光電話の契約 - プロバイダーによって内容や料金は大きく違うの?

光電話の契約 - プロバイダーによって内容や料金は大きく違うの?

光回線の申し込み時に、光電話に加入するか悩む方もいるかもしれません。光電話はプロバイダーごとに料金やサービスが異なるのでしょうか?主なプロバイダーのサービス内容を比較してみました。

光電話サービスはどのプロバイダーもほぼ同じ

光電話の基本料金や通話料ですが、プロバイダーによる違いはほとんどありません。なぜなら、光電話を含むIP電話サービスを提供するのはプロバイダーではないからです。

IP電話サービスを提供する事業者のことをITSP(Internet Telephony Service Provider)といいます。プロバイダーはISP(Internet Service Provider)の略称なので、ITSPとは異なることが分かりますね。

なお、ITSPは主にアメリカで使われる名称で、日本ではVoIP事業者※という呼称が一般的です。VoIP事業者にはNTTをはじめ、KDDIやソフトバンク、電力系通信事業者などが挙げられます。

※VoIPって何のこと?VoIP(Voice over Internet Protocol)とは、音声をデジタル化してネットワーク上で送受信する技術のことです。アナログの電話回線と違って、通話先との距離に関わらず料金が均一になるというメリットがあります。

VoIP事業者によってサービスが異なるかというと、やはり違いは大きくありません。料金に多少違いがありますが、それも微々たるものです。

結論として、どのプロバイダーを契約するか決める際には、光電話サービスを比較する必要は特にないといえます。

光電話サービス比較 - 大手通信事業者(NTT・ソフトバンク・KDDI)

大手通信事業者が提供する光電話サービスの基本料金と通話料金を比較してみましょう。

主な違いは、自社の携帯電話への通話料金が多少安くなること。特にソフトバンクのホワイト光電話は、SoftBank携帯電話への通話が完全無料になるというメリットがあります。

光電話の料金比較
VoIP事業者 NTT東日本/西日本 ソフトバンク KDDI
光電話サービス ひかり電話 ホワイト光電話 auひかり電話
光回線サービス フレッツ光
ドコモ光
・各光コラボ
ソフトバンク光 auひかり
月額基本料 500円 467円 500円
通話料金(固定電話へ) 8円/3分 7.99円/3分 8円/3分
通話料金(携帯電話へ) ドコモ 16円/分 16円/分 16円/分
au 17.5円/分(NTT東日本エリア)
18円/分(NTT西日本エリア)
16円/分 15.5円/分
SoftBank 無料(ホワイトコール24申込み必要) 16円/分

光回線はスピードか料金で比較しよう

光電話サービスはプロバイダーによる違いがあまりないので、光回線プロバイダーを比較する際には速度重視か料金重視かで選ぶのがおすすめです。

平均速度が速い7つの光回線

多数の光回線ユーザーがネットスピードを測定してレポートした実効速度をまとめて平均値を出すと、平均速度が分かります。

以下では、全国規模の主な光回線サービスのうち、平均速度が速い上位7社の速度を紹介します。結果として、最速の光回線はNURO光となりました。

光回線ランキング - 平均速度比較
順位 光回線名 平均速度(下り) 平均速度(上り)
1位 NURO光 332Mbps 326Mpps
2位 auひかり 259Mbps 222Mbps
3位 So-net光プラス 203Mbps 163Mbps
4位 ソフトバンク光 186Mbps 133Mbps
5位 エキサイトMEC光 162Mbps 178Mbps
6位 ビッグローブ光 160Mbps 140Mbps
7位 ドコモ光 157Mbps 142Mbps

参照:みんなのネット回線速度「光回線の通信速度レポート一覧」

通信速度が最速のNURO光

NURO光(ニューロ光)は、全国規模の光回線の中で最速といえる光インターネットサービスです。

NURO光を提供するのは、SONYの子会社「ソニーネットワークコミュニケーションズ」となっています。プロバイダー大手のSo-net(ソネット)もじつは同じ会社です。

NURO光の速さの秘密は2つあります。

 NTTフレッツ光とは異なる独自の回線「ダークファイバー」を使用している

フレッツ光はユーザー過多により、回線混雑による速度低下が見られます。それに対してNURO光は、ダークファイバーという独自回線を使用しています。回線を自社で独占しているので、常に安定した高速通信が可能です。

NURO光電話で申し込み

お電話でNURO光をお申込みいただけます。

今すぐ電話でお申込み?(受付時間:午前10時 - 午後9時) もしくはこちらから指定のお時間にコールバックいたします。

NURO光のお申し込みをお電話で
NURO光

指定のお時間に担当者からコールバックいたします。

コールバック希望

 国内唯一の通信規格G-PONを採用している

海外で主流の通信規格G-PONを国内で採用しているのはNURO光だけです。G-PONは、その他の光回線で使われている通信規格GE-PONに対して2倍の伝送速度を誇ります。だからこそ、NURO光の下り最大速度は2Gbpsとなっているんです。

テレワーク(在宅勤務)やオンラインゲームの使用、また大家族で同時接続したとしても、NURO光ならストレスフリーで快適にネットが楽しめますよ。

「NURO光でんわ」はソフトバンクスマホへの通話無料NURO光の光電話サービス「NURO光でんわ」は、VoIP事業者ソフトバンクと提携しており、SoftBankスマホが1台あたり毎月最大1,000円割引になります。また、ソフトバンクの他のIP電話やSoftBankスマホへの通話が24時間無料。ソフトバンクユーザーならNURO光はさらにお得なのでおすすめです。

基本料金が安い7つの光回線

基本料金が安くコストパフォーマンスが良い光回線を見てみましょう。月額基本料金は割引や特典適用でも大きく変わるため、ここでは諸々の割引を除外した料金で比較しています。

基本料金が一番安い光回線は段階料金制のエキサイト光Fitとなりました。

月額料金の安いプラン – 光コラボ(一例)
光コラボ名称   特徴 月額料金
戸建て 集合住宅
BB.excite光 Fit
公式サイト
BB.excite光 Fit   
  • 段階料金制。月々の通信量実績に合わせて月額料金が変動。
  • あまりネットをしないなら最安。
3,200 - 5,300円 2,400 - 3,800円
en ひかり
公式サイト
en ひかり   
  • 月額料金は業界最安値。IPv6接続対応。
  • 契約の縛りや解約金がない。
4,300円 3,300円
エキサイトMEC光
公式サイト
エキサイトMEC光       
  • 老舗のプロバイダー。IPv6接続対応。
  • 契約の縛りや解約金がない。
エキサイトMEC光の解説ページ
4,500円 3,500円
エキサイト光
公式サイト
エキサイト光       
  • 老舗のプロバイダー。
  • 契約の縛りや解約金がない。
エキサイト光の解説ページ
4,360円 3,360円
DTI光
公式サイト
DTI光
  • 契約の縛りがなく解約金もない
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料
DTI光の解説ページ
4,800円 3,600円

基本料金が最安のエキサイト光Fit

エキサイト光Fitは4段階料金制の光回線です。最初の50GBまで(2020年10月以降は30GB)は業界最安料金となります。

インターネットはあまり使わない家庭や、時々子供や孫が帰省するという年配の方など、最低限のネット利用で十分な場合はエキサイト光Fitがおすすめですよ。

エキサイト光Fit - 月額料金(税抜)
  月額料金(戸建て) 月額料金(マンション)
30GBまで 3,200円 2,400円
30~200GB 3,900円 3,100円
200~500GB 4,600円 3,800円
500GB~ 5,300円

エキサイト光Fitの光電話「BB.excite光電話」BB.excite光電話は、NTTひかり電話と基本的に同じサービスです。月額500円(税抜)で、固定電話向け通話料は8円/3分となります。今使っている電話番号や電話機をそのまま使い続けることができます。

更新日