ワイモバイルの家族割り - どのくらい安くなる?本当に安くなる?

ワイモバイルの家族割り - どのくらい安くなる?本当に安くなる?
ワイモバイルの家族割り - どのくらい安くなる?本当に安くなる?

キャリアではおなじみの家族割りサービス。格安SIMのY! mobile(ワイモバイル)にも、家族割りがあります。実際に家族割りを適用すると、どのくらい安くなるのでしょうか?

ワイモバイルの家族割りとは

Y! mobile(以下ワイモバイルと記述)の「家族割引サービス」は、2回線目以降(副回線)が月々500円割引になるというものです。最大9回線まで対象なので、家族が多ければ多いほどお得になります。

大手キャリアでは家族割りが当たり前となっていますが、格安SIMでは家族割りがないところも多いです。あったとしても、割引額が少ないということも見受けます。

そんな中で、ワイモバイルの家族割りは最大月々4,500円も割引になります。ちなみに、一人で複数回線を契約した場合でもこの家族割りが適用されるのも見逃せません。

ワイモバイル家族割りの条件

このお得な家族割引サービスを適用するには、もちろん条件があります。では、その条件を詳しく見てみましょう。

条件①ワイモバイルの指定料金プランを契約すること

家族割引サービスの条件として、主回線・副回線共に指定料金プランである必要があります。その指定料金プランは以下をご覧ください。

ワイモバイル – 家族割引サービスの指定料金プラン
主回線 副回線(2回線目以降)
・スマホプラン
・データプランL
・ポケットWiFiの各料金プラン
・スマホプラン
・データプランL
・ポケットWiFiプラン2
・ポケットWiFiプラン2ライト

ワイモバイルの「スマホプラン」は、一番スタンダードな目玉料金プランです。大半のユーザーはこのスマホプランを契約するはずですので、家族割引を問題なく受けられます。

ただ、使用機種がスマートフォンではなくケータイ(ガラケー)の場合は「ケータイプラン」になるので、家族割引の適用外になります。たとえば、ワイモバイルのガラケーを使っている高齢の家族がいても、家族割引は適用されません。

条件②家族であることを証明する確認書類が必要

「家族割引サービス」という名称からも明らかなように、この割引は家族のみに適用されます。つまり、家族であることを証明できることが条件となります。

ここでいう家族とは、住所にかかわりなく血縁・婚姻関係にある者、もしくは同一住所に住んでいる者を指します。つまり親族であれば住所は関係なく、逆に住所が一緒であれば血縁は関係ないということです。

同棲している恋人同士でも家族割引が適用されるというのは、該当する人にとっては嬉しいサービスといえるでしょう。

ワイモバイルの家族割引サービスを適用するために必要な家族確認書類には、以下のものがあります。

ワイモバイル – 家族割引適用に必要な確認書類
対象者 確認書類
同居している家族・親戚 同一住所または同姓であることが確認できる、契約者それぞれの本人確認書類
別住所の家族・親戚 ・契約者それぞれの本人確認書類
・家族であることが分かる戸籍謄本もしくは住民票記載事項証明書(いずれも3ヵ月以内のもの)
生計を共にするパートナー 同一住所であることが分かる契約者それぞれの本人確認書類

ここでいう本人確認書類とは以下のものを指します。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード
  • 身体障害者手帳/療育手帳/精神障害者手帳

健康保険証/住民基本台帳カードを確認書類として用いたい場合は、以下の補助書類も合わせて提出する必要があります。

  • 住民票記載事項証明書(原本)
  • 電気/ガス/水道/NHK受信料など、公共料金の領収書
  • 官公庁発行の印刷物
    (いずれも3ヵ月以内に発行されたもの)

条件③重複して適用できない他の割引サービスがある

ワイモバイルの他の一部割引サービスに申し込んでいる場合、家族割引サービスと併用できないため注意しましょう。

重複適用ができない割引サービスは以下の通りです。

  • おうち割 光セット
  • Wi-Fiセット割
  • 光おトク割
  • おうち割 光セット(A)
  • もう一台無料キャンペーン
  • イーモバイルセット割
  • タブレット割引(スタートキャンペーン向け)

どちらか一つの割引を選ばないといけないのであれば、割引合計額を計算してお得なほうを選ぶといいでしょう。

ワイモバイル家族割り適用でどのくらい安くなる?

ワイモバイルの家族割引サービスは、500円/回線の割引が9回線まで適用されます。ですから、月々最大で4,500円の割引になるわけです。これは、1年間で最大総額54,000円もの節約になることを意味しています。

現実的な例を考えてみましょう。祖父祖母・息子夫婦・孫2人という一家6人でワイモバイルを利用しているとします。主回線を除いて5回線分が割引対象になります。

この場合、500円×5回線で毎月2,500円の割引額となり、年間で30,000円を節約できるわけです。

キャリアから格安SIMのワイモバイルに乗り換えるだけで、半額程度料金が安くなるのに加えて、家族割りでさらに30,000円安くなるのは助かりますね。

次に、家族割りがある他の格安SIMとワイモバイルを安さで比較してみましょう。

mineo(マイネオ)とワイモバイルの家族割りを比較

格安SIMのmineo(マイネオ)にも「家族割引」があります。ワイモバイルと比べてどちらがお得なのでしょうか?以下の比較をご覧ください。

家族割り - ワイモバイルとmineoの安さ比較
  ワイモバイル
ワイモバイル
mineo
マイネオ
割引対象 主回線を除く9回線まで 主回線を含め5回線まで
1回線ごとの割引額 500円/月 50円/月
年間最大割引額 54,000円 3,000円

mineoの割引額は1回線50円とワイモバイルの10分の1なので、年間にするとワイモバイルのほうが非常にお得なことが分かりますね。

UQモバイルとワイモバイルの家族割りを比較

ソフトバンク直営のワイモバイルに対して、au(KDDI)グループの格安SIMがUQモバイルです。

UQモバイルには「UQ家族割」というサービスがあります。内容は「ワイモバイルの家族割引サービス」と全く同じとなっています。つまり、1回線500円の割引が最大9回線までの子回線に適用されるというものです。

家族割りの条件が同じということで、それ以外の料金プランやサービスなどを比較してどちらにするか決めるといいでしょう。

ワイモバイル家族割りの注意点

ワイモバイルの家族割引サービスは、主回線を解約すると自動的に適用終了となることに注意が必要です。

もし主回線を解約しても副回線は割引を継続したいのであれば、副回線のうちのどれかを主回線にして、再度家族割引サービスに申し込まないといけません。

また、契約が法人名義の場合は家族割引サービスの適用外となることも覚えておくといいでしょう。

更新日