海外SIMカードの使い方(ヨーロッパ編)・海外旅行で安くスマホを安く使う方法

ヨーロッパ旅行。使い慣れた自分のスマホで安くデータ通信をしたいですね。レストランを探す、方向音痴でもホテルへの帰り道をきちんとみつける、すぐにSNSでヨーロッパ旅行の様子を友達に知らせたい、そんな方のために海外SIMカードの使い方をご紹介します。

  • 公共のWi-Fiを使う、自分のキャリアで海外ローミングをするなど方法はありますが、ヨーロッパで現地のSIMカードを使うのが最も安くデータ通信をする方法です。
  • どのようにしてヨーロッパでSIMカードを購入して使用するのかご紹介します。
ヨーロッパ編・海外旅行・SIMカード

ヨーロッパ旅行・出張 - SIMカードを現地で買って使用する方法をご紹介します。データ通信代を気にせずスマホを楽しみませんか?

なぜSIMカードを使うべきか。その理由

ヨーロッパ編・海外旅行・SIMカード

ヨーロッパでは、現地でSIMカードを購入した方がスマホ代はお得です。

ヨーロッパを旅行中、ご自身が日本で使っているスマホをインターネット接続(データ通信)させておくための選択肢は決して多くありません。

Wi-Fiがどこでも使えるわけではない

旅行中なんとか公共のWi-Fiで乗り切ろうという考えもあります。確かに、ヨーロッパの一部の都市(例えばヘルシンキやフィレンツェなど)は公共のWi-Fiが発達していますが、日本のカフェやコンビニで自由にWi-Fiが使えることに慣れていると、ヨーロッパのWi-Fiでは頼りないといえます。

さらにヨーロッパでは、大都市以外にも有名観光地が地方にも多くありますね。そのようなエリアではなおWi-Fiがみつかる可能性は低くなるということを覚えておく必要があります。

日本で契約しているキャリアを海外で使うと高い

日本の大手キャリア(SoftBank、NTTドコモ、au)でも、もちろんも海外に出張や旅行に行くユーザーに対して海外向けのプランを提供しています。ずっと契約をしているキャリアの提供するサービスですから、確かに安心です。しかしながら、料金が高いというのが避けられらない問題です。

ヨーロッパのSIMカードとは?

ヨーロッパで安くデータ通信をするならば、現地のSIMカードを購入し使用するのが最も安いオプションです。2017年以降、EU圏内において各国の携帯サービス会社が違う国でユーザーが携帯を使用した場合に別途ローミング代(手数料)を取ることが禁止しているため、ヨーロッパ圏内であれば国をまたいで旅行したとしても、いったんSIMカードを購入すればどこの国でもその電話会社が提供する通話料でどこでも電話やSMSができるようになっています。

具体的に説明をします。とある携帯会社の提供するSIMカードをフランスで購入したとします。そのSIMカードを使ってフランス国内で電話をしてもスペインで電話をしてもその携帯会社の設定する1分あたりの料金は変わらないのです。

ヨーロッパでは特別な契約は一切なく、簡単にプリペイドのSIMカードを購入することができます。お使いのスマホがSIMフリーである必要がありますが、いったん購入したSIMカードをスマホにセットすれば後は簡単です。

ヨーロッパではSIMカードはタバコ屋や宝くじなどを売っているキオスク、雑貨屋、携帯会社の店舗、スーパーマーケットや、雑誌・新聞を売るスタンドなどで簡単に手に入れることがあります。

ヨーロッパの現地のSIMカード料金と日本のキャリアの料金を比較してみます。

日本のキャリアをヨーロッパで使う場合と現地のSIMカードの料金比較
プラン名 内容 料金
日本のキャリアの場合 SoftBank
海外パケットし放題
  1. 日本国外におけるS!メール(MMS)
  2. 国際S!メール(MMS)
  3. ウェブ等のパケット通信

25MBまで1980円/日
25MB以上2980円/日
通話料は別料金

Y!Mobile 
海外パケットし放題
  1. 日本国外におけるS!メール(MMS)
  2. 国際S!メール(MMS)
  3. ウェブ等のパケット通信

25MBまで1980円/日
25MB以上2980円/日
通話料は別料金

au
au世界サービス
  1. 日本で契約しているデータ容量から海外での使用分を使う
  2. 足りない分はチャージして使用する
  3. データチャージに加入していることが条件

980円/日
通話料は別料金

NTT ドコモ
海外パケ・ホーダイ
  1. 使用料:980円/1日
  2. 定額プランを日本で契約していることが条件

980円/日
通話料金は別料金

ヨーロッパの現地のSIM
の場合
Lebara (フランス)
プラン名:Forfait Tout En Un XL
  1. 30日間有効
  2. ヨーロッパ国内ならば電話がかけ放題
  3. ヨーロッパ国内ならばSMSし放題
  4. データ容量5GB
全部込みで19.9ユーロ
(約2650円)
Lycamobile(イギリス)
プラン名:UK Plan Mega
  1. 30日間有効
  2. イギリス国内ならば電話かけ放題
  3. イギリス国内ならばSMSし放題
  4. ヨーロッパ国内ならば100分まで電話かけ放題
  5. データ容量:4.75GB(イギリス)
  6. データ容量:4.75GB(イギリス以外のEU)
全部込みで
10ユーロ(約1500円)
<

料金と内容比較で分かったこと - まとめ

  • ヨーロッパのSIMカードならば、信頼の現地ネットワークに直接接続できる。
  • 1日ごとの料金ではなく、30日間有効、何ギガまでという料金設定。ギガ容量も日本より多めで安い。
  • 日本のキャリアだと、電話をかけたり受けたりする場合やSMSの送受信には別途の料金がかかる。
  • 現地ヨーロッパSIMカードならば、現地の電話番号もついてくるので、現地の人が電話をかける場合国際電話にならない。
  • ヨーロッパの現地SIMならば、すべて込みの値段(プリペイド)で追加料金がかからない。

ヨーロッパのSIMカードを使用する場合の注意点

電話番号もついていて、データ容量もギガ単位。料金は日本のキャリアの1日分より安くて長期的に利用できるヨーロッパの現地SIMカード。物価高いと思いがちのヨーロッパですがデータ通信は断然に安いのがあきらかです。

ただし、使用にあたっては注意すべき点もありますので、こちらで紹介をします。

SIMフリーのスマホが必要です。

日本でも格安SIMカードがだいぶ一般的になりました。SIMフリーのスマホを持っている人も珍しくなくなりました。そうです、現地でSIMカードを購入して使用するわけですから、スマホはSIMフリーでなければいけません。

もしキャリアから購入したSIMロックのかかっているスマホならば必要な手続きをとりSIMロックの解除してもらうということもできます。

キャリアから買ったばかりのスマホですと101日以上経過していないとSIMロック解除してもらえませんので、そのような場合は残念ながらキャリアのプランを使用するしかありません。

もしくは、これはあまり現実的ではありませんが、ヨーロッパではSIMフリーを買うということ可能です。1万円以下の安いSIMフリーのスマホも容易にみつかります。

どこでSIMカードを手に入れるか

ヨーロッパ編・海外旅行・SIMカード

ヨーロッパでは、たばこ屋や雑貨屋などで簡単にSIMカードは購入することができる。写真はフランスのタバ(Tabac)と呼ばれるたばこ屋の看板。

ヨーロッパのいくつかの国を回る場合でも、1か国訪問する場合でも、着いたその国で購入するのが便利です。空港で販売している国もありますし、いったん市内に入れば、キオスク、タバコ屋、スーパーマーケットなどで購入することができます。もちろん、キャリア(プロバイダー)経営の携帯ショップでも購入できます。

キオスク屋、たばこ屋や雑貨屋のようなお店であれば、複数社のSIMカードを販売しているので選ぶことも可能ですが、日本でキャリア(au、NTTドコモ、ソフトバンク)間で大きな差がないように、どこを選んでも大きな差はありません。

またヨーロッパのSIMカードはすべてプリペイドです。SIMカードを購入した時に払った金額以上チャージされることがありません。データを使い切った、有効期間が切れた、そんな場合はそのSIMカードが使えなくなるだけです。そのような場合はリチャージをします。

ヨーロッパのSIMカードを買うための5つの重要チェックポイント

  1. 有効期限を確認(だいたい最低30日間有効)
  2. データ容量をチェック(イギリスの場合、国内なら何ギガ、その他ヨーロッパなら何ギガという設定になっている。)
  3. 通話時間をチェック(その国では何分、その他ヨーロッパのその他の国では何分という設定になっていることもある。)
  4. リーチャージ可能かどうか。
  5. 自分のスマホにあったSIMカードのサイズかどうか。

自分でSIMカードをセットできるか心配と思うかもしれません。大丈夫です。お願いすればお店の人がセットをしてくれます。スマホの設定を現地語にしてあげると便利かもしれませんね。後は、お店の人のスマホから電話をかけてもらってちゃんと使えるか確認をしましょう。

スマホの電源を切った後にまた再度オンにする際にSIMカードの番号を求められますので、そのSIMコードの番号をメモするのをお忘れなく。

ヨーロッパの格安SIMカードの場合は電話番号もついてきますから、家族や友達に知らせるためにも番号も確認します。

念のため、残りのデータ通信分があるかを確認する方法もチェックしておけば完璧です。3-4桁ほどの数字をSMSで送信すると残りのデータをSMSでお知らせてしてくれるようなシステムが一般的です。

その国の保安の上の理由から、パスポートの番号をSIMカードへの登録が求められる国もあります。

SIMカードのリチャージ方法

万が一容量を使い切ってしまったらリチャージすることも可能です。

SIMカードを購入したようお店に行き、店員にチャージしたい分を伝え、店員に直接チャージしてもらい、その場でお金を支払うか、チャージに必要なコードがかかれたクーポンを購入して自分でチャージするという方法もあります。(その場合も店員さんにお願いすれば直接スマホを操作してチャージしてくれます。)

以下ヨーロッパでよく使用されているキャリア(プロバイダー)です。他にもたくさん存在します。

  1. Lebara
  2. Lycamobile
  3. Orange
  4. Three
  5. Virgin
  6. Vodafone
ヨーロッパ編・海外旅行・SIMカード

ヨーロッパではSIMカードを気軽に購入して使用するのが一般的です。海外旅行で安くデータ通信するなら断然現地のSIMカード。

ヨーロッパで安くデータ通信する方法 - まとめ

料金の比較表をみれば一目瞭然の通り、ヨーロッパを旅行・出張する場合は、現地のSIMカードを買った方が断然お得です。

確かに現地の人のコミュニケーションが免れませんが、いったんSIMカードを購入して、カードをセットしてもらえば、それ以上余計なお金はかかりませんので安心です。

思い切って挑戦してみるのも1つの楽しみではないでしょうか。

しかしながら、滞在が短く1秒でも観光に使いたい、という人にはキャリアの海外向けサービスを利用することで時間をより有効に使えることができるでしょう。