MNP、MNP予約番号とは? - 格安SIMの申し込みガイド

MNP、MNP予約番号とは? - 格安SIMの契約ガイド

MNP予約番号はどんな場合に必要になるのか確認しつつ、MNP予約番号の取得方法や注意点について解説します。

今使用している電話番号をそのまま引き継いて、スマホの契約を格安SIM(MVNO)に”お引越し”をする。そんな時に必ず必要になるのがMNP予約番号です。

  • MNP予約番号は現在契約しているキャリアが発行します。自分で手続きが必要です。
  • MNP予約番号には有効期限があります。申し込み手続きの際には、有効期限に注意する必要があります。

スマホの契約切り替えに登場する"MNP予約番号" - 基礎知識

格安SIMなど他社へのスマホ契約切り替えがが気になりだしたら、"MNP予約番号"という言葉を目にすることがあるでしょう。

ここではこのMNP予約番号について、簡潔に分かりやすく説明します。MNP予約番号の取得方法についてもご紹介します。

MNP予約番号が必要なのはこんな場合

MNP予約番号は、今使用している携帯電話番号(070、080、090で始まる電話番号)を、スマホの契約キャリアを変更した後も引き続き使用したい場合に必要です。

スマホの契約を他社にする際に、新しい携帯電話番号にしたい人、もしくは携帯通話は不要、という方はMNP予約番号を取得する必要はありません。

MNP予約番号を発行するのはだれか?

MNP予約番号を発行するのは、現在ご自身がスマホの契約をしているキャリアです。どこのキャリアであっても、「MNP予約番号」という単語は共通して使用されています。

ドコモで現在契約をしている人は、ドコモからMNP予約番号を発行してもらいます、auならばauからMNP予約番号を、SoftBankならSofBankからMNP予約番号を同じように発行してもらいます。

MNP予約番号は、現行の携帯電話番号を次の契約でも引き続き使うための「チケット」と考えると分かりやすいかもしれません。この予約番号(チケット)なしでは、今の電話番号を引き続き使用することはできません。

MNP予約番号はいつ必要になる?

MNP予約番号は、各格安SIM会社(MVNO)にオンラインで申し込みを行う際に必要になります。オンラインフォームに、「MNP予約番号」の欄がありますから、そちらに入力をします。

格安SIMの申し込みには、1. 契約者情報(氏名や住所)2.支払いのためのクレジットカード情報、3.本人確認書類(スキャンしたものかか写真をとったものをアップロードする。)、に加えて、携帯番号を継続して使う場合一緒に、MNP予約番号を入力する流れになっています。

MNP予約番号を取得してから5日以内に次の申し込み手続きをする

現在契約のキャリアからMNP予約番号を取得したら、取得から5日以内に、次のスマホの契約の手続きを行う必要があります。というのも、MNP予約番号には有効期限(15日間)があり、その有効期限が10日以上残っていなければ、次のスマホの契約手続きができないためです。有効期限が残っていないと、申し込みのフォームの記入を完了することができません。

IIJmio(アイアイジェイミオ)U-mobileのように、MNP予約番号の有効期限がさらに短くても申し込み手続きを行える格安SIM会社(MVNO)も存在していますが、大多数の格安SIM会社(MVNO)が10日以上の有効期限が必要としていますので、どこの格安SIM会社(MVNO)のどのプランを申し込むが事前に決めてから、MNP予約番号を取得した方が確実です。

MNP予約番号の有効期限が足りなくなったら、また取得すれば大丈夫。 MNP予約番号を取得したものの、残っている有効期限が10日を切ってしまった。そんな場合は、またMNP予約を取得することができますから大丈夫です。何回でもMNP予約番号を取得することが可能です。しかも予約番号の取得は無料となっています。

転出が完了するとMNP転出手数料がかかる

MNP予約番号の取得は無料です。何回でも無料で発行してもらうことができます。料金は、MNPが完了(携帯番号の移動が完了)した時に初めてMNP転出手数料がかかりるしくみとなっています。

MNP転出手数料はもちろんMNP予約番号を発行した各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobile等)から請求されます。

MNP転出手数料は、MNP(携帯番号ポータビリティ)でスマホ契約の切り替えをする場合に必ずかかります。必要費用として理解しておきましょう。

MNP予約番号の取得方法

ここでは、大手キャリアからMNP予約番号を取得する方法とその連絡方法についてご紹介します。

各キャリアの店舗でもMNP予約番号の取得が可能ですが、待ち時間などを考えるとコールセンターで手続きをした方が早いでしょう。コールセンターには受付時間がありますから確認してからかけるようにしましょう。

もちろん格安SIMから他の格安SIMにMNPで予約を切り替える場合もMNP予約番号が必要です。その際は、現在契約のそれぞれの格安SIM(MVNO)の公式サイトを確認してください。

MNP予約番号の取得方法
キャリア名 取得方法 受付時間
ドコモの
MNP予約番号取得
携帯電話から 151 9:00 - 20:00
一般電話から 0120-800-000 9:00 - 20:00
オンライン(パソコン)で 「My docomoサービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」から取得 9:00 - 21:30
ドコモショップにて 最寄りのドコモショップにて 受付時間は各店舗により異なります。
auの
MNP予約番号取得
携帯電話から 0077-75470 9:00 - 20:00
一般電話から 0077-75470 9:00 - 20:00
EZWebから EZWeb → auお客さまサポート → 申し込む/変更する → 携帯電話番号ポータビリティ(MNP) 9:00 - 21:30

auショップ/PitPit各店にて

最寄りのauショップ/PitPit各店 受付時間は各店舗により異なります。
ソフトバンクの
MNP予約番号取得
携帯電話から *5533
  • 上記番号がかかりにくい場合の番号
  1. 東日本地域:022-380-4380(有料)
  2. 関西地域:06-7669-0180(有料)
  3. 中国・四国・九州・沖縄地域:092-687-0010(有料)
9:00 -20:00
My SoftBankから My SoftBank → 各種変更手続き → MNP予約関連手続き
  • My SoftBankで手続きができるのは3Gのモバイルのみ
9:00 - 21:30
ソフトバンクショップにて 各店舗による
  • ソフトバンクのプリペイド携帯(シンプルスタイル)を使用している人はソフトバンクショップでのみ手続きが可能です。
受付時間は各店舗により異なります。
ワイモバイルの
MNP予約番号取得
Y!mobileから 116 9:00 - 20:00
一般電話から 0120-921-156 9:00 - 20:00

My Y!mobileから

My Y!mobile → ログイン → MNP予約 24時間
ワイモバイルショップにて 最寄りのワイモバイルショップ 受付時間は各店舗により異なります。
更新日