格安SIMにも解約金はある?- 格安SIMの基礎知識

格安SIM(MVNO)は確かに安い。スマホ代のシュミレーションをしてみて思わず笑顔。でも、もしかして、格安SIMって解約金がすごい高かったりするの?気になるポイント、格安SIMの解約金に関して確認しましょう。

  • 格安SIM(MVNO)の場合、データ通信専用SIMカードを選べば解約金はない。
  • 格安SIMでは、どんな場合に解約金があるのかご紹介します。
インターネットの解約には、違約金・解約金

格安SIMを契約したいけど、解約金ってどうなってるんだろう。基本的に格安SIMではどのような契約ポリシーをとっているのでしょうか。

格安SIMでも「解約金」はあるのか?

格安SIMでも「解約金」はあるのか?

料金だけでなく、解約金があるかないかも格安SIM選びのポイントになりますね。

まず初めに、格安SIMの場合でも、「解約金」というものは存在しています。

ただし、格安SIMの解約条件は、光回線のインターネットや大手キャリア(ドコモ、au、SoftBnak)のスマホ・ケータイに比べ、ずっと"リーズナブル"な条件で、契約者にとって一方的に不利になるような内容ではありません。

加えて、解約条件については多くの場合非常に分かりやすく記載がありますから安心です。

また、解約金のない(=最低契約期間)のないプランもたくさんあります。しかしながら、格安SIMであっても「解約金」は存在していますので、契約の前に理解しておく必要があります。

こちらで格安SIMの解約金の概要を理解して格安SIMの契約に役立ててくださいね。

どんな時に解約金はかかるの?

最低契約期間を待たずに解約した場合

最低契約期間の定められているプランを契約した後、その最低契約期間を待たずに解約をする場合に解約金がかかります。

最低契約期間は「通話機能付き」SIMカードにのみ

格安SIMの場合は、だいたいとこでも「データ通信専用」SIMか、「音声通話つき」SIMかを自分で選んで契約するようなしくみをとっています。派生的に、データ通信専用にSMS機能のみついたSIMカードも加わり、3種類のSIMカードタイプから選ぶこともあります。

このような場合、「音声通話つき」SIM、つまり携帯電話発信で電話ができるSIMを選ぶと、最低契約期間が設定されており、それに準じて解約金が設定されています。

つまり、「データ専用」SIMを選んだ場合には、最低契約期間も解約金もないということになります。

最低契約期間はどのくらい? 「音声通話つき」SIMの最低契約期間は6-12か月です。12か月を採用してるところが全体的に多い印象です。

自動更新プランは”基本的”にない

非常にユーザーに不評の、悪名高き?「自動更新」プランは基本的には格安SIMでは採用されていません。格安SIM(MVNO)のうち95%ないといってもいいでしょう。

しかしながら、やはり、わずかですが「自動更新」が条件のプランもあります。例えば、UQモバイルで、端末(スマホ)とSIMカードをセットで購入した場合には2年自動更新が採用されています。

解約金はどれくらい? 解約金は6,000円から9,500円ぐらいの設定となっています。最低契約期間前に解約すると、満額払うシステムの場合もありますし、解約金も月割りで、最低契約期間に足りない分だけのシステムのところもあります。

格安SIMにも解約金はある? - まとめ

格安SIMにも解約金はある?

格安SIM・データ専用SIMなら基本的に解約金がない。通話機能付きSIMは最低契約期間をチェック。

格安SIM(MVNO)の場合、データ専用SIMを選ぶと、最低契約期間はなく、また、解約金もありません。

一方、音声通話機能付きSIMの場合は、最低契約期間が定められており、その最低契約期間を待たずに解約すると解約金がかかるようになっています。

また、まれに、例外がもあり、自動更新を採用しているところもありますので、実際の契約の前には一度確認をしましょう。セレクトラの格安SIM(MVNO)のプランの紹介ページでも解約金について触れていますので参考にしてください。

自動更新プランがスタンダードである大手キャリアに比べるとやはり、格安SIMの契約条件はよりユーザー目線で、より公平であるといえます。