test

インターネットプラン、どれを選ぶ?

納得、満足のインターネットプランを見つけましょう。

格安SIM - 楽天モバイルの料金とポイント解説
rakuten main

格安SIMのシェア率ナンバーワンの楽天モバイル。皆さんご存知の楽天グループが提供しています。そんな楽天モバイルが気になっている方へ、楽天モバイルの料金についてご紹介します。

  • 楽天モバイルでは、格安SIMでは珍しく、時間無制限でかけ放題の通話オプションがあります。
  • 楽天モバイルは楽天ポイントで清算をすることも可能です。

楽天モバイル・SIMの料金

楽天モバイルの料金は選ぶ「SIMのタイプ」(通話SIM、SMS機能付きデータ専用SIM、SMS機能なしデータ専用SIM)と「契約データ容量」によって異なります。

ベーシックプランは、通信速度が遅い(最大データ200kbps)の通信プランです。通信速度を気にせずインターネットやデータ通信を行いたい場合は3.1Gプラン以上をおすすめします。

楽天モバイルの料金
  通話SIM データSIM
(SMSつき)
データSIM
(SMSなし)
ベーシック
プラン
1,250円 645円 525円
3.1Gプラン 1,600円 1,020円 900円
5GB 2,150円 1,570円 1,450円
10GB 2,960円 2,380円 2,260円
20GB 4,750円 4,170円 4,050円
30GB 6,150円 5,520円 5,450円

楽天モバイル・SIM・通話料金

携帯番号で電話をかけたい場合は、通話SIMを選びます。また、今使用している携帯番号を楽天モバイルでも引き続き使用したい場合(MNP)は、契約中の携帯キャリアからMNP予約番号を取得する必要があります。

このMNP予約番号は、楽天モバイルを契約する際にオンラインフォームに入力する必要があります。

また、通話料金は、電話をかける度に料金がかかる方法を選ぶか、かけ放題のいずれかを選びます。

楽天モバイル・通話料

楽天モバイルの通話料
通話料 20円/30秒
かけ放題のオプションを付けない場合は、電話をかけるごとに上記の料金がかかります。

楽天でんわ・かけ放題プラン

楽天モバイルのかけ放題料金
通話オプション名 月額料金(税抜) オプション内容
楽天でんわ
かけ放題
2,380円
  1. 国内通話が何分でも何度でもかけ放題。
  2. 電話回線を使用しています。
  3. 楽天でんわアプリを使います。
  4. ご自身の携帯電話番号が相手に表示されます。
5分かけ放題 850円
  1. 国内通話が5分までなら何度でもかけ放題
  2. 通話時間が5分を過ぎた場合は、通話料が別途かかりますが、通話料金は10円/30秒(通常20円/30秒)になります。
  3. 電話回線を使用しています。
  4. 楽天でんわアプリを使います。
  5. ご自身の携帯電話番号が相手に表示されます。

楽天モバイル・通話SIM限定プラン - スーパーホーダイ

上記に紹介した料金プラン以外にも、楽天モバイルには「通話SIMカード限定の料金プラン」が存在します。

楽天モバイル - スーパーホーダイ内容

通信速度が1Mbps使い放題と、国内通話5分かけ放題がセットになっているプランです。楽天会員は、基本料金が1,000円引き、そして楽天会員のうちダイヤモンド会員の場合はさらに500円割引になります。

以下に通常の楽天会員向けのスーパーホーダイの料金をご紹介します。

楽天モバイル - 通話SIM限定のプラン - スーパーホーダイ
  プランS プランM プランL
月額料金 1980円 2980円 4980円
データ通信 2GB/月 6GB/月 14GB/月
  1. 上記の高速通信容量を使い切ってしまっても、通信速度1Mbpsでデータ通信が使い放題
  2. 通信が込み合う時間帯(12:00-13:00、18:00-19:00)は最大300kbps
通話
  1. 5分以内の通話は何度でもかけ放題
  2. 通話時間が5分を過ぎた場合は、通話料が別途かかりますが、通話料金は10円/30秒(通常20円/30秒)になります。

楽天モバイル契約・初期費用

楽天モバイル契約時には、以下の事務手数料がかかります。あらかじめご理解ください。

楽天モバイルの契約時にかかる料金(税抜き)
契約事務手数料 3,394円

楽天モバイルのここがポイント - メリット

格安SIMのシェア率ナンバーワン

楽天モバイルは、2017年11月時点で格安SIM(MNVO)のシェア率ナンバーワンを誇っており、契約者数は100万人を超えています。

これはひとえに楽天モバイルの料金体系や使いやすさが支持されての事ですが、ナンバーワンに選ばれるだけの理由がある、という事で安心して契約できますね。

楽天スーパーポイントが楽天モバイルの支払いに使える。

楽天モバイルならば、楽天スーパーポイント(楽天市場や楽天トラベルなど楽天グループのサービスに使用で貯まったポイント)で楽天モバイルの支払いが可能です。

実質、料金が安くなるわけではありませんが、楽天ポイントが貯まっており特に差し迫って買い物をする必要がない場合は、ポイントを楽天モバイルの支払いに使うなど支払いの選択肢が増えます。

楽天モバイルには時間無制限のかけ放題プランがある

格安SIMの中には、「"時間無制限"の電話かけ放題」のオプションを提供しているところは少数です。

楽天モバイルの他にはY!mobileが時間無制限のかけ放題の料金プランを提供しています。

データ通信よりも、携帯電話による通話の方が重要度が高い人には便利です。

楽天モバイルのここが注意点 - デメリット

選べるデータ容量の種類が少ない

楽天モバイルの場合、選べるデータ容量が3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GBと5種類しかありません。スーパーホーダイでは3タイプのみです。

もっと細かくデータ容量を選びたい、契約している月のデータ容量を使い切ってしまっても通信速度の制限なくデータ通信を行いたいという人は他の格安SIMカードが向ている可能性もあります。

データ容量がよりフレキシブルに選べる格安SIMカードとしてはエキサイトモバイルDMMモバイルなどがあります。

10分かけ放題のオプションがない

楽天モバイルでは、「時間無制限の電話かけ放題のプラン」と「5分まで何回でもかけ放題」の2種類のオプションが提供されていますが、「10分まで何回かけてもかけ放題のプラン」がありません。

格安SIMの多くは、「時間無制限で電話がかけ放題」を提供しているところは少ないものの、「10分までのかけ放題」を提供しているところが多くあります。

5分だと足りない、もしくはちょっと少ないようで頼りないけれどけれど、時間無制限のかけ放題プランをつけるほど電話はしないという人には、「10分間かけ放題」のオプションプランがあるとこの方が適している可能性もあります。

念のためご自身の通話スタイルや通話時間を確認してみましょう。

楽天モバイルの公式サイト はこちらからご確認いただけます。

更新日

ガイド - 格安SIM - 楽天モバイルの料金とポイント解説