族セット割」はありますが、基本料金の割引きのみです。

その代わりに通話料金がお得になるかけ放題オプションがあります。
従量制だと44円/1分で通話料金はかなり高くなってしまいます。1か月の通話が12.5分を超えるのであれば、月額550円の最大60分かけ放題オプションに加入する方が安くすみます。

UQモバイルの通話オプション(国内通話)
 

ミニミニ
トクトク

コミコミ

通話放題(24時間かけ放題)
電話きほんパック*が無料

1,980円
60歳以上880円

1,100円

通話放題ライト(1回10分以内のかけ放題)
電話きほんパック*が無料

880円

無料

通話パック(60分/月)

550円

なし

詳細

UQモバイルのサイトを見る

*電話きほんパック(月額440円):留守番電話・割込み電話・三者通話・迷惑電話撃退のセット、要申し込み

国内通話を無料にしたいなら楽天モバイル

楽天モバイルでは、Rakuten Linkという通話アプリを利用すると、相手が楽天モバイルでなくても国内通話が無料になります。

\MNP契約で最大1.3万円相当ポイント還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

UQモバイルのデメリット⑧購入できるスマホ機種が少ない

UQモバイルのデメリットとして、購入できるスマホの機種が少ないことが挙げられます。

購入できる機種は、iPhone 13、iPhone SE(第3世代)の他、AndroidではGalaxyやAQUOSなどです。

iPhoneは型落ち、Androidはエントリー~ミドルレンジスペックのモデルに限られます。

最新iPhoneやAndroidのハイスペック端末を使いたい場合、携帯キャリアやECサイトなど、UQモバイル以外で購入することになります。

UQモバイル取扱いスマホ端末一覧(2024年2月7日時点)
iPhone Android
  • iPhone 13
  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 13/13 Pro*
  • iPhone 12/12 Pro*
  • iPhone SE(第2世代)*
  • Google Pixel 7a
  • Xiaomi 13T XIG04
  • AQUOS sense8 SHG11
  • Redmi 12 5G XIG03
  • Galaxy S22 SCG13
  • Xperia 10 V SOG11
  • Galaxy A23 5G SCG18
  • BASIO active SHG09
  • arrows We FCG01
  • Redmi Note 10 JE XIG02

*au認定中古品

UQモバイルのデメリット⑨キャリアメールは使えるが有料になる

UQモバイルに乗り換え後はキャリアメールを継続する場合は月額330円(税込)で有料となります。

また、乗り換えから31日以内に申し込む必要があります。

最近ではGmailやiCloudメールなどが主流になってきていることもあるので、UQモバイルに乗り換えをきっかけにフリーメールに切り換えるというのもありでしょう。

UQモバイルのデメリット⑩家族間の名義変更ができない

UQモバイルでは、親の名義を子供に変える、というような第三者への名義変更ができません

UQモバイルで名義変更ができるのは以下の場合のみです。

  • 改姓・改名に伴う名義変更
  • 契約者が逝去した場合の名義変更(承継)

「UQモバイルのデメリットが気になる!」ならahamo(アハモ)と楽天モバイルがおすすめ

ahamo(アハモ)のおすすめポイント

📱ドコモ品質のスマホを格安で!

ahamo端末セットキャンペーン

UQモバイルのデメリットが気になる方は、ドコモ通信品質を20GB 2,970円で提供するahamoがおすすめです。
ahamoは20GBのワンプランながら、5分以内かけ放題も込み。UQモバイルの割引を利用できない場合は、20GB使わなくてもahamoでしっかりお得です。

ahamoのおすすめポイント

  • ドコモの通信品質で格安SIM最速レベル
  • 大盛りオプション100GB月額4,950円ならテザリングで自宅用WiFiとしても兼用できる
  • 海外ローミング20GBが無料(最大15日間)
  • 5分かけ放題が無料
  • iPhone15が購入できる
  • 支払い方法が豊富

ahamoの注意点

  • 小容量帯の選択肢がない
  • 基本オンラインサポートのみ。ドコモショップ利用は有料
  • データの繰り越しができない
ahamo対応サービス一覧
5G対応
スマホ販売
口座振替
店頭サポート
eSIM
解約金なし
※対応サービスは青色表示

ahamoの料金プランを見る

ahamo(アハモ)の料金
月額料金 2,970円(機種代⾦別途)
通信規格 4G・5G
データ容量 20GB
海外ローミング 海外82の国・地域での20GBまで無料(1)
通信速度
容量超過時
最大1Mbpsで通信可能
国内通話 5分以内の国内通話無料
超過後は30秒22円(2)
オプション 24時間かけ放題:1,100円/月
1GBデータ追加:550円
ahamo大盛り(80GBデータ追加):1,980円/月
サポート 原則オンラインのみ
ドコモショップでのサポートは税込3,300円:
・ahamo Webお申込みサポート(3)
・ahamo WEBお手続きサポート(4)

(1) 15⽇を超えて海外で利⽤される場合は速度制限がかかります。国内利⽤と合わせての容量上限です。
(2) 「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦ がかかります。
(3) ahamo専⽤サイトからのお申込みの補助を受けられるサービス。ただし、端末の操作自体は自分で行う必要あり。
(4) ahamoアプリおよび専⽤サイトからのお⼿続き補助を受けられるサービス。ただし、端末の操作自体は自分で行う必要あり。

ahamoについての注釈を見る ahamoについての注釈を閉じる

【2024年2月】最新キャンペーン情報! お得なahamoのキャンペーンを見る

楽天モバイルのおすすめポイント

UQモバイルの料金の高さが気になる方は、段階性プランで格安の楽天モバイルをおすすめします。
アプリ使用で国内通話が無料になるので、通話料を抑えたい方に最適。3GBまでなら1,078円、データ無制限でも3,278円と、圧倒的な安さが人気です。

楽天モバイルのおすすめポイント

  • データを使った分だけ料金を払う従量制プラン
  • 各段階で業界最安級の料金設定
  • キャリアサービスなので、MVNOのように混雑時に通信速度が遅くならない
  • 楽天自社回線を掴むと通信速度が安定して速い
  • 次世代通信規格Rakuten Linkを使えば無料で24時間かけ放題
  • Rakuten SPUでポイントがたくさん貯まる
  • iPhone価格は4キャリア最安で端末種類が豊富
  • 豪華キャンペーンでiPhoneが最安で手に入る
  • 【NEW】最強プランはKDDI回線も高速通信無制限・人口カバー率99.9%

楽天モバイルの注意ポイント

  • 都市部など楽天モバイルの自社回線エリア以外だとつながりにくい可能性
  • デパートや地下など、壁の厚い屋内ではつながりにくい
  • 3GB1,078円の次の段階が20GB2,178円で大きな開きがある
楽天モバイル対応サービス一覧
5G対応
スマホ販売
口座振替
店頭サポート
eSIM
解約金なし
※対応サービスは青色表示

楽天モバイルの料金プランを見る

楽天モバイル最強プラン6月1日~ 楽天モバイルでは、6月1日より「Rakuten最強プラン」に移行しました高速データが人口カバー率99.9%となり、つながりにくかった屋内や繁華街/高層ビル、地下鉄も含め以前よりつながりやすくなります料金は旧プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の据え置きです。

新プランRakuten最強プランの料金表
月額料金
(税込)
~3GB ~20GB 20GB~
1,078円 2,178円 3,278円
通信規格 4G・5G
通信容量 楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:無制限
国内通話 Rakuten Linkのアプリを利用すればかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
データタイプ 音声通話機能なしのデータ通信専用SIM/eSIMプラン(価格は最強プランと同じ)
申し込みには楽天カード必須
※Rakuten Link、キャリアメールの利用は不可
公式サイト

【2024年2月】最新キャンペーン情報! お得な楽天モバイルのキャンペーンを見る

「Rakuten最強プラン」の料金表
月額料金(税込)
~3GB ~20GB 20GB~
1,078円 2,178円 3,278円
通信規格
4G・5G
通信容量
楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:無制限
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話
アプリRakuten Link使用でかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
データタイプ
音声通話機能なしのデータ通信専用SIM/eSIMプラン(価格は最強プランと同じ)
申し込みには楽天カード必須
※Rakuten Link、キャリアメールの利用は不可
公式サイト

【2024年2月】最新キャンペーン情報! お得な楽天モバイルのキャンペーンを見る

\MNP契約で最大1.3万円相当ポイント還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

UQモバイルのメリット10選

デメリットを確認したところで、UQモバイルを契約するメリットをご紹介します。

UQモバイルのメリット①解約金・契約期間の縛りがない

現在では、キャリアや多くの格安SIMで、解約金・契約期間の縛りはなくなりました。

2019年9月以前にあったプランでは2年契約の縛りが一般的でしたが、総務省の指導が入り、2021年10月からは、解約金のシステム自体が廃止となりました。

UQモバイルでも解約金や最低利用期間はありません。いつでも自由に好きな格安SIMに自由に乗り換えが可能となっています。

UQモバイルのメリット②余ったデータを翌月にくりこせる

UQモバイルの最新料金プラン「ミニミニプラン」「トクトクプラン」「コミコミプラン」は、当月中に余ったデータ量を翌月にくりこすことができます

「増量オプションⅡ」(月額550円)で増量した分のデータ容量もくりこせるので、オプションに加入しても無駄がありませんね。

特に20GBの「コミコミプラン」(20GB、月額3,278円)では、データ容量が同じで料金が同じくらいのahamo(月額2,970円)やLINEMO(スマホプラン月額2,728円)と悩む方もいると思います。
検討の材料として、UQモバイルの店舗サービスの他、このくりこし機能もUQモバイルのメリットとして重要なポイントです。

UQモバイルのメリット③節約モードでデータ容量を節約できる

UQモバイルの特徴の一つに、使うデータ容量を調整する「節約モード」があります。ただし、現行プランで利用できるのは「ミニミニプラン」のみです。

この「節約モード」で、データの通信速度を高速通信から低速通信に切り替えることができ、利用してない時に無駄なデータ消費を防ぐことができます

「節約モード」と「余ったデータのくりこし」の両方ができるキャリア提供の格安SIMはUQモバイルだけです。
ミニミニプランは4GBですが、賢くデータを節約できるので助かりますね。

UQモバイルのメリット④データ容量超過後でもスマホを使える

UQモバイルでは、月のデータ基本容量を超えると速度制限がかかります。

  • ミニミニプラン:最大300kbps
  • トクトク/コミコミプラン::最大1Mbps

コミコミプラン(20GB)は、3日間のデータ使用料が6GBを超えると翌日以降に速度制限がかかることが公式サイトに記載されています。

300kbpsという速度は、LINEのトーク送受信など文章中心のデータ通信なら可能、というのが目安です。1Mbpsあると文章中心のサイト閲覧、低画質での動画視聴も可能です。
つまりデータ容量を越えても、スマホが全く使えなくなる、ということにはなりません。

格安SIMの中には月間データ容量を超えるとネットが使えなくなったり、もっと速度制限がある場合がありますが、UQモバイルは容量超過後も最低限の用途でスマホを使えます。

また、再び高速通信をするためにデータチャージをすることも可能です。
料金は220円/100MB、550円/500MBで、有効期間は90日間です。

UQモバイルのメリット⑤auからの乗り換えが簡単

UQモバイルのメリットとして、auからの乗り換えが簡単という点が挙げられます。

auからUQモバイルに乗り換えをする時、

  • MNP番号が必要ない
  • UQモバイルの初期費用3,300円が無料
  • 解約金等の料金はかからない
  • auの解約月の利用料金は、UQモバイルに移行の場合は日割り計算

となります。手続きや解約等、必要な費用がない上に、面倒なMNP番号の取得の必要もありません。

特に注目は、通常は満額請求となるauの解約月の料金が、UQモバイルへの乗り換えなら日割り計算になるところです。
更にUQモバイルの契約初月も日割り計算になるので、好きな時にauからUQモバイルに乗り換えて損がありません

これだけ簡単に格安SIMへの乗り換えができるなら、auユーザーはUQモバイルへの乗り換えを検討する価値がありますね。

UQモバイルのメリット⑥実店舗で直接サポートが受けられる

UQモバイルでは、全国の実店舗でサポートを受けられます。

ほとんどの格安SIMは実店舗を持たず、全てオンラインでのやり取りとなり、直接の手続きや修理の対応をしていません。

やはり店舗がないと、スマホの修理やプラン変更の対応にも手間がかかります。

ネットにあまり詳しくない方や、カスタマーサポートのアクセスを重視する方なら、UQモバイルはおすすめです。

UQモバイルは、一部のauショップ、au Style、UQスポットで扱われており、全国で2,300店舗以上も店舗を持っています。

契約・解約・プラン変更等の各種手続きや修理まで、全て対応してくれるのは安心ですね。

au Styleとは?

au・UQ mobileの通信サービス業務全般(契約、支払い、モバイル雑貨・アクセサリーの販売、故障等の対応)や、固定通信サービスの「auひかり」や「auでんき」「au PAY カード」「auじぶん銀行」などを取り扱っているお店です。

UQモバイルのメリット⑦「自宅セット割」で1人でも家族でもお得

UQモバイルの「自宅セット割」は、対象サービスの加入者とその家族10回線まで割引となるサービスです。(ルーターサービスの場合は9回線まで)

UQモバイルの「ミニミニプラン」または「トクトクプラン」に加入し、「自宅セット割」の「インターネットコース」又は「でんきコース」にも加入すると、毎月1,100円の割引が適用されます。

「インターネットコース」の対象サービスは幅広いため、選択肢が多いことも魅力です。
設置工事が難しい場合でも、工事不要のホームルーターを選べるので1人暮らしも利用しやすいですね。ただしインターネット契約の際は契約期間やルーター端末代金に注意しましょう。

UQモバイル「ミニミニプラン」「トクトクプラン」+自宅セット割・auカードお支払割
 

ミニミニプラン

トクトクプラン

基本データ容量

4GB

15GB

月額料金

2,365円

3,465円
※1GB未満は2,277円

自宅セット割+auカードお支払割適用

1,078円

2,178円
※1GB未満は990円

同一住所、同一姓の家族であればUQモバイルのマイページからオンラインで申し込み手続きができます。
別住所の家族を登録する場合、店頭での手続きが必要となります。それでも離れて暮らす家族も割引を受けられるのは助かりますね。

自宅セット割に別住所の家族を申し込む方法

手続き

au Style/auショップ/UQスポットなどの店頭のみ
(オンライン手続きは不可)

必要なもの

  • ご家族の証明書(下記のいずれかの書類)
    • 戸籍謄本(発行日より3か月以内のもの)
    • 住民票(続柄記載)(発行日より3か月以内のもの)
    • 同性のパートナーシップを証明する書類(地方自治体等で発行されるパートナーシップ関係が証明できる公的証明書)

UQモバイルのメリット⑧「家族セット割」で家族のスマホ代がお得

自宅セット割はお得ですが、「インターネットや電気まで乗り換えるのは大変」という場合、「家族セット割」を利用できます。

家族セット割は、家族で申し込むだけなので割引へのハードルがぐんと下がりますね。
割引額は毎月550円(ミニミニ/トクトクプランのみ)、10回線まで適用されます。

自宅セット割と同様、住所の異なる家族も家族セット割のグループに入れます。UQスポットなど店頭で手続きが必要です。

UQモバイルのメリット⑨未成年の名義で契約できる

UQモバイルでは、中学進学の3か月前から未成年の名義で契約ができます。

ただし、未成年名義の契約は、店舗契約のみで親権者同伴で来店するのが条件です。

必要書類は以下となります。
・未成年者の本人確認書類
・親権者同意書(兼 フィルタリングサービス不要同意)
・親権者の本人確認書類
・支払いに必要なもの(クレジットカードまたは口座情報)

未成年名義でスマホ端末を購入する場合、割賦契約も申し込めます。

UQモバイルでは、次に紹介するお得な乗り換え・新規申し込みキャンペーンがあるため、お子様の名義で契約してキャンペーン特典をしっかりゲットするのがおすすめです。

UQモバイルのメリット⑩MNP乗り換えキャンペーンがお得

UQモバイルでは、他社からのMNP乗り換えにお得なキャンペーンを実施しています。

  • UQモバイルのお得なキャンペーン
  • スマホ持ち込みで回線のみ申し込みなら、au PAY残高へのキャッシュバック
  • 端末セット購入なら、お得な機種代金割引

回線のみ乗り換えでau PAY残高にキャッシュバック

オンラインショップお得割で機種代最大22,000円割引

UQモバイルでは、公式オンラインショップからの端末購入MNP乗り換え限定で、iPhoneやGoogle Pixelなど人気機種が最大22,000円割引となります。

以下の3つの条件が揃うと最大の割引額(22,000円引き)となります。

  1. 他社からのMNP乗り換えと同時に対象機種を購入
  2. トクトクプラン(15GB)またはコミコミプラン(20GB)に申し込む
  3. 申し込み時に「増量オプションⅡ」(月額550円、7か月無料キャンペーン実施中)をつける

最大22,000円引き適用で、UQモバイルでも1円スマホが登場!人気のRedmi 12 5G、arrows We、Redmi Note 10 JEが驚きの一括1円で購入可能です。

UQモバイルオンラインショップおトク割を詳しく見る

 
UQモバイルオンラインショップおトク割
  トクトク/コミコミプラン
(増量オプションⅡあり)
ミニミニプラン
トクトク/コミコミプラン
(増量オプションⅡなし)
MNP乗り換え 22,000円割引 16,500円割引
新規契約 11,000円割引 5,500円割引
期間 終了日未定
対象機種一例
  • 【人気】iPhone 13 128GB:定価114,720円→MNP価格92,720円
  • iPhone SE(第3世代)64GB:定価70,935円→MNP価格48,935円
  • iPhone SE(第3世代)128GB:定価82,190円→MNP価格60,190円
  • iPhone SE(第3世代)256GB:定価103,415円→MNP価格81,415円
  • au Certified(認定中古品)iPhone 13 Pro 128GB:定価86,000円→MNP価格64,000円
  • au Certified(認定中古品)iPhone 13 128GB:定価70,000円→MNP価格48,000円
  • au Certified(認定中古品)iPhone 12 Pro 128GB:定価60,000円→MNP価格38,000円
  • au Certified(認定中古品)iPhone 12 64GB:定価43,000円→MNP価格21,000円
  • 【人気】Google Pixel 7a:定価47,500円→MNP価格25,500円
  • Xiaomi 13T XIG04:定価65,000円→MNP価格52,800円
  • AQUOS sense8 SHG11:定価59,800円→MNP価格37,800円
  • Galaxy S22 SCG13:定価58,400円→MNP価格36,400円
  • Xperia 10 V SOG11:定価69,550円→MNP価格47,550円
  • Galaxy A23 5G SCG18:定価25,800円→MNP価格3,800円
  • BASIO active SHG09:定価28,800円→MNP価格6,800円
  • Redmi 12 5G XIG03:定価22,001円→MNP価格1円
  • arrows We FCG01:定価22,001円→MNP価格1円
    ※上記MNP価格は22,000円割引適用の場合
注意事項
  • au/povoからの乗り換え、機種変更は対象外
  • 機種によってその他の割引あり
詳細 UQモバイルのサイトを見る

UQモバイルの新プランは改悪?旧くりこしプランとの比較

UQモバイルは、2023年6月1日からプランを刷新、「ミニミニプラン」「トクトクプラン」「コミコミプラン」の3種類を発表しました。
以前のプラン「くりこしプラン+5G」と比較すると、割引なしの基本料金が高くなったので改悪か?という印象を持つかもしれません。

UQモバイル「くりこしプラン+5G」と新料金プランの比較
 

くりこしプラン+5G S/M/L

ミニミニ/トクトク/コミコミ

データ容量

3GB/15GB/25GB

4GB/15GB/20GB

基本料金

3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円

4GB:2,365円
15GB:3,465円
(1GB未満2,277円)
20GB:3,278円

自宅セット割あり

3GB:990円
15GB:2,090円
25GB:2,970円

4GB:1,078円*
15GB:2,178円*
(1GB未満1,540円)
20GB:3,278円(対象外)

適用できる割引

自宅セット割

  • auカードお支払割
    (ミニミニ、トクトクのみ、187円割引)
  • 自宅セット割
    (ミニミニ、トクトクのみ、1,100円割引)
  • 家族セット割
    (1回線目から550円割引)
  • コミコミは10分かけ放題込み

*自宅セット割に加えてauカードお支払割(▲187円)を使用した価格

新料金プランと「くりこしプラン+5G」ではデータ容量の区分が微妙に変わったため、単純な比較が難しいですが基本料金は高くなったと言えます。

ただ、自宅セット割が適用できれば、4GB/15GBのプランでもくりこしプランと同等の価格まで下がります。
そのため、格安SIM他社と比べてもUQモバイルの通信品質やサービスを総合的に考えればお得を感じられます。例えばワイモバイルの家族割と比べれば、UQモバイルの自宅セット割はお得です。

UQモバイルの新料金プランの中でもセレクトラのイチオシは「コミコミプラン」(20GB、10分以内かけ放題込)です。
「ミニミニ」「トクトク」と違い各種割引は対象外であるものの、シンプルに安く20GBと10分以内のかけ放題を使えるので、自宅セット割や家族セット割の適用が難しい方にもおすすめができます。

UQモバイルとワイモバイルはどちらがお得?

UQモバイルの自宅セット割を使える場合、割引が1回線目から適用されるため、単身でも家族でも、ワイモバイルの家族割を使うよりもお得です。

UQモバイル「ミニミニプラン(4GB)」 VS ワイモバイル「シンプルS(3GB)」
世帯数 UQモバイル割引適用料金 ワイモバイル割引適用料金
自宅セット割+
au PAY カードお支払い割
家族セット割+
au PAY カードお支払い割
家族割

1人
1,078円 - 2,178円
 
2人
2,156円 3,256円 3,168円

3人
3,234円 4,884円 4,158円

4人
4,312円 6,512円 5,148円

UQモバイル「トクトクプラン(15GB)」 VS ワイモバイル「シンプルM(15GB)」
世帯数 UQモバイル割引適用料金 ワイモバイル割引適用料金
自宅セット割+
au PAY カードお支払い割
家族セット割+
au PAY カードお支払い割
家族割

1人
2,178円 - 3,278円
 
2人
4,356円 5,456円 5,368円

3人
6,534円 8,184円 7,458円

4人
8,712円 10,912円 9,548円

一方で、UQモバイルの家族セット割をワイモバイルの家族割と比べると、ワイモバイルの方が家族が増えるごとにお得になります。

UQモバイルのデメリット・メリットのまとめ

UQモバイルのデメリットとメリットを見てきました。
総合的に見て、UQモバイルはコストパフォーマンスに優れたおすすめの格安SIMと言えます。

改めて、UQモバイルがどんな人におすすめなのかまとめます。

  • 安定した通信品質で大手キャリアより安くスマホを使いたい人
  • 自宅セット割の条件に当てはまる人
  • データ容量をくりこして無駄なく使いたい人
  • 実店舗でのサポートが必要な人
  • auから格安SIMへの乗り換えを検討している人
  • 家族に18歳以下の子供がいてお得な学割を探している人(※2022-2023年度の学割は受付終了)

自宅セット割に当てはまれば、価格面のデメリットは一気に解消されます

また、現在ドコモ・au・ソフトバンクを契約している方なら、迷わずUQモバイルに乗り換えで満足できるはずです。
毎月のデータ使用量が25GB以内でおさまるなら、格安SIMデビューに最適なUQモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめSIM会社

iPhone購入とプラン契約で最大22,000円分ポイント還元繋がり易くなったRakuten最強プランではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、3GBまでならかけ放題で1,078円

通信品質トップクラス。新プランのコミコミプランでは、10分かけ放題付で20GB3,278円(税込)でオンライン専用プラン並みの低価格店舗サポートも魅力。

ドコモ品質で安心。20GBと5分かけ放題で月額2,970円。大盛りオプション利用で月額4,950円で100GBの大容量もおまかせ。海外でも20GBまで利用可能。

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEのデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が契約から7か月目まで無料!

UQモバイルにおすすめの光回線

UQモバイルを契約している方なら、基本料金ができるだけ安い光回線プランを契約するとお得です。例えば、とくとくBB光なら、マンションで3,000円台、戸建てで4,000円台という業界最安値級の料金で光回線を利用できます。希望する方は、10ギガも契約可能です。

【迷ったら1ギガ】とくとくBB光 1ギガ 月額料金(税込) 本サイト限定!通常より約12%オフ
ファミリー(戸建て)5,390円 4,818円 約12%オフ
マンション4,290円 3,773円 約12%オフ
事務手数料3,300円

【速さにこだわるなら】とくとくBB光 10ギガ 月額料金
ファミリー(戸建て)5,940円(税込)
マンション5,940円(税込)
ルーターレンタル料390円(税込)
  • とくとくBB光のメリット
  • 提供エリアは全国
  • 業界最安級の料金
  • 他社の違約金還元キャンペーン実施中
  • 現金キャッシュバックキャンペーンあり
  • おうちでWiFiを飛ばせるWiFiルーターが無料レンタル
  • いつ解約しても違約金なし
  • オプションで光電話や光テレビを申し込める

【3月1日AM9:59まで!】最大124,000円キャッシュバック!✨縛りなし・月額料金が安い・シンプルな料金体系。Wi-Fiルーターレンタルも無料。

更新日