SNSとは?SMSとは?- SNSとSMSの違い

SNSとSMSの違い
SNSとSMSの違いを分かりやすく解説します。似ている単語ですが、理解するのは決して難しくありません。

格安SIMをチェックしていると必ずと言っていいほど登場する「SNS」と「SMS」という言葉。似てるけど意味が違うのがややこしい。「SNS」と「SMS」を混同しないためのテクニックも伝授します。

  • SNSとはソーシャルなネットワーク作りに使えるサービスです。
  • SMSとは携帯番号を宛先として短いメッセージを送れるサービスです。

SNSとSMSの違い

SNSとSMSという2つの単語、とても似ていますが、全然違うものです。格安SIMやスマホのプランを見ていると、これらの単語が頻繁に出てくるので混同してしまいがちです。この記事では、SNSとSMSについて分かりやすく解説をしています、

SNSとは?

SNSとSMSの違い

代表的なSNSと言えばFacebookやInstagram。ソーシャルなネットワーク作りに使えるサービスがSNS。

SNSとはSocial Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略です。ソーシャルなネットワーク作りのために使用できるオンライン上のサービスのことをSNSといいます。

「ソーシャルなネットワーク?」意味がよく分かりませんね。ソーシャルとは、「社会的な」という意味の英語です。友達や家族といった既知の人々から、まだ出会ったことのない人やグループを想像してください。それから「ネットワーク」という単語は、”交流”という日本語に置き換えてみましょう。

つまり、自分の仲間と情報や写真をシェアしたり、チャットをしたり、自分の関心のある分野の記事を引用して、同じ趣味の人を探したり・・・そんなことができるのが、ソーシャル・ネットワーキングです。

そしてそのような、”ソーシャル・ネットワーキング”をインターネットを介してオンライン上で可能にしてくれるサービスを、Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と呼びます。

SNSとSMSの違い
いいね!で世界中の人とコミュニケーションできる。それがSNS。

具体的には、どのようなものがSNSに該当するのでしょうか?すでに多くの人が利用しているFacebookを始め、Twitter(ツィッター)そしてmixi(ミクシィ)、インスタグラムなどがまさにSNSです。

Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)という言葉がもし全て覚えられない場合は、「N」がネットワークだということを思い出せば、FacebookやTwitterやInstagramのことだな!と分かるでしょう。

スマホでSNSをもっと楽しむために

Facebookやツィッター、インスタグラムなどをスマホで利用する場合、データを消費します。自分の撮影した画像や動画をどんどんシェアしたい、友達や専門家やマニアがシェアした記事やブログをSNSを経由してタイムリーに読みたい、そんな場合はデータ容量が多めに必要です。

格安SIMでは、大手キャリアに比べてデータ通信の料金が大幅に安く設定されています。外出先でも、データ容量を気にせず気軽にSNSを楽しみたい人は格安SIMへの切り替えを検討してみても良いのではないでしょうか?

LINEモバイルなどは、LINEで使った分、もしくはその他のSNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)で使用した分のデータ容量はカウントしない!というユニークな料金プランを提供しています。

色々選べる格安SIM
サービス提供元 内容  
ワイモバイル
  • 通話プランが充実しているワイモバイル
IIJmio(アイアイジェイミオ)
  • シェアの高い格安SIM
DTIモバイル
  • 3GBバイトのプランが業界最安値。
LINEモバイル
  • LINEでのデータ使用がカウントされない。

SMSとは?

SNSとSMSの違い

携帯番号を宛先として指定し、短いメッセージを送れるのがSMS

SMSとはShort Message Service(ショート・メッセージ・サービス)の略です。スマホ・ケータイの電話番号を宛先として、送信もしくは受信する文章だけの"Short Message(ショートメッセージ)"つまり短いメッセージのことを指します。に紐づいてメッセージのやり取りが可能です。

繰り返しになりますが、SMSでは「090や080で始まる携帯電話の番号」が送信先・受信先として使用されます。Eメールアドレスが送信先・受信先として使用されるものは、同じメッセージでもSMSとは呼びません。

また、LINEも携帯番号を宛先としてメッセージを送っているわけではありませんので正確にいえばSMSではありません。LINEで音声通話ができますが、電話ではなく、インターネット回線を利用しているためデータを消費します。

SNSとSMSの違いが分からなくなった場合は、SMSの「M」はメッセージのMと覚えておくと分りやすいのではないでしょうか?

(ちなみにSMSのことを大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)によっては、違う名称をつけています。例えばauではSMSのことをCメールと呼んでいますが、SMSを意味します。)

SNSとSMSを混同しないテクニック

SNSとSMSのそれぞの意味は上記の説明で理解していただけたと思います。

それでも単語が似ているから、また、どっちがどっちか分からなくなってしまいそうです。そんな時には、NはネットワークのN、だからFacebookやTwitterのことで、MはメッセージのMと思い出してみてください。

これだけで、SNSとSMSの違いがすぐにわかり、悩むこともなくなるはずです。

更新日