徹底比較!Y!mobile(ワイモバイル)vs UQモバイル、どちらがおすすめ?

Y!mobile(ワイモバイル)とUQモバイルとではどちらがおすすめ?
Y!mobile(ワイモバイル)とUQモバイルとではどちらがおすすめ?

ワイモバイルとUQモバイルは、どちらも人気が高く、通信速度も安定して高いと評判です。プランもどことなく似ていますが、これら2社は、実は「キャリアのサブブランド」という点でも共通しています。実際、あまり違いはないのでしょうか?どちらがどんな人におすすめなのでしょうか?

ワイモバイルもUQモバイルもサブブランド

ワイモバイルとUQモバイルの共通点として、どちらとも「キャリアのサブブランドである」ということがあげられます。

「サブブランド」が何かはわかっているので、ワイモバイルとUQモバイルの違いが知りたい、またはどちらがどんな人にオススメなのかだけ知りたいという方は、比較セクションにお進みください。

サブブランドとは?

サブブランド」とは、簡単に言うと、

  • KDDIやソフトバンクといった自社回線をもつ事業者(=キャリア)が、
  • auやソフトバンクといったメインのブランドとは別に展開する廉価版サービス

のことを意味します。

これをさらに大雑把に言い換えると、サブブランドとは、

  • 大手事業者が提供する「格安SIM」サービス

であると言えます。

このサブブランドの魅力は、

  • 安定した高速通信と低価格の両立

にあります。以下では、ここに登場した重要なキーワードを一つずつ解説いたします。

キャリア・MNO

キャリアとは?

キャリアとは、携帯電話やスマホなどの通信事業において、その基盤となる通信回線を開設または運用している事業者のことを意味します。このような事業者は、専門用語では、移動通信事業者(MNO、Mobile Network Operator)と呼ばれます。

総務省による定義 総務省作成の「MVNOに係る電気通信事業法及び電波法の 適用関係に関するガイドライン」(2015)における定義では、MNOとは、 電気通信役務としての移動通信サービス(以下単に「移動通信サー ビス」という。)を提供する電気通信事業を営む者であって、当該移動通信サービス に係る無線局を自ら開設(開設された無線局に係る免許人等の地位の承継を含む。 以下同じ。)又は運用している者 と定義されています。ここでいう「移動通信サービス」が携帯電話やスマホなどのサービスに対応しています。

キャリアといえば、通常はドコモ・au・ソフトバンク

日本においては、ドコモ・au・ソフトバンクが長らくキャリアとして事業を展開しており、しばしば3大キャリアと呼ばれています。ちなみに、2020年の4月からは、楽天モバイルも自社回線サービスを開始し「第4のキャリア」として業界を騒がせています。(なお、楽天モバイルは独自の性質をもつため、以下で「キャリア」という際には、単にドコモ・au・ソフトバンクを意味するものとします。)

キャリアの特徴1:安定した高速通信サービス

キャリアの特徴の1つは、自社の回線を使っていることによる、安定した高速通信サービスにあります。後述するように、いわゆる格安SIMでは、通信が混雑した際に、通信速度が遅くなってしまうというデメリットがありますが、ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアでは、基本的にこうした問題が生じず、利用者は安定した高速通信サービスを楽しむことができます

キャリアの特徴2:ショップでの手厚いカスタマーサポート

キャリアのもう1つの特徴は、店舗を全国各地に展開して、手厚いカスタマーサポートを行っている点にあります。実際、お住まいの地域にも、ドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップがあるという方は多いのではないでしょうか?

この店舗展開によるサポートは必ずしも、キャリアの定義に含まれている特性ではありませんが、後述するようにいわゆる格安SIMでは、この限りではなく、製品の購入から初期設定まで基本的に自分で行わなければなりません。

対照的に、キャリアのショップで携帯電話やスマホを購入したことがある人ならご存知なように、キャリアは製品購入から初期設定すべて行ってくれますし、さらにはその後のカスタマーサポートも充実しています。

キャリアの特徴3:月額料金が高い傾向

前述の2つのメリットに付随するデメリットとして、キャリアの通信料金は高くなりがちであるという特徴があります。

キャリアは、通信回線を開設し、運用していますが、このためには初期費用・維持費用がが必要です。また、全国にショップを展開して、手厚いカスタマーサポートを提供するためには、設備費用や人件費がかかります。

したがって、これらの費用を補填するために、キャリアのサービス料金は、比較的高い傾向があります。

「日本の携帯料金は高い」 ちなみに、最近発足した菅内閣においては、日本の携帯料金が高いため、4割の値下げが必要であるとの方針が出されたことが話題の上りましたが、これは基本的にドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアの通信料金が高いということを意図したものです。キャリアとしての費用のためとはいえ、キャリアは市場において大きなシェアを占め、利益率も20%程度となっているため、批判の対象となっているのです。

格安SIM・MVNO

格安SIMとは?

いわゆる「格安SIM」とは、キャリアから回線の一部を借用して、通信事業を展開しているSIM会社のことを指します。このような事業者のことを、専門用語では、仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator、MVNO)と呼びます。

格安SIMの特徴1:とにかく安い

格安SIMの特徴は、その名前の通り、とにかく安いことにあります。

格安SIMの定義のポイントは、格安SIMは、携帯電話やスマホの通信サービスに必要な回線を自ら開設しておらず、かつ運用もしていないという点にあります。キャリアのところでみたように、キャリアの通信費が高い要因の一つは、回線の開設および維持にかかる費用に由来します。しかし、格安SIMは、キャリアが開設・運用している回線を借りて、サービスを展開しているため、キャリアほどサービス展開のためのコストがかからないのです。

格安SIMの特徴2:サービスのほとんどがインターネット上で完結

格安SIMの安さにも関連していますが、格安SIMは、ほとんどの手続きがインターネットで完結するという特徴があります。言い換えると、格安SIMは、キャリアと異なり、全国にショップを展開し、対人でのカスタマーサポートを行うということは基本的にしていません。これにより、格安SIMは、人件費を含む、ショップの展開にかかる費用を削減しています。

格安SIMの特徴3:キャリアに比べると通信速度が遅くなることも

通信料金が安いというメリットの裏返しとして、格安SIMによるデータ通信は、キャリアと比べて遅くなることがあるというデメリットがあります。

この理由は、格安SIMは、あくまでもキャリアから回線を借りてサービスを展開しているため、回線が混雑した時にはキャリアユーザーが優先され、格安SIMユーザーの通信は制限されてしまうからです。

サブブランドはキャリア?それとも格安SIM?

キャリアと格安SIMの定義およびそれぞれの特徴を確認しました。これまでの説明を踏まえると、サブブランドはキャリアなのでしょうか?格安SIMなのでしょうか?

結論からいうと、サブブランドは両方の性質を兼ね備えています。そして、これが上述した「安定した高速通信と低価格の両立」というサブブランドの魅力につながっています。

サブブランドのキャリアとしての側面

サブブランドは、あくまでKDDI・ソフトバンクによる事業であり、「自社」が開設・運用している回線を用いることができます。このため、回線が混雑しているときでも、利用者は高速通信を安定して楽しむことができます。

また、サブブランドは、au・ソフトバンクというメインブランドのショップにて、取り扱われています。このため、困ったらショップでサポートしてもらえます。この点でも、サブブランドは、キャリアとしての側面を有しています。

サブブランドの格安SIMとしての側面

他方で、キャリアのサービス展開において、サブブランドは、メインブランドに対する廉価版としての位置づけにあります。このため、サブブランドの通信サービスは、格安SIM並みに安いという特徴があります。

これまでのことをまとめると、キャリア・格安SIM・サブブランドの関係は次のようにまとめられます。

安い 格安SIM サブブランド
 
 
    キャリア
 
高い
  混雑時低速             常時高速

サブブランドは強すぎる? サブブランドは、キャリアのように速く、格安SIMのように安いということを確認しましたが、こう聞くとサブブランドを選ばない理由がないと思う人もいるかもしれません。実際、2018年の総務省での有識者会合では、格安SIM事業者から、サブブランドの速さを同じ価格では提供できないと不満の声が上がっています。とはいえ、サブブランドの事業展開は、キャリアの企業努力によるものなので、批判は妥当ではないという意見もあります。

徹底比較:ワイモバイルとUQモバイル、どちらがおすすめ?

さて、サブブランドの特徴を確認した上で、ワイモバイルとUQモバイルとの比較に入りましょう。まとめると、両者の違いおよび共通点は次のようになります。

ワイモバイルとUQモバイルの違い
ワイモバイル UQモバイル
  • ソフトバンク回線
  • 3GB・10GBに加え、14GBのプラン
  • プランに最初から10分かけ放題が入っている
  • 契約翌月から6か月間新規割あり
  • Y!プレミアムの特典利用可能
  • au回線
  • プランは3GBか10GBの2択
  • 10分かけ放題はオプションとしての選択対象
  • 使わなかったデータは持ち越し可能
  • 高速/節約モードの切り替え可能
ワイモバイルとUQモバイルの共通点
  • 格安SIMのような安さ
  • 安定した高速通信
  • 家族割あり
  • データ通信専用のSIMなし
  • 30GBのような大容量プランなし

以下では両者のプランを確認しながら、見取り表にまとめられた、それぞれのプランの共通点と違いを確認していきましょう。

ワイモバイルとUQモバイルのプランの確認

はじめに、ワイモバイルとUQモバイルのプランを確認しておきましょう。

ワイモバイル
スマホベーシックプラン
UQモバイル
スマホプラン
ワイモバイル UQモバイル
3GBプラン
スマホベーシックプランS
2,680円
スマホプランS
1,980円
10GBプラン
スマホベーシックプランM
3,680円
スマホプランR
2,980円
14GBプラン
スマホベーシックプランR
4,680円
なし
通信速度(容量超過時)
3GBプラン:最大300kbps*
10/14GBプラン:最大1Mbps
3GBプラン:最大300kbps
10GBプラン:最大1Mbps
国内通話
10分かけ放題
超過分は30秒ごとに20円
30秒20円

*2020年10月14日より。それ以前は、128kbps

ワイモバイルとUQモバイルの共通点

ワイモバイルとUQモバイルのプランを確認した上で、両者の共通点をまとめましょう。

上の表で見たように、共通点は次の5つでした。

  1. 格安SIMのような安さ
  2. キャリア並みの安定した高速通信
  3. 家族割あり
  4. データ専用SIMなし
  5. 30GBのような大容量プランなし

共通点1:格安SIMのような安さ

共通点の1つ目は、サブブランドの特徴の1つ目であり、ワイモバイルもUQモバイルも格安SIMのように安いということです。ここでは、比較対象として、mineo(マイネオ)の音声通話付きプラン(au回線)3GBと10GBの場合と比較してみましょう。

  mineo ワイモバイル UQモバイル
3GB 1,510円 2,680円 1,980円
10GB 3,130円 3,680円 2,980円

3GBの場合、さすがに格安SIMのmineoが一番安くなっており、逆にワイモバイルの料金の高さが目立ちます。しかし、あとでも説明するように、これはワイモバイルの場合料金の中に10分かけ放題が最初から含まれていることによります。

このことを念頭に置くと、ワイモバイルもUQモバイルもmineoと同等に安いといえます。実際UQモバイルの10GBの料金は、mineoの10GBの場合よりも安くなっています。

いずれにせよ、キャリアの低価格プランと比較するとワイモバイルとUQモバイルが格安SIMなみに安いというのは明白です。キャリアの低価格プラン一覧をご覧ください。

大手キャリア - 低価格プラン一覧
  ドコモ
ギガライト
au
ピタットプラン5G
ソフトバンク
ミニフィットプラン
1GB 3,150円 4,150円 3,980円
2GB 4,150円 5,650円 5,980円
3GB 7,480円
4GB 5,150円
5GB 7,150円
6GB 6,150円 なし
7GB

共通点2:キャリア並みの安定した高速通信

共通点の2つ目は、サブブランドのもう一つの特徴、すなわち高速通信がキャリアのメインブランド並みに安定しているということです。実際、様々な測定調査でも、ワイモバイルとUQモバイルの通信速度は、格安SIMよりも安定して、高速であるという結果が出ています。

共通点3:家族割あり

ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアでは、同じみの家族割ですが、キャリアのサブブランドであるワイモバイルとUQモバイルでも、家族割を利用することができます

割引価格は、ワイモバイルでもUQモバイルでも共通しており、500円です。

共通点4:データ専用SIMなし

最初3つの共通点は、基本的に2社のメリットでした。対照的に、共通点の4番目は、両社ともデータ通信専用SIMがないという注意点になります。このため、ワイモバイルとUQモバイルを選択するのであれば、通話機能付きSIMを選ぶしかありません。

逆に言うと、たとえばサブのスマホやタブレットを使うためのデータSIMが欲しいときには、やはり格安SIMを選択する必要があります。

共通点5:30GBのような大容量プランなし

共通点の5番目も注意点であり、30GBのような大容量プランがないということです。

サブブランドは、キャリアのメインブランドとのすみわけのために、比較的少ないデータが容量において、低価格・高品質サービスを行うということをコンセプトとしています。したがって、30GBや50GBといった大容量プランは、サブブランドであるワイモバイルとUQモバイルでは、用意されていません。

このため、大容量プランが必要な方は、キャリアまたは格安SIMの大容量プランを選択する必要があります。

ワイモバイルとUQモバイルの違い

ワイモバイルとUQモバイルの共通点を確認したので、今度は違いを整理しましょう。上記の表をさらにまとめると、違いは次のようになります。

  1. ワイモバイルはソフトバンク回線、UQモバイルはKDDI回線
  2. ワイモバイルは3つのデータ容量から、UQモバイルは2つのデータ容量から選択
  3. ワイモバイルでは10分かけ放題がプランに込み・UQモバイルではオプション
  4. ワイモバイルなら新規割あり
  5. UQモバイルなら、余ったデータ容量を繰り越しできる
  6. ワイモバイルではYahoo!プレミアムの特典が利用可能
  7. UQモバイルであれば高速モードとデータ節約モードの切り替え可能

違い1:ワイモバイルはソフトバンク回線、UQモバイルはKDDI回線

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランド、UQモバイルはauのサブブランドなので当然ですが、ワイモバイルはソフトバンク回線、UQモバイルはKDDI回線を使用しています。

違い2:ワイモバイルは3つのデータ容量から、UQモバイルは2つのデータ容量から選択

2つを見比べて一番最初に気が付くことですが、ワイモバイルではデータ容量を3GB・10GB・14GBの3つの選択肢から選ぶのに対して、UQモバイルでは、3GBと10GBの2つの選択肢のみが用意されています。

違い3:ワイモバイルでは10分かけ放題がプランに込み・UQモバイルではオプション

ワイモバイルの特徴の一つは、1回10分までの通話なら何回かけても無料という10分かけ放題が最初からプランに入っていることにあります。これに対して、UQモバイルでは、10分かけ放題はオプションとして選択できるものになっており、デフォルトでは入っていません。

一見したところ、同じ3GBと10GBで同じデータ容量であるのに、UQモバイルの方がワイモバイルよりも700円安くなっているのはこのためです。実際、UQモバイルの10分かけ放題オプション「国内通話10分かけ放題」は、月額料金700円です。したがって、10分かけ放題オプションは必ず必要だという方にとっては、ワイモバイルとUQモバイルの基本料金に差はありません

対照的に、10分かけ放題オプションが必要ない方にとっては、UQモバイルを選択し、毎月の通信料金を節約できる方がよいでしょう

違い4:ワイモバイルなら新規割あり

ワイモバイルでは、新規申込または乗り換えの場合に、契約開始の翌月から6か月間「新規割」が適用されます。「新規割」が適用されると、月々のスマホ料金が700円割引になります。この場合、ワイモバイルの月額料金は、ちょうどUQモバイルの10分かけ放題なしの値段と同じになります。

UQモバイルでは、残念ながら新規割はありません。

違い5:UQモバイルなら、余ったデータ容量を繰り越しできる

UQモバイルでは、ある月に使わなかったデータ容量を次の月に繰り越すことができます。プランSの場合は、3GBまで、プランRの場合は、10GBまで繰り越しが可能です。このUQモバイルのデータ繰り越しサービスは、月によってデータの使用料にばらつきがある人に最適です。

他方、このデータ繰り越しサービスは、ワイモバイルでは利用することができません。

違い6:ワイモバイルではYahoo!プレミアムの特典が利用可能

ワイモバイルの利用者は、「Yahoo!プレミアム」の特典を利用することができます。

これにより、ワイモバイル利用者は、「Yahoo!ショッピング」や「PayPayモール」での買い物において、対象金額の最大3%相当が返ってくるというお得なサービスを受けることができます。

さらに、「読み放題プレミアム」により、雑誌やマンガの読み放題という特典も楽しむことができます。

違い7:UQモバイルであれば高速モードとデータ節約モードの切り替え可能

UQモバイルであれば、データ通信に関して、高速モードと節約モード(最大300kbpsまたは1Mbps)を切り替えることが可能です。

UQモバイルもワイモバイルも、データを使い切ったあとでも、最大300kbpsないし1Mbpsの速度で通信を行うことができます。このうち、特に1Mbpsの速度であれば、メールやSNSのチェックのみならず、動画視聴も最高画質でない限りできます。このため、こういった用途のみでデータを使用する際には、節約モードにして最大1Mbpsの速度で通信を行い、ギガを節約したいところです。

UQモバイルであれば、これが可能であり、前述したデータ繰り越しサービスと組み合わせると、ワイモバイルよりもお手持ちのギガをうまく運用することが可能です。

まとめ:ワイモバイルとUQモバイル、結局どちらがおすすめ?

さて、ワイモバイルとUQモバイルの共通点と違いを確認してきましたが、結局どちらを選べばよいのでしょうか?

まとめると、次のように言えるでしょう。

こんな人にはワイモバイルがオススメ こんな人にはUQモバイルがオススメ
ワイモバイル UQモバイル
ソフトバンクを使っている auを使っている
10GBでは不安 節約モードへの切り替えやデータ繰り越しが魅力的
新規割やYahoo!プレミアム特典が魅力的 10分かけ放題は付けずに節約したい

このように違いはありますが、どちらも高パフォーマンスで低価格なのは、まぎれもない事実。

ワイモバイルまたはUQモバイルに乗り換えて、格安で安定した高速通信を楽しんではいかがでしょうか?

おすすめSIM会社リスト

SIM会社 特徴
LIBMO(リブモ)
キャッシュバックキャンペーンがお得
ワイモバイル
通話プランが充実
ワイモバイルのサイトを見る
UQモバイル
安定した高速通信
UQモバイルのサイトを見る
楽天モバイル
通信・通話無制限「アンリミット」
楽天モバイルのサイトを見る
LINEモバイル
LINEノーカウント・LINE Payカードで支払い可能
LINEモバイルのサイトを見る
mineo(マイネオ)
顧客満足度の高い格安SIM
mineoのサイトを見る
nuroモバイル
3つのキャリアの回線に対応
nuroモバイルのサイトを見る
BIGLOBEモバイル
データSIMなら口座振替で支払い可能
BIGLOBEモバイルのサイトを見る
IIJmio(アイアイジェイミオ)
シェアの高い格安SIM
IIJmioのサイトを見る
DTIモバイル
3GBバイトのプランが業界最安値
DTIのサイトを見る
HISモバイル
月額2,480円で格安かけ放題
HISモバイルのサイトを見る

おすすめSIM会社リスト

LIBMO(リブモ)
キャッシュバックキャンペーンがお得
ワイモバイル
通話プランが充実

ワイモバイルのサイトを見る
UQモバイル
安定した高速通信

UQモバイルのサイトを見る
楽天モバイル
通信・通話無制限「アンリミット」
楽天モバイルのサイトを見る
LINEモバイル
LINEノーカウント・LINE Payカードで支払い可能

LINEモバイルのサイトを見る
mineo(マイネオ)
顧客満足度の高い格安SIM

mineoのサイトを見る
nuroモバイル
3つのキャリアの回線に対応

nuroモバイルのサイトを見る
BIGLOBEモバイル
データSIMなら口座振替で支払い可能

BIGLOBEモバイルのサイトを見る
IIJmio(アイアイジェイミオ)
シェアの高い格安SIM

IIJmioのサイトを見る
DTIモバイル
3GBバイトのプランが業界最安値

DTIのサイトを見る
HISモバイル
月額2,480円で格安かけ放題

HISモバイルのサイトを見る

人気・おすすめ記事

更新日