本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

【PR】

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

🥇全てにおいて最安級!楽天モバイル

楽天モバイル三木谷キャンペーン

🥇全てにおいて最安級!
楽天モバイル

楽天モバイル三木谷キャンペーン

徹底比較:楽天モバイル vs UQモバイル - おすすめはどちら?

更新日
徹底比較:楽天モバイル vs UQモバイル-おすすめはどちら?

乗り換えるなら、楽天モバイルかUQモバイル?どっちがお得か徹底比較

知名度が高く、乗り換え先としても人気の楽天モバイルUQモバイル。名前は知っているけど細かいサービスは分からない、という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、楽天モバイルとUQモバイルを以下の7項目で徹底比較し、どんな人にどっちがおすすめなのかに迫ります。

  1. 料金プラン・割引
  2. 通信品質・通信速度
  3. 通話品質・通話料金
  4. 独自サービス
  5. サポート・端末保証
  6. スマホ端末
  7. キャンペーン特典

楽天モバイル vs UQモバイル結論:どっちがおすすめ?概要まとめ

楽天モバイルは、2020年からドコモ・au・ソフトバンクと肩を並べる第4のキャリアとなりました。KDDI回線をパートナー回線として使用しつつも、自社の回線をメインに事業を展開しています。

一方UQモバイルはauのサブブランドです。キャリア並みの通信速度やサービスは保ちつつも、低価格を実現しています。

どちらも乗り換え(MNP)先として常にトップを誇っており、乗り換え特典も多数用意しています。ただ、どちらも提供するサービスや特徴は異なります。「お得に乗り換えるにはどちらが良いのか」は、格安SIM選びのどこに焦点を置くかで変わってくるので、この記事で詳しく紹介していきます。

まず結論からざっくりいうと、とにかくコスパ重視なら楽天モバイル、品質重視ならUQモバイルがおすすめです。楽天モバイルとUQモバイルがおすすめの人は以下のように分かれます。

https://selectra.jp/admin

楽天モバイルがおすすめの人UQモバイルがおすすめの人
  • 楽天モバイル自社回線に繋がる都市部に住んでいる
  • 通話が多く通話料を節約したい
  • 単身でも安いプランを探している
  • 最新iPhoneをお得に購入したい
  • 楽天市場など楽天経済圏を利用する
  • 通信・通話品質を重視する
  • UQモバイルの自宅セット割に該当する
  • 安い20GBプランを探している
  • 型落ちでもいいのでお得にiPhone・スマホを購入したい
  • au PAYを使っている
公式サイト公式サイト

これから7項目別に楽天モバイルとUQモバイルを比較していきます。最初に概要をまとめると次のようになります。

メリット・デメリット比較
楽天モバイル(最強プラン)UQモバイル(ミニミニ/トクトク/コミコミプラン)
料金プラン・割引
  • 【最強プラン】自社・パートナー回線ともにデータ無制限
  • Rakuten Link使用で国内通話が無料
  • eSIM対応
  • 基本料金は高めだが、自宅セット割でお得
  • 【新プラン】家族セット割あり
  • 【新プラン】割引なしでも安いコミコミプラン登場
  • eSIM対応
通信品質・通信速度
  • 5G対応
  • ダウンロード速度:平均53.58Mbps
  • アップロード速度:平均29.09Mbps
  • パートナー回線(au)も使える
  • 楽天回線は場所によって電波が弱い
  • 5G対応
  • ダウンロード速度:平均75.5Mbps
  • アップロード速度:平均12.53Mbps
  • 安定のau回線
通話料金・通話機能・通話品質
  • Rakuten Linkで無料かけ放題
  • 15分以内の通話かけ放題オプションあり
  • 通信状況によっては通話品質が落ちる
  • 60分通話パック・10分かけ放題・かけ放題オプション
  • 60歳以上はかけ放題が1,100円割引
  • 通話はauだから高品質
独自サービス
  • 段階性料金プランで無駄なくお得、使いすぎても安心
  • Rakuten Link使用で無料かけ放題
  • 余ったデータ量を翌月にくりこせる
  • 節約モードならデータ消費ゼロ
  • 増量オプションIIでデータの増量が可能
サポート
  • 店舗手続きあり
  • 遠隔サポートオプションあり
  • 端末保証は故障/破損/盗難/紛失に対応
  • 店舗手続き・修理受付あり
  • 遠隔サポートオプションあり
  • 端末保証は故障/破損/盗難/紛失に対応
スマホ端末
  • 最新iPhone
  • Android廉価モデル~ハイエンドモデル
  • 端末セット購入でポイント還元/割引あり
  • iPhoneは旧モデル、au認定中古品の取り扱いあり
  • Androidスマホ廉価モデル~ミドルスペックモデル
  • 端末セット購入で割引あり
  • 最新モデルは購入できない
キャンペーン特典
  • SIMのみ契約で3,000円相当の楽天ポイント還元
  • 楽天SPUで楽天ポイントが貯まる
  • SIMのみ契約でau PAY残高にキャッシュバックキャンペーン
  • Pontaポイントが貯まる

以下ではこの内容を一つ一つ見ていきます。

楽天モバイル vs UQモバイル比較①料金プラン・割引

楽天モバイルは3GB/20GB/無制限の段階性料金プランです。使用したデータ量に応じて自動で料金が決まります。
一方でUQモバイルは、4GB/15GB/20GBの3つのプランから1つを選ぶ形になります。データ容量を超過すると速度制限がかかりますが、追加でデータをチャージすることもできます。

これだけ見ても特徴の違いは明らかですよね。使った分で料金が決まる楽天モバイルと、一定容量で一定金額のUQモバイル。どちらが自分のスタイルに合っているか考えてみましょう。

楽天モバイル:どれだけ使っても最大3,278円

Rakuten最強プランの料金表
月額料金
(税込)
~3GB ~20GB 20GB~
1,078円 2,178円 3,278円
通信規格 4G・5G
通信容量 楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:無制限
国内通話 Rakuten Linkのアプリを利用すればかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
データタイプ 音声通話機能なしのデータ通信専用SIM/eSIMプラン(価格は最強プランと同じ)
申し込みには楽天カード必須
※Rakuten Link、キャリアメールの利用は不可
公式サイト

【2024年7月】最新キャンペーン情報! お得な楽天モバイルのキャンペーンを見る

se
「Rakuten最強プラン」の料金表
月額料金(税込)
~3GB ~20GB 20GB~
1,078円 2,178円 3,278円
通信規格
4G・5G
通信容量
楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:無制限
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話
アプリRakuten Link使用でかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
データタイプ
音声通話機能なしのデータ通信専用SIM/eSIMプラン(価格は最強プランと同じ)
申し込みには楽天カード必須
※Rakuten Link、キャリアメールの利用は不可
公式サイト

【2024年7月】最新キャンペーン情報! お得な楽天モバイルのキャンペーンを見る

1GB未満は0円運用が可能だった楽天モバイルですが、2022年7月に0円が廃止され、現在は3GB以下で1,078円に統一されました。
3GBで1,078円なら、もう少し安い格安SIMがある…と思うかもしれませんが、楽天モバイルは基本料金に国内通話無料が含まれるところが注目ポイントです。
専用の通話アプリ「Rakuten Link」の使用が必要になりますが、かけ放題込で3GB 1,078円は格安SIMの中でも最安です。

また、2023年6月1日より「Rakuten 最強プラン」が開始し、今まで月間5GBに限られていたパートナー回線での高速通信も無制限となりました。これで、真の格安無制限プランが誕生したことになります。

最強プランでどれだけ繋がりやすさに改善が見られているかは、プランが開始して間もないのでもう少し様子見が必要です。しかし、すでに楽天回線が整備されていた都市部や地方都市であれば、楽天モバイルに乗り換えでスマホ代の大幅節約が可能です。

\MNPで最大1.4万円相当還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

UQモバイル:データ容量は4GB/15GB/20GBの3つ

UQモバイルも、2023年6月1日から新プランの提供を開始しました。
従来の「くりこしプラン+5G」に比べると4GB/15GBプランの割引形態がやや複雑になりましたが、逆に割引なしで最初から安い20GBプランが登場したことは注目です。

UQモバイルプラン

【2024年7月】最新キャンペーン情報! お得なUQモバイルのキャンペーンを見る

「ミニミニ/トクトクプラン」は自宅セット割か家族セット割で安くなる

3つのプランの内、まずは小~中容量帯の「ミニミニプラン」と「トクトクプラン」を見てみましょう。

どちらも基本料金を見ると、ドコモ・au・ソフトバンクよりは安いけれども、楽天モバイルよりは割高という印象を持ちます。

これらのプランは、「自宅セット割」または「家族セット割」というUQモバイルの割引を利用することで大幅に値下げが可能です。

  • 自宅セット割:対象のインターネットサービスまたは電力会社に契約する本人と家族に毎月1,100円割引
  • 家族セット割:2人以上の家族で申し込むと、1回線目から毎月550円割引

自宅セット割の方が割引額が多く、対象のサービスとセット契約すれば1人でも安くなるのが特徴です。
とはいえインターネットや電力会社を乗り換えるのは大変なので、割引額は半分でも適用が簡単な家族割が始まったことは新プランの良いところです。

それぞれの割引に、さらに「auカードお支払割(-187円)を適用させると以下の価格になります。

UQモバイル「ミニミニプラン」「トクトクプラン」+自宅セット割
 ミニミニプラントクトクプラン
基本データ容量4GB15GB
月額料金2,365円3,465円
※1GB未満は2,277円
自宅セット割+auカードお支払割適用1,078円2,178円
※1GB未満は990円
UQモバイル「ミニミニプラン」「トクトクプラン」+家族セット割
 ミニミニプラントクトクプラン
基本データ容量4GB15GB
月額料金2,365円3,465円
※1GB未満は2,277円
家族セット割+auカードお支払割適用1,628円2,728円
※1GB未満は1,540円

自宅セット割について詳細は、関連記事「UQモバイル自宅セット割の申し込み方法を徹底解説 - でんきやインターネットを組み合わせてお得」で解説しています。

シンプルに安い「コミコミプラン」という選択肢が登場

自宅セット割も、家族セット割も難しい、という方には「コミコミプラン」(20GB)がおすすめです。

「ミニミニプラン」「トクトクプラン」との大きな違いは、自宅セット割も家族セット割も対象外で、そのかわりに初めから安いところです。
月額3,278円で20GBと10分以内かけ放題が込みという、ahamoやLINEMOにしっかり対抗したプランとなっています。

20GBあればスマホで動画視聴やゲームを楽しめるデータ容量です。オンライン会議の機会も増えた今、若者層だけでなくビジネスパーソンにも注目のプランと言えます。

UQモバイルはいざというときは店舗サポートを頼れる強みがあるので、今までオンライン専用プランに踏み切れなかった方は検討の価値が十分にあります。

楽天モバイル vs UQモバイル:料金面では楽天モバイルがお得

楽天モバイルとUQモバイル、それぞれの価格を比較すると、やはり月額3,278円でデータ無制限の楽天モバイルに軍配が上がります。

しかしUQモバイルのプランも、割引が適用できれば楽天モバイルとの差額がぐっと縮まります。そのため、価格だけで判断するのはまだ早い段階です。

次の章以降で解説する、通信速度やその他のサービスも含めて総合的に判断して選んでいきましょう。

楽天モバイル vs UQモバイル比較②通信品質・通信速度

通信品質と通信速度を重視するなら、楽天モバイルよりUQモバイルのほうがおすすめです。

 楽天モバイルUQモバイル
通信品質★★★☆☆(場所による)★★★★★(au品質)
通信速度★★★☆☆(下り平均53.58bps)★★★★☆(下り平均75.5Mbps)

通信品質の比較:安定性はau回線が優れている

通信品質(電波の強さ・繋がりやすさ)で比較すると、auのサブブランドとしてau回線を優先的に使用できるUQモバイルのほうが上になります。

UQモバイルのau回線の強さは、やはり地方や田舎などで優位性を見せます。プラチナバンドもあるので、地下や屋内での繋がりやすさも問題ありません。

一方で、楽天モバイルでも自社回線を急速に拡大しています。今の最強プランが発表される前の2022年末で、人口カバー率98%を達成していました。KDDIとの新しいローミング協定により人口カバー率は99.9%に達しましたが、完全にKDDIと同じ条件でパートナ―回線を使えるわけではないので慎重に見た方が安全です。
すでに楽天回線の整備が進んでいた都市部や地方都市であれば、最強プラン開始前から繋がりやすさの改善が進んでいます。

心配な方には、楽天モバイルのポケット型WiFi端末「Rakuten WiFi Pocket 2C」が1円で手に入るキャンペーンを利用して、お住まいの地域が楽天モバイルに繋がるか確認することもおすすめです。

\MNPで最大1.4万円相当還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

通信速度の比較:UQモバイルの方が早いが、楽天モバイルの速度は悪くない

下記の表は、沢山のユーザーから寄せられた楽天モバイルとUQモバイルの速度レポートを元に割り出された平均速度の比較です。参照:みんなのネット回線速度(2023年6月)

平均速度比較(Mbps)
 楽天モバイル
(楽天回線)
UQモバイル
ダウンロード速度(下り)53.5875.5
アップロード速度(上り)29.0912.53
平均速度比較 - 時間帯別(Mbps)
 ダウンロード速度(下り)アップロード速度(上り)
楽天モバイルUQモバイル楽天モバイルUQモバイル
朝(5時-9時)51.0966.0130.412.17
昼(12時-13時)51.4562.3329.479.9
夕方(16時-19時)56.1563.6929.6111.97
夜(20時-23時)44.2665.3127.3212.42
深夜(0時-5時)51.9394.926.0911.46

平均速度を比較すると楽天モバイルが下り53.58Mbps(楽天回線)、UQモバイルは下り75.5Mbpsとなっています。UQモバイル、さすがのau回線ですね。通信スピードを重視する人はUQモバイルをおすすめします。

とはいえ楽天モバイル(楽天回線)の平均速度も、スマホのデータ通信としては十分なスピードが出ています。生活圏が楽天モバイルの自社回線エリア内、かつ普通にスマホを使うだけの人であれば、楽天モバイルでも十分快適といえるでしょう。

快適な通信速度の目安 下り(ダウンロード)20Mbps出ていれば、高画質動画のストリーミング再生や大容量ファイルのダウンロードなども快適に行えます。いっぽう上り(アップロード)は5Mbpsもあればスマホの通信としては十分です。

楽天モバイルの通信速度は実際どう?東京都内で実測

au回線で分かり易いUQモバイルに対して、いまいち分かりづらいのが楽天モバイルの通信環境です。

そこで、実際に都内でセレクトラが計測してみた際のデータをご紹介します。

まず、結論からいうと、楽天モバイルの通信速度はスマホを快適に使うには十分な速度でした。

下記の表の一部にある通り、数値が低めのエリアでも問題なくデータ通信を使うことができ、基本的にYouTubeの動画視聴は問題なく行えました

また、楽天モバイルの自社回線エリア外で速度制限をされた後でも、全く利用できないということにはなりませんでした。これなら安心して使えますね。

【都内での通信速度測定】(時間帯は12:00~14:00)
測定場所楽天モバイル(下り/上り)
渋谷駅 東急東横線(B5F)57.5Mbps/8.82Mbps
渋谷 外15.3Mbps/9.2Mbps
六本木駅 大江戸線(B7F)6.44Mbps/11.7Mbps
六本木駅 日比谷線(B2F)13.2Mbps/9.19Mbps
銀座 三越(5F)12.1Mbps / 6.24Mbps
銀座 三越(B3F)13.9Mbps / 7.20Mbps
日比谷駅 地下鉄電車内13.2Mbps / 9,23Mbps
中目黒 外21.2Mbps / 37.6Mbps
二子玉川 高島屋(5F)30.2Mbps / 12.1Mbps
二子玉川 高島屋(B2F)8.6Mbps / 6.4Mbps

楽天モバイルの通信速度については、こちらの記事も参考にしてみてください。

楽天モバイル vs UQモバイル:通信品質ではUQモバイルの方が安定感あり

通信品質・通信速度では、au回線を自社回線として使うUQモバイルの方が、全国で繋がる実績があり、数値で出る通信速度も早いという結果です。

楽天回線が繋がるエリアでは、楽天モバイルも問題なく繋がることが数値にも現れているので、特に都市部に住んでいる方は余り心配しなくてもいいかもしれません。

楽天モバイル vs UQモバイル比較③通話品質・通話料金

通話品質はUQモバイルのほうが断然良いですが、通話料金は楽天モバイルの方がお得になります。通話も品質のUQモバイルと安さの楽天モバイルというわけですね。

 楽天モバイルUQモバイル
通話品質★★☆☆☆(電波によって落ちる)★★★★★(とても良い)
通話料金のお得度★★★★★(アプリ使用で0円)★★★★☆(かけ放題オプションがお得)

通話品質はUQモバイルのほうが良い

音声通話の品質は、au回線のUQモバイルのほうが高品質です。楽天モバイルの自社回線は通話の安定度ではUQモバイルに及びません。

特に田舎や山間部などでは、楽天モバイルの辞意者回線が圏外になり繋がらない可能性が高くなります。その場合パートナー回線(KDDI)につながるとはいえ、借り物の回線なので通話品質は落ちてしまいます。新しいローミング協定で貸し出されているのは800MHz帯のみなので、混雑時はどうしても通信品質が落ちるのが現状です。

では、楽天モバイルの通話品質は「悪い」のでしょうか?

結論からいうと、通話品質が「とても良い」とは言い切れませんが、通話品質の良しあしは主観的な判断になるなので、正しいとも正しくないとも言えないのが実情です。

ちなみに、セレクトラ編集部の感想をいうと、普段から通話品質は重視しないので、Rakuten Linkの通話品質であれば全く気にならず、むしろ通常アプリとの違いもあまりわからない程度でした。楽天モバイルのRakuten Linkによる通話は、通常通話アプリでの通話品質よりは劣りますが、LINEでの通話よりは通話品質が良いという印象です。

重要なビジネス用の通話か、家族や友人との気軽な通話用か、主な通話の用途も考えながら検討してはいかがでしょうか。

「楽天モバイルでも通話は可能だけど、UQモバイルよりは品質が劣る」ということがユーザー口コミでもそのことが分かります。

さよなら楽天モバイル。
こんにちはUQモバイル😍
もーびっくりした!
UQにしたら商店街でもネット繋がるし、お店入ってもネット繋がってるの!
電話も途切れないの!!
ありがとうUQモバイル❤❤

— あめ (@ameamehareee) October 16, 2021

楽天モバイルは、パートナー回線が無いとちょっとした山でも安定の圏外ばかりだねw

つか、auスマホがエリアになっていても圏外になるところも多いから山岳は厳しいところ多いね!

— なるトマ (@vx21jp) October 14, 2021

通話料金は楽天モバイルのほうがお得

通話料金で比べると、Rakuten Link使用で国内通話が無料になる楽天モバイルのほうが断然お得になります。

標準通話アプリでの通話オプションもあり、15分以内の通話かけ放題が月額1,100円です。

\MNPで最大1.4万円相当還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

一方、UQモバイルはそのままだと1分あたり44円と安くありませんが、通話オプションを付けることでお得な定額で通話を利用できます。
60歳以上は24時間かけ放題が大幅割引の880円で利用できることも見逃せません。

UQモバイルの通話オプション(国内通話)
 ミニミニ
トクトク
コミコミ
通話放題(24時間かけ放題)
電話きほんパック*が無料
1,980円
60歳以上880円
1,100円
通話放題ライト(1回10分以内のかけ放題)
電話きほんパック*が無料
880円無料
通話パック(60分/月)660円なし
詳細UQモバイルのサイトを見る

*電話きほんパック(月額440円):留守番電話・割込み電話・三者通話・迷惑電話撃退のセット、要申し込み

楽天モバイル vs UQモバイル 通話料金の比較(税込)
 楽天モバイル(最強プラン)UQモバイル(ミニミニ/トクトク/コミコミプラン)
通話料金
  • 標準通話アプリ:22円/30秒
  • Rakuten Linkアプリ:無料
22円/30秒
オプション
  • 15分かけ放題(OS標準の電話アプリ):1,100円/月
  • 国際通話かけ放題:980円/月
  • 通話パック(60分/月):550円/月
  • 話放題ライト:(10分かけ放題)880円/月
  • 通話放題(24時間かけ放題):1,980円/月**
国内SMS料金送信3.3円/70文字・受信無料(Rakuten Linkアプリ利用すれば無料*)送信3.3円/70文字・受信無料

*iOSの場合はRakuten LinkアプリでSMS送受信できません。
**60歳以上は880円/月になります。

俺はUQから楽天モバイルにした。
通話無料がでかい

— よく喋る❥︎・• (@futoppara_rich) October 12, 2021

【楽天モバイル楽天リンク通話品質】
小学校の固定電話にかけたが全く問題なし
ありがとう……
国内通話無料……
OPPO A73 端末代ポイント還元実質タダ……

— 石林グミ🍼🎃👻 (@__stein) October 11, 2021

楽天モバイル vs UQモバイル:通話品質ならUQモバイル、料金なら楽天モバイル

通話の場合、Rakuten Linkアプリで国内通話が無料になる楽天モバイルが圧倒的に安いので、料金面では楽天モバイルの圧勝です。
ただし間違って標準通話アプリを使うと22円/30秒の通話料がかかるため、使用する通話アプリは注意が必要です。

ただし、UQモバイルにもお得な定額オプションがあるため、通話アプリを気にするのが面倒な方、通話に高品質を求める方は、UQモバイルでも通話料を抑えることが可能です。

楽天モバイル vs UQモバイル比較④独自サービス

楽天モバイルは専用アプリで通話が無用になるのに対して、UQモバイルには余ったデータの翌月くりこしと一部のプランには節約モードがあります。

それぞれ独自のサービスを展開しているので、どちらが自分に合っているかよく検討してみてくださいね。

 楽天モバイル(最強プラン)UQモバイル(ミニミニ/トクトク/コミコミプラン)
サービスの魅力度★★★★★(Rakuten Linkが超お得)★★★★★(データくりこし・節約モード)

楽天モバイル:無料通話アプリ「Rakuten Link」

前の章でも出てきたRakuten Link(楽天リンク)ですが、楽天モバイル契約者の専用アプリです。RCS(リッチコミュニケーションサービス)という国際標準規格に準じており、国内・国外への音声通話やSMS、写真や動画などのファイルを送受信することができます。

Rakuten LinkはLINEなどのアプリとは違い電話番号でやり取りします。そのため、通常の音声通話のように使うことができるんです。楽天モバイルユーザー同士はもちろん、他社スマホや固定電話にもかけられ、相手にも通常の電話番号が表示されます。

Rakuten Linkのすごい所は、音声通話に加えてメッセージやファイル送受信をどれだけ利用してもギガを消費しないことです。そのため、毎月のデータ使用量に通話分を考える必要がありません。ここはLINEアプリとの違いですね。

ただし、電話回線ではなくパケット通信になるのでインターネット接続は必須。音質も通常の音声通話より落ちます。

Rakuten Linkのメリット・デメリット  音声通話が無料でかけ放題
 音声通話やメッセージ・ファイル送受信はギガを消費しない
 Wi-Fi接続時でも利用できる
 インターネットの電波が弱いと通話品質が落ちる
 デフォルトの電話アプリとして設定は不可

会社への急ぎの連絡で、Rakuten Linkから発信。顧客じゃなくて同僚との会話だから、内容が聴き取れればいい。音質は気にしないので気軽にかけ放題〜。ahamoの5分かけ放題だと5分以上で料金発生するから。Rakuten Link最高ですよ。

— jj (@suggestions2014) October 13, 2021

\MNPで最大1.4万円相当還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

UQモバイル:データくりこしと節約モードで賢くやりくりできる

UQモバイルは、新プランの「ミニミニ/トクトク/コミコミプラン」でも余ったデータを翌月にくりこすことができます。

さらに、「ミニミニプラン」の場合は自分で高速通信と低速通信(節約モード)の切り替えができます。節約モード(低速通信)をONにすると、インターネットをどれだけ使ってもデータ消費がゼロに。「気づいたら使い過ぎてしまった…」なんてことはよくあるので、UQモバイルで節約モードを使いこなせば賢くやりくりできますね。
なお、「ミニミニプラン」の節約モード時の最大通信速度は300kbpsです。

「トクトクプラン」と「コミコミプラン」は節約モードが使えないものの、月間データ容量を超えた後も最大1Mbpsの速度で引き続きデータ通信が可能です。
プラン内の容量を使い切っても、スマホを全く使えなくなるということにはならないので安心ですね。

※300kbps・1Mbpsってどれくらいの速さ? 300kbpsはツイッターやFacebook、LINEトークなどのSNSに加えてテキストベースのWebページ閲覧を難なくこなせるスピードです。
1Mbpsは音楽ストリーミングやYouTubeなど動画の再生も問題なくできるスピードです。

また、UQモバイルは「増量オプションII」を契約することで、月額550円でデータを増量できます。
プランで決められたデータ容量は微妙に足りない…という時も、お得にデータを増やせます。今なら7か月無料キャンペーン中です。

増量オプションⅡの概要
 ミニミニプラントクトクプランコミコミプラン
基本データ容量4GB15GB20GB
増量オプション適用時6GB /月(+2GB)20GB /月(+5GB)30GB /月(+5GB)
基本月額料金2,365円3,465円3,278円
増量オプションⅡ月額料金550円 →無料キャンペーン適用で最大7か月無料
基本月額料金+増量オプションⅡ(8か月目以降)2,915円4,015円3,828円

先週の土曜日に楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えた。節約モードでも遅いがツイッターやYouTube見れる。今のところYouTubeは始まり出しても止まったりしない。節約モードだとデータ消費ゼロだからいい。余ったデータも繰り越せるし良い。プランはMです。

— ター (@taiki118) October 4, 2021

楽天モバイル vs UQモバイル:独自サービスはどちらも魅力的

楽天モバイルはRakuten Linkの無料通話、UQモバイルはデータくりこしと節約モード、どちらも全く違う充実のサービスを提供しています。

サービス面ではそれぞれの魅力があるので、自分の使い方に合った方を選びましょう。

楽天モバイル vs UQモバイル比較⑤サポート・端末保証

楽天モバイルもUQモバイルもアフターサポートや端末保証はバッチリ。ただ店舗サポートにおいては、UQスポットに加えてauショップでも手続きできるUQモバイルのほうが充実しています。

 楽天モバイルUQモバイル
サポート★★★★☆(楽天モバイルショップ・電話)★★★★★(UQスポット/auショップ・電話)
端末保証★★★★★(盗難紛失にも対応)★★★★★(盗難紛失にも対応)
サポート比較(税込)
 楽天モバイル(最強プラン)UQモバイル(ミニミニ/トクトク/コミコミプラン)
店舗サポート新規/乗り換え/プラン変更/機種変更/SIMカード交換・再発行
※Web申し込みした場合はサポート対象外
新規/乗り換え/契約情報変更/機種変更/修理受付
電話サポートありあり
端末保証・故障紛失保証 with AppleCare Services(715円~1,309円/月)
・持ち込みスマホあんしん保証(715円~1,309円/月)
・スマホ交換保証プラス(715円/月)
・安心サポートパック(Android)1,012円/月
・安心サポートパック(iPhone)1,099円/月
・故障紛失サポート(Android/au Certified)418円/月~
・故障紛失サポートwith AppleCare Services(iPhone)868円/月~

*使い方サポートのみ申し込んだ場合の金額です。安心サポートパックには使い方サポートが含まれているためお得になります。

店舗サポートの比較

楽天モバイルショップは全国に670店舗以上展開しており、新規契約や乗り換え(MNP)、機種変更などを受け付けています。

いっぽうUQモバイルは、専門ショップ(UQスポット)だけでなくauショップ、au Style合わせて全国2,300店舗以上で手続きできます。新規契約や乗り換え(MNP)、機種変更に加えて修理受付*もしています。オンラインで契約した場合でも、ショップでサポートを受けられるもUQモバイルの特徴です。

*auショップではUQモバイルの修理受付はしていません。

楽天モバイルのショップ行って窓口空くの待って店内ぷらぷら
めっちゃ時間かけた挙げ句、とりあえず聞くだけ聞いてみたらやりたいことできなさそうで死亡
もう楽天の印象だいぶ悪い

— ささじい (@SasajiG) October 16, 2021

【au→UQモバイル】
ネットからじゃないとできないと思い込んでいました。
auショップで対面対応
機種変更なしでSIMカード交換のみ。
意外とスムーズでした。
かなり節約できそうです。半額以下かも。
( ◠‿◠ )
※移行月のみ料金が重複します。

— 奈良 Ganta 徳彦 (@ganta0422) October 16, 2021

電話サポートの比較

オンライン専用プラン(ahamo/povo/LINEMO)とは違って、楽天モバイルにもUQモバイルにも電話サポートがあるので問い合わせたい時でも安心です。

問い合わせ先
UQ mobileお客さまセンター0120-959-001(年中無休10時~20時)
楽天モバイルコミュニケーションセンター050-5434-4653(年中無休9時~17時)

楽天モバイルからUQモバイルに乗り換えようと思ったけど旧プランのままでウェブから手続きする方法が分からなくて楽天モバイルのショップの人に電話番号教えて貰ってサポートに電話してMNP予約番号発行してもらったんだけど、どっちのスタッフさんもめちゃくちゃ感じ良くてお別れ寂しくなっちゃった…

— 影尾@5次元シティへ行こう! (@kagekagegirly) October 8, 2021

端末保証の比較

楽天モバイルとUQモバイルはどちらも、スマホ端末保証サポートの対応範囲が広く充実しています。

楽天モバイルの端末保証

故障紛失保証 with AppleCare Services(月額715円~1,309円)
iPhone端末の故障/破損/盗難/紛失に対する保証をAppleから直接受けられます。

自然故障やバッテリー消耗は無償対応で、過失や事故による損傷や盗難紛失時には自己負担金を支払うことで対応(修理・交換)してもらえます。最新iPhoneを購入した場合は特に、加入しておいたほうが間違いなく安心ですよ。

ちなみに、楽天モバイル以外で購入したiPhoneは対象外になります。

持ち込みスマホあんしん保証(月額715円~1,309円)
手持ちのスマホで楽天モバイルを使う場合、この保証に入っておくとスマホの破損/全損/水没時に新品同等の同一機種と交換してもらえます。

スマホ交換保証プラス(715円/月)
楽天モバイルで購入したAndroidスマホやモバイルルーターの故障・盗難・紛失時に、新品同様の同一機種と交換してもらえる保証です。交換費用は一律6,600円となります。

\MNPで最大1.4万円相当還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

UQモバイルの端末保証

故障紛失サポートwith AppleCare Services(iPhone)868円/月~
iPhone端末の故障/破損/盗難/紛失に対する保証をAppleから直接受けられます。楽天モバイルの保証と同等のサービスになります。

故障紛失サポート(Android/au Certified)418円/月~
UQモバイルで購入したAndroidスマホの故障/破損/盗難/紛失時に、新品同様の同一機種と交換してもらえる保証です。地域によっては3時間以内または当日中に交換機を届けてもらえます。

交換時の自己負担金
1回目5,500円(代用機なし+WEB割引適用時4,400円)
2回目8,800円(代用機なし+WEB割引適用時7,700円)

安心サポートパック(Android)1,012円/月
故障紛失サポート(Android/au Certified)に「使い方サポート」がセットになったお得なオプションです。

安心サポートパック(iPhone)1,099円/月
故障紛失サポートwith AppleCare Services(iPhone)に「使い方サポート」がセットになったオプションです。

使い方サポートとは? UQモバイルでは、スマホ・タブレット・パソコンや周辺機器などの基本操作や設定方法などを、専用オペレーターが電話または遠隔操作で丁寧にサポートしてくれるサービスを提供しています。電子機器の扱いに慣れていない人でも、電話で気軽に教えてもらえるので安心ですよ。

楽天モバイル vs UQモバイル:サポートはどちらも充実、店舗数ではUQモバイル

サポート面では、楽天モバイルもUQモバイルも、格安SIMでは珍しい店頭サポートと電話サポートを提供しています。

今はオンライン手続きがどんどん分かりやすく進化していますが、店頭での対面サポートが安心する方も多いと思います。
その場合は、店舗数が多いUQモバイルの方が便利かもしれません。ご自宅の近くの店舗を探してみてはいかがでしょうか。

楽天モバイル vs UQモバイル比較⑥スマホ端末

取扱いスマホ機種が豊富なのは楽天モバイルです。楽天モバイルでは、最新のiPhone 14シリーズをはじめ、人気のAndroid端末もエントリーモデルからハイスペック端末まで幅広く揃えています。さらに楽天ポイント還元でお得に購入することが可能です。

一方、UQモバイルではiPhoneもAndroidスマホも最新機種の購入はできません。型落ちのモデルで、Android端末はエントリーモデルからミドルスペックモデルに限られます。なお、乗り換えキャンペーンを使うと最大22,000円割引でお得に購入できます。

販売スマホ楽天モバイルUQモバイル
iPhone★★★★★(最新iPhone13あり)★★★☆☆(型落ちまたは中古)
Android★★★★☆(廉価モデル~ハイエンドモデル)★★☆☆☆(廉価モデル~ミドルエンドモデル)

楽天モバイル取扱いスマホ端末一覧(2023年6月時点)
Rakuten オリジナル
  • Rakuten Hand 5G
  • Rakuten Hand
iPhone
  • iPhone 14/Plus/Pro/Pro Max
  • iPhone 13/mini
  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 14/Plus/Pro/Pro Max
  • iPhone 13/mini
  • iPhone SE(第3世代)
Android
  • Xperia 10 V
  • Galaxy S23
  • Galaxy A23 5G
  • Xperia 5 IV
  • Galaxy Z Flips4
  • Xperia 10 IV
  • OPPO Reno7 A
  • Redmi Note 11 Pro 5G
  • OPPO A55s 5G
  • AQUOS wish3
  • AQUOS sense7
  • AQUOS sense6s
  • Xperia 10 V
  • Galaxy S23
  • Galaxy A23 5G
  • Xperia 5 IV
  • Galaxy Z Flips4
  • Xperia 10 IV
  • OPPO Reno7 A
  • Redmi Note 11 Pro 5G
  • OPPO A55s 5G
  • AQUOS wish3
  • AQUOS sense7
  • AQUOS sense6s

UQモバイル取扱いスマホ端末一覧(2024年2月7日時点)
iPhone Android
  • iPhone 13
  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 13/13 Pro*
  • iPhone 12/12 Pro*
  • iPhone SE(第2世代)*
  • Google Pixel 7a
  • Xiaomi 13T XIG04
  • AQUOS sense8 SHG11
  • Redmi 12 5G XIG03
  • Galaxy S22 SCG13
  • Xperia 10 V SOG11
  • Galaxy A23 5G SCG18
  • BASIO active SHG09
  • arrows We FCG01
  • Redmi Note 10 JE XIG02

*au認定中古品

楽天モバイル:iPhone購入特典がお得

楽天モバイルは、そのお得なキャンペーンにも注目です。特に最新iPhoneも対象になる「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」はiPhoneをお得に購入したい方には必見です。

また、楽天モバイルでは「iPhoneアップグレードプログラム」という、2年後に端末を返却する代わりに自己負担額が定価の半額となる購入プログラムを実施中です。
2年ごとに新しいiPhoneに買い換えたい方にとっては、最安でiPhoneを手に入れる方法です。

会社の同僚と後輩に楽天モバイルのiPhoneアップグレードお薦めされた。今のiPhone8plusで不満無いけど欲しくなってきてしまった。

— ぶん (@bun169) October 20, 2021

他社から楽天モバイルへの乗り換えをする、もしくは新規で楽天モバイルを契約したいという方で、iPhone等の購入を検討している場合は、このキャンペーンは是非チェックしてください。楽天モバイルのキャンペーンをしっかり利用して、お得に乗り換えましょう。

\MNPで最大1.4万円相当還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

UQモバイル:MNP乗り換えで機種代金最大22,000円割引

UQモバイルでは、他社からのMNP乗り換えで機種代金が最大22,000円割引になるキャンペーンを実施しています。

「トクトクプラン」または「コミコミプラン」に申し込みと同時に「増量オプションII」に加入すると、対象機種が最大の22,000円割引になります。
「増量オプションII」は7か月無料キャンペーン中なので、無料期間中に解約すればオプション料金はかかりません。

iPhone SE(第3世代)や、Google Pixel 6a、au認定中古品iPhoneも割引対象なので、人気機種をお得に手に入れるチャンスです。

楽天モバイル vs UQモバイル:最新iPhoneを買いたいなら楽天モバイル、型落ちモデルを安く買いたいならUQモバイル

楽天モバイルとUQモバイルは取り扱い機種の特徴が異なります。
最新iPhoneやハイスペックのAndroid端末を購入したいなら楽天モバイルを選びましょう。特に楽天モバイルのiPhoneキャンペーンは注目です。

UQモバイルでは、主に旧モデルのiPhoneとAndroid端末を販売しています。オンラインショップならau認定中古品を購入できるので、安くて確かな中古iPhoneを狙っている方はチェックしてみてください。

楽天モバイル vs UQモバイル比較⑦キャンペーン特典

 楽天モバイル(最強プラン)UQモバイル(ミニミニ/トクトク/コミコミプラン)
ポイント特典★★★★★(端末キャンペーン、SPUで楽天ポイントが貯まる)★★★★★(端末・SIMのみキャンペーン、Pontaポイントが貯まる)

楽天モバイルもUQモバイルも、キャンペーンを利用することで乗り換えがかなりお得になります。

楽天モバイルの注目キャンペーン

楽天モバイルでは、端末比較で紹介した「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」の他にも、お得なキャンペーンを実施中です。

現在iPhone購入キャンペーンとともに注目したいのは、Rakuten Hand 5Gが1円で購入できるキャンペーンです。片手でも使いやすいコンパクトサイズと、コスパ最強の機能が魅力の人気端末が1円で変えるのは驚きですね。

また、楽天モバイルを使うことでポイントがさらにアップするSPU(スーパーポイントアッププログラム)もあります。楽天市場をはじめ、楽天経済圏をよく使う方ならポイントが貯まりやすくなり、節約に繋がります。

楽天モバイルで実施中のキャンペーンの詳細は、関連記事をご覧ください。

【2024年7月】最新キャンペーン情報! お得な楽天モバイルのキャンペーンを見る

7月にMNPした楽天モバイルの特典ポイント(20000ポイント)は楽天payで日々の食費と生活費に。ありがたや…

— 店長の犬 (@tenchodog) October 12, 2021

\MNPで最大1.4万円相当還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

UQモバイルの注目キャンペーン

UQモバイルでも、他社からのMNP乗り換えで機種代金が最大22,000円割引になるキャンペーン以外にも、お得なキャンペーンがあります。

UQモバイルに回線のみで申し込みをすると、他社からMNP乗り換えなら最大約1万~2万円相当のau PAY残高へのキャッシュバックをもらえます。
条件や金額は時期により変動するので、必ず公式サイトをチェックしましょう。

また、UQモバイルを使っていると、毎月5と8に付く日は対象加盟店でpontaポイント還元率がベースポイント還元0.5%と合わせ、最大3%還元となります。
UQモバイルユーザーはpontaポイントを効率的に貯められますね。

UQモバイルで実施中のキャンペーンの詳細は、関連記事をご覧ください。

【2024年7月】最新キャンペーン情報! お得なUQモバイルのキャンペーンを見る

UQモバイルを使っているからauペイを導入し、ローソンを使う頻度が高まっているからPontaカードを作り、この2つは連携しているのでちょうど良かった。

— さばとん (@dorasabato) August 19, 2021

楽天モバイル vs UQモバイル:自分が貯めたいポイントで乗り換え先を選ぶのも1つの方法

楽天モバイルもUQモバイルも、乗り換えキャンペーンでお得なポイント還元やキャッシュバックキャンペーンを実施していることが分かりました。

また、乗り換えの時に使うキャンペーン以外にも、日々スマホを使うだけで楽天モバイルでは楽天ポイントが貯まりやすくなり、UQモバイルではpontaポイントが貯まりやすくなります。

スマホ料金は毎月発生するものなので、それを利用して賢くポイントを貯めると日々の節約に繋がります。
自分がよく使うお店、よく使うポイントという視点で携帯会社を選ぶのも1つの方法です。

楽天モバイル・UQモバイル - どっちがおすすめまとめ

楽天モバイルとUQモバイルを徹底比較してきましたが、おすすめの人をおさらいしてみましょう。

楽天モバイルがおすすめの人UQモバイルがおすすめの人
  • 楽天モバイル自社回線に繋がる都市部に住んでいる
  • 通話が多く通話料を節約したい
  • 単身でも安いプランを探している
  • 最新iPhoneをお得に購入したい
  • 楽天市場など楽天経済圏を利用する
  • 通信・通話品質を重視する
  • UQモバイルの自宅セット割に該当する
  • 安い20GBプランを探している
  • 型落ちでもいいのでお得にiPhone・スマホを購入したい
  • au PAYを使っている
公式サイト公式サイト

楽天モバイルもUQモバイルも、人気の乗り換え先だけありサービスが充実しています。今まで7項目で比較しましたが、どの項目でもそれぞれにメリットを見つけられます。

総合的に見て、とにかく安さを重視するなら楽天モバイル少し高くても通信品質を重視するならUQモバイルという選び方になります。

他にも、購入したい端末や貯めたいポイントを基準に選ぶこともおすすめです。
単純に料金だけで選ぶと後悔することもあるので、自分の重視するポイントが何かを今一度考えてみて、納得のいく格安SIMを選びましょう。

おすすめSIM会社

iPhone購入とプラン契約で最大22,000円分ポイント還元繋がり易くなったRakuten最強プランではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、3GBまでならかけ放題で1,078円

通信品質トップクラス。新プランのコミコミプランでは、10分かけ放題付で20GB3,278円(税込)でオンライン専用プラン並みの低価格店舗サポートも魅力。

ドコモ品質で安心。20GBと5分かけ放題で月額2,970円。大盛りオプション利用で月額4,950円で100GBの大容量もおまかせ。海外でも20GBまで利用可能。

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEのデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が契約から7か月目まで無料!