本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

【PR】

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

🥇おすすめNo.1!全てにおいて業界最安級 楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得乗り換えキャンペーン
  • データ無制限&24時間通話無料3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • MNPで 最大13,000円楽天ポイント還元中
  • iPhone業界最安値

🥇全てにおいて業界最安級!
楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得乗り換えキャンペーン

>

  • データ&通話が無制限3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • MNPで 最大13,000円還元中
  • iPhone業界最安値

Bluetooth(ブルートゥース)とはわかりやすく説明すると何のこと?

 Bluetooth(ブルートゥース)とは?
Bluetooth(ブルートゥース)とは?

Bluetooth(ブルートゥース)とはわかりやすく説明すると何のこと?

Bluetooth(ブルートゥース)とはイヤホンやマウスなどをスマホやパソコンなどの通信機器と無線接続する方法のひとつです。

昨今はほとんどのスマホやタブレット、パソコンにBluetoothが搭載されているおり、それに伴い多くのデジタル周辺機器はワイヤレス化されています。

配線がスッキリするのでとても便利なBluetoothですが、ここまで読んで「一体何のことやら…」という方は是非この記事を読み進めてください。

Bluetooth(ブルートゥース)の特徴やメリット・デメリット、また気になるWiFiや赤外線通信との違いについて、わかりやすく解説します。

ニュース・キャンペーン情報

格安SIMの中でも高速で人気のUQモバイルが今ならお得

UQモバイルロゴ
  • au Pay最大10,000円分相当残高還元(au・povo以外からの乗り換え)
  • 自宅セット割でお得!auでんきや各種光回線と一緒に使うと、4GB1,078円
  • 人気のiPhone SEも月々1,042円~の分割払いで購入可能
UQ応援割  U18&家族 開始!
20GB 月額1,958円から (最大12か月間)

UQモバイルのサイトを見る

Bluetooth(ブルートゥース)って何?

Bluetooth(ブルートゥース)は、デジタル機器同士を無線接続して情報のやり取りができる通信規格です。

スウェーデンのエリクソン社が開発を開始したBluetoothは後に、インテル、IBM、ノキア、東芝という世界に名だたる企業と共同開発されるようになります。そして、1999年に満を持して通信市場に登場しました。

現在に至っては、世界中で発売されているスマホやタブレット、パソコン等ほぼ全てにBluetoothが搭載されています。生産国やメーカーに関わらず互換性が高いのが特徴です。

Bluetoothを使うと、これまで有線で接続していたものをワイヤレスで簡単に接続できてとても便利。

たとえば、スマホとBluetoothイヤホンを接続すれば、邪魔になりがちなイヤホンケーブルから解放されます。また、パソコンと周辺機器(マウス・キーボード等)をBluetoothで接続することで、パソコン周りがスッキリします。

Bluetooth(ブルートゥース)を利用することでスマホライフがより充実し快適に

今やスマホで音楽や動画を楽しむ時代です。Bluetooth(ブルートゥース)を利用してワイヤレスイヤホンを活用すれば、ランニングなどの運動をしながら音楽を楽しむのに最適です。

また、ヨガのやり方なんかを動画で楽しみながら、一緒に同じ動作をすることも可能です。

その他にも、スマホをポケット型WiFiの代用として活用することもできます。テザリングをしながら、野外でパソコンをインターネットで接続する…なんてことまで容易にできてしまいます。

Bluetooth(ブルートゥース)は車でも大活躍

車でもBluetooth接続が可能です。筆者は車に搭載されているナビがあまり得意ではないのですが、そんな時こそBluetoothの出番です。

Bluetooth接続でアンドロイドやiPhoneに接続することで、普段使いなれている地図アプリにアクセスできます。慣れない道の運転をする時、普段から利用しているナビで走れたら安心ですよね。

もちろん、音楽アプリも聴けるので、お気に入りの音楽と共に快適なドライブが楽しめます。

Bluetooth(ブルートゥース)が利用できる距離

Bluetoothの電波が届く範囲は、10mから100m程度といわれています。

また、なるべく安定した電波を利用するには、10m以内で利用することが推奨されています。

必ず、スマホ端末やPCに接続する周辺機器は近くに置いて利用しましょう。

Bluetooth(ブルートゥース)に通信・通話料は必要?

Bluetoothを利用するにあたって、通信料はかかりません。

ただし、例えばBluetooth接続をしたイヤホンを利用してスマホで通話をする…といった場合は通常のスマホの通話料金が発生します。

つまり、Bluetoothで周辺機器を接続するのは完全無料でデータ消費もしません。しかし、その周辺機器を利用してスマホなどの端末でインターネットや通話を利用すると、通常通り通信料や通話料が発生します。

なお、Bluetoothは近距離通信向けで、通常10メートル範囲内での使用が想定されています。

Bluetooth(ブルートゥース)にはバージョンがある

Bluetoothが日本で普及し始めた2003年頃はバージョン1.1でした。それから徐々に改良されて、2020年時点ではバージョン5.2まで進化しています。バージョンが上がるごとに転送スピードが速くなり、様々な機能も追加されてきました。

Bluetoothデバイス同士をペアリング(接続)するにあたって、双方のBluetoothバージョンが異なる場合は、古いバージョンのほうが有効になります。つまり、どちらか片方の機器だけBluetoothバージョンが新しくても意味がありません。

ですのでBluetoothデバイスを購入する前に、手持ちの機器のBluetoothバージョンを確認しておくといいでしょう。

Bluetooth(ブルートゥース)とWi-Fiの違い

Wi-Fi(ワイファイ)は現在一番メジャーな無線通信規格といえます。そんなWi-FiとBluetoothの最大の違いは通信速度です。

Wi-Fiは最大6.9Gbpsものスピードを持っており、複数機器の同時接続および大容量データ通信に向いています。そのため、インターネットするための無線ルーターにはWi-Fiが使用されているんです。

Bluetoothは通信速度がそれほど速くないため、インターネット通信というよりも1対1のデバイス間通信に用いられます。たとえば、パソコンとキーボードやマウスなどです。

Bluetoothは、通信速度がWi-Fiより低い代わりに消費電力も少なくて済みます。たとえばWi-Fiモバイルルーターは1回の充電で最大10時間程度使用できますが、Bluetooth機器なら1回の充電で最大30~40時間は持ちます。

このように、BluetoothとWiFiはそれぞれの特徴を活かせる場所で利用されているわけです。

BluetoothとWi-Fiの違い
  Bluetooth Wi-Fi
規格名 IEEE 802.15.1 IEEE 802.11
主な用途 ヘッドセット・スピーカー・パソコン周辺機器など スマートフォン・タブレット・パソコン・ルーターなど
接続機器数 1対1 複数
通信速度 最大24Mbps 54Mbps~6.9Gbps
通信距離 10m程度 100m以上
消費電力 少ない 多い

Bluetooth(ブルートゥース)と赤外線通信の違い

赤外線通信もBluetoothと同じく近距離の無線通信規格ですが、特徴は大きく異なります。

赤外線は電波に直進性があるため、送信側と受信側の機器双方の赤外線ポートがきちんと向き合っていないと通信できません。その特徴のため、現在は主にリモコン類に使われています。

それに対してBluetoothの電波は全方向に拡がり、2つのデバイス間に障害物があっても電波が届きます。このことから、以前は赤外線通信機能が搭載されることが多かった携帯電話も、今ではほぼ全機種がBluetoothに切り替わっています。

Bluetoothと赤外線通信の違い
  Bluetooth 赤外線通信
電波の性質 全方向性 直進性
主な用途 スマートフォン・ヘッドセット・スピーカー・パソコン周辺機器など リモコン類(テレビ・エアコンなど電気機器)
通信速度 最大24Mbps 最大4Mbps
通信距離 10m程度 30cm~1m程度
消費電力 少ない 少ない

Bluetooth(ブルートゥース)4つのメリット

Bluetoothならではのメリットを4つ紹介します。

  1. 接続が簡単
  2. ケーブルが不要になりスッキリする
  3. Bluetooth対応デバイスは種類豊富
  4. 電池が長時間持つ

メリット①接続が簡単

Bluetoothデバイス同士を接続する「ペアリング」のやり方はとても簡単。双方のデバイスでBluetooth設定をオンにするだけです。

Wi-Fiだと、受信側でパスワードの入力をする一手間が必要ですが、Bluetoothはパスワードの入力など不要。双方のデバイスのBluetoothをオンにすれば、自動的にピッと音が鳴り接続完了します。

メリット②ケーブルが不要になりスッキリする

無線接続の利点といえますが、Bluetooth対応機器を使用すればケーブルが不要になります。

今までスマホの音楽をイヤホンで聴いていた人だと、何かの動作の拍子にイヤホンケーブルが抜けたり、イヤホンが耳から外れたりした経験があることでしょう。でもBluetoothイヤホンなら、ケーブル自体が無くなるので本当に楽になります。

室内で音楽を聴く人は、Bluetoothスピーカーならどこでも好きな場所に置いて音楽を楽しめます。

パソコンを使っている人なら、Bluetooth対応のキーボードやマウス、スピーカーなどを使うと、複数のケーブルが絡まって見栄えが良くなかったパソコン周りがとてもスッキリしますよ。

メリット③Bluetooth対応デバイスは種類豊富

現在販売されているパソコン・スマホ・タブレットは、ほぼ全ての機種にBluetoothが搭載されています。また、以下のような機器にはBluetooth対応機種が豊富に見つかります。

  • ヘッドホン
  • イヤホン・イヤホンマイク
  • マイク内蔵ヘッドセット
  • 小型スピーカー
  • キーボード
  • マウス

上記のデバイスのどれかを購入検討しているなら、Bluetooth対応のアイテムを選んでワイヤレスの良さを実感してみるのもいいでしょう。

イヤホンジャックがないiPhoneはBluetoothイヤホンが必須iPhone7以降のiPhone機種にはイヤホンジャックがありません。つまり通常のケーブルイヤホンが使用不可なため、イヤホンを使いたいならBluetooth搭載イヤホンが必須となります。

メリット④電池が長時間持つ

Bluetoothは消費電力が少なく、一回の充電で長時間持ちます。たとえば、平均的なBluetoothイヤホンだと連続再生40時間程度、Bluetooth小型スピーカーなら平均20時間程度は連続再生が可能です。

外出時に持ち運んで使うデバイスだと特に電池の持ちは気になるもの。外で時間を過ごすことが多い人は、気になるBluetooth搭載アイテムの「最大連続使用時間」をチェックしてみてくださいね。

Bluetooth(ブルートゥース)のデメリット

Bluetoothはとても便利で使い勝手の良い機能ですが、ひとつだけデメリットがあります。それはセキュリティ面のリスクです。

Bluetoothデバイスは、近距離にある他のBluetoothデバイスを検索して簡単に接続できますが、その機能が第三者によって悪用される可能性もあるのです。

たとえば外出時に、スマホのBluetoothを使って他のデバイスをペアリングするとしましょう。その際、近くに悪意のある第三者がいたとして、あなたのスマホに何らかのデバイスを接続して外部から操作されてしまう可能性もないとは言いきれません。

Bluetoothのセキュリティ面でのリスクを減らすため、スマホやタブレットなどのBluetoothを使わない時はなるべく設定をオフにしておきましょう。そうすることで万が一のリスクを防げます。

また、最新のBluetoothバージョンはセキュリティ面も改良されているため、なるべくバージョンが新しいデバイス機器を使うのもおすすめです。

まとめ:Bluetooth(ブルートゥース)は簡単かつ便利

Bluetooth(ブルートゥース)は、機器同士を簡単にワイヤレス接続できるのでとても便利です。特にイヤホンやヘッドセット、スピーカーなど音声情報のやり取りに向いています。

これから何らかのデバイス機器を購入する予定なら、Bluetooth搭載のものをチェックしてみてくださいね。

おすすめSIM会社

iPhone購入とプラン契約で最大22,000円分ポイント還元繋がり易くなったRakuten最強プランではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、3GBまでならかけ放題で1,078円

通信品質トップクラス。新プランのコミコミプランでは、10分かけ放題付で20GB3,278円(税込)でオンライン専用プラン並みの低価格店舗サポートも魅力。

ドコモ品質で安心。20GBと5分かけ放題で月額2,970円。大盛りオプション利用で月額4,950円で100GBの大容量もおまかせ。海外でも20GBまで利用可能。

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEのデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が契約から7か月目まで無料!

更新日