本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
【PR】

🥇おすすめNo.1!全てにおいて業界最安級 楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得乗り換えキャンペーン
  • データ無制限&24時間通話無料3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • MNPで 最大13,000円楽天ポイント還元中
  • iPhone業界最安値

🥇全てにおいて業界最安級!
楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得乗り換えキャンペーン

>

  • データ&通話が無制限3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • MNPで 最大13,000円還元中
  • iPhone業界最安値

テザリングってなに?料金は? - 格安SIM選びで知っておきたい基礎知識

テザリングってなに?料金は? -  格安SIM選びで知っておきたい基礎知識
テザリングでどこでもインターネットができて便利。

”テザリング”って聞いたことがあるけれどよく分からないという方へ。”テザリング機能”で何ができるのか、分かりやすく丁寧に説明します。

  • ”テザリング”すれば、「スマホを介して」パソコンやタブレットをインターネットに接続することができます。
  • ”テザリング”の方法が分かれば、公共のWi-FiやモバイルWi-Fiを持っていなくても、スマホのデータ契約分を使ってインターネットをすることができます。

ニュース・キャンペーン情報

格安SIMの中でも高速で人気のUQモバイルが今ならお得

UQモバイルロゴ
  • au Pay最大10,000円分相当残高還元(au・povo以外からの乗り換え)
  • 自宅セット割でお得!auでんきや各種光回線と一緒に使うと、4GB1,078円
  • 人気のiPhone SEも月々1,042円~の分割払いで購入可能
UQ応援割  U18&家族 開始!
20GB 月額1,958円から (最大12か月間)

UQモバイルのサイトを見る

テザリングでできること

テザリングとは何か?

テザリングとは、スマートフォンをルーターとして使用し、他の通信機器機をインターネットにつなげることをいいます。(出典:NTT)

テザリングで一体何ができるのかまずは確認してみましょう。

想像してみてください。場所はどこでも構いませんが、有線のインターネット接続はもちろん、Wi-Fiも一切ないところに居たとします。

そして、手元にはデータ契約をしているスマホ(つまりインターネットが使える)とノートパソコンがあるとします。

このような状況で何かインターネットを使って調べ物をしたいとなったら、「使えるのはスマホだけ、少し画面が小さくて見にくいけど仕方ない。」そう考えるのではないでしょうか?

「自宅ならパソコンを光回線につなげばインターネットができる、もしくは無料Wi-FiのあるカフェならそこのWi-Fiにつなぐけれど、でもここでネットにつながるのはスマホだけ。パソコンをインターネットにつなぐことはできない・・・。」そういう理屈になりますね。

でも"テザリング"をすれば、そのスマホを使って、ノートパソコンでインターネットをすることができるのです。

つまり、スマホを「ルーター」として利用することで「ノートパソコン」を始め「タブレット」やデータ契約のない他の「スマホ」もインターネットに接続させることができる、これが「テザリング機能」なのです。

もちろん、WiMAXのようなモバイル回線を別途契約している人は、テザリング機能を使わなくても、WiMAXルーターを使ってどこでもどの端末ともインターネットを接続することができます。

それ以外の場合、つまりデータ契約をしているのがスマホだけという方は、「テザリング」をすればパソコンをインターネットにつなぐことができるのです。

どんな時にテザリングするのか

テザリングってなに?

テザリングとはtether=繋ぐという英単語から来ています。ロープのことをtether(テザー)ということもあります。

”テザリング”がどのようなものか、どんなことができるのか理解いただけましたでしょうか?

もしかしたら「そんな機能は特に必要じゃないな。」という方もいるでしょう。

事実、パソコンで作業するのはインターネット環境の整った自宅だけ、外出先で動画をみたり何か地図をみたりとネットが必要な時もスマホだけで間に合う、そんな人はこのようなテザリング機能を使用する機会はないかもしれませんね。

ただ、「どうしてもパソコンで作業が必要になのに、無料Wi-Fiのある場所がない。」もしくは「パソコンで作業した方が速いのにインターネットがないという環境にいる」こんな時にテザリングの方法を知っていると便利です。

こんな時にテザリングできると便利

  • 外出先のWi-Fiのない場所でノートパソコン(タブレット)をインターネットに接続したい場合。
  • 公共の無料のWi-Fiではセキュリティー面が心配な場合。

テザリングの方法

Wi-Fiテザリングが最も一般的

続いてテザリングを実際に行う方法について詳しくみて行きます。

スマホを介してインターネットにつなげたい機器(パソコン、タブレット、ゲーム機など)を接続させるテザリングには1.Wi-Fiテザリング、2.USBテザリング、3.Bluetoothテザリングの3種類があります。

これらのうちでも、ワイヤレスで接続ができるのが1.Wi-Fiテザリングと3.Bluetoothテザリングです。2.USBテザリングは、USBケーブルが必要です。有線ですので早いのが魅力ですが、USBケーブルが必要です。

無線でできるデザリングのうち、Wi-Fiテザリングならば、複数台の端末(スマホ・タブレット・ゲーム機)と接続できるというメリットがあります。また、Bluetoothテザリングは通信速度は遅いのですが、電気をあまり消費しないという利点もあるので覚えておくといいでしょう。

以下に3種類のテザリングの方法と特徴についてまとめました。実際のところ、Wi-Fiテザリングを行うことが一番多いようです。

テザリングの方法は3種類
テザリング種類 長所 短所
Wi-Fiテザリング
  1. ワイヤレスでテザリングできる
  2. 複数の端末に繋げることができる
  1. スマホのバッテリーをたくさん使う。
USBテザリング
  1. 有線のため通信速度が安定している。
  2. 有線のため通信速度が安定している。
  3. パソコンがコンセントにつながっているならば、スマホも同時に充電できる。
  1. USBケーブルが必要。(充電用のケーブルでOK)
Bluetoothテザリング
  1. バッテリーの消費が少ない
  1. 通信速度が遅い。

Androidで接続する場合

1.「設定」→ 無線とネットワークの「その他の設定」をタップし、続いて「テザリング」をタップ、Wi-Fiテザリングをする場合は、Wi-Fiテザリングを選び有効にします。

2. 続いて「Wi-Fiテザリング設定」をタップし、パスワードを設定します。(セキュリティに”WPA2 PSK”を選びます。)これでスマホ側の設定は完了です。

3. 次は接続したい端末の設定を行います。接続したい端末(タブレットやPC)の電波マーク(Wi-Fi接続設定画面)をクリックすれば、先ほどテザリングをオンにしたスマホをインターネットのアクセスポイントとして特定するためのSSID(=ネットワークの名前)が出てきますので、それをクリックして接続します。パスワードは、ご自身で設定したパスワードを入力すれば接続完了です。

iPhone(ios)で接続する場合

1.「設定」→ 「インターネット共有」に行きスイッチをオンにすればスマホ側の準備は完了です。Wi-Fiテザリングをする場合は、パスワードを設定します。パスワードはその都度変更が可能です。パスワード表示にチェックを入れれば、文字通りパスワードが表示されますから便利です。

2. 接続したい端末(タブレット)やPCの電波マーク(Wi-Fi接続設定画面)をクリックすれば、先ほどテザリングをオンにしたスマホをインターネットのアクセスポイントとして特定するためのSSID(名前)が出てきますので、それをクリックして接続します。パスワードは、ご自身で設定したパスワードを入力すれば接続完了です。

iPhoneの場合、画面の上部にインターネットの共有台数が表示されます。また、iPhoneの場合は「テザリング」という言葉は使用されておらず、「インターネット共有」という言葉が使用されますが同じものを指します。

機種などによっては、画面や表示面が異なることがありますが、テザリングの基本的な流れは上記の通りです。

テザリングの料金

テザリングの料金は完全無料の場合もあれば、有料の場合は大体月額500円程度が発生します。

また、全体的にテザリングは無料化に向かっています。例えば、今だテザリングが有料の大手キャリアですが、最新のプランに関してはほぼ無料となっています。

では、各携帯事業者のテザリング料金をまとめていきます。

ソフトバンクのテザリング利用料

ソフトバンクのテザリング利用料は、月額550円となっています。尚、データプランメリハリ無制限は無料でテザリングが可能ですが、①時間帯により速度制御の場合あり、②テザリング・データシェアは合計30GBまでと条件付きで利用可能です。

ソフトバンクのテザリング利用料
データ(パケット)定額サービス 月額使用料
データプランメリハリ
データプランミニフィット
データプラン50GB+
データプランミニ
データプラン20GB(スマホ)
データプラン4GB(スマホ)
データプラン4GB(ケータイ)
データプラン3GB(スマホ)
データプラン3GB(ケータイ)
データプラン100MB
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額 20GB/30GB/50GB
データ定額スマホデビュー
家族データシェア 50GB/100GB
法人データシェアギガパック(50)/(100)
550円
データプランメリハリ無制限
データプランミニフィット+
データプラン50GB(データ通信)
データプラン3GB(データ通信)
データ定額ミニ 1GB/2GB
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額 5GB
データ定額S(4Gケータイ)
無料
上記以外 550円(加入から2年無料)

ドコモのテザリング利用料

ドコモのテザリング利用料は無料です。「5Gギガホ」「5Gギガホ プレミア」なら、テザリングのデータ制限もなく無制限で利用できます。

auのテザリング利用料

新規受け付け終了のプランに関しては、継続して有料となっていますが、現在受付中プランは全て無料で利用が可能です。

ここでは、新規受付終了の料金プランについては、このリスト上に掲載されていなくても無料の場合もあるため、公式サイトで確認しましょう。

auのテザリング利用料
データ(パケット)定額サービス 月額使用料
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G DAZNパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
スマホミニプラン 5G
スマホスタートプラン 5G
スマホスタートプランライト 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G DAZNパック
使い放題MAX 4G
スマホミニプラン 4G
スマホスタートプラン 4G
スマホスタートプランライト 4G
ケータイプラン
タブレットプラン50 5G
タブレットプラン3 5G
タブレットシェアプラン 5G
タブレットプラン50 4G
タブレットプラン3 4G
タブレットシェアプラン 4G
無料
上記以外 550円

楽天モバイルのテザリング利用料

楽天モバイルは完全無料で、更にデータ容量の制限なしにテザリングを利用できます。

頻繁にテザリングをする方には、楽天モバイルがおすすめです。

格安SIMのテザリング利用料

格安SIMもテザリングは基本的に無料です。

テザリングの注意点・デメリット

テザリングはとても便利な機能ですが、理解しておきたい注意点もいくつかありますので、こちらでご紹介します。

電池の消費が大きい

充電をせずにテザリングを続けると、当たり前ですが充電もその分消費します。

スマホの通信容量を使用する

これも当たり前ですが、テザリングをする場合、スマホで契約をしている通信容量を使ってパソコンなりタブレットでインターネットをするわけですから、スマのの通信容量を使います。

テザリングによりマホ以外の端末でインターネットをし過ぎると”本家”のスマホでデータ通信(インターネット)ができなくなってしまいますから注意が必要です。

キャリアによってはテザリングが有料になっている

こんな便利なデザリングですが、契約しているキャリアによってはテザリングするのが有料な場合があります。

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)では基本的にテザリングは有料です。選ぶプランよっては無料でテザリングができるところもあるのですが、それ以外のプランでは月額500円から1000円まで料金がかかります。

ちなみにY!mobileの場合は、無料でデザリングが可能です。また、ほとんどの格安SIMでテザリングが無料で利用することができます。基本料金が安いことに加えてテザリングが無料となれば、格安SIMがより魅力的に見えてきますね。

  • 格安SIMなら無料でテザリングができます。
  • Y!mobileはテザリングが無料です。→ Y!mobileの公式サイトで格安SIMの月額料金を調べる。

大容量のデータ通信をするならばモバイルWi-Fiがベター

上記のようなテザリングの注意点・デメリットを考えると、もし、場所を気にせずにパソコン・タブレットでインターネットを使いたい場合はやはり、スマホを利用したテザリングではなく、モバイルWi-Fi(WiMAX-ワイマックス)を使用 した方が便利です。

WiMAXルーターを購入し契約をすれば、無制限にインターネットができますし、今度は逆にスマホをこのWiMAX(ワイマックス)ルーターにつなげば、データー容量を気にせずスマホでインターネットができます。スマホで契約しているデータプランを低いものにすればトータルで通信費を安くすることができて節約にもなります。

おすすめSIM会社

iPhone購入とプラン契約で最大22,000円分ポイント還元繋がり易くなったRakuten最強プランではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、3GBまでならかけ放題で1,078円

通信品質トップクラス。新プランのコミコミプランでは、10分かけ放題付で20GB3,278円(税込)でオンライン専用プラン並みの低価格店舗サポートも魅力。

ドコモ品質で安心。20GBと5分かけ放題で月額2,970円。大盛りオプション利用で月額4,950円で100GBの大容量もおまかせ。海外でも20GBまで利用可能。

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEのデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が契約から7か月目まで無料!

更新日