口座振替で支払えるか格安SIM会社一覧 特徴とおすすめポイント比較

格安SIM会社の中には、料金の支払い方法としてクレジットカードしか用意していない会社があります。クレジットカードを持っていない人やクレジットカードを持っているけれど登録したくない方にとっては、それぞれの格安SIM会社がどのような支払い方法を用意しているのか気になるところです。ここでは、口座振替で支払いができる格安SIM会社とその中身を紹介します。

格安SIMの支払い方法

格安SIMの毎月の利用料金の支払い方法は、会社ごとに異なります。しかし希望の支払い方法で支払うことができないケースがあるので注意が必要です。具体的にどのような支払い方法が用意されているのでしょうか。ここでは、格安SIMの利用料金の代表的な支払い方法を紹介します。

クレジットカード支払い

多くの格安SIM会社は、SIM料金の支払い方法としてクレジットカード支払いを用意しています。クレジットカード支払いの場合、格安SIM会社はクレジットカード会社に手数料を払う必要があります、その一方でクレジット払いであれば契約者の利用料金を回収しやすいことから、多くの格安SIM会社はクレジットカード支払いを採用しています。 契約者側としても比較的支払いが簡単なことから利便性を感じ、クレジットカードを登録して利用料金を支払っている方はたくさんおられます。

口座振替

一部の格安SIM会社では、SIM料金の支払い方法として口座振替を用意しています。口座振替を用意している会社であれば、クレジットカードを持っていない方でも契約できるメリットがあります。しかし口座振替の場合は、申し込みをしてから利用できるまで時間がかかる傾向があり、別途手数料が発生するケースがあるので注意が必要です。 口座振替を希望する際は事前に格安SIM会社に問い合わせて手続きの流れや詳細を確認することをおすすめします。

デビットカード払い

楽天モバイルOCNモバイルONEなど、利用料金をデビッドカードで支払うことができるケースがあります。しかし現時点でデビッドカードの支払いを採用している会社はそれほど多くありません。 デビッドカード支払いを採用している場合であっても申し込み後に一定の審査があります。お客様の信用情報の内容によっては契約ができない場合もあるので注意が必要です。

LINE Payカード支払い

LINE PayカードはLINEが発行したチャージ式のプリペイドカードです。あらかじめ現金をチャージしておくことで、SIM料金の支払いに利用することができます。 LINE Payカード支払いはあくまでチャージ式なので残高不足の場合は利用ができなくなる危険があります。残高不足にならないようにこまめにチャージすることが大切です。

口座振替で支払いができる格安SIM一覧

格安SIMの申し込みには、「音声通話SIM」と「データ通信SIM」さらに「音声通話SIMとデータ通信SIMとスマホのセット」での申し込みの3つのプランがあります。 座振替で支払いができる格安SIM会社はいくつもありますが、全ての会社がこの3つのプランに対応しているわけではないので申し込みの際には注意する必要があります。 ここでは、口座振替で支払いができる格安SIM会社を紹介します。

UQ mobile

au回線を利用しているUQ mobileは、「音声通話SIM」のみの申し込みと、「音声通話SIM+データ通信SIM+スマホのセット」での申し込みにおいて口座振替を用意しています。電話番号はそのままで他社から乗り換えるMNP転入であればいずれのプランもWEBから申し込みが可能です。しかし新規契約をする場合で口座振替を希望されるのであればWEBからは申し込みができず、実店舗でしか申し込みができないので注意しましょう。

BIGLOBEモバイル

ドコモau回線を利用しているBIGROBEモバイルは、「データ通信SIM」のみ口座振替が可能です。WEBから申し込みすることも可能であり、口座振替手続きは申し込みした翌営業日に登録が完了します。さらにデータ通信SIMを口座振替で契約している方であれば、所定の手続きを踏むことで口座振替のまま音声通話SIMへの変更をすることが可能です。

楽天モバイル

ドコモ回線を利用している楽天モバイルは、「音声通話SIM」や「データ通信SIM」の利用料金を口座振替で支払うことが可能です。さらに事務手数料や契約解除手数料などの契約関連費用も口座振替で支払いができます。しかし端末代金を口座振替で支払うことはできず、端末とセット申し込みはクレジットカードのみ申し込みが可能なので注意が必要です。 楽天モバイルのメリットは、面倒な口座振替書類の返送手続きなどがなく、ホームページ上で全ての手続きが完結するので迅速に手続きを進めることができます。申し込みした初月から口座振替で支払いが行われるので安心して申し込むことができるでしょう。

mineo

mineoは、原則口座振替での申し込みはできませんが、ケイ・オプティコムが提供している「eo光ネット」をすでに利用しているか、同時に申し込みをするのであれば口座振替を利用することが可能です。 なおeo光ネットは関西の一部の地域でのみ提供していることから、それ以外の地域の方はmineoを口座振替で申し込むことはできないので気をつけましょう。 申し込みはホームページではなく、mineo申し込み相談センターで受け付けています。電話で連絡をして口座振替での申し込みを希望する意思を伝えましょう。

Y!mobile

ソフトバンク回線を利用しているY!mobileでは、「音声通話SIM」「データ通信SIM」「端末セット申し込み」の全てにおいて口座振替での契約が可能です。しかし申し込みはY!mobileの店舗でのみ可能であり、WEBから口座振替の申し込みはクレジットカードの登録が必須となっています。 口座振替の申し込みをする際は、本人確認書類とキャッシュカード(本人名義)、通帳と届け印を持参してY!mobileの店舗に訪れましょう。契約はその場で完了しますが、口座振替の手続きが完了するまでは払込用紙が送られてくるので、コンビニなどで支払う必要があります。

インターリンクLTE SIM

ドコモ回線を利用しているインターリンクLTE SIMでは、法人契約でのみデータ通信SIMの申し込みにおいて口座振替が可能となっています。個人での口座振替は受け付けていないので注意しましょう。

@モバイルくん。

@モバイルくん。では、「音声通話SIMの申し込み」と「データ通信SIM+スマホセットの申し込み」の際に口座振替ができるようになっています。スマホセットで口座振替を利用する際は、スマホの代金は一括で支払う必要があります。 口座振替を希望する場合は、申し込み後に口座振替依頼書が郵送されます。必要事項を記入して返送すると約1週間で口座振替の手続きが完了するので、早めに返送することをおすすめします。

Xモバイル

Xモバイルでは、「音声通話SIMの申し込み」と「データ通信SIMの申し込み」「音声通話SIM+データ通信SIM+スマホセットの申し込み」の全てのプランで口座振替を選択することが可能です。 口座振替をする場合手数料はかかりませんが、6,000円の保証金が発生するので注意が必要です。解約の際にこの保証金は返金されるシステムになっています。 なお、口座振替はWEBからの申し込みはできず店頭でのみ受け付けています。

LINEモバイル

LINEモバイルは全てのプランおいて口座振替が利用できません。しかしLINEが発行しているLINE Payカードでの支払いは可能なので、クレジットカードを持っていない方でもSIM契約できる特徴があります。

口座振替で支払いができる格安SIM会社と条件
  音声通話SIM データ通信SIM 端末セット申し込み
UQ mobile ○※MLP転入のみ × ○※MLP転入のみ
BIGLOBE SIM × ×
楽天モバイル
mineo △※eo光ネット契約の有無 △※eo光ネット契約の有無 △※eo光ネット契約の有無
Y!mobile
インターリンクLTE SIM ×
@モバイルくん。 ×
Xモバイル
LINEモバイル × × ×
 

口座振替の注意点

上記のように口座振替で月々の料金の支払いができる格安SIM会社はいくつかありますが、口座振替での支払いにはメリットだけでなくデメリットが存在します。契約の際は事前にデメリットも頭に入れておくことが大切です。ここでは口座振替を選択する場合の注意点をいくつか紹介します。

SIMの発行に時間がかかる

格安SIM会社との契約する際の支払い方法で口座振替を選択した場合、通常は口座振替の申込書を取り寄せて必要事項を記入し返送する作業が必要になります。さらに金融機関での確認作業などを含めると、申し込みから契約成立まで1週間以上時間がかかるケースもあります。忙しい方やすぐに格安SIMを利用したい方は、手続きにかかる時間を事前に考慮しておく必要があるでしょう。

通話SIMが使えない場合がある

口座振替を用意している格安SIM会社の多くは、「データSIM」の契約が可能です。しかしBIGLOBE SIMや@モバイル君。など、格安SIM会社によっては「音声通話SIM」の契約に関して口座振替での申し込みができないところがあるので注意しましょう。通話SIMのみを契約しようと検討している場合は、口座振替での申し込みができるか事前に格安SIM会社に確認するといいでしょう。

手数料がかかる場合がある

格安SIM会社の中には、BIGLOBE SIMや楽天モバイルなど口座振替の際に手数料が発生するところがあるので注意が必要です。BIGLOBE SIMは200円、楽天モバイルは100円の口座振替手数料が発生します。毎月の使用料金をできる限り抑えたいのであれば、発生する手数料も含めた料金を見積もる必要があるでしょう。

必ず審査がある

どの格安SIM会社においても、口座振替を申し込むと必ず一定の審査が行われます。申込者の支払い能力の有無などを確認し、場合によっては口座振替の審査に落ちることもあるので注意が必要です。申し込みの際は口座振替の申し込み用紙にある必要事項を全て記載し、不備のないようになんども確認して提出しましょう。

まとめ

現在多くの格安SIM会社がありますが、料金回収の利便性からほとんどの会社がクレジットカードで支払うことを推奨しています。 上記のように一部口座振替で支払いができる格安SIM会社も存在します。しかし契約できる内容が限られており、手続きが煩雑で利用までに時間がかかる側面もあるので注意が必要です。 口座振替での申し込みを希望する際は、希望する格安SIM会社の契約内容や手続きの流れを事前に確認しておくことが大切です。今回の記事を参考にして、後悔のない格安SIMの契約をするように心がけましょう。

更新日