格安スマホってなに?格安SIMとは? - わかりやすく解説

格安スマホとか格安SIMという言葉をよく耳にするようになり一般的にもなりました。でも、実はよく分かってない人もいるかもしれません。ここでは、格安スマホとは何か?格安SIMとは何か分かりやすく説明します。

  • スマホはそもそも「本体(端末)」と「SIMカード」で成り立っています。
  • 格安スマホ」以前は、「スマホ」と「SIMカード」をバラバラに選ぶことができませんでした。
格安スマホってなに?格安SIMとは? - わかりやすく解説

スマホは「端末」と「SIMカード」でできている

格安スマホってなに?格安SIMとは? - わかりやすく解説

スマホの心臓部、SIMカードはピンなどを使って簡単に取り出すことができます。

スマホを使って実際に電話をしたりデータ通信を利用するには、「スマホ本体(端末)」と「SIMカード」の2つが必要です。「スマホ」での通信・通話はこの2つの要素で成り立っています。

スマホ本体は、Apple社のiPhoneを始め、SHARPやSONYなど色々なメーカーが販売しています。でも、実際にそのスマホに電話番号を付与し、データ通信も可能にするためには、SIMカードが必要です。

SIMカードの入っていないスマホでは、WIFIのある環境ではアプリやネットを使用できますが、一歩外に出るとネットは使えません。

スマホが手元にあっても、このSIMカードが中に入っていないと電話も自由にインターネットもできなというわけです。

格安スマホってなに?格安SIMとは? - わかりやすく解説

SIMカードのサイズは3種類。標準SIM、micro SIM、nano SIMの三種類。ご自身のスマホがどのSIMに対応しているかは仕様を見ればすぐに分かる。

このSIMカードは誰でも簡単に抜き差しすることができます。(まずは電源を切るなど、取り出しの手順は決まっています。)ダブルSIM(デュアルSIM)対応、つまりSIMカードを2枚入れることができるスマホなども存在しています。

スマホ本体がボディでSIMカードが”頭脳”もしくは”心臓”と考えると分かりやすいでしょう。

ちなみに、SIMカードにはいくつかサイズがあります。格安SIMカードを購入する場合は、ご自身のスマホ端末にあったサイズのSIMカードを選ぶ必要があります。

SIMフリー以前 - スマホとSIMはセットでしか買えなかった

上記で解説の通り、スマホはスマホ本体とSIMカードの2つで成り立っているものの、以前は、スマホ本体とSIMカードがいつもセットとなっていたため、「SIMカード」の存在を知らない人がいるのも当然です。

皆さんご存知の通り、以前は「新しいスマホにしよう!」と思ったら、ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアでスマホ本体と一緒に、プランを選んでスマホの契約をするしか方法がありませんでした。

ドコモで購入した端末はドコモのSIMカード(ドコモのプラン)とだけ、auで購入したスマホはauのSIMカードだけしか使えず、家族が使わなくなったスマホをもらって後から通信業者とデータ通信プランや通話プランだけを契約してSIMカードを入れて使用する、ということが以前はできませんでした。

つまりスマホ端末自体が、SIMカードつまり通信業者にロックされており、自由にSIMを変えることができなかったのです。

変なしくみだなぁ、面倒くさいなぁ、単純に端末だけ購入したいなと思っていた人もたくさんいたはずです。でも、日本ではこのようなスマホ・ケータイの契約方法しかなかったから仕方ないですね。

ところが、これが、"SIMロック解除義務化"によって変わりました。以下に続きます。

SIMロック解除義務化 - スマホ端末がSIMカードから独立。SIMカードの"しばり"からフリーに。

このように、スマホにSIMのロックがかかっていているという日本の独特のスマホの契約方法も2015年よりついに終わりを告げます。

総務省の通達により、いままでキャリアによってかけられたいたSIMへのロックを解除するように指示が出ました。つまり、契約者のリクエストがあれば、ドコモでもauでもソフトバンクでもSIMを解除し、スマホ本体をSIMフリーにしてくれるのです。

いったん、SIMフリーにしてもらったスマホは、他の回線(プラン契約)にすることもできますし、海外に行く場合は、海外のSIMカードを現地で購入して電話・インターネットをすることも可能になったわけです。

もちろん現在は、SIMを解除してもらわなくても、最初からSIMがフリーになっているスマホを購入することができ、回線業者も好きな会社が選べるようになっています。

格安SIMとは大手キャリアより安いプランを提供する事業者

大手キャリアで契約したスマホもSIMロックを解除してもらえるし、そもそもSIMフリーのスマホがたくさん選べるようになった今、通信会社選びももっと自由になっています。

今までは、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアの3社しかありませんでしたが、それに加えて、より安く通信サービスを提供する事業者が登場しました。これが格安SIM、格安SIM会社(正式名称をMVNO:仮想移動体通信事業者)です。

どうして格安SIM会社は安いプランを提供できるの?

どうして、このような格安SIM会社(MVNO)は、大手よりも安く通話料もデータ通信料も安く提供できるのでしょうか?

このような格安SIM会社は自前の回線を持っているわけではありませんので、大手の通信業者(主にドコモ)からまとめて回線を借りて販売します。すでににある回線を借りますから、初期投資はかかりませんし、まとめて回線を借りる分、各個人が大手キャリアから1回線ずつ回線契約をすうよりも一回線あたりの単価は下がります。

その単価の下がった回線を、店舗を持たない、契約はオンラインだけの受付にするなど余分なコストを抜いて販売することにより、格安SIM会社は料金を下げているわけです。

電力市場の自由化により大手電力会社の発電した電気を新電力と呼ばれる小売販売店がコストをカットして安く販売しているビジネススタイルと同じです。

つまり、ご想像の通り、格安SIMで新たにスマホを契約した場合は、何か端末操作で分からないことがあったり、操作でよく分からないことがあっても質問にいける店舗が存在しないことがほとんどです。

格安スマホとは? 格安スマホとは、格安SIM会社が販売しているスマホのことをいいます。
格安SIMカード会社の多くがスマホとセットで格安SIMを販売しており、このようなスマホを格安SIMと呼びます。スマホがSIMカードに縛られることがなくなった現在、海外の安いメーカーのスマホもたくさん日本市場に登場し、このようなメーカーのスマホのことも格安スマホと呼びます。

格安スマホとは?格安SIMとは? - 1分で分かるまとめ

格安SIMのここがいい! - メリット

  • スマホの月額料金が安くなる!

月々のスマホ代は大手キャリアと契約するよりもずっと安くなります。

  • 料金プランがシンプルで分かりやすい

大手キャリアの場合、スマホ代がゼロ円のものの、実は月々の料金に含まれる形で払ったりしていましたね。このため、実際の月々の料金が分かりにくかったりしました。

格安SIMならば、料金プランがシンプルで分かりやすい事が多いので余計なことで悩む必要はありません。

  • 違約金や"しばり"がない

またまた大手キャリア(ドコモ、au、SoftBank)と契約をしていた時は、2年自動更新のしばりなどややこしい契約条件、そして解約金を払わなくてはいけないこともしばしばありました。

一方、格安SIMなら、わかりにくい条件や解約金といった”しばり”がないものが多く分かりやすいためスッキリ!

格安SIMのここがちょっと難点! - デメリット

  • 申し込みも初期設定も基本的に自分で!

大手キャリアの場合、申込みから実際の使用まで、"ドコモ・ショップ"といった店舗で丁寧にサポートしてくれました。一方、格安SIMの場合は、オンラインでSIMカードの購入、そして設定まで自分でする必要があります。

もちろん、店舗の空いている時間を気にすることもないですし、ショップで待たなくても自宅で簡単にSIMカードが買えるためメリットとも言えます。

ただし、手取り足取り教えてもらわないと心配!という人には格安SIMのデメリットと言えるかもしれません。

  • 電話での”通話代”が高い

格安SIMカードは”データ通信”に特化しているため、通話料金が高め。電話で家族や友達と話すことが多い場合は通話料金がかかってしまいます。

格安SIMにした場合、音声での会話は基本的に"LINE"などのアプリに移行する必要があります。親しい友人がいまだにガラケーだった場合は自分からではなく先方からかけてもらった方が良いかもしれません。

もちろん格安SIMでも5分や10分の短い通話の場合は無料だったりと、まったく通話ができないわけではありません。

料金体系はかなり異なる事に注目です!

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。